『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

  • ¥0

    無料

経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
発行周期
週刊
最終発行日
2017年12月06日
 
発行部数
4,192部
メルマガID
0000294077
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■★☆★■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏  『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
┏┏┏┏┏┏┏┏┏  
┏┏┏┏┏┏┏┏       ~法律と知識だけでは解決できない~
┏┏┏┏┏┏┏       
┏┏┏┏┏┏            ~情報と知恵こそ命~
┏┏┏┏┏             
┏┏┏┏    このメルマガは、「ホームページ」及び「まぐまぐ」から配信を御希望
┏┏┏      された方とご縁があり名刺交換をさせて頂いた方に配信させて頂い
┏┏       ております。               
┏                         No.0373  2017/12/06発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■★☆★■■■
〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            
           ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
               http://www.shikinguri.biz/?mail373

                

             ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

               http://www.shikinguri.biz/lp/?mail373


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

おはようございます。

永尾です。

最近、零細企業のM&Aの相談が増えております。

M&A仲介会社に相談すれば、費用が最低2000万円も掛かるので現実的

ではありません。

それでも専門家抜きで零細企業を買収するには注意が必要です。

大概の場合は、損をしており、酷い場合には買収が原因で本体が倒産した

会社もあります。

顧問税理士に相談し、司法書士や弁護士に契約書を作成してもらったのに

そのような問題が起きるのです。

今日は、そのようなお話です。

□■□~・★・~・☆・~・★・~・☆・~★・~・☆・~・★・~・■□■
         
本日の経営者のための一言 
                           No373  

■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

※※※ 零細企業のM&Aはどうする? ※※※

■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

まず、一定の規模の会社のM&A(今回は買収側の例)がどんな手順で行

われているかザックリと説明します。

1.FA(ファイナンシャル・アドバイザー)としてM&A仲介会社やコ
  サルティング会社や税理士法人等と契約して買収先を探します。

2.買収先と守秘義務契約を交わし決算書等の財務資料等を入手して、ザ
  ックリとした買収価格と条件を決めて、買収先に「意向表明書」を提
  出します。

3.意向表明書を基に話合い、決算書の不適切な部分を値引き材料とした
  新たな買収価格で合意すれば基本合意契約を締結する。

4.基本合意契約にあるデューデリを実行し、専門家が指摘した部分を加
  味した新たな価格で、売買契約書を作成します。

ある程度の規模の中小企業であれば、上記の手順で「財務」「収益性」「

法的問題点」「マーケットの将来性」等の項目に数千万円かけてデューデ

リジェンスを行います。

一定規模があるとは言え中小企業にここまでするのかと思われるかも知れ

ませんが、案外と財務より法的な問題が起こる事が多いと言えます。

買収交渉の途中に従業員や役員に反対され、残業代の未払いや不法な取引

をネタに裁判沙汰になって、そのまま買収する事が出来なくなったりする

事も良くあります。

例え、零細企業の買収であっても同じリスクはあります。

しかしながら、買収金額が1000万円程度のM&Aに手数料が2000

万円では、無理があるのも確かです。

それでは、零細企業を買収する時は、どうすれば良いのでしょうか?

まずは最も手数料の高い仲介料を省く事です。

つまり、買収先は自分で見つける事が重要です。

次に買収先の財務チェックと価格や買収方式の検討が必要になります。

これを、顧問税理士と司法書士に任せるのが最も安いと思いますが、M&

Aの経験が無いケースが殆どですから、お金を掛けずに何をチェックし、

何を検討する必要があるのか全く分からないでしょう。

一番重要な事は、買収方式(株式or事業譲渡等)と本当の営業利益の二点

は確認すべきでしょう。

中小企業の決算書は宛になりませんから、決算書が黒字だからと言って本

当に黒字であるとは限りません。

安くても買っても実態は赤字で、従業員も5年間リストラ出来ないと言う

条件付きで買収させられ大損をすることもあります。

また、従業員の中に買収先の社長の愛人がいて、売却後も買収側に愛人の

給料を払わせて愛人関係を続けていた強者社長もいました。

M&Aの経験の無い税理士事務所では、何をチェックすれば良いかのアド

バイスも難しいのが現実です。

また、法的チェックを行わない訳ですから、事業譲渡でリスクヘッジを行

いSPCを立てて節税と言うスキームなども司法書士や経験の無い弁護士

事務所ではアドバイスする事もないでしょう。

零細企業の買収と言えども、契約書は作成しなければなりませんし、それ

に基ずく登記も発生します。

買収資金も節税で回収を早くできるスキームを経験の無い税理士事務所が

提案してくれることもありません。

つまり、税理士や弁護士や司法書士が買収には必要になるわけですが、少

し料金を多めに払ってM&Aの専門家をスポットで雇うだけで、節税まで

出来て、実質的にはそれほど大きな支出にはならないでしょう。

これらの安くて経験のある専門家に適切な指示を出して、連携プレーを行

う事ができれば零細企業の買収も安い料金でポイントを押さえた安全性の

高い買物にする事ができます。

そのような旗振り役は、M&A仲介会社ではなく私共のような経営コンサ

ルティングが行っております。

更に言えば、M&A仲介会社ではやらない買収資金の調達も請け負ってい

ます。

私共は、売手専門のFA(ファイナンシャル・アドバイザー)ですが、買

手をご自身で見つけて来た買収で零細中小企業に限り、買収側のFAも最

低限の価格で引受けております。

買収案件はあるが、どのように進めて良いかわからない方は、下記の無料

相談からお申込み下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★★★ 使えば得する絶対お得なコーナー ★★★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(1)無料相談は、こちらから
       http://www.shikinguri.biz/free.html?mail373

(2)信用保証協会の審査に通るかどうか知りたい方は、こちらから
  http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail373

(3)借りたいノンバンクが安全な業者であるか確認したい方は、こちらから
  http://www.shikinguri.biz/search.html?mail373

(4)融資を積極的に出す銀行を知りたい方は、こちらから
    http://www.shikinguri.biz/seek.html?mail373

(5)資金調達や資金繰りのノウハウを知りたい方は、こちらから
     http://www.keiei-juku.jp/?mail373


▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     何 で も 情 報 コ ー ナ ー

                 No.019
                             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼
◆財務改善スピードアップスキームの御案内(関東圏限定)
 
  1.仮払金や貸付金(対役員)の処理でお困りの方。
    
  2.債務超過解消や自己資本比率改善の為の増資資金が必要な方。
    
 3.将来の増資等に備えて会社のキャッシュフローを個人(役員)へ

低税率で移したい方
 
 4.子会社や兄弟会社等を有効活用して統廃合を考えている方。

 5.社債を発行できる財務内容に改善したい方。

6.M&Aで会社を売却したい方。


◆M&Aの御案内
 1.不動産管理会社
   売物を捜しております。
   ・売上の規模は問いません。
   ・管理物件数が数件と少なくても構いません。

 2.不動産担保ローン会社   
   不動産担保ローン会社の売物があります。
   この規模の売物は中々でませんので、ご興味のある方は早めにお問合せ下さい。
貸出債権 約150億円
   経常利益 約5億~6億円
   売却価格 80億円~100億円
(但し、親会社からの貸付金70億円の清算が必要)

 
お問合先
 インタープロス株式会社  
      〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
         TEL:03-6717-4600 FAX:03-6717-4601
        E-mail: nagao@interpross.jp
担当者 永尾まで

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

          ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
             http://www.shikinguri.biz/?mail373
                

            ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

             http://www.shikinguri.biz/lp/?mail373

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
======================================================
【クリックで救える命がある(クリック募金へのご協力のお願い)】
======================================================
インタープロスのビジネス経営塾では、志の高い経営者の皆様方
に今すぐ命が救える社会貢献に是非ご協力いただきたく、クリッ
ク募金のご案内をいたしております。
サイトにアクセスして右上にあるクリック募金から、あなたの
共感できる活動に1クリックをお願いします。
あなたに代わってスポンサー企業が1円を寄付してくれます。
一日一善の精神でご協力をお願いします。
●クリック募金はこちらから → http://www.keiei-juku.jp/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

**************************************************************************
『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
----------------------------------------------------------------------
発行者
 インタープロス株式会社  
     http://www.keiei-juku.jp/modules/pico/index.php?content_id=3
 〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
  TEL:03-6717-4600 FAX:03-6717-4601 E-mail: info@interpross.jp
----------------------------------------------------------------------
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら https://mypage.mag2.com/subscribe/UnSubscribeMagazineInit.do

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
 お願いとご注意
 このメールマガジンは著作権法で保護されていますが、商用を除いた転用はご自由に行
 っていただいて構いません。
 その他商用の転載などのご利用は、お問合せください。
また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害などに対して
 発行者であるインタープロス株式会社は、その責任を負いません。
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ