心と身体に効く笑いヨガの力

  • ¥0

    無料

ストレスの多い毎日!あなたに贈るストレス解消の秘策がこれ「笑いヨガ」です!右脳を使って脳と身体が活性化。誰でもできる「笑いヨガ」はユーモアセンスもお金も時間もいりません。今日会えてよかったと思っていただけるエッセンスをお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
心と身体に効く笑いヨガの力
発行周期
週刊
最終発行日
2017年08月15日
 
発行部数
1,006部
メルマガID
0000294008
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★☆★━━━━━━
2017年8月15日 420号
★ 心とからだに効く笑いヨガ
      日本笑いヨガ協会 
http://waraiyoga.org        
━━━━☆★☆

「心とからだに効く笑いヨガ」は、笑いヨガを学び、使いこなす
情報をお届けするメールマガジンです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お知らせ】

■お盆休み・笑いクラブのお知らせ■
当社では本日まで夏季休暇をいただいております。
ご了承の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

○水道橋笑いクラブ 
16日(水)は通常通り18:30~となります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【高田佳子の笑いヨガの秘訣】

「会社で笑いヨガ2 常識を常識にする」

「会社で笑いヨガをやらせてもらえることになった」
と笑いクラブにやってきた女性は、笑いヨガリーダーさんで、
ステキな笑顔の人です。

彼女に3つ笑いの体操をリードしてもらいました。
しかし私にとっては???なリードでした。
花火をモチーフにしたそのエクササイズは、子どもの頃だと
きっと皆が楽しんだであろう可愛いものでした。

でも笑う時間が少ないのです。

笑いヨガのエクササイズで発していい言葉は二つだけ。

母音誘導で声を出しやすくするための
「えー」という音と
「ハ行」の笑いです。

「ハハハハ・・・・」「ホホホホ」
多分、
「イッヒッヒッヒ」とか「ウフフフ」はいいと思います。

擬音は右脳の笑いである笑いヨガの基本からいうとダメという
わけではないでしょうが、それが楽しさを誘導するかどうかと
いうと、私は疑問です。

しかしながら彼女は花火の笑いで、
「しゅるしゅる」とか「ヒュー」という音の連続で、
ハ行の笑いがありません。

もうひとつ、彼女のエクササイズで???になったことが
あります。

それは「ネズミ花火をやりましょう」と言って、動き出したの
ですが、私は「ネズミ花火」がどんなものか、思い浮かべる
ことができません。

家に帰ってネットで調べて、「あ~これね」と思いました。

「常識でわかっているでしょ!」と思っても、年代や地域が
違うと常識が違う可能性があります。
まずは常識が共有できているかどうかを確認しなければいけません。

会社で笑いヨガをやるときの注意点は、
笑いヨガとは何かをきちんと伝えることです。

「笑いは健康にいい」
「笑いは心を開放し、ストレス解消効果がある」
「笑いはコミュニケーション促進に有効」

「とにかく笑えばいいのです」は会社での笑いヨガには通用
しません。

上の3つの笑いの効果が共有できているかどうか、ていねいに
見る必要があります。

会社は、自分の会社の売り上げ増、利益アップ、仕事の効率化等
皆が共有している常識があるかも知れませんが、
「笑い」に関しては、笑いヨガでは一般論の当たり前が、
通用しません。

「なぜ会社でしなければならないか」が共有できてない限り、
当たり前ではないのです。

つまり、会社で笑いヨガをするときの大切なポイントは、
「常識の共有」です。

笑いヨガリーダー養成講座では、時間をかけてそれを学びますが、
企業で笑いヨガをやるチャンスをいただくときは、そんなに
時間はありません。

だからこそ、短時間で「そうだよね!」と同意してもらって
常識を共有する技術が必要になります。

・・・・・・・・・・・・
【笑いヨガティーチャー養成講座2017】
日程:9月15日~19日(16日からの受講可)
場所:山梨県富士吉田市(定員30名程度)

 参加要項はネットショップからダウンロードできます。
 参加要項をダウンロードしご一読の上、お申し込みください。
 要項請求→https://goo.gl/NaDzaI


※活動の様子と情報はFBでチェック!
◇高田佳子のFBページ http://goo.gl/My8udm
◇日本笑いヨガ協会FBページ http://goo.gl/nwEmZ3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【新しいプログラムのご案内】

■【アクティブブレインプレセミナー】

★残席3名!

日 程:9月2日(土)・3日(日) 9:30~18:00
会 場:水道橋笑い場

アクティブブレインとは、脳の使い方を学び、記憶力を驚異的
にアップさせるプログラムです。
笑いヨガ新聞に記載された日程が間違っていました。正しくは
9月2・3日の土日開催です。

日本笑いヨガ協会の事務局長・長澤夕起が講師です。

「笑いヨガは楽しいけど、覚えられない」という方々のお悩み
にお答えできる方法がないものかといろいろ探し、笑いヨガが
好きな方と相性が良いアクティブブレインと出会いました。

現在は準講師で、最終試験であるプレセミナーに開催にあたり、
ビデオ撮影にご協力していただける参加者を募集しています。

詳しくは、メールでお問い合わせください。

◆お問い合わせmail: info★waraiyoga.org(★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今週の体験会のご案内】 
■ 日本笑いヨガ協会主宰の笑いクラブ&体験会
 ・水道橋笑いクラブ(水・午後) 8/16 18:30-19:50
 ・岡山もも太郎笑いクラブ 8/18(金)18:15-19:45(オルガホール)
 ・文京笑いクラブ 8/21(月) 10:00-11:20(文京シビックセンター)
  その他の日程・詳細 → http://waraiyoga.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【受付中の講座のご案内】

■ 笑いヨガリーダー養成講座
 8月19-20日(土日) 東京 ★今週末開講(残席わずか)
 9月9-10日(土日) 広島
 9月28-29日(木金) 東京 ★平日講座
 10月8-9日(日・祝月) 宮崎
 11月11-12日(土日) 東京
 11月18-19日(土日)大阪
 12月2-3日(土日)名古屋
12月23-24日(土日) 東京
2018年3月17-18日(土日) 福岡 

*お申込み・詳細 → http://goo.gl/5lXg30


■ お口の笑トレ(1日講座)
  9月30日(土) 東京

■ 幸齢者笑いケア入門・介護現場編(2日間講座) 
 11月28日-29日(火・水) 東京

*高齢者介護現場で活用できる笑いケア講座のお申込み・詳細
  → http://goo.gl/JaS6DQ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記:笑いヨガティーチャー養成講座の開催まであと一月と
なりました!「まだまだ日にちがある」と迷っていらっしゃる
方はお早目にお申し込みください。富士山が見える部屋は残り
わずかです(村瀬)
----------------------------------------------
★笑いヨガメルマガ http://www.mag2.com/m/0000294008.html
日本笑いヨガ協会 http://waraiyoga.org
フェイスブック https://www.facebook.com/waraiyoga.org
笑い場&事務局 〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-22-8 5F
------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ