『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』

  • ¥0

    無料

経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
発行周期
週刊
最終発行日
2018年04月18日
 
発行部数
7,835部
メルマガID
0000294077
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■■★☆★■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏  『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
┏┏┏┏┏┏┏┏┏  
┏┏┏┏┏┏┏┏       ~法律と知識だけでは解決できない~
┏┏┏┏┏┏┏       
┏┏┏┏┏┏            ~情報と知恵こそ命~
┏┏┏┏┏             
┏┏┏┏    このメルマガは、「ホームページ」及び「まぐまぐ」から配信を御希望
┏┏┏      された方とご縁があり名刺交換をさせて頂いた方に配信させて頂い
┏┏       ております。               
┏                         No.0388  2018/04/18発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■★☆★■■■
〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            
           ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
               http://www.shikinguri.biz/?mail388

                

             ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

               http://www.shikinguri.biz/lp/?mail388


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

おはようございます。

永尾です。

先週も告知させて頂きましたが、もし、埼玉県川越市でお店の出店を考え

ている方がいましたら、「資金調達付きテナント募集」がありますので、

「何でも情報コーナー」を覗いて見て下さい。

フリーレント6ヶ月付のお得な物件です。

さて、本題です。

60歳以上の経営者の方で、年金受給資格のある方は必読です。

60歳から64歳までは、役員報酬と年金を合わせて月額28万円以下に

ならないと、年金は全額もらえない事はご存知だと思います。

65歳以上なら、役員報酬と年金で46万円以下です。

ですから、年収1000万円以上取っていたりすると、確実に年金は受け

取れません。

今日は、そのようなお話です。

□■□~・★・~・☆・~・★・~・☆・~★・~・☆・~・★・~・■□■
         
本日の経営者のための一言 
                           No388  

■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

※※※ 高額役員報酬と年金受取は両立する? ※※※

■□■~・☆・~・★・~・☆・~・★・~☆・~・★・~・☆・~・□■□

中小企業の経営者は、会社のピンチには身銭を切っても助けて来たのでは

ないでしょうか?

昔、私が勤めていた東証一部上場の会社ですら、経営が悪化した時に銀行

から融資を断られ、結局はオーナーが800億円を出して助かったと言う

事がありました。

上場会社ですら、そのような事があるのですから、中小零細企業では経営

者が会社のピンチを救うのは、当然と言えるでしょう。

つまり、中小零細企業の経営者は普段からある程度の役員報酬を取って、

会社のピンチに備えておかなければなりません。

そのような事情もあり高額な役員報酬を取れば、税金も社会保険料も高く

思ったほど手取り額がありません。

更に、中小企業の経営者と会社は一体ですから、会社が負担する同額の社

会保険料もサラリーマンとは違って、自らが負担しているようなものなの

です。

つまり、サラリーマンと比べて2倍の社会保険料を払っている感覚なので

す。

それで、年金も受け取れない訳ですから、理不尽と思われる経営者の方も

多いと思います。

しかしながら、弊社のクライアントさんの中には年収3000万円でも年

金を満額受け取っている方がいます。

年収が幾らであろうと年金を満額受け取る方法は色々あります。

単純に、役員報酬の総額を変えずに支払い方を変えるだけで年金を受取る

方法もあります。

他にも、役員報酬を減らして家賃収入で補填して、年金を満額受け取る方

法もあるでしょう。

また、事業継承を利用して役員報酬を減らした分を金利で受取、年金を満

額受け取る方法もあります。

例えば、年収3000万円の方が役員報酬420万円まで落として年金を

満額受け取り、残りの2580万円を少人数私募債の金利で受取る設計に

したとします。

そうしますと、3000万円を役員報酬で受取っていた時と比べれば、年

金分の約120万円が増えただけでなく、税金と社会保険料の差がザック

リですが550万円も安くなります。

つまり同じ3000万円を会社が払っても受け取る経営者の手取りが67

0万円も増えるのです。

このように書きますと、少し詳しい方は平成28年度から、少人数私募債

の金利は総合課税になったので、そこまでは得しないと思われるかも知れ

ません。

しかしながら、条件を整えれば源泉分離課税で行ける方法もあるのです。

ここでは方法論の具体的表現は省略させて頂いておりますが、推測で実行

されますと税務調査等で否認されたりして大きな損害がでる場合がござい

ますので、ご注意下さい。

個人資産を増やして、会社の危機に対応できるようにしておきたいと考え

ている経営者の方で、内容を詳しく知りたい方は下記の無料相談で承って

おります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★★★ 使えば得する絶対お得なコーナー ★★★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(1)無料相談は、こちらから
       http://www.shikinguri.biz/free.html?mail388


(2)信用保証協会の審査に通るかどうか知りたい方は、こちらから
  http://www.shikinguri.biz/crd.html?mail388

(3)借りたいノンバンクが安全な業者であるか確認したい方は、こちらから
  http://www.shikinguri.biz/search.html?mail388

(4)融資を積極的に出す銀行を知りたい方は、こちらから
    http://www.shikinguri.biz/seek.html?mail388

(5)資金調達や資金繰りのノウハウを知りたい方は、こちらから
     http://www.keiei-juku.jp/?mail388


▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     何 で も 情 報 コ ー ナ ー

                 No.020
                             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼△▼
◆資金調達付きテナント募集
 
  下記の物件に出店される方には、内装費用や運転資金などの必要資金を
調達いたします。

1.場所
    埼玉県川越市的場北2丁目11-5 山根ビル2F
    ・東部東上線 霞ヶ関駅より徒歩5分
    ・JR川越線  的場駅より徒歩14分
  
  2.使用部分面積 114.80平方メートル(34.72坪) 
    
 3.賃 料:¥138,240(税込)
 
 4.内装状態:スケルトン(空間を自由にデザインしたい方に向いています)

 5.築年月:1986年8月築

6.フリーレント6ヶ月(半年間家賃が発生しません)

7.風俗営業やカラオケ設置の飲食店はNGです。

8.内装費、設備費及び運転資金などの資金調達を無償でお手伝いさせて頂きます。

◆M&Aの御案内
 1.不動産管理会社
   売物を捜しております。
   ・売上の規模は問いません。
   ・管理物件数が数件と少なくても構いません。

 2.不動産担保ローン会社   
   不動産担保ローン会社の売物があります。
   この規模の売物は中々でませんので、ご興味のある方は早めにお問合せ下さい。
貸出債権 約150億円
   経常利益 約5億~6億円
   売却価格 80億円~100億円
(但し、親会社からの貸付金70億円の清算が必要)

 
お問合先
 インタープロス株式会社  
      〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
         TEL:03-6717-4600 FAX:03-6717-4601
        E-mail: nagao@interpross.jp
担当者 永尾まで

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

          ■■■資金調達に成功するためのサイト■■■
             
             http://www.shikinguri.biz/?mail388
                

            ■インタープロスのビジネス経営塾 ■

             http://www.shikinguri.biz/lp/?mail388

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

〓〓〓☆★☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
======================================================
【クリックで救える命がある(クリック募金へのご協力のお願い)】
======================================================
インタープロスのビジネス経営塾では、志の高い経営者の皆様方
に今すぐ命が救える社会貢献に是非ご協力いただきたく、クリッ
ク募金のご案内をいたしております。
サイトにアクセスして右上にあるクリック募金から、あなたの
共感できる活動に1クリックをお願いします。
あなたに代わってスポンサー企業が1円を寄付してくれます。
一日一善の精神でご協力をお願いします。
●クリック募金はこちらから → http://www.keiei-juku.jp/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆★☆〓〓〓

**************************************************************************
『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
----------------------------------------------------------------------
発行者
 インタープロス株式会社  
     http://www.keiei-juku.jp/modules/pico/index.php?content_id=3
 〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
  TEL:03-6717-4600 FAX:03-6717-4601 E-mail: info@interpross.jp
----------------------------------------------------------------------
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら https://mypage.mag2.com/subscribe/UnSubscribeMagazineInit.do

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
 お願いとご注意
 このメールマガジンは著作権法で保護されていますが、商用を除いた転用はご自由に行
 っていただいて構いません。
 その他商用の転載などのご利用は、お問合せください。
また、本メールマガジンの記事を元に発生したトラブルや損害などに対して
 発行者であるインタープロス株式会社は、その責任を負いません。
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ