下請の底力~日本の元気は俺たちがつくる!~

  • ¥0

    無料

群馬県の下請工場の後継者たちが、2009年の不況を脱出するために、新たな分野にチャレンジしていく模様を描いたドキュメントレポート。 経営者の中でも特に、まだ希望をもって闘っている全国の30代・40代の下請工場の後継者たちに読んでもらいたいです。 一緒に日本の元気印ネットワークをつくっていきましょう!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
下請の底力~日本の元気は俺たちがつくる!~
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2010年10月23日
 
発行部数
0部
メルマガID
0001023621
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > 社長

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            シタゾコレポート
2010/10/23 不定期発行 著者:(株)下請の底力 登内義也
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

群馬県で下請工場が集まって立ち上げた「(株)下請の底力」(通称:シタゾコ)
も早くも2年目になりました。
今期は新に市外、県外、そして海外からもメンバーを集め、取締役は合計11
名でスタートしております。

今期のテーマは「燃える人間をどんどんつくりだす!」です。
我々の言う「燃える人間」とは「やりたいことがある人」と定義しており、そ
のやりたいことを応援することを一番の任務と考えております。

今回はそんな燃える人間の応援も含めて、皆様にお願いがあってメルマガを発
行させていただきました。

■そのお願いとはダニアレルギー皮膚炎で痒みの問題に悩むお子さんやご家族
がいたら、ご紹介いただけないかということです。

(株)下請の底力のでは桐生市役所などと連携をして、地域を活性化させる様々
な活動を行っております。
群馬県桐生市は古くから繊維の町で繊維関係の工場が多い地域ですが、この地
域に「ダニアレルギー皮膚炎」で悩むある10歳の女の子がおりました。
彼女は長いことずっと痒みで眠れずに苦しんでおりました。それはご家族も同
様です。

そんな女の子のことを知った地域の染色工場の社長が、その問題を繊維関係者
として解決できないか?と試行錯誤し、遂にある溶剤を開発しました。(特許
申請中)それはダニや死骸などを吸着させる特殊な溶剤です。

さっそくその溶剤でその女の子の下着や衣類を染色してあげました。
するとその女の子から「すごく眠れるようになったよ。これは魔法の下着だね
!」と、喜びの連絡があったのです。

現在、同様の悩みを抱えた方々の衣類を染色をして試してもらっていますが、
もっとたくさんの方の声を聞くひつようがあります。そこで、ご家族やお知り
合いの方で「ダニアレルギー皮膚炎で痒みの問題」に悩んでおられる方がいた
ら、モニターとしてご紹介いただけないかと思っております。

せっかくいいものをつくっても、少量しか流通されないとコストが高くなって
しまい、結果「ある程度お金を持った方しか購入できない」ということになっ
てしまいます。
我々はこんなにいいものなら出来るだけ安価にして最終的には同様の問題に悩
む皆さん全員に使っていただきたいと思っております。
なにとぞご協力お願いいたします。

ご紹介いただける場合はお手数ですがこちらにご連絡ください
 ○株式会社下請の底力 登内→連絡先 support@sokozikara.com

●ダニアレルギー皮膚炎対策モニター概要
1.お子さんが現在着ておられる衣類数点を対策加工(染色)してお返しいた
  します。染色と言っても無色透明ですので色がつくわけではありません。
2.染色できるものは「綿」か「レーヨン」繊維です。アクリルやポリエステ
  ルが混ざっていても大丈夫ですが、50%以上のものは染色しずらいため
  ダニ対策効果はあまり期待できません。
3.モニター条件→モニター後にアンケートをご記入いただけること。
4.モニター第一弾応募締め切り日→10月29日(金)
5.費用は無料ですが、先着50名となります。
6.桐生地域の方が優先ですが、その他の地域の方ももちろん受付いたします。

※モニター後に押し売り営業行為等は一切行いませんのでご安心ください。
※個人情報の取り扱いについては法令を遵守することをお約束いたします。
※染色できる最大容量は決まっておりますので、多数のお申し込みがあった場
合、ご辞退いただくこともございますことを予めご了承ください。


■我々が目指しているもの
全国各地の下請工場が「いいもの」をいろいろ開発しています。しかしながら
その多くの会社には専門の営業部隊や広報販促部隊があるわけではありません。
社長お一人、若しくは数名程度で運営しています。
よって、本業以外の活動に費やせる時間や資金は非常に少なく、せっかくその
ようなものをつくっても普及できる限界があるのです。

我々シタゾコ自体も零細企業の集まりですのでその気持ちは痛いほどわかりま
す。そこで今年度はその部分を応援することにしたのです。
ただ、シタゾコだけでもまだまだ力不足なので、地域の方々と一緒にそれをや
りたいと計画しています。その結果、地域に仕事や雇用ができればいいとも。

「地域のこどもたちの問題を地域の人たちで解決し、子供たちの笑顔が戻った
上に地域に仕事や雇用が生まる」
そんなことが出来たら素晴らしいことだと思いませんか?

「いくらいいことをしても単なるボランティアで終わらせてはいけない。ボラ
ンティアでは長続きできない!」と、昨日も農林水産省の木村俊昭さん
http://kimutoshi.jugem.jp/ に言われました。

シタゾコもこの1年、ボランティアのようなことばかりをしてきてしまいまし
た。反省です。だから今度こそなんとか関わる人たちに適切な対価が支払えて
長続きできるような仕組みづくりをしなければと考えております。
そのためには多くの方々のお力が必要です。

このプロジェクト自体にご興味のある方(特に桐生市や両毛地域の方)がおら
れましたら、今回のダニ対策加工品モニターとは別にぜひご一報ください。
一緒にこの仕組みを作っていってください!
何卒よろしくお願いいたします。

平成22年10月23日
登内義也
バイヤーズ株式会社 代表取締役
株式会社下請の底力 代表取締役
桐生PR大使
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
~世界の元気は俺たちがつくる!下請企業復活の手本になるぞ!!~
    問題解決財の購買代理商社-株式会社下請の底力

 ●本社 カスタマーサポートセクション AM9:00~PM6:00 日祭日休
  tel:0277-54-7727 fax:0277-54-5374
  376-0011群馬県桐生市相生町1-183-8
  URL http://sokozikara.com
  E-mail support@sokozikara.com
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ