勉強のやる気に火がつく!意欲アップ達成術

  • ¥0

    無料

お子さんが何故塾や家庭教師、通信教育で成績が伸びないのか知っていますか?何故やる気を起こせないのか知っていますか?それを逆転できる勉強法、やる気UPの達成法をお伝えします。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
勉強のやる気に火がつく!意欲アップ達成術
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2010年09月29日
 
発行部数
0部
メルマガID
0001020180
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 先生・専門家の声

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――

~勉強のやる気に火がつく!意欲アップ達成術~

   発行人:デスクスタイル フィール 後藤 智則

――――――――――――――――――――――――――――― 第 30号

こんばんは。

後藤です。

今日は、

「効果的な誉め方」

の1つを紹介したいと思います。

この機会に以前もメルマガで書いた

「褒め続けると子供の成績がよくなる理由」

もご覧下さい。

コチラ → http://bit.ly/bB2tUk

誉めたらいいのはわかるけど、
どうやって誉めたらいいのかわからない・・・

と保護者の方から相談を受ける事が度々
あります。

最近ではお子さんの事でなくて会社の部下や
他人をどう誉めたらいいの?

という事までよく相談されるようになりました。(笑)

誉めるというのはとてもすごい効果があります。

相手が「素直」になるだけでなく、「行動」まで
変える事が出来るのですから。


------------------------------
■『誉めた効果』が高まる方法とは?
------------------------------

こんな経験ありませんか?

直接誉められるよりも、第3者が自分を
誉めている事を聞いた時にとてもうれしく
なった事とか。

例えば

「成績が上がった事を話したらお父さんが
すごく喜んでいたわよ。」

「この前となりの山田さんが、●●がしっかり
あいさつするからとても誉めていたわよ。」

というものです。

第3者が誉めている事を伝える事で、
お子さん自身も、自分が沢山の人に
認めてもらっているように感じたり、
何に対して誉められたのかという事実
をハッキリと理解出来ます。

通常の人間関係や職場でも同じような事が
言えると思います。

例えば

「社長が●●さんの仕事への取り組み方を
とても誉めていましたよ。●●さんの仕事の仕方
を参考にしろと言われたんです。」

というような感じです。

直接社長に誉められるよりうれしくて、効果が高い
場合もあると思います。

ただ、

第3者的をうまく使った誉め方だけだと、
もうひと押し効果が足りません。

お子さんを誉める時に、もう1つ付け加えて欲しい
要素があります。

それは、

あなたがそれを聞いてどう感じたのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という要素です。

具体的な例をあげると、

「この前先生に、『たけし君はいつも提出物を
しっかりするんですよ』って誉めてもらったのよ。
お母さん本当にうれしかったわ。」

というような感じです。

お子さんは、自分が誉められた事で喜んでいる
親の姿を見るのはとてもうれしく感じるものです。

お父さん、お母さんに喜んでもらえる行為をした
事で、自分自身にも誇りを持たせる事のもつながり
ます。

ですので、

今回の

「第3者をうまく使った方法」



「それに対してどう感じたのかをお子さんに伝える」

を組み合わせてみてお子さんを誉めてみて下さい。

お子さんの喜んでいる表情をみる事であなた
自身も幸せな気持ちにきっとなれますよ。


PS

最近、お父さん、お母さん以外の方から仕事で指導者
の立場にいらっしゃる方からの相談も受ける事がある
のですが、そのような相談でも構いませんので気軽に
メールして下さい。

メールはコチラ ⇒ magmag@ekatekyo.com


___________________________________

メールマガジン「勉強のやる気に火がつく!意欲アップ達成術」

☆発行責任者:デスクスタイルフィール 後藤智則
☆公式サイト:http://www.ekatekyo.com/
☆問い合わせ:magmag@ekatekyo.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ