木の家を知る・建てる・暮らす

  • ¥0

    無料

木の家を建てるときに役立つ知識や、打合せ中によく使われる建築用語をとりあげて解説しています。その他に、オフィスのある葉山周辺の面白いできごとなどを、各週で配信します。木の家に住みたいとお考えの方、葉山辺りの暮らしの様子を知りたい方など、ちょっと覗いてみませんか?

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
木の家を知る・建てる・暮らす
発行周期
隔週
最終発行日
2018年04月25日
 
発行部数
67部
メルマガID
0001000471
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 住宅 > 一戸建て

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■ 第187号 ■ 家づくり雑記帖 「建てた家 Green hat 」

□・・───────────────2018年04月25日

木の家を知る・建てる・暮らす (家づくり雑記帖)

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────

こんにちは。設計を担当している田中です。
前回まで、松匠創美の新事務所「Woodenn hut」についてご紹介してきました。
気が付けば旧事務所の方は完成から15年が経ちましたが、一度もちゃんとメルマガで
ご紹介した事がありませんでした。今回は、松匠創美が以前使用していた事務所兼ショ
ールーム「Greenhat」についてご紹介したいと思います。

松匠創美の旧事務所兼ショールームの計画は、たまたま見つけた土地情報から始まりまし
た。その土地は調整区域という建物を新築できない場所にあったので断念したのですが、
それをキッカケに事務所兼ショールーム計画が進行する事になりました。いくつか見て決
めた土地は、分譲地の奥まった場所にあり、事務所としては目立たない場所でした。完成
した事務所は、松匠創美らしくシンプルな外観に無塗装の木を貼り、内部にも多種多様に
木を使って、クライアントに木の説明をしやすい様に考えて建てました。

今も昔も変わらない点としまして、構造材は無垢の杉の4寸角の柱や4寸巾の梁を使用し、
将来の家族構成の変化にも対応しやすい構造計画をしている点と、冬も暖かい家になるよう
断熱設計している点です。旧事務所で初めて試みた事としましては、1階床を厚いコンクリ
ートの土間空間にしまして床暖房を敷設したことと、「Greenhat」という建物の
名称にもなっている屋根を全面緑化したことです。

15年の間で行ったメンテナンスといえば、完成から2年後に外壁の木を1枚だけ交換。
4から5年毎に木製サッシやウッドデッキの保護塗装の塗り替え、木製枠の網戸の網の
張替えくらいでした。
試みた1階の土間空間の床暖房は、コンクリートの蓄熱性能を活かして家全体を温度差
少なく温めるので心地よく、一方、夏場はひんやりした足触りで涼しく、当時の看板犬
「陸」も気持ちよく寝ていました。また、杉の構造材を見せるデザインとした事で木の
持っている調湿効果が発揮されて湿度も低く保たれています。
楽しみにしていた屋根緑化は、日当たりの良い屋根面に保水性能を持たせる事の難しさ
を思い知らされ、見直し改良が必要で、未だ模索中です。

普段からクライアントには、無垢の木だからと言って、神経質にならずに気にせず暮らし
て下さい。と伝えている以上にハードに使ってきた「Greenhat」ですが、内部に
露出している柱や梁などの杉の構造材とフローリング、その他の無垢の木の造作材は、
味わい深い色に変化しつつ、未だ新築時と変わらないしっかりした状態を保っています。
訪れた方からは「いい風合いですね」との感想を頂くようにもなりました。

「Greenhat」は、新事務所兼ショールームの「Woodenn hut」と共に
ご案内が可能です。15年後の「我が家」をイメージしやすいと思いますので、是非お越し
ください。

写真はこちらです。http://bit.ly/2HNxuj0

設計:久保歩美・田中伸二

松匠創美の「家づくりの考え方」へはコチラ
http://www.hayama-ie.jp/concept/index.html
ショールームへお越し下さる方はコチラからお願いします。
http://www.hayama-ie.jp/inquiry/index.html

────────────────────────・・□■
■□・・────────────────────────


☆最後までお付き合いいただきまして ありがとうございます☆
出会い・つながる・木の住まい 有限会社 松匠創美
http://www.hayama-ie.jp
▲身近な写真と共にブログ更新中
〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内766-3
Copyright (C) 2014 松匠創美 All rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ