1日1分365冊☆ワンランクUPのためのビジネス書評

  • ¥0

    無料

著者サイト

営業コンサルタントの竹内がお届けする毎日厳選したビジネス書評! 主に営業、コミュニケーション、マーケティング、経営、マーケティング、部下育成等に関する本を紹介!ほぼ毎日1分だから飽きずに継続出来ます!これであなたもワンランク上のステージに!営業パーソン、経営者向け★営業コンサルならではの着眼点で切り込みます!

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
1日1分365冊☆ワンランクUPのためのビジネス書評 第1206冊
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

こんにちは、営業組織コンサルタントの竹内慎也です。

不定期になりますが、

本日も久々という事でご紹介をしたいと思います。

こちら、書評として書いたのはずいぶん前なのですが、

マーケティング戦術を理解するうえでは、極めて重要な1冊です。

なので、時期はあってないかも知れませんが、ご紹介します。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
1206冊目 2017年5月23日 

最強のコピーライティングバイブル――伝説の名著3部作が1冊に凝縮! 国内成功100事例付き 単行本(ソフトカバー)
2016/4/15
横田 伊佐男 (著), 神田 昌典 (監修)
https://goo.gl/JloVKU
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


マーケティングを学ぶ人は増えている。

それは、MBAかも知れませんし、はたまた集客の研修かも知れません。

がしかし、学んで実践出来ない事は多いと思います。

また、広告の効果が急に下がった、とか、いつものリスティング広告が全然ダメになった、

という話もよく聞きます。

そういう方におすすめの本であると思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

5段階評価 ★★★★☆ 4

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

同書は、マーケティング戦術としてのコピーライティング力強化のための書です。

同書を読むと、よくよくわかってくるのが、「事例が豊富」であり、「真似をしやすいこと」です。

マーケティングというと、戦略思考の方を思い浮かべる事は多いと思いますが、

中小零細企業では、戦略から戦術にすぐ移行しないと、成果は出ない。

その戦略から戦術への移行をスムーズに行えるのが、同書だと思います。

もちろんテクニック論が多いのですが、次を読ませたり、興味付けをしたりする工夫や原理原則がちりばめられています。

基本からしっかり学びたい方には非常にお得な内容となっています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
竹内的本書のポイント

◆いきなり書くな、まず「戦略」を考えよ

◆ターゲット×提供価値を徹底的に考えよ

◆「新情報訴求」8つの型
「ご紹介」で始める
「発表」で始める
「発表のニュアンス」がある言葉を使う
「新」で始める
「いま、さあ、ついに」で始める
「とうとう、いよいよ」で始める
「日付や年」を入れる
「ニュースネタ風」にする
新商品、キャンペーン、イベントが最適
従来商品やロングセラーには向かない
季語、ベネフィット、タイミング

◆「価格訴求」の最強キャッチコピー5つの型
「価格」をメインにする
「割引価格」をメインにする
「特価品」をメインにする
「支払いの簡単さ」をメインにする
「無料提供」をメインにする
入口商品が最適
ブランド品には向かない
数字、メリハリ、赤

◆「情報・エピソード訴求」の最強キャッチコピー2つの型
「役に立つ情報」を提供する
「エピソード」を伝える

悩み解決商品が最適
実績がない新商品には向かない
天と地のギャップ、短い期間

◆「キーワード訴求」の最強キャッチコピー「10の型」
「する方法」とする
「どうやって、このように、どうして」とする
「理由、なぜ」を入れる
「どれ、どの、このような」を入れる
「他に誰か」を入れる
「求む」を入れる
「これ、この」で始める
理由の「~だから」を入れる
仮定の「もし~なら、もし~しても」を入れる

「アドバイス」という言葉を入れる

筆が進まないときは「先にキーワードを設定」する

「理由、なぜ」は万能選手
ask問う、answer答える、action行動させる

◆「その他訴求」の最強キャッチコピー10の型
「証言スタイル」にする
「読み手を試す質問」をする
「1ワード見出し」にする
「2ワード見出し」にする
「3ワード見出し」にする
「いまはまだ買わない」ように伝える
広告主から相手に「直接」語りかける
「特定の個人やグループ」に呼びかける
「質問形式」にする
ベネフィットを「事実と数字」で伝える

特定の個人やグループは効果抜群
全員に刺さるキャッチコピーはない
年齢軸

キャッチコピーが一番重要
検証済二大法則は「相手の得」と「新情報」
マネして、入れ替え、自分ゴト化する

◆セールスレターの6フレーム
書き出し 好奇心をそそって続きを読ませる
描写や説明 提案するものをイキイキと描写する
動機や理由づけ 相手にとってどう役立つかを説得する
保証や証明 信頼性を証拠だて、信頼を得る
決め手の一言や不利益 不安な気持ちにさせただちに行動させる
結び いますぐ行動しやすくさせる

◆2つのテスト項目
見出し(キャッチコピー
オファー


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
1206冊目 2017年5月23日 

最強のコピーライティングバイブル――伝説の名著3部作が1冊に凝縮! 国内成功100事例付き 単行本(ソフトカバー)
2016/4/15
横田 伊佐男 (著), 神田 昌典 (監修)
https://goo.gl/JloVKU
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私の書評では、営業、コミュニケーション、接客、リーダーシップ、
マーケティング、経営、マネジメントなど
人間関係や売上向上に特化してご紹介しています^^

(ときどき違うジャンルも紹介していますが)

ぜひ毎日ご参考にして頂けると嬉しいです☆
今日もありがとうございました。
また明日、書評をご紹介させて頂きます。


追伸:web版を見てみたい、という方は、
こちらのブログにも載せておりますので
参考になさって下さい。

http://www.w-s-a.jp/blog/wp/?cat=771



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【無料レポートをGET】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会社のHPは⇒ http://w-s-a.jp/

ブログでも書評公開しています!!
http://www.w-s-a.jp/consul/wp/



■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

【発行者】営業組織コンサルタント 竹内慎也
     ウィル・スキル・アソシエイト株式会社 代表取締役
【ブログ】http://www.w-s-a.jp/consul/wp/
http://goo.gl/ezbO84
【H P】http://www.w-s-a.jp/
     http://www.wsa-s.com
【こちらのメルマガURL】http://www.mag2.com/m/0001048865.html
【他発行メルマガ】 1回15秒!トップセールスが教える超コミュニケーションスキル
【ページ】 http://www.mag2.com/m/0001007983.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
著書「非エリートの思考法 2流が1流になれる仕事術」
http://amzn.to/L4w77o
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

amazonビジネスライフ2位
有隣堂アキバ店 ビジネス書ランキング1位
紀伊国屋書店 福岡本店 ビジネス書ランキング1位
ブックファースト梅田2階店 ビジネス書ランキング1位獲得
ブックスタジオ大阪駅 ビジネス書ランキング2位獲得!!

http://amzn.to/L4w77o

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
■献本などのご依頼などは
firstclassinc●live.jp にメールを下さいませ。(●を@に変更下さい)
現在月に10~20冊程ご依頼を頂戴してますが、全て一生懸命読ませて頂きます。
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
1日1分365冊☆ワンランクUPのためのビジネス書評
発行周期
日刊
最終発行日
2017年05月23日
 
発行部数
209部
メルマガID
0001048865
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 経営学・経営理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ