勝又恒一郎メールマガジン~かっちゃん通信~

  • ¥0

    無料

元衆議院議員 勝又恒一郎のメルマガです

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
勝又恒一郎メールマガジン~かっちゃん通信~
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年08月03日
 
発行部数
1,885部
メルマガID
0001034481
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > 政治家

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■勝又 恒一郎メールマガジン「かっちゃん通信」■
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
<2017.08.03. vol.181>

みなさん今日は。
8月になりました。7月は酷暑が続きましたが、昨日今日は少しばかり涼しく
なってひと段落ですね。皆様お元気でしょうか?

政治的には8月に入って大きく動き始めました。
今日内閣改造があり、安倍さんも動きました。
私たちも蓮舫代表が辞任し、9月1日に党員サポーターを含めての代表選挙を
行うことを決定いたしました。
マスコミの論調によると、代表選挙の争点は、野党共闘とか、都民ファースト
すなわち小池さんとの協力関係など、政治路線の選択が中心になると報じられ
ています。
しかし、私が思うに、自分たちの方向性も定まらない状態で、他党との関係を
考えるなどおこがましいというか、本末転倒だと思っています。

そうした観点から代表選の争点は、ズバリ私たちの主要政策は何か、だと考え
ます。
国民は安定を求めています。そのためには、まず、経済と外交については安定
が第一です。
これが前提です。と同時に、保守か革新(リベラル)か、というような単純な
二分法にも難問への答えはないように思います。そのことを大前提とした上で、
私が考える日本の針路のための主要政策は3つです。
1.教育の大改革 
2.地方分権の徹底と地方自治の重視 
3.財政再建
です。

そして、そのすべてを包含するテーマは、少子高齢社会への本気の備えです。
人口減少が進む社会で経済が発展する条件はイノベーション(技術革新)です。
そしてそのイノベーションを起こすのは人の力です。人材です。人をつくるの
が教育。ものまねだけではない、自分の頭で新しい発想をすることが出来る人
材を生む素地を、教育のシステムの中に育むことこそ、1の教育の大改革の主
旨そのものです。民主主義である以上、政治の質を担保する基本もまた教育に
あることは同様だと思います。

次に、子育て支援や、高齢者対策の基本は地方自治体です。国が上から目線で
全国に一律に指図することでは問題は解決しません。それぞれの地域にあった
自由な発想でユニークな対策を行っていくことこそ重要であり、またそこに
イノベーションが生まれ、新しいビジネスが生まれるチャンスがあると思いま
す。

三つめは、財政再建です。このまま安倍政権のような放漫財政の行きつく先は
国家破たんです。少子高齢化が急ピッチで進む以上、無責任な財政運営はこれ
以上許されません。ハイパー(急激に進行する)インフレが起こって衝撃が大
きいのは、働くことが出来ない高齢者の方々です。そうなってからでは遅い、
ということを政治は隠さずに国民に説明し続けなければなりません。

以上、私の考えの概略をお示ししましたが、「政治は政策が命」という考えは
地方議員の頃から変わりませんし、その前提は「選挙」だということも思い知
らされてきました。
政策論争がなく、政策の軸が決められないような政党には国民の期待は集まら
ず、未来はないと考えます。

以上のような考えに基づいて、この1か月皆様のお声を頂きながら、代表選挙
に臨みたいと思っております。
党勢の厳しいなか、私「勝又」個人を応援して頂いている皆さまに心から感謝
しつつ、引き続きのご指導ご鞭撻を心よりお願い申し上げます。
猛暑の季節、ご自愛ください。

勝又恒一郎


【一週間の街頭スケジュール予定】
月曜 東神奈川駅西口(東口)、大口駅東口
火曜 鶴見駅東口、大口駅西口、三ツ沢上町(下町)
水曜 新子安駅(京急子安駅)、片倉駅、矢向
木曜 鶴見駅西口、生麦駅、東白楽駅
金曜 鶴見駅西口2F、東神奈川西口(東口)、鶴見市場駅
土曜・日曜・祝日 東神奈川駅、鶴見駅
朝7:00~8:30、夕17:00~18:30がコアタイム。
場所・時間はその日の他の予定、天候等によって変更となることがあります。

---------------------------------
■発行責任者:元衆議院議員 勝又 恒一郎(かつまた・こういちろう)
■公式サイト:http://katsumata.typepad.jp/
■問い合わせ:katsumata@rose.plala.or.jp
■登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001034481.html

※こちらのメールマガジンは勝又恒一郎及びスタッフが名刺を交換させて頂いた方、
 後援会ハガキ・メールをお送り頂いた方等にお届けしております。
※このメルマガは、「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ