コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」

  • ¥0

    無料

著者サイト

学生もフリーターも失業人も、本気で就職したい人必読!『当社の顧問先はいつも人手不足。なぜか? 理由は簡単、雇いたくなるような人が世の中に少ないからだ。就職難なんかじゃない!人材難だ!(筆者談)』。凄腕経営コンサルタントが企業の側からみた「不景気だからこそ雇いたい人」を熱く語る。半端じゃない辛口だが、内容を熟考し、課題に答え、思考と行動を変えればあなたは必ず希望の会社に入れる。そして間違いなく出世する。老若男女問わず、ついてこられる人しか相手にしない本気の就職指南メルマガ。無料相談の抽選つき!

   

メールマガジン最新号

コンサルKUROSUの
希望の仕事に必ず就ける「超辛口就職指南」

第018号

■■■ 今日の指南 ■■■

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 外国語は商談ができるレベルたれ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回の「得意分野」の続きになるが・・・

面接の際に「英語ができます」「中国語ができます」というアピールをする人もいる。

どのくらいできるのかとたずねると
「TOEICで800点です」とか「北京に3年住んでいました」というような答えが返ってくることが多い。


しかし、採用するほうからすれば、そのようなことはあまり重要ではない。

「その言語で、商談ができるかどうか」

が評価のポイントであり、それができなければ外国語ができることに対して高い評価をすることはない。
なぜなら、中途半端な語学力で商談を失敗されるよりも、お金を払ってでもちゃんとした通訳にまかせたほうがリスクも少ないし、効果も高いからだ。
そもそも、語学を重視する企業であれば、すでに必要な人材や外部委託先はあるはずで、それよりも高いレベルなのでなければ「語学力」だけで採用することはありえない。


商談は、通常の会話ではない。
相手の心を探り、ほぐし、こちらの要求を伝え、交渉するわけで、語学力だけでなく、ビジネスの考え方や心理学的なこと、さらにその現地の状況なども知らなければならない。


知人に、学生時代はキリスト教系の大学でESS(English Speaking Society=英会話部)に所属し、さらに「国連英検A級(TOEIC900点相当)」を持っている人がいるが、読み書きや旅行には困らないものの、英語でのビジネス会話はまったくダメ。
この人は、いくらそういう肩書きがあっても、今の世の中では採用に至らない。


「外国語ができる」と思っている人は、その言語で商談ができるかどうかを、改めて自分のレベルをチェックしておくこと。
そのレベルに到達していないなら、そのレベルにいたるように「実践」で学ぶこと。
それが、プロであり、だからこそそういう人材なら企業から求められる。



★☆★☆★☆★
 今日の課題
★☆★☆★☆★

英語、スペイン語、北京語、広東語のいずれかで商談ができる方、連絡をください。
お願いしたいことがあるので、あなたの語学力をチェックします。


※事務局からのお知らせ
ご自分の回答に筆者からのコメントがほしい方は、こちらから回答を入力してください
(メールアドレス等個人情報不要)
http://stageup.co.jp/labo/sub1.html


============発行者=============
有限会社ステージアップ
経営コンサルタント
 黒須靖史
blog http://kurosu.cocolog-nifty.com
===============================
メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
コンサルKUROSUの「超辛口就職指南」
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2012年06月02日
 
発行部数
0部
メルマガID
0001073960
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 就職 > 面接・自己分析

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ