ビギナーのための不動産売買(業界の常識、非常識)

  • ¥0

    無料

不透明な不動産業界。この業界は悪い噂しか流れませんが、正しい知識が広がれば、そんな不動産業界も変わっていくのでは?不動産取引における用語や独自の商慣習は中々理解出来ません。これから不動産取引を始める方が、振り返った時に満足のいく取引だったと思えるように、優しく丁寧に分かりやすく説明していきます。是非ご登録してみてください。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
ビギナーのための不動産売買(業界の常識、非常識)
発行周期
不定期
最終発行日
2012年12月09日
 
発行部数
0部
メルマガID
0001010081
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 住宅 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

======================================================================
ビギナーのための不動産売買(業界の常識、非常識)
■ 売却費用の一つとして考える 【12月9日号】
======================================================================


「耐震基準適合証明書を取得して、

税金の優遇措置を受けるには、

買主が決済前に、

売主の協力を得て発行してもらわなければいけない」


と、以前書きました。

「マンションの耐震基準適合証明書」
→→→ http://ameblo.jp/gaokarepo/entry-11399564385.html


「優遇を受けたい!」


と願うのは買主で、

あくまでも売主は協力するという立場です。

従って取得費用は買主が負担するのが通常です。


ですけど当社では、

売主さんに負担をお願いすることが多いです。

なぜか?


----------------------------------------------------------------------

<今日のキーワード>

・耐震基準適合証明書
http://ameblo.jp/gaokarepo/entry-11084989571.html

・旧耐震基準
http://ameblo.jp/gaokarepo/entry-11395551662.html

・決済
http://ameblo.jp/gaokarepo/entry-11062555995.html

・買取業者
http://ameblo.jp/gaokarepo/entry-11406390656.html

----------------------------------------------------------------------


「耐震基準適合証明書取得済み物件ですよ!」


と、販売する際にこうした表現が出来るため、

購入を検討している人達に大きくアピールすることが可能です。



このセールス文句に、


「おっ!」


と引っかかってくれるのは、

実際に優遇措置を受けようと考えている人だけではありません。


特例を使う必要がない人(融資を受けない、現金で購入)でも、


「ほぅ、耐震性が保障されている優良な物件なんだな!」


と、あたまから耐震性、築年数ではじかれることが少なくなります。


例の大震災以後、

当然とはいえ消費者の耐震についての意識は非常に敏感です。


不動産の買取業者も、

こうした現状を踏まえて、

適合証明書を取得できない物件には手を出さない、

というところが多くあります。


旧耐震の物件だから地震に弱いとか、

即倒壊だなんてことは現実的にはあり得ないはずです。


だけど、残念ながら今の不動産市況では、

旧耐震の建物や証明書を取れない物件の動きは、

かなり悪くなっているというのが現状です。


取得費用は数十万単位でかかるものではなく、

せいぜい数万の世界です。

販売時に売主サイドで既に取得しておき、

適合証明書取得済み物件とアピールできるのは、

他の競合物件との差別化にもなり、

売主さんとしては大きなメリットになると思いませんか?


先にも書いたように、

当社では良い条件で売るための一つの手段として、

売主さんにご提案しております。



現在販売中、もしくは売却を検討されている方で、

築年など心当たりのある売主さんは、

一度そのような販売方法をご検討されてみたらいかがですか?


----------------------------------------------------------------------


■全てはご相談から始まります。ご相談下さい!


物件のご購入、ご売却をご検討する前はまずはご相談です。

対面して打合せをすることで理解度はまったく違ってきます。

ご相談はもちろん無料!

しつこい営業やご連絡は一切致しません。


「お客様とは一生涯のお付き合い」


をモットーにしております。

お気軽にご相談ください。


ご相談は・・・

メールでも →→→ goro_tateoka@kineyafudousan.co.jp

お電話でも →→→ 03-5707-7650


皆さまからのお問い合わせを心よりお待ちしております!


Facebookでは不動産のことではなく、

プライベートなことばかり書いてます。

リクエストは大歓迎です!よろしくお願いします。

→→→ http://www.facebook.com/gorotateoka


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【ビギナーのための不動産売買(業界の常識、非常識)】
<発行元>
東京都世田谷区奥沢7-10-12 シャルマン春海1階
きねや不動産株式会社 http://www.kineyafudousan.co.jp/

宅地建物取引主任者/住宅ローンアドバイザー/賃貸不動産経営管理士
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)
Facebookやってます。友達リクエスト大歓迎です!
http://www.facebook.com/gorotateoka
編集者 楯岡 悟朗(twitter:@gorotateoka)

【運営サイト】 ■不動産の売却なら   http://jiyugaoka-style.com/

【ブログ】   ■不動産取引コトハジメ http://ameblo.jp/gaokarepo/

宅地建物取引業免許 東京都知事(3)第75508号
(社)東京都宅地建物取引業協会(社)全国宅地建物取引業保証協会

お問い合せ先 TEL:03-5707-7650 FAX: 03-5707-7651

ご意見・ご質問・ご希望等どんなことでも!お気軽にご連絡下さい!
・お問合わせフォーム http://jiyugaoka-style.com/?page_id=571
・E-mail goro_tateoka@kineyafudousan.co.jp
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ