労務管理の「町医者」フェリー好き社労士の徒然なるままに

  • ¥0

    無料

福岡の久留米で、労働基準監督署で元労働相談員として培った約5000件の労働相談経験を元に、ぶっちゃけ社労士(ぶっちゃけた相談ができる社労士)こと 採用と労務管理の町医者 吉野正人が、労務管理の面から、中小企業の売上・利益につながるアドバイスを新聞記事や日常の出来事をもとにわかりやすくコメントします。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
労務管理の「町医者」フェリー好き社労士の徒然なるままに
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2014年03月20日
 
発行部数
54部
メルマガID
0001070383
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 人事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

発行:福岡の労務管理の「町医者」吉野労務管理事務所

こんにちは採用と労務管理の町医者・社会保険労務士の吉野正人です。
今回は、守秘義務に関する新聞記事があったので書きたいと思います。


※日本経済新聞より引用

東芝、ハイニックスを提訴 情報漏洩事件巡り
日本経済新聞2014/3/13 23:22

 東芝の主力製品である半導体メモリーの研究データを韓国半導体大
手「ハイニックス半導体(現・SKハイニックス)」に流出させたと
して、警視庁捜査2課は13日、東芝の提携先である米半導体メーカー
「サンディスク」の日本法人の元技術者、杉田吉隆容疑者(52)=北
九州市=を不正競争防止法違反(営業秘密開示)の疑いで逮捕した。
これを受けて東芝は同日、ハイニックスに損害賠償を求める訴えを東
京地裁に起こした。

 杉田容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。捜
査2課は同日夜、杉田容疑者を北九州市から東京都内に移送。データ
を流出させた動機や詳しい手口などの解明を急ぐ。

 逮捕容疑は、サンディスクの技術者として東芝の四日市工場(三重
県)に勤務していた2007年4月~08年5月、自らのIDを使って東芝
のサーバーコンピューターにアクセスし、営業秘密であるNAND型
フラッシュメモリーの研究データを記録媒体に無断でコピー。同年7
月ごろ、転職先のハイニックスに提供した疑い。

 東芝が昨年7月、杉田容疑者を警視庁に同容疑で告訴していた。
 東芝は情報漏洩により、本来得られたはずの1000億円以上の利益を
損なったとして提訴。NAND型フラッシュメモリー事業は同社の収
益源の一つで、13年10~12月期に約500億円の営業利益を計上してい
る。東芝とハイニックスは次世代半導体の開発で提携しており「提携
関係は維持する意思がある」(東芝)としている。

 杉田容疑者は事件当時、四日市工場で研究開発部門に所属。故障の
原因を解析する業務を担当していた。持ち出したのは大手各社の競合
が激しいメモリーの小型化や大容量化に関する検査データなど。持ち
出し後、ハイニックス社のコンピューターの共有フォルダーに保管し
ていたという。

 NAND型フラッシュメモリーは1980年代に東芝が開発した。米I
HSグローバルによると、13年のメーカー別シェアで東芝はサムスン
電子(韓国)に次ぐ2位。SKハイニックスは4位となっている。
 
東芝の話 最善の情報漏洩防止体制の構築を図るとともに、不正競争
行為に対して断固たる措置を講じる。

 サンディスクの話 元社員に情報漏洩の疑いがかけられていること
は遺憾。警視庁の捜査に全面的に協力する。
※引用終わり。

他国企業の「情報提供の見返りに、多額の報酬」と言う陳腐な誘いに
乗ってしまった日本の技術者が多いのには、悲しい限りです。企業間
の争いで済まず、国家レベルの争いにもなりかねない事件です。

ただ、社労士として、大企業における労務管理のずさんさの「ツケ」
があったから、このような事態になったと思えてなりません。技術者
一人の「重み」「価値の大切さ」を軽く考え、「道具」「機械」と考
えて扱っていたのではないのでしょうか?

労働者は、働いている会社を愛し、不満が無ければ転職など考えない
と思います。

労働者は財産であることを国レベルで考えないと、国外へ技術流出が
続くと思われます。当然企業レベルでは、下記のような対処が必要だ
と思います。

・就業規則で「顧客の機密保持」「兼業及び競業」に関する条文追加

・入社時における「秘密保持及び個人情報に関する誓約書」の交付と
署名捺印の徹底

・退職時における「守秘義務に関する誓約書」の交付と署名捺印の徹


なお誓約書については、必ず2部作成し労働者にも手渡し願います。

(発行者)
吉野労務管理事務所 社会保険労務士 吉野正人
所在地 福岡県久留米市通東町3-12 エルヴェコート401号
メール naitya2000@livedoor.com
H P http://kurume-yoshino.powerhp.net/
ブログ http://naitya2000.yoka-yoka.jp/
※googleで「久留米」「労務管理」「町医者」と検索してください。
電 話・FAX 0942-33-1243
携 帯 090-2852-9529
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ