ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

  • ¥0

    無料

香港在住11年後の2004年にNZへ移住した西蘭一家。メルマガ「西蘭花通信」は2002年からスタートした、一家の永住ドキュメントです。海外での普段の生活、子育て、旅行、キウイとの交流、スピリチュアル、NZの経済、文化、社会など、多方面から思いつくままにリアルな移住ライフを記録しています。バックナンバーは全てHP「ニュージーランド移住記録」でご覧になれます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」
発行周期
週2回
最終発行日
2018年05月19日
 
発行部数
394部
メルマガID
0001065903
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > 海外

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

珍しく週2回目の更新です。
オークランドは急に秋らしくなってきて、長雨の季節に入ったもよう。
良い週末をお過ごし下さい。

==================================================================
「西蘭花通信」経済・生活編 ~アデレードの子~ Vol.0739
2018年5月19日
==================================================================

「キミが大っきなおみやげでも買おうって言い出さないか、ドキドキするよ。」
と、夫が言うのを聞き流しながら、私たちは5月に入り、夫婦して初めてオース
トラリアのアデレードに降り立ちました。普段から何かと好みが合う76歳の友
人が、
「オーストラリアで一番いいのはアデレード」
https://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-sailanbiyori/d/20180509
と断言するのに触発され、かなり前から予定を立てていました。

街は想像以上に小さく、国内5番目の都市と言いつつも、シドニー、メルボルン、
ブリスベンの三大都市に比べると遥かにこぢんまりした、19世紀のビクトリア
時代がそのまま21世紀に息づいているかのようでした。「20分シティー」とい
うあだ名のとおり、中心部であればほとんどの場所に歩いて20分で行けるばか
りか、碁盤の目のような通りは観光客にもわかりやすく機能的な街並みでした。

さらにクルマで1時間も行けば、オーストラリアを代表するワイン産地バロッサ
やクレアバレー、1839年にドイツから宗教的弾圧を逃れて移住したルター派教
徒たちのドイツ村ハーンドルフもあり、国内最長のマレー川や野生動物と手つ
かずの自然が楽しめるカンガルー島もあります。ほぼ南端のアデレードと西の
北端ダーウィンを結ぶ大陸縦断鉄道「ザ・ガン」の起点でもあり、オーストラ
リアらしいアウトバックを体験することもできます。

街歩きを始めて早々に、
「ココ、いいかも!」
と、頭にランプが灯りました。5月という季節も良かったようで、オークランド
と変わらない寒からず暑からずな気温で、行楽にはもってこいでした。さらに
8回目のオーストラリアにして、それまでで一番充実した食を堪能でき、アデレ
ード熱が一気に上昇しました。市内で2日、郊外で2日過ごし、最終日前日には
目をつけていた物件に、
「見るだけならタダ!」
と慎重な夫を引っ張っていきました。

それはオーストラリアによくあるホテル兼アパートメント物件で、住んでもよ
しホテルの1室として貸し出してもよしといったもので、私たちは半年前にサン
シャインコーストのヌーサで同様の物件を購入し、オーストラリアでのリゾー
ト投資に乗り出していました。飛び込みで訪れた物件はホテルというよりもよ
りアパートメントに近い印象で、宿泊客よりも住人の比率の方が高そうに見受
けられました。フロントもマンションの管理人室を大きくしたようで、1階のレ
ストランも夜しか営業していないのか無人で電気が消えていました。

オークランドに帰ってからは次男の卒業式だなんだで数日が過ぎ、ふと、
「そういえばあの物件!」
と思って下見してきた物件をググってみたものの、売りに出ている部屋は1室も
なく、現在の相場が全くわかりませんでした。しかも、最後に売買があったの
は2年前で、小さい街とはいえこの手の商業物件の流動性はかなり低いようです。
しかし、調べれば調べるほどアデレードの利回りは悪くなく、物件価格も三大
都市どころかヌーサと比べても安いぐらいで、海外や他都市からの資金が入っ
ていないのを実感できるようでした。

「ココはどうだろう?」
過去の取引をググっているうちに偶然見つけた別の物件に目が止まりました。
そこは居住できる部屋とホテルとしての部屋が厳格に分かれており、後者には
家主といえども住むことはできません。そのせいかアパートメントというより、
ぐっとホテルらしい造りでした。私たちは旅先での宿泊は断然ホテルを好み、
旅の高揚感と非日常を愉しむためにも生活感が排除されている方が理想でした。

下見してきた物件は管理会社が完全に借り上げ、賃貸物件として貸し出される
場合もあるようで、自分が所有する部屋であっても宿泊はできませんでした。
しかし、新たに見つけた物件は年間2週間の無料宿泊が保証されています。それ
だけでも2,000豪ドル(1豪ドル85円換算で17万円)以上の価値があり、毎年ア
デレードに行くならこれは魅力で、宿泊先としても理想の好立地でした。

「ココ、いいかもよ!」
物件を夫に伝え、売りに出ている部屋の不動産屋のサイトを転送すると、「ド
キドキするよ」などと言っていたのとは裏腹に、気に入ったアデレードの高利
回り物件というニンジンを自ら鼻先にぶら下げ、ウマ年らしく疾走し始めまし
た。そのスピードたるや暴走に近く、物件を見つけてから週末を挟んで4日目に
銀行から融資枠を獲得、その後3日間は不動産屋の仲介で売り手との交渉に費や
しました。

最終的に物件を知ってから1週間で交渉成立。部屋どころかホテルを見ることも、
不動産屋に会うこともなく購入決定。海外不動産投資も3回目、特にオーストラ
リアは2回目で、夫の手腕で実に淡々と事が運びました。再び莫大な借金を背負
うのに、平常業務の傍らのメールのやり取りで決着しました。売主はホテルを
開発したデベロッパー、こちらは投資家ということで、お互い腹のうちや落と
しどころがよくわかり、打てば響く交渉でした。

こうして2017年7月の「ハワイの子」、11月の「ヌーサの子」に続いて、「アデ
レードの子」が加わりました。さすがに1年以内に3室はスピードメーターが振
り切れる速度ですが、「銀行が貸す」という以上は受けて立つのが私たち(笑)
投資先と物件を私が決め、それ以外の事務手続きを夫が一手に担うというパ
ターンもでき上がっています。このノウハウが今後も別の物件で活かされるの
か、次に買うのは自宅を売っての有料老人ホームの1室か、はたまたお墓か?
何が先に必要になるかで決まりそう?!

=================================================================

「マヨネーズ」

またまた銀行で褌調達(笑)
http://www.sailanmikoto.com/mailmagazine/vol.0731.html
ローン長者まっしぐら。とある物件は1ヵ月の収益がたったの75豪ドル(6,400
円)で、季節性のある地方投資のリアルを垣間見ました^^;

西蘭みこと

===============================================================


■このメルマガは西蘭家のホームページ
http://www.sailanmikoto.com/
に掲載しています。

写真入りのバックナンバーもどうぞ。
http://www.sailanmikoto.com/mailmagazine/mailmagazine.html



他のブログやHPは以下の通りです。

■ブログ日記「さいらん日和」(移住生活の日常をつづっています)
http://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-sailanbiyori/


■「さいらんガーデン」(庭や外での小さなお話)
http://blog.goo.ne.jp/tanikuhongan/


■新しく始めた旅と夢限定ブログ「みたび」
http://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-mitabi


■2007年に永眠した飼い猫ピッピのブログ「シロ猫ピッピのおいら物語」
http://blog.goo.ne.jp/oiramonogatari/


■ご感想は
mikoto@sailanmikoto.com
へお願い致します。
(メールでの個人的なご質問にはお答えできませんので予めご了承下さい)
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ