ほめるな危険!勇気づけの子育て法

  • ¥0

    無料

ほめない子育て「勇気づけの子育て法」。ほめる子育てよりも子どもが伸びる!もと小学校教員ママが現場での体験などをもとに、子育てがグッと楽しくなるヒントをお伝えします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
ほめるな危険!勇気づけの子育て法
発行周期
不定期
最終発行日
2017年11月13日
 
発行部数
3,134部
メルマガID
0001001743
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 育児

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

------------------------
◆ほめるな危険!勇気づけの子育て法◆ 第132号
                2017 11/13
---------http://ameblo.jp/haraaya0731

こんにちは。原田綾子です。

今日もどうぞよろしくお願いします。


---<本日のメルマガ内容>---------------

1.新刊情報
 
2.不完全でいる勇気を、こうして身につけよう
  ~つい自分をジャッジしてしまう時~

3.お知らせ~現在募集中の講座~

-------------------------



新刊『マンガでやさしくわかるアドラー式子育て』

お読みいただけましたか?^^



子どもがダラダラしているとき

きょうだいげんかばかりするとき

子どもについダメ出しばかりしてしまうとき

などなど・・・

マンガで楽しく

ほのぼの(時々ジ~ン)と学べますので

まだの方は是非お読みになって頂けると嬉しいです!

http://heartysmile.jp/bookbonus2017present/



また、手書きのポップを置いてくださった

都内の書店はこちらです↓

https://ameblo.jp/haraaya0731/entry-12327035014.html




今日のテーマは----------------

【不完全さを受け容れる勇気を持とう
 ~自分をジャッジしてしまう時はこうしよう~】

-----------------------


勇気づけの関わりは、

これで合っているのか、違うのか

みたいに

つい物事を○か×かで

考えてしまう人がいます。



これは正しいのか、間違っているのか

いいのか、悪いのか。



これは「ほめ」なのか「勇気づけなのか」。



こんな時、子どもにこう声がけをしたけど

それはよかったのか、悪かったのか。



みたいに、ついジャッジしてしまう。

そんな方、いませんか?




私も昔、そうでした。

子ども時代、ずっと優等生やってきたんです。



だから、これで(親や先生の評価)いいかな?

ダメかな?



○もらえるかな?

大丈夫かな?



そんなふうにめっちゃ他人軸で

自分が無かったの・・・。



ちゃんとした子、いい子をやっていれば

周りの人にほめられるし

人の期待に応えようと

いつもいい子ちゃんしてがんばって

自分を作ってるから

人に合わせているうち、

自分が何を感じていて、何がしたいか

わからなくなっていった・・・。



そして、とうとう

高校に入学した頃から

心と体がおかしくなっていった。



その頃からわたしの人生

ガラガラガラーっと転落していった。



思春期、

学校に行きづらくなってしまった。

なんか疲れちゃったんですよね。



進学校でわたしは劣等生になることを選んだ。



アドラー的に言うと

普通でいる勇気がなかった。



そして、その真っ暗闇の真っ黒時代は

(ウツやパニック、思春期痩せ症で心療内科に通い

両手にありあまる薬を飲んでいた)

ハタチすぎまで続いたのです。



どうしてそうなったのか

そこからどうやって抜けたのか

どんな経緯があったのかなど

書きたいことは山のようにあるのですが

かなり端折って結論を言うと、

私自身の暗黒時代があり

長い間苦しんだからこそ

わたしは勇気づけ学園を創ろうと思った。

(はしょりすぎですね・・・笑)




何が言いたいかと言うと



本当に自分に優しい人とは

本当の意味で

自分を勇気づける人とは



良い、悪い、のジャッジを

いちいち自分にしないこと。



○か×か、

正しいか、間違っているかと

いちいち自分をジャッジしない。



(自分にやっている人は

他人にもやっています)



真面目な人、ちゃんとしたい人

白黒付けたい人に多いと思うのだけどね、



そう思うと、

ジャッジしている自分を

「ダメじゃん」って、またジャッジしてしまう。


じゃ、どうしたらいいのかというと



「あ、わたしまたジャッジしてるね~えへへ。

気づけて良かった~

もう、いちいちジャッジするのやーめた~~!

少しずつ手放していけばいいよね~♪

(ま、またジャッジしちゃってもいいし

6割主義でボチボチいこか~~^^)」


と、ありのままの自分を見る。



ありのままの

不完全な自分をも受け容れる勇気を持つ。



アドラー心理学に出会って

この言葉に出会って

初めて方の力が抜けた日のことを憶えています。


自分をラクにしてあげることも

自分への勇気づけですね!!



今日もお読みくださりありがとうございました。



HeartySmile 募集中の講座はこちらから

https://ameblo.jp/haraaya0731/entry-12289174891.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
勇気づけの子育て・自分育て
株式会社 HeartySmile 代表 原田綾子

blog  http://ameblo.jp/haraaya0731/
e-mail  support@heartysmile.jp
FaceBook  http://www.facebook.com/ayako.harada.9

埼玉県富士見市ふじみ野西1-4-1 1F
(東武東上線「ふじみ野駅」前 池袋から25分)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆講座・講演・執筆・取材などのお問い合わせ
(お気軽にお問い合わせください)
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=87517
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆このメルマガの解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0001001743.html


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ