相沢蓮也の『初デートで何を話せばよいか分らない、という状況を克服する方法』

  • ¥0

    無料

【男性向け、無料メールマガジン】 女性の‘いじり方’から、 会話の‘切り返しの極意’まで。 過去の記事は「発行者サイト」から→

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
相沢蓮也の『初デートで何を話せばよいか分らない、という状況を克服する方法』
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年12月02日
 
発行部数
13,457部
メルマガID
0001074180
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
恋愛・結婚 > 恋愛 > 心理・テクニック

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■初デートで何を話せばよいか分らない、
■  という状況を克服する方法
 □━━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛


相沢です。


「どうしたら、自分自身の価値を
 生涯上げていくことができるのでしょうか。

 どうやって、自分を磨いていけば
 良いのでしょうか。

 自分のやりたいことを見つけるには、
 どうすれば良いでしょうか」


という質問をもらいました。



自分の価値に自信が持てない。


という男性は多いです。


ところで、『価値』って
なんでしょうか?


っていう、そもそも論から
始めてみますと、

今回の質問には、

とても興味深いフレーズが
含まれています。


それが、

「自分のやりたいこと」

です。


自分の価値に自信が持てない
男性がよく口にするフレーズの


第1位です。

「自分のやりたいことが分からない」



ちなみに第2位は、


「自分は○○をやらなければならない」


で、第3位くらいが、


「何者かになりたいし、何かを成し遂げたい
 けれども、それが何なのかが分からない」


とかかな。



一方で、あなたがもし、

自分の『価値』というものを
磨き上げていきたいのであれば、



「自分には、○○が出来ます」


という言葉を使った方が
良いでしょう。



つまり、


・自分がやりたいこと



・自分がやるべきこと

・自分がなりたいもの


について考えるのではなくて、


・誰かのために自分に出来ること


について考えるんです。



もちろん、恋愛も同じです。



だいたい、自分の価値に自信が
持てない男性ほど、


自分が、あの女と付き合いたい


自分が、あの女とやりたい。


そのためには、何をやらなければ
ならないのか?


という発想が根強いです。



ところがここには、



その女性のために、
自分には何ができるのか?


その女性は、本当は
何をして欲しいのか?


という発想が抜けているんですよ。


そうすると、


自分がやりたい



女性に対してその気持ちを
一方的に押し付ける



女性とせっ○スするためには
何をやらなければならないのか?



恋愛マニュアルとかを読んで、

「そうか! 上から目線で
 強気でボディタッチすればいいんだ!」

と、自分のキャラクターから大きく
外れたことをやろうとして、

でも、実際は出来もしないことを
やろうとしているので、

マニュアル=やらなければならないこと

の通りにやろうとしたいけれども
「行動」ができません。

しまいには、
「恋愛マスターになりたいです!」

とか、間抜けすぎて逆に笑えません…





で、ここには決定的に
欠けているものがあって、

まあ、ここまで書けばもう
言うまでもないかもしれませんが、

口説くべきはずの

「目の前の女性」

が、すっぽりと抜け落ちています。


「私が」やりたい。

「私は」やらなければならない。

「私は」なりたい。


あれ?


「その女性は」何をして欲しいの?

「相手は」何を望んでいるの?


そのために、

「あなたには」、何ができるの?



『価値』とはそういうことです。


「私が」から『価値』は生まれません。


『価値』とは、


何かを欲している人間と、

何かを与える人間の、


2人がいて、はじめて生まれます。


例えば、あなたは今、この
メールマガジンを読んで
くれていますでしょ。


で、何年もの間、長く読んでくれて
いる人ほど、

「相沢蓮也」という男に『価値』を
感じているはずなんですね。

『価値』を感じているからこそ、
こうして、僕のメールマガジンを
読んでます。


ところがこれ、

ちょっと難しい話をしますが、


僕ひとりでは、成り立たないんですよ。


僕ひとりからは、『価値』は生まれません。


恋愛について、もっと知りたい
と欲望する、あなたがいて、


その欲望に答える、僕がいて。


欲するあなたと、提供する僕。


この需要と供給が同時に存在する
からこそ、

はじめて僕に、『価値』が
生まれます。


ですので、『価値』が生まれたり
高まったりするには、


誰かの、第三者の、そしてそれが
恋愛であれば女性の、


欲望が必要だし、

需要が必要だし、

欲しがっている「何か」が必要です。


だから、『価値』の高い男
っていうのは、

けっして、


自分が「やりたい事」をやっている男
でもなければ、

自分が「やらなければならない事」を
やっている男でもありません。


相手が、女性が、他人が、本当に
欲しがっているものを、与えている
男なんです。


ですので、


とりあえず、あなた自身のことは
置いておいて、


目の前の他人、

目の前の女性は、

本当は何を望んでいるのか?


相手が、望んでいるものを見つけて、
相手が、望んでいるものを与える。


ここが分かっていれば、

例えば、


「女性へのLINEの返信スピードは
 どのくらいがベストなんですか?」


という質問も、生まれるはずが
ありません。


この質問は、

「○○をやらなければならない」

という発想から生まれていますでしょ。


そうではなくて、


すぐに返信して欲しいと
思っている女性に対しては、

すぐに返信すれば良いし、


あなたとは、1日1回で充分だと
思っている女性には、

1日1回で充分です。


でもそれは、意外と分かりづらい
ものですので、

実際には女性の言葉とか行動から、
その女性はどんな女性なのかを、
『推理』してゆく必要があります。


でも、経験不足のうちは、
思うような『推理』ができない。


じゃあ、相沢に聞いてみよう。


という感じですね。


なので、僕に対する質問も、


過去のその女性とのLINEの
やり取りの履歴であったり、

その女性との出会いから
今までの関係性をなるべく詳しく
僕に伝えながら、


つまり、そういう『推理』の材料を
しっかりとそろえたうえで、


「この女性にたいするLINEは
 どのくらいの頻度がベストだと思いますか?」

って相談する、

という発想に切り替わるはずなんですね。


『価値』とは何か?

という本質が分かっているならば。


そうそう。


質問の仕方でね、だいたい
分かっちゃうんですよ。

相談者さんがどういうレベルの人かが。


ついでですので、

若い人たちに説教します。


僕は、若い人には、本当は
「やりたいこと」ってのは
無いと思ってます。


あれは、現実がつまらないと
感じている人が、

自分の人生に言い訳しているんです。


それか、メディアや学校教育の洗脳です。

あと、そもそも、社会=誰か=他人は、

「やりたいこと」

をやらせてはくれないし、
求めてはくれません。


あなたがどんなに歌手に
なりたかったとしても、

才能がなければ、

社会=誰か=他人が、あなたの
歌を欲しなければ、

あなたは歌手にはなれないんです。


社会=誰か=他人が求めるのは、

あなたが、

「何がやりたいか?」

じゃなくて、


「何ができるか?」

です。


学校では教えてくれないのです
けれどもね。

本当はね。

そうなんですよ。


社会=誰か=他人のために、
自分には何ができるのか?


そうやって、自分に出来ることについて
真面目に取り組んでいるうちに、

その人は、その分野に詳しくなり、
人より秀でます。

詳しくなり、秀でるようになると、

その時はじめて、

社会=他人は、


「やりたいこと」

をやらせてくれるし、


メディアの扇動とかではなくて、

自分の内側から湧きあがる、

本物の「やりたいこと」

っていうのは、そういう

磨き上げた、プロフェッショナルの
領域に行って、はじめて分かるものです。


で、そういう生き方が、


つまり、自分に出来ることを
せいいっぱい提供し続けることが、

誰かに『価値』を全力で
与え続けることが、


ますます、社会=他人から求められる
あなたを作り上げ、磨き上げ、

あなたの『価値』を高め続けて
くれるんです。



なので、スタートは、

やりたいことを探すのではなく、

自分が出来ることで、社会=誰か=他人
に精一杯貢献しながら、

その分野の一流を目指してみてください。

そうやって、本当のやりたいことって
やっと分かってくるんだと思います。

「やりたいこと」を語れるのは
40過ぎてからです。


☆―――――――――――――――――――――――
 著作  「初デートで何を話せばよいか分らない、
という状況を克服する方法」
 発行元    株式会社 R&G
 発行者    相沢蓮也
 メール    info@goukon-go.com
――――――――――――――――――――――――


◆せっ○ス間際のせめぎあいならこの3つ◆

『うっかりハメちゃう、性欲トラップ
 オンナ友達と、とりあえず一発ヤル技術』(性欲を支配する)
http://rye-ex.jp/Ly2684/13321


『女を酔わせて、巧妙に、…(略)…』(お酒・媚 薬)
http://rye-ex.jp/Ly2684/23321


『90日で告白を成功させる方法』(恋愛心理学・狙って落とす)
http://rye-ex.jp/Ly2684/33321


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ