ADRA便り~ひとつの命から世界を変える~

  • ¥0

    無料

世界約120カ国に支部を持ち、国連とも協働している国際NGOのADRA Japanがお届けする「知って役立つ」「学べる」情報が満載です。国際協力の現場で働く海外駐在スタッフの生の声やメルマガ限定豆知識、ボランティア情報などもお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ADRA便り~ひとつの命から世界を変える~
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年06月30日
 
発行部数
37部
メルマガID
0000288303
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > NPO・NGO

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□───────────────────────────────□■
     ADRA便り ~ひとつの命から世界を変える~ 第111号
■□───────────────────────────────□■
Adventist Development and Relief Agency (ADRA)は、世界約120カ国に支部
を持ち、国連とも協働している国際NGOです。人種、宗教、政治の区別なく
「人間としての尊厳の回復と維持」を実現するため、約200の国や地域で支援
活動を行なっています。

マーケティング部の百々(どど)です。皆様の通勤時間はどれぐらいですか? そ
して何をして過ごしていますか?私は毎日約1時間、ADRA Japanの事務所がある
原宿まで通勤しています。何をしているかというと… この話については編集後記
に綴りましたので、どうぞ最後までお読みください。それでは今月のメルマガを
お届けします。

継続支援は未来への希望です。継続寄付を募集中です https://goo.gl/A5BBjz
=========================▼今号のトピックス▼=========================
【1】ニュース
1) 緊急支援 フィリピン・ミンダナオ島武力紛争により避難する住民を支援す
るために緊急募金の受け付けを開始します
2) 岩手県岩泉 岩泉町、社協、地元NPOとの協働で始まった台風10号被災者支
援。集落ごとの特性に合わせた移動サロンで住民主体のコミュニティ支援
3) ミャンマー 新しい学校が完成しました
【2】今月の活動(ホームページ・ブログ更新情報)
【3】寄付金状況
====================================================================


【1】ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)  緊急支援 フィリピン・ミンダナオ島武力紛争により避難する住民を支援す
るために緊急募金の受け付けを開始します
------------------------------------------------------------------------
2017年5月23日、フィリピン南部、ミンダナオ島(※)のマラウィ市の市街地へ
武装勢力が侵攻し、それに応戦した警察・軍との間で激しい武力衝突が発生しま
した。29日には戒厳令が敷かれ、政府は軍による鎮圧を試みていますが、紛争が
長期化する見込みが強まっています。これまでに一般市民を含む約300人が武力
衝突で死亡したと伝えられています(AFP2017年6月18日付けニュース)。

武力衝突を避けるために、マラウィ市の市民、およそ315,000人が自宅を離れて
避難生活をしています。そのうち18,000人は83ヶ所の公的避難所に避難し、そ
れ以外の大多数は知人・親戚の家や、自分たちで場所を探して避難生活を続けて
います。避難生活が長引いているために、食料や衣類、生活用品などが不足して
います。また、これから雨期が本格化することもあり、生活環境の悪化が心配さ
れています。

ADRAフィリピン支部は、6月5日と6日に、700人の避難を続けている方々に
、マットレス、タオルケット、蚊帳などの緊急物資を配付しました。
その後6月26日には現地でニーズ調査を再度行ないました。調査結果を受けて、
追加の支援が必要と判断し、7月には2,000世帯に食料や日用品などを配付する
ことを計画しています。

このような状況を受けて、ADRA Japanは、フィリピン支部のこうした活動を支援
し、避難生活を送っている方々に対して物資を届けるための緊急募金の受け付け
を開始いたしました。

皆様の暖かいご協力をお願い申し上げます。

~ご寄付の方法~
【クレジットカードからのご寄付】
下記ブログよりクレジットカード決済ページへお進みいただけます
http://www.adrajpn.org/Emergency/Philippines_Mindanao.html

【郵便局からのご寄付】
口座番号:00290-2-34169
加入者名:(特活)ADRA Japan
通信欄:
※カタカナで「ミンダナオ」とお書きください

【銀行からのご寄付】
銀行:三菱東京UFJ銀行 表参道支店
口座:普通1956381
口座名:特定非営利活動法人 ADRA Japan 理事長 柴田俊生
口座名フリガナ:トクヒ)アドラジャパン リジチョウ シバタトシオ
*お振込される際に、お名前の前に「ミンダナオ」とご入力ください。
   例)ミンダナオ ウラシマヤスナリ


★ミンダナオ島での緊急支援の様子はコチラをご覧ください
http://www.adrajpn.org/Emergency/Philippines_Mindanao.html


2) 岩手県岩泉 岩泉町、社協、地元NPOとの協働で始まった台風10号被災者支
援。集落ごとの特性に合わせた移動サロンで住民主体のコミュニティ支援
------------------------------------------------------------------------
こんにちは、国内事業担当の牟田です。岩手県岩泉町での活動についてご紹介し
ます。

【平成28年台風10号豪雨災害により岩泉町内全域が被災】
昨年8月30日に東北地方で台風10号が猛威をふるいました。台風は、その後、
東北・北海道地方に記録的な大雨を降らせ、広範囲に渡って甚大な被害をもたら
しました。

岩手県の北東部の沿岸に位置する下閉伊郡岩泉町では、台風10号に伴い降り続い
た大雨によって町内各地で土石流や河川の氾濫などが起こり、死者20人、行方不
明者1人の被害が発生しました。また、町内全域で、住家962棟、住家以外の建
物905棟が被災し、被災者数は1568人にのぼりました。岩泉町の全体人口9736
人の実に約16%もの住民の方々が被災されていることになります。また、今回の
災害による岩泉町の被害総額は、東日本大震災時の同庁における被害総額の約10
倍となっています。(情報元:岩泉町役場 平成29年3月時点の集計)

岩泉町内には、昨年12月までに8か所の仮設住宅団地が整備されました。一方で、
住民の方々の中には、全壊になりながらも「自分の家で生活したい」と仮設住宅
に入ることを選択せず、自宅の納屋などで避難生活を送っている方々もいらっし
ゃいます。また、半壊になってしまった自宅の2階で避難生活をしながら、1階
の修繕工事を待っておられる方も少なくありません。町全体では、仮設住宅入居
者数の約1.5倍に当たる方々が、仮設住宅には入居せずに在宅避難をしておられ
ます。

ADRA Japanは現地からの要請を受け、ADRA災害対応バス「ゆあしす号」を用いた
支援活動を行なっています。活動の詳細は写真とともにブログに掲載しています。
是非ともご覧ください。

★台風10号の被害を受けた岩泉での活動の様子はコチラをご覧ください
http://blog.canpan.info/adrajapan/archive/1447


3) ミャンマー 新しい学校が完成しました
------------------------------------------------------------------------
60年にわたり紛争が続いたミャンマー。紛争の間に学校は朽ち、紛争が落ち着い
た現在も子どもたちには安全に教育を受ける環境が整っていません。ADRA Japan
は2016年9月から子どもたちが安全に、集中して勉強できる環境を整えることを
目的に教育支援活動に取り組んでいます。そこで今回は、2017 年3月に開催する
ことができた開校式の様子をお伝えします。

開校式は、建設した校舎やトイレ、井戸をコミュニティに引き渡す式典です。ADRA
Japanが支援した学校のひとつであるサーピュズ小学校では校舎とトイレを建
設し、机椅子やホワイトボードなどの学校設備品も提供しました。

開校式は3月末に行われました。ミャンマーではこの季節は一年でも特に暑い時
期ですが、この事業で協働している公益財団法人イオンワンパーセントクラブ及
びその支援者の方々、在ミャンマー日本大使館の方々、ミャンマー教育局等の政
府関係者の方々、そして学校がある地域住民の方々など多くの方に出席していた
だきました。

式典では、関係者からのスピーチや文房具などの校具の贈呈、サーピュズ小学校
から感謝状の贈呈が行われました。そして、子どもたちによる感謝の気持ちを込
めたダンスが披露されました。

また、式典の終盤では歌手の由紀さおりさんと安田祥子さんによるミニコンサー
トが行われ、この日のために練習していた子どもたちと一緒に日本の童謡の合唱
をしていただきました。

式典の後には交流会が行なわれました。折り紙や歌教室、サッカー、縄跳び、バ
ドミントンなどの遊びを通じ、この事業を支援してくださった方々と子どもたち
が交流しました。

本事業では、サーピュズ小学校のほかカレン州で6校の小学校を支援しました。
この支援によって、ある学校では児童数が50名増加しました。その理由として、
校舎が新しくなったことで保護者が安心して子どもを学校に通わせることができ
るようになったことや、教育に対する親の関心が高まったことなどが挙げられま
す。

これまで子どもたちは床や壁に穴が空いた簡素な木造校舎で勉強していました。
また、机や椅子は老朽化し、安全に学習できる環境ではありませんでした。しか
し本事業を通し、様々な方々の協力を得て新しい校舎が完成し、無事に引き渡す
ことができました。
今後の学校の運営や維持・管理は、住民を代表する学校運営委員会が行なってい
くことになっています。

日本の皆様からの継続的な温かいご支援があったからこそこの活動を行うことが
できました。心から感謝しております。まだまだこの地域の生活環境は厳しいで
すが、子どもたちが安心して学習に励み、将来の可能性を広げていけるよう、今
後も事業を実施してまいります。引き続き、皆様のご支援をよろしくお願いいた
します。


【2】今月の活動(ホームページ・ブログ更新情報)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6/28 フィリピン・ミンダナオ島武力紛争により避難する住民を支援するために緊
急募金の受け付けを開始します
http://blog.canpan.info/adrajapan/archive/1451
6/27【ネパール地震】ヘルスポスト完成。住民の自立への第一歩
http://blog.canpan.info/adrajapan/archive/1450
6/13【正会員の皆様へ】ADRA Japan 第13回通常総会について(公示)
http://blog.canpan.info/adrajapan/archive/1449
6/9 【ボランティア募集】封入作業ボランティアさんを追加で3名、募集してい
ます!
http://blog.canpan.info/adrajapan/archive/1446
6/7【メディア掲載】本日6月7日(水)の岩手日報にADRA Japanが協力する活
動が紹介されました
http://blog.canpan.info/adrajapan/archive/1448
6/6 岩泉便りvol.1 ~岩泉町、社協、地元NPOとの協働で始まった台風10号被
災者支援。集落ごとの特性に合わせた移動サロンで住民主体のコミュニティ支援
http://blog.canpan.info/adrajapan/archive/1447


【3】寄付金状況(2017年5月末 入金集計)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月に寄付をしてくださった方:364人・団体(累計751人・団体)
5月の寄付金額:1,829千円(累計6,708千円)
皆様のご支援を、心から感謝いたします。


★継続支援は未来への希望です。継続寄付を募集中★
https://goo.gl/mN3nim
★古本を送ってください。「古本で始める国際協力」★
http://goo.gl/H9yab3
★切手やハガキで国際協力! 書き損じハガキ、受付中★
http://goo.gl/U247PC


~~~~~~~~~~<編集後記(ADRAのつぶやき)>~~~~~~~~~~
マーケティング部の百々です。今号もお読みいただきありがとうございます。私
が通勤時間中に電車の中でしていることは読書です(全く面白くなくてごめんな
さい)。マーケティング部に所属しているので、皆様にADRA Japanをという団体
をご支援いただくにはどうしたらいいのか、常に考えています。すると自然に手
にする本といえばWEBに関すること、心理学に関すること、コミュニケーション
に関することなど、追求すればするほど奥が深いと感じています。大学生だった
頃には国際協力といえばフィールドに行くことしかイメージがありませんでした
が、マーケティングという立場から国際協力に携わるようになり、とても面白い
なと思っています。「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、今後も
楽しみながら業務に励んでいきたいと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【ADRA便り~ひとつの命から世界を変える~】第111号
<2017年6月30日> → 次号2017年7月31日配信予定
■編集:ADRA Japan メールマガジン担当 百々久美
■発行:特定非営利活動法人ADRA Japan 発行責任者:浦島靖成
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-11-1
TEL: 03-5410-0045/FAX: 03-5474-2042
■ADRA Japan ホームページ:http://www.adrajpn.org
■ADRA Japan facebook:http://facebook.com/adrajapan
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ