勝又恒一郎メールマガジン~かっちゃん通信~

  • ¥0

    無料

元衆議院議員 勝又恒一郎のメルマガです

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
勝又恒一郎メールマガジン~かっちゃん通信~
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年03月30日
 
発行部数
1,707部
メルマガID
0001034481
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > 政治家

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■勝又 恒一郎メールマガジン「かっちゃん通信」■
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
<2018.03.30. vol.190>

皆さんこんにちは。
ご無沙汰しております。都内では例年より早い桜もすでに散りはじめ、季節の
移ろいのはやさを感じる今日この頃です。

皆様は元気にお過ごしですか?
私は慣れない社長業も3ヶ月目に入りましたが、日々バタバタとしながらも、
何とか頑張っております。

さて、皆さんは今国会をどうご覧になっておられるでしょうか?
私も少し距離を置いて政治を見る立場となり、これまでとは少し違った景色も
見えて参りました。
先の佐川氏の証人喚問、皆様はどうご覧になりましたか。
予想通りではあったのですが、何も新しいことはなく、「何だったのか?」と
いう印象は拭えないのではないでしょうか。

私は2つの点で違和感を覚えました。
まず一つ目は与党の守りの堅さに対して野党の戦略のなさ。
証人喚問は、もともと強制的な捜査権力のない国会がするものですから、追求
する側は、余程、戦略的に挑まねば、今回のような結果になることは目に見え
ております。
野党各党がバラバラに小間切れに衆参で質問しても何も出てきません。
野党は各党が自分たちだけが目立ちたい、との部分最適ばかりを追求するのに
対して、与党はまとまって守りをしっかりと堅めた全体最適を目指しているこ
とが際立ちました。
サッカーでも守りをかためたチームから点を取るには、巧妙に相手をおびき出
し裏を取らなければ得点はできません。

そして、もう一つ、我が国の国会がこんな状況にある間に、世界は大きく動い
ている、ということです。
政治的には北朝鮮問題が大きく動いており、一方で、トランプ政権が揺れ動く
余波が、政治的にも経済的にも世界を不安定な状況に向かわせようとする要因
になっております。

コンサルのような仕事をしておりますと、「もう政治の失政による経済的な
停滞は勘弁してくれ」、というビジネスマン(ウーマン)の方々の切実な声が
日々聞こえて参ります。
野党の宿命として(笑)スキャンダル追及を全て否定する気はありませんが、
経世済民という政治の本質からして、野党はもっと経済に対して敏感なアン
テナを持つべきではないでしょうか。

いずれにしても、2020年に向けて、我が国経済もいよいよ正念場を迎えよう
としております。政治がかじ取りを間違えないことが極めて重要です。私も
今後も注視しつつ、発信を続けて参りたいと思いますので、今後とも宜しく
お願い申し上げます。

皆様も爽やかなお気持ちで新年度をお迎えください。

元衆議院議員
大樹総研株式会社 代表取締役社長 
勝又 恒一郎

■□大樹総研株式会社 Taiju Research Institute,Inc □■
〒104-0061
東京都中央区銀座7-2-22 DOWAビル3階
Tell: (+81)03-3571-7060 FAX: (+81)03-3571-7065
Email:k.katsumata@taiju-ri.jp

---------------------------------
■発行責任者:元衆議院議員 勝又 恒一郎(かつまた・こういちろう)
■公式サイト:http://katsumata.typepad.jp/
■問い合わせ:katsumata@rose.plala.or.jp
■登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001034481.html

※こちらのメールマガジンは勝又恒一郎及びスタッフが名刺を交換させて頂いた方、
 後援会ハガキ・メールをお送り頂いた方等にお届けしております。
※このメルマガは、「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ