もっと回そう! 特許法 条文 [QuizDas]

  • ¥0

    無料

条文回しの途中で挫折したことはありませんか。コツは要点を拾い早く読むこと。そのため略語、算用数字、改行、キーワード抽出により難解な条文を読みやすく加工しました。さらに毎日配信!特許法等の知的財産法を無理なく学習できます。弁理士試験対策に最適!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
もっと回そう! 特許法 条文 [QuizDas]
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2012年08月06日
 
発行部数
0部
メルマガID
0001001378
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > ビジネス系資格 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆━ QuizDas(pat) ━━━━━━━━━━━━━━━◆
◆ もっと回そう! 特許法 条文 [QuizDas] #0074
◆ http://quizdas.jp
◆━━━━━━━━━━━━━━━━ 2012/08/06 ━◆


■■■ 穴埋めクイズ ━━━
◆問題

■(特許料の減免又は猶予)
第109条  特許庁長官は、特許権の設定の登録を受ける者又は特許権者であつて資力を考慮して政令で定める要件に該当する者が、特許料を納付することが困難であると認めるときは、政令で定めるところにより、第107条第1項の規定による第1年から第【1】までの各年分の特許料を軽減し若しくは免除し、又はその納付を猶予することができる。

┏━━ 参考 START ━━━┓
(資力を考慮して定める要件)
特許法施行令 第14条  特許法第百九条 の政令で定める要件は、次のとおりとする。
一  個人にあつては、次条の申請書を提出する日において、次のいずれかに該当すること。
イ 生活保護法 (第十一条第一項 各号に掲げる扶助を受けていること。
ロ 市町村民税(特別区民税を含む。)が課されていないこと(所得税法 第二条第一項第五号 に規定する非居住者(以下「非居住者」という。)にあつては、経済産業省令で定めるところにより算定した所得の合計額が経済産業省令で定める額に満たないこと。)。
ハ 所得税が課されていないこと(非居住者にあつては、経済産業省令で定めるところにより算定した所得の合計額が経済産業省令で定める額に満たないこと。)。
ニ その事業に対する事業税が課されていないこと(非居住者にあつては、経済産業省令で定めるところにより算定した所得の合計額が経済産業省令で定める額に満たないこと。)。
ホ その事業を開始した日以後十年を経過していないこと。

二  法人にあつては、次条の申請書を提出する日において、次のいずれにも該当すること。
イ 資本金の額又は出資の総額(資本金又は出資を有しない法人にあつては、経済産業省令で定める額)が三億円以下の法人であること。
ロ 法人税が課されていないこと(所得税法第二条第一項第七号 に規定する外国法人にあつては、経済産業省令で定めるところにより算定した所得がないこと。)又はその設立の日以後十年を経過していないこと。
ハ イ及びロに該当する法人に対し、その発行済株式の総数、出資口数の総数又は出資価額の総額の二分の一以上に相当する数又は額の株式又は出資を単独で所有する関係その他その事業活動を実質的に支配することが可能なものとして経済産業省令で定める関係を持つている法人がないこと。
┗━━ 参考 END ━━┛








◆答(キーワード)
【1】10年


■■■ 確認クイズ ━━━
特許料の減免又は猶予を受けられるのは、発明者又はその相続人に限られる。

→×
109条のとおり。


■■■ ノート ━━━
平成24年改正により、109条の適用範囲が拡大されています(発明者又はその相続人以外の者から承継した発明にも適用可。特許法施行令14条)。

なお、ケースにより減免内容が異なっていることにご注意ください。http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/ryoukin/personal24_4.htmで確認できます。


------------------------------
◆ もっと回そう! 特許法 条文 [QuizDas] ◆
  是非、ご意見、ご質問、ご要望をお聞かせください。
  とても励みになります!
・Email: info@ quizdas.jp
※スパム対策のため、@の直後にスペースを入れています。
 メールをお送りいただく際は、スペースの削除をお願いします。
・HP: http://quizdas.jp
・発行者: 反復学習支援会 (担当:holy) 
 ☆学び続ける人を応援します☆

※平成24年4月1日施行予定の法令に基づいています。
------------------------------




メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ