ADRA便り~ひとつの命から世界を変える~

  • ¥0

    無料

世界約120カ国に支部を持ち、国連とも協働している国際NGOのADRA Japanがお届けする「知って役立つ」「学べる」情報が満載です。国際協力の現場で働く海外駐在スタッフの生の声やメルマガ限定豆知識、ボランティア情報などもお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ADRA便り~ひとつの命から世界を変える~
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年06月29日
 
発行部数
36部
メルマガID
0000288303
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > NPO・NGO

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

【重要なお知らせ】

ADRA Japanのメールマガジンを購読いただきまことにありがとうございます。
楽しみにしていただいておりました読者の皆さまにはご不便をおかけいたしますが、
まぐまぐでのメールマガジンは本号をもって終了させていただくこととなりました。

同内容のメールマガジンをADRA Japanより配信しておりますので、
今後の購読を希望される方は下記リンクより登録をお願いいたします。

 ADRA Japan メールマガジン登録ページ
 http://www.adrajpn.org/Support/subscribeADRA.html

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。


■□───────────────────────────────□■
     ADRA便り ~ひとつの命から世界を変える~ 第123号
■□───────────────────────────────□■
Adventist Development and Relief Agency (ADRA)は、世界約140カ国に支部
を持ち、国連とも協働している国際NGOです。人種、宗教、政治の区別なく
「人間としての尊厳の回復と維持」を実現するため、約200の国や地域で支援
活動を行っています。

継続支援は未来への希望です。
継続寄付を募集中です。 http://www.adrajpn.org/C_Kifu.html
=========================▼今号のトピックス▼=========================
【1】ニュース
1)ジンバブエ便りvol.38~事業スタッフ紹介 みんなの母 ママ・ンビリリ~
2)岩泉便りvol.3~1年3カ月間の支援活動~地域コミュニティ再生のきっかけ

3)第14回ADRA Japan 通常総会を開きました
4)スタッフを募集しております
【2】今月の活動(ホームページ・ブログ更新情報)
【3】求人情報
【4】寄付金状況
====================================================================


【1】ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)ジンバブエ便りvol.38~事業スタッフ紹介 みんなの母 ママ・ンビリリ~

ADRA Japanは2010年からジンバブエのミッドランド州ゴクウェ・ノース地区で
支援活動を行っています。この支援の一環として、2017年3月から新たな教育事
業を開始しました。主な活動は、校舎と教員住宅の建設、これまで学校に通って
いなかった子どもたちへのノンフォーマル教育(放課後学習)です。

事業開始時にスタッフを募集した際、建設技術の専門知識と経験を持つスタッフ
として期待をもって採用したのがジョイス・ンビリリ(Joyce Mbiriri)でした。
この事業は各学校のコミュニティに暮らす住民の手で校舎建設を進めています。
事業の開始時に必要な基礎トレーニングを行った後は、全て自分たちで工事を行
います。ジョイスは、現場で技術的なアドバイスをし、サポートします。
ある日ジョイスから、建設作業員に時間があるときに彼女が持っている教科書を
使って、建設工事の基本的なレクチャーをしていると聞きました。

ジョイスの働きかけにより、作業員がこれまで経験のみで行っていたものが、専
門知識によって裏付けされました。それは作業の質の向上につながっただけでは
なく、作業員の自信にもなりました。ジョイスが女性ということで、はじめは少
し懐疑的だった住民たちも、次第に彼女を信頼し尊敬するようになりました。
現在、事業地で、ジョイスはママ・ンビリリと親しみと尊敬を持って呼ばれてい
ます。現在の彼女の夢は、ゴクウェ・ノース地区の建設現場で働く女性の数を増
やすことと、土木技師の修士課程に進学することです。

★ジンバブエ事業とジョイスの様子はコチラをご覧ください
http://blog.canpan.info/adrajapan/archive/1512


2)岩泉便りvol.3 ~1年3カ月間の支援活動~地域コミュニティ再生のきっか
けに

岩手県岩泉町は、2016年8月に東北と北海道地方を襲った台風10号により甚大
な被害を受けました。町内の復旧工事もまだまだ継続しています。

ADRA Japan ではこれまで1年3カ月間にわたって、岩泉町役場・社協・地元NPO
法人の被災者支援事業に協力し、岩泉町の地域特性に合わせたコミュニティ支援
を行ってきました。ADRA Japan が持つバスで広大な岩泉町内全域の約60か所を
巡回し、延べ950名の地元住民の方々に移動サロンへご参加いただきました。各
地域で継続的に地元の集まれるよう地元支援者の方々へノウハウを伝えていくこ
とで、ADRA Japanは地域の中で住民同士が交流できる場づくりをサポートしてき
ました。

岩泉町でのADRAバスの活用は当初の計画通り期間を終了しますが、今後は外部
の支援を受けて行うこれまでのような移動サロン活動かシフトし、地元NPO法人
で持っているアウトドアチェアやテントなどを使った青空カフェのような移動サ
ロン事業が地元で検討されています。最後のバス引き上げの際には、社協の会長
も立ち会われ、局長をはじめ全職員の皆さんが笑顔で見送ってくださいました。

それからしばらくして、地元NPO職員さんから「空(そら)カフェ始めてみまし
た」という連絡と活動写真が届きました。先日一緒に話していた青空カフェの活
動が動き出したようです。現地から「皆さんの反応も上々です。サロンバスが残
してくれたものですね」という前向きな言葉を聞くことができ、次に繋がって良
かったと少しほっとしました。

ADRA Japanは今後も現地の活動を応援し、各地で必要に応じた支援を継続してま
いります。これからも皆さまのあたたかいご支援を、どうぞよろしくお願いいた
します。

★岩泉町の皆様とADRAバスの様子はコチラをご覧ください
http://blog.canpan.info/adrajapan/archive/1513


3)第14回ADRA Japan 通常総会を開きました

NPO法人における最高の意思決定機関は、正会員によって構成される総会です。
6月17日(日)午前10時より、第14回ADRA Japan 通常総会を開きました。
会場には10人のアドラ正会員の方が集ってくださり、2017年度の事業報告や会
計報告、また新役員の選任について承認していただきました。
私たちの活動をご理解くださり、お支えくださる皆様とともに、これからもより
着実な組織運営を行って参りたいと思います。


【2】今月の活動(ホームページ・ブログ更新情報)
6/14 ジンバブエ便り vol.38 ~事業スタッフ紹介 みんなの母 ママ・ンビ
リリ~
http://blog.canpan.info/adrajapan/archive/1512

6/21 岩泉便りvol.3 ~1年3カ月間の支援活動~地域コミュニティ再生のき
っかけに
http://blog.canpan.info/adrajapan/archive/1513

6/27 イエメン便りvol.4 ~「イエメンで自立した生活を取り戻すイエメン支援
での新しい活動について」
http://blog.canpan.info/adrajapan/archive/1514

6/29 【募集】事業部およびマーケティング担当スタッフ募集
http://blog.canpan.info/adrajapan/category_17/


【3】求人情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現在、ADRA Japanでは私たちと共に働いていただいてくださるスタッフを募集し
ています。

【募集職種】事業部スタッフおよびマーケティング担当スタッフ
【募集人数】若干名
【応募締切】2018年7月31日(火)

詳細は、募集要項をご覧ください
http://blog.canpan.info/adrajapan/category_17/


【4】寄付金状況(2018年5月末 入金集計)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月に寄付をしてくださった方:355人
5月の寄付金額:1,683千円
皆様のご支援を、心から感謝いたします。


★継続支援は未来への希望です。継続寄付を募集中★
http://www.adrajpn.org/C_Kifu.html
★古本を送ってください。「古本で始める国際協力」★
http://www.adrajpn.org/Support/books.html
★切手やハガキで国際協力! 書き損じハガキ、受付中★
http://www.adrajpn.org/C_Hagaki.html

~~~~~~~~~~<編集後記(ADRAのつぶやき)>~~~~~~~~~~
今月の編集後記を担当する芦田です。今回もお読みいただき、どうもありがとう
ございました。ADRAの事業は多岐にわたっており、国内外で困難に直面している
人たちを中長期に渡って支援する活動がある一方で、セミナーやイベントも頻繁
に行っています。今月は我々の活動を身近に感じていただこうとADRA Day!と銘
打った座談会を実施し、また修学旅行で東京を訪れた中学生の皆さまに対して難
民問題を身近に感じていただく研修を行いました。また、9月にはお台場・セン
タープロムナード公園で毎年恒例のグローバルフェスタJapanが開催されます。
グローバルフェスタは様々な国際協力団体の活動を知っていただき、スタッフと
交流することができる素晴らしいイベントです。ADRA Japanも参加いたしますの
で、ぜひブースへお立ち寄りください。ADRAの活動を多くの方に知っていただけ
るよう、これからも色々な企画を考えてまいりますので、今後も応援いただけま
すと大変励みになります。よろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【ADRA便り~ひとつの命から世界を変える~】第123号
<2018年6月29日> → 次号2018年7月31日配信予定
■編集:ADRA Japan マーケティング部
■発行:特定非営利活動法人ADRA Japan 発行責任者:浦島靖成
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-11-1
TEL: 03-5410-0045/FAX: 03-5474-2042
■ADRA Japan ホームページ:http://www.adrajpn.org
■ADRA Japan facebook:http://facebook.com/adrajapan
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ