ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

  • ¥0

    無料

香港在住11年後の2004年にNZへ移住した西蘭一家。メルマガ「西蘭花通信」は2002年からスタートした、一家の永住ドキュメントです。海外での普段の生活、子育て、旅行、キウイとの交流、スピリチュアル、NZの経済、文化、社会など、多方面から思いつくままにリアルな移住ライフを記録しています。バックナンバーは全てHP「ニュージーランド移住記録」でご覧になれます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」
発行周期
週2回
最終発行日
2017年07月16日
 
発行部数
394部
メルマガID
0001065903
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > 海外

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

週末はいかがでしたか?今回もハワイ話の続きです。
妹から「ローン長者」と呼ばれています。なんと的確な呼び名(笑)
もっと借りられるようにがんばらなくっちゃ。

==================================================================
「西蘭花通信」経済・生活編 ~銀行行って褌を借りよう~ Vol.0731 2017年
7月16日
==================================================================

ハワイへの不動産投資を検討し始め、気心知れた友人知人に、
「ハワイにコンド(ミニアム)を買おうかと思って。」
という話をすると、だいたい二通りの反応がありました。ひとつは
「よくそんなお金があるわね」
「金持ち~」
といったもの。もうひとつは、
「ハワイとNZのどっちでローン組むの?」
「利回りは?」
といったもの。前者は投資をしない人、後者は投資をする人。同じ行動に対し
て、こうもはっきりと反応が分かれるのは興味深く、中間というものはないよ
うです。

物を買うには、コーヒー1杯、大根1本でもお金が必要です。しかし、買い物の
中でも最も高額な不動産となると、お金がなくても買えるから不思議です。NZ
の場合、十分な担保を差し出せば自己資金を使わなくても借金で不動産が買え
ます。私たちは5年前に自宅を担保に、一銭も使わずに借家を購入しました。買
った不動産もまた担保になるので借金の余力ができ、さらに「次の一手」を考
えることができます。投資をする人はこの点を承知しており、間違っても「よ
くそんなお金があるわね」とか「金持ち~」とは言いません(笑)

借金は他人資本とも言われます。自己資本の対極にあるものです。銀行から融
資を受け投資行動に出ることは、「他人の褌(ふんどし)で相撲を取る」よう
なものだと思っています。この諺には非常にネガティブなニュアンスがあり、
「人のモノを利用して、いい思いをしたり利益を得たりする」という意味合い
ではないでしょうか。「ちゃっかりしている」「図々しい」「ズルい」といっ
た、非難とやっかみの混じった表現だと思います。

では、褌(資金)を借りるのにお金(金利)を払ったらどうでしょう?借りる
ために相応の対価を払い、その褌を締めて(!)相撲(投資)を取ったら?そ
れは紛れもない商行為であり、ちゃっかりでもズルくもないはずです。そもそ
も銀行の収益の柱は資金を貸して金利収入を得ることで成り立っています。さ
らに自分が使わない褌を預けにくる預金者には利息を払わなければなりません。
借りる人や企業がなければ事業として成り立ちません。

紛れもない商行為であっても、多くの国や人々の間で、借金は大っぴらに語る
ものではなく、できたら隠しておきたいもののようです。「あの人には借金が
ある」という一言は、どれだけ重く暗く響くことか。「なんとか借金しないで
やりたい」という点にこだわる人も多いでしょうが、「借金してでもぜひやり
たい!」という人もいます。そこにはネガティブなニュアンスはなく、この差
はどこから来るのか?

思うに、投資という相撲の取り方を知っているかどうかなのではないでしょう
か。相撲を取らない人には理屈抜きで貯金は『善』、借金は『悪』と映るよう
です。その流れでいけば「カネもないのに借金してまで不動産を買うなんて」
となります。逆に相撲を取る人には、今のような低金利下では貯金は利回りが
最も低い『悪』であり、借金は返済の目処がつく限りは、より高い利回りが狙
える『善』となって、話が全く逆なのです。両者の溝はそう簡単には埋まらな
いため、私は人に投資を勧めたりはしませんが、自分たちがしていることに後
ろめたさもなく隠しもしません。他人の褌、上等です!

今月初めのハワイ滞在中に、友人からひょこっと「たまには電話で話さない?」
というメールが入り、実はかくかくしかじかでハワイに居ると伝えると、「ぜ
ひ話を聞きたい」という返事が来て、NZに帰ってからじっくり2時間話し込みま
した。彼女も果敢に相撲を取る人なので、
「ハワイとNZのどっちでローン組むの?」
「利回りは?利回り保証はあるの?」
「非居住者への特別な税金は?」
「売却のときの手数料は?」
「不動産エージェントはどうやって見つけたの?」
と的を得た質問がピンポイントに出る出る~(笑)

購入する前から売却を想定しているところが、実にリアルな投資家です。自宅
なら一生住むつもりで購入することも多いでしょうが(NZでは習慣的にその限
りではありませんが)、投資となれば想定外な事態や、別の投資に向けていつ
でも資産を売却できる流動性が非常に重要になってきます。投資の「出口」は
「入口」並みか、それ以上に大事です。さすが友人、30代から1人でコツコツ投
資を始めた経験からその点はしっかり押さえてきました。

私たちは手続きが簡単なことからNZでローンを組みました。利回りは目標8%以
上で、利回り保証はもちろんありません。全てのリスクは自分たちで背負って
います。非居住者への特別な税金というものはなく、非居住者として特に不利
になる点も見当たりません。売却時の手数料は物件価格の6%で購入時の手数料
はありません。エージェントは飛び込みで話を聞いた不動産屋のアドバイスが
あまりにも的確で、お互い意気投合したため、彼を通じて購入しました。これ
が質問への答えです。

7月7日の購入日当日から、部屋に宿泊客がいる限り宿泊料が入ってきます。マ
ネジメント会社による集計は月1回なので来月中旬まで金額はわかりませんが、
毎月25日には諸経費を差し引いた収入が銀行口座に振り込まれます。零細在宅
自営業者に、
「給料日ができた!」
と夫婦で大喜び。借金の返済もすでに始まっており、しばらく為替からも目が
離せません。予約状況で「満室」サインが出れば自分たちの部屋も埋まってい
ることになるので、ほっと胸をなでおろします。今はネットで予約を確認する
のが、密かな愉しみになっています。

=================================================================
「マヨネーズ」

初めてハワイという場所を訪れて驚いたのは、NZと共通することの多さでした。
ハワイ語とマオリ語の似ていること! NZ、特に移民の多いオークランドはハワ
イ?とオーストラリアを足して二で割ったような太平洋文化圏なんだと改めて感
じました。?

西蘭みこと

===============================================================

■このメルマガは西蘭家のホームページ
http://www.sailanmikoto.com/
に掲載しています。

写真入りのバックナンバーもどうぞ。
http://www.sailanmikoto.com/mailmagazine/mailmagazine.html


他のブログやHPは以下の通りです。

■ブログ日記「さいらん日和」(移住生活の日常をつづっています)
http://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-sailanbiyori/


■「さいらんガーデン」(庭や外での小さなお話)
http://blog.goo.ne.jp/tanikuhongan/


■新しく始めた旅と夢限定ブログ「みたび」
http://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-mitabi


■2007年に永眠した飼い猫ピッピのブログ「シロ猫ピッピのおいら物語」
http://blog.goo.ne.jp/oiramonogatari/


■ご感想は
mikoto@sailanmikoto.com
へお願い致します。
(メールでの個人的なご質問にはお答えできませんので予めご了承下さい)


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ