聖ピオ十世会だより「マニラのeそよ風」

  • ¥0

    無料

カトリック教会の聖ピオ十世会に所属しているトマス小野田圭志神父は、フィリピンのマニラの修道院から「マニラのeそよ風」をメールマガジンとして発信中です。主に、カトリック教会の伝統的な霊性、教義の説明をはじめ、キリスト教文化、芸術、グレゴリオ聖歌、音楽、建築の源であるラテン語の聖伝ミサについてのお話や、黙想のメッセージなどが紹介しています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
聖ピオ十世会だより「マニラのeそよ風」
発行周期
必要に応じて不定期に発行します
最終発行日
2017年08月22日
 
発行部数
77部
メルマガID
0001069260
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 宗教

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

聖ピオ十世会だより  2017/08/22 聖母の汚れなき御心の祝日

~~~~~~~~~
マニラの eそよ風 (第436号)
~~~~~~~~~

アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 今日は、聖母の汚れなき御心の大祝日、日本の主要な守護の聖人の祝日です。兄弟
姉妹の皆様におかれてはいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

 今年はファチマ百周年です。日本では、5月にはシュテーリン神父様のご指導の下
で恒例の秋田への巡礼があり、ファチマの三人の牧童の霊性を黙想しました。7月16
日の海の日は、「産み」の日と言葉をかけて、東京でマーチフォーライフがありまし
た(今年で4回目)。ファチマの聖母も一緒に歩かれ、私たちも参加しました。

 8月11日から15日までは、聖母小黙想会がありました。8月15日の聖母被昇天は、1
0時半からの歌ミサと、聖母に平和を求めて聖母行列がありました。この日は、聖母の
汚れなき御心に対する日本の奉献の更新で締めくくられました。

 ファチマ百周年を機会に、私たちは、聖歌「ファチマのアヴェ・マリア」の歌詞を
39番まで(13番ずつ3回に分けて歌うとちょうど良い)作りました。無原罪の聖
母創立百周年記念の「無原罪の聖母の騎士会の歌」も「御母マリア」の替え歌で作り
ました。

 フィリピンでは、昨年の10月からミンダナオのコロナダル(マーベル)というとこ
ろを初めとして、ファチマの聖母の御像をお持ちして、フィリピン中の聖伝のミサの
聖堂や教会を通って、北のバギオというところまで歩き通しました。ファチマの聖母
は、復活祭のころはセブを通過し、5月13日にはパナイ島にあるサンタ・バルバラの
修練院に来られました。6月にはルソン島に到達して、7月にはマニラの私たちの教会
におられました。

 ファチマ百周年の一環として、聖ピオ十世会国際巡礼に私たちも参加しました。日
本からは18名+5名がこの機会にファチマに参りました(このうち18名がローマ
巡礼も行います)。韓国からは2名でした。フィリピンからは、45+5名以上が、
シンガポールからは20名+5名が、ニュージーランドからも20余名が参加しまし
た。全世界からは約1万名があつまったようです。

 前号の「マニラの eそよ風」でご紹介しましたとおり、ファチマのメッセージの核
心は、「天主が聖母の汚れなき御心への信心を望んでいる」にあります。この信心
は、罪の償い(天主に対する愛)と、罪人の回心(隣人愛)とのために、聖母の汚れ
なき御心を通して祈りと犠牲を捧げると言うことにあります。特に、私たちが聖母の
汚れなき御心に(聖母の御旨を果たすために)自分自身を奉献するという【奉献】
と、聖母の汚れなき御心に対しておかされる罪を償うために聖体拝領をするという
【聖体拝領】とがあります。

 ファチマ国際巡礼での8月20日の主日のミサのなかで、フェレー司教様はファチマ
で聖母が罪の結果をはっきりとおっしゃったこと、つまり、煉獄、地獄、戦争のこと
を離されたことをお説教で言われました。人々の生活の仕方、国家の法律などが、天
主の掟に背いているがための結果が、戦争や、飢饉や、国々の消滅です。しかし、
ファチマ以後、世界の国々が回心したかといえば、私たちは将来私たちに襲いかかる
恐るべきことを危惧しなければなりません。ファチマの聖母の言うこととは反対のこ
とがまかり通っているからです。しかし、地獄は空っぽではありません。私たちには
この、救いに役立つ「恐れ」「危惧」が必要です。

 ファチマでは聖母はそれらの悪を避けるための最高の手段を教えてくれました。償
いの精神で、天主を慰め、罪人の回心のために祈り犠牲を払うことです。ロザリオの
祈り、聖母の汚れなき御心への信心、特に聖母の汚れなき御心への奉献をすることで
す。聖母の汚れなき御心は、私たちの最も安全な避難所だからです。

 それでは、聖ピオ十世会の総長フェレー司教様が書かれた、友人と恩人との皆様へ
の手紙 第87号を、愛する兄弟姉妹の皆様にご紹介いたします。総長は、このお手紙
で、ルターの自由解釈は、超自然の権威の必要性を否定し、真理における一致を不可
能にしていることを指摘しています。

 本当はもっと早く翻訳してご紹介すべきだったのですが、それができずに兄弟姉妹
の皆様にお知らせするのが遅れてしまったことをご容赦願います。(日本からポルト
ガルに飛ぶ飛行機の中で翻訳を終えました。)

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)


友人と恩人の皆さまへの手紙 第87号

2017年4月16日


親愛なる友人と恩人と皆様、

五百年前、マルチン・ルターは教会に反乱し、ヨーロッパの3分の1を自分の後に引き
連れました。1054年の東方の離教以後、カトリック教会の歴史の中で被った、おそら
く最大の喪失でした。ルターはこうして、救いに必要な手段を数百万の霊魂から奪っ
てしまい、その他いろいろある宗教団体の一つから彼らを遠ざけたのではなく、正に
私たちの主イエズス・キリストによって創立された唯一の教会から遠ざけたのです。
何故なら、ルターは主の教会の超自然的な現実を否定し、この同じ教会が救いのため
に必要であることを否定したからです。ルターは、信仰を別のものにしてしまいまし
た。彼はミサ聖祭、御聖体における主の現存、司祭職、教皇職、聖寵、義化という基
本的なドグマを投げ捨てたからです。

彼の考えの基礎には、これは今日でもまだ、その全体においてプロテスタント主義の
考え方ですが、自由解釈があります。この原理は、個々人の判断に強制力を持ちうる
超自然で不可謬の権威が必要であることを否定する結果になります。天国への道を指
導する使命がある人々の間の義論に決着を付ける権威を否定します。明らかに自分の
ものと要求されたこの原理は、超自然の信仰という行為を不可能にさせます。何故な
ら、超自然の信仰とは、知性と意志とが、天主によって啓示され・教会によって権威
を持って教えられた真理に服従することにあるからです。

「自由解釈」が原理として立てられ、救いへの道である超自然の信仰(「信じない人
は亡ぼされる。」(マルコ16:6)が手の届かないところになったばかりでなく【注:
人間の理性が納得するから信じるのは自然のレベルでのことだから。天主の権威を信
じるが故に、理性が把握しきれないことも信じるのが超自然の信仰だから。】、自由
解釈は、真理における一致を不可能にさえしました。そのために、原理として、プロ
テスタントの人々が永遠の救いと、真理における一致とを得ることを不可能にしてし
まいました。事実、プロテスタントのセクトは16世紀以降増え続けるばかりです。

このように悲しい有り様を見て、キリストの本当の教会によって母の心を持ってなさ
れた、失われた羊たちを探し求める努力を一体誰が理解しないことでしょうか?永遠
の救いに近づくことを不可能にする間違った原理に綴じ込まれているかくも多くの霊
魂たちを解放するために、教会は多くの使徒的試みをなしました。
数世紀にかけて、真の信仰の一致と真の教会の一致へと戻らせるこの心遣いです。こ
れは決して新しいことではありません。例えば聖金曜日の荘厳な祈りを考えてくださ
い。

「異端者たちと離教者たちとのためにわれら祈らん。そはわれらの天主にして主が彼
らを全ての誤りから引き抜き出し、彼らをわれらの聖なる母、使徒的カトリック教会
へと連れ戻さんがためなり。」

「全能にして永遠なる天主よ、御身は全ての人々を救い、彼らが一人として滅びるこ
とを望み給わず。悪魔の罠によって騙されし霊魂たちを見給え。謬る者たちの心が、
異端的な全ての邪悪を取り除き、改悛し、御身の真理の一致へと再び戻らんことを。
われらの主イエズス・キリストによりて。」

聖伝によるこの言葉遣いは、現代、偽りのエキュメニズムの名前においてあまりにも
広く喧伝されている混乱に、如何なる場所も残していません。いくつかの教皇文書 ---
その内でも最も大切なのはピオ十一世の回勅『モルタリウム・アニモス』(1928年)
ですが --- の後に出された、1949年の倹邪聖省のいくつかの警告は、その後、死文化
しているようです。しかしながら、このエキュメニカルな平和主義の危険は、ピオ十
二世が回勅『フマニ・ジェネリス』において告発しましたが、計り知れないほど大き
く、極めて重大です。何故ならこれはカトリックの信仰への回心を引き留めようとす
るからです。ルターの宗教改革の「豊かさ」と「真の伝統」を賞賛するのを見て、一
体どんなプロテスタントの人が回心する必要を感じるでしょうか? 他方で、「回
心」という言葉自体が、カトリック以外のキリスト教に関する限り、公式のカトリッ
クの用語から追放されています。

更には、この新しい態度は、プロテスタント主義の讃美とカトリックの悔い改めとか
ら成り立ち、数え切れないほどのカトリック信徒において信仰の喪失を引き起こして
-- これは観察されている -- います。カトリック信徒の信仰に関するアンケートの
調査によれば、プロテスタントへの嘆かわしい歩み寄りにより生じた大きな被害を受
けていることが分かります。第二バチカン公会議まで常にカトリック教会が「宗教無
差別主義」という名前で排斥していた誤りを、21世紀においてどれほど多くのカト
リック信徒が受け入れてしまっていることでしょうか!人の宗教が何であれ誰でも救
われる、という忌まわしい誤謬。私たちの主の教えと、主に従う全教会の教えとに全
く逆らう誤謬。しかしながら、二千年のカトリックの信仰に反するこの誤謬を告発す
ると、直ぐさま、狂信だとか危険な極端だとされます。

新しい典礼が発明されたのは、この新しいエキュメニズムの名前においてでもありま
す。新しい典礼はプロテスタントの晩餐式と緊密な関係を持ち、多くのプロテスタン
トの神学者たちがプロテスタント牧師らがカトリックの新しいミサ典書を使うことが
できると断言したほどです。例えばテゼのマックス・チュリアンがそうです。時を同
じくして、カトリック教会の子らはと言えば、天主を讃美し聖寵を受ける最も美しい
宝(聖伝の典礼)を奪われていました。天主に感謝、ベネディクト十六世は勇気を
持って、十数世紀に亘る典礼が決して廃止されたことは決してなかったと宣言しまし
た。しかし、40年以上、世界中で、公会議後の典礼改革は、信徒たちを教会から遠ざ
けてしまいました。何故なら、彼らはカトリック教会に期待していたものを見いだす
ことがもはやできなくなってしまったからです。

そのことを見ると、キリスト者らの一致を促進するはずのこのエキュメニズムがほと
んど進展していないのは何も驚くことではありません。

マルセル・ルフェーブル大司教は、公会議が始まるやいなや、エキュメニズムの名前
によってなされていた、プロテスタントらと共に行うこの新しいやり方を告発しまし
た。事実、エキュメニズムというどのようにでも理解される用語は、第二バチカン公
会議からカトリック教会に導入された、ものの見方とやり方とを表しています。つま
り、これは全ての人間に対して大きく張り出された好意であり、誤謬をもはや排斥し
ないという固い意志であり、私たちを離すものよりはむしろ「私たちを一つにするも
の」を四方八方に探すことです。「好意を得る」(captatio benevolentiæ)ためだけ
の、一致へと向かう最初の一歩でしかないはずのものが、急速のうちに、それだけの
ために望まれた探求に変化し、その固有の目的になってしまいました。つまり、或る
不特定の真理を求める絶え間ない探求です。こうしてエキュメニズムは、教会の一致
を失った人々がその一致に戻るという、客観的な目的から離れてしまいました。こう
してエキュメニズムという言葉の意味は変えられ、一致の概念に変更が加えられ、そ
れに到達する手段も謬ったものとなりました。

自分が唯一の真の教会であると知っている教会、声高く力強くそれを公言する教会、
この教会の聖伝による明確な教えに代わって、新しい不確かな教え -- 後悔した自己
否定とポスト・モダンの相対主義が混じったもの、たとえば「私たちは全ての真理を
持っていない」 -- がやって来ました。そのためにカトリックの大多数は、救いの唯
一の道しかないことを、イエズス・キリストご自身のおっしゃった「私は道、真理、
命である」(ヨハネ14:6)という真理を、もはや肯定することを放棄してしまってい
ます。

「教会の外に救いなし」というドグマの意味も、混乱した概念によって、密かのうち
に変えられてしまいました。そのためにキリストの教会とカトリック教会との同一性
を肯定することさえも変えられました。ヴァルター・カスパー枢機卿は、キリスト者
の一致促進のための評議会議長であったとき、教会の新しい定義(subsistit in)に
おいて、第二バチカン公会議以後促進されたエキュメニズムを可能にする全てを見て
いました。このような高位聖職者からの発言は、重大な告白であり、軽々しく考える
ことはできません!

以上簡単に述べましたが、これが私たちがプロテスタントの宗教改革の五百周年を喜
びのうちに祝うことがどうしてもできない理由です。その反対です。私たちはこの痛
々しい引き裂きを歎きます。私たちの主の御跡に従って、私たちは羊たちが、自分た
ちを確かに救いへと導くその道、つまり聖なるローマ・カトリック教会の道をもう一
度見いだすように、祈り働きます。

私たちは、この幻想的な平和主義が早く捨てられるようにも祈りましょう。またその
代わりに、特に英語圏の諸国において第二バチカン公会議以前にあったような、回心
の本当の運動がもう一度生まれるように、祈りましょう。

最後に、聖母がファチマの三人の牧童に御出現になった百周年において、私たちは童
貞なる聖マリアの呼びかけが聞き入れられるようにも祈りましょう。聖母は、教皇様
が明示的にロシアをご自分の汚れなき御心に奉献するとき、この国の回心を約束して
下さいました。天主の聖母の約束が、遅からず実現するように、私たちの祈りと犠牲
を倍増させましょう。

願わくは、聖母が、ご自分の天主なる御一人子をもって cum prole pia、この復活節
において、皆様を祝福して下さり、私たちを全て永遠の至福に導いてくださいますよ
うに。

2017年復活の主日
+ベルナール・フェレー

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ