相沢蓮也の『初デートで何を話せばよいか分らない、という状況を克服する方法』

  • ¥0

    無料

著者サイト

【男性向け、無料メールマガジン】 女性の‘いじり方’から、 会話の‘切り返しの極意’まで。 過去の記事は「発行者サイト」から→

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

■初デートで何を話せばよいか分らない、
■  という状況を克服する方法
 □━━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

相沢です。


つき合う気の無い女性をホテルに
誘ったら


「私、つき合っていない人とは
 そういうことはしないの」

って言われました。


どうしたら、こういう女性と
遊びでヤレますか?


という質問を受けました。


この手の話になると、とかく、


「どんな台詞で切り返してやろうか?」


「その場で、どのような気の利いた
 テクニックでもって、女の子の気持ちを
 くつがえそうか?」

みたいな話を求められがちなので、

いちおう、まずはそれ系の
回答をしてみますと、


そうですね…


たとえば僕は、若い頃、


・いかにしてつき合わないで
 女の子とせっ○スをするか?


にちょっと異様なくらいこだわって
いました。


そのときも、もちろん、
女の子から

「わたし、つき合っていないひとは
 そういうことしないの」

的なことを、何度か言われたりも
したのですが、


その時々で、


例えば、

「え? オレらってつき合ってると思ってた。」

ってとぼけてから、雰囲気で
押し切ったり、


「おいおいおい。
 今そんなこと言われたらさ、

 逆に、ちゃんと言えなくなっちゃうじゃん。

 それ言われてから、『じゃあつき合おう』
 って言ったらおかしいだろ。

 ちゃんと言うから、焦るなよ」

って言って、その場をごまかしてから
空気にのせたり、


「大丈夫だよ」

「何が?」

「全部」

「全部って?」

「とにかく大丈夫だから。
 オレに任せておけば」

っていって、なし崩すとか。


あと、もうちょっと前の段階で、

雰囲気が甘い時に、


「今日のこの時間を大切にしたい」

「もっと一緒にいたい」

「今日だけ、今だけ僕たちは特別」

みたいな感じで、

「今日は特別」

っていう言葉を刷り込んでおくとか。


あとは、

「この人は私とちゃんとつき合っていく
 つもりがあるんだろう」

という事をにおわせるために、
2人の未来について話しておくとか




なんか、こうして文章にしてみると
普通にやなヤツですね。。。


う~ん。

どうなんだろう…

こういうことやってたのって
僕も、ホント、若いころだったからなあ…


これを、もういい歳したオッサン
になってまでやるってのは、

さすがの僕も、ちょっと抵抗を感じます。

分からんけど。


とにかく、まあ、なんやかんやと
その場をテキトーにごまかしたり
してきましたが、

よくよく考えてみると、

女の子に

「わたし、つき合っていないひとは
 そういうことしないの」

というセリフを言わせている時点で
かなり失敗している感じがします。


女の子が酔えていませんよね。
目の前の男との時間に。


なので、本当の答えは、


「女の子に、そのセリフを言わせないでください」

だと思います。


そもそも、

「つき合っていない男性とはしない」

っていうのは、めちゃくちゃ普通のことです。

すっごく真っ当です。

こんな当たり前のことを、女の子が
理性でもって自覚してしまうような
タイミングで誘ったらダメだし、

恋人っぽい空気がつくれていない
証拠です。

なので、

誘う前に、ちゃんと恋人っぽい
甘い、逆らいがたい、空気を作ることに
専念したほうが確実です。


・・・


この話をしていて、
思い出しました。


・ダブルバインド


というテクニックを聞いたこと
あるでしょうか?



例えば、


「Mちゃんはよく外食するの?」

「うん。好きだよー」

「何料理が好き?」

「イタリアンかな」

「渋谷にすっげぇうまいとこ
 知ってるんだけどさ、

 もし行くとしたら、次の
 土曜か日曜、どっちがいい?」

「土曜がいいな」

「じゃあ土曜にしようよ。
 6時に駅前でよい?」

「はーい♪」


と、こんな感じ。


ここにはどんな秘密が隠されて
いるのかっていうと、


女性に対して、選択肢を与えて
いるようでいて、

実は、

「そもそも一緒に行くかどうか?」

という一番重要な部分に関する
同意をすっ飛ばしているわけです。


なので、選ばせているようで、
実は選ばせていない。


土曜を選んでも、

日曜を選んでも、


一緒に食事に行くという
結論は変わらない。


こちらの都合の良いように
誘導している。


・・・


これ、とても有名なテクニックで、

情報教材でも、本でもですね、

だいたい、


「誘導」とか「催眠」とか
「洗脳」とか「心を操る」とか
「他人を思い通りに動かす」とか、


なんか、そんな感じのフレーズを
タイトルに盛り込んで、

恋愛とかセールスとかの
テクニックを教えますよ、


っていうのは、

だいたい、これです。


なのでもう、

「誘導」とか「催眠」とか
「洗脳」とか「心を操る」とか
「他人を思い通りに動かす」とか、


そういう単語が書いてあって、


恋愛やセールステクニック
に関する、


禁断の手法!

悪魔のような手口を教えます!!


とかいうフレーズを見かけたら、

ああ、これね、


って思ってもらえば、

まあだいたい、間違いありません(笑)


もし、こういうのに興味あるなら、

アマゾンとかで、

「ミルトン・エリクソン」

で検索してみると良いです。


彼が元ネタです。


で、日本人で「洗脳」とか「催眠」

とか言って、

「禁断のテクニック」とやらを
恋愛やセールスに応用している、


と、自称している人達は、

だいたい、

ミルトン・エリクソンのコピーの、

そのまたコピーくらいの

劣化版なので、

あんまし期待しないほうが
良いと思います。


・・・


ところで、このダブルバインド
ですが、

実際に恋愛の場で使って
みたらどうなると思いますか?








僕は、ほとんど効果が無いような
気がしてます。


例えば、最初に僕が挙げた
具体例ですが、


この誘い方をしたとして、


パターンA:
女性があなたに好意を抱いていた場合


ーーーーーーーーーーー

「Mちゃんはよく外食するの?」

「うん。好きだよー」

「何料理が好き?」

「イタリアンかな」

「渋谷にすっげぇうまいとこ
 知ってるんだけどさ、

 もし行くとしたら、次の
 土曜か日曜、どっちがいい?」

ーーーーーーーーーーーーーーー


の流れで誘われたとしたら、

女性は普通に


「土曜がいいな」

「じゃあ土曜にしようよ。
 6時に駅前でよい?」

「はーい♪」


ってなると思います。


ところがですね、


パターンA:
女性があなたに好意を抱いていた場合


であれば、

そもそも、こんな回りくどい
誘い方なんてしなくても、


ーーーーーーーーーー
「こんど食事行こうよ」

「いいね」
ーーーーーーーーーーー


ですむ話です。


逆に、


パターンB:
女性があなたに好意を
持っていなかった場合、


だと、


ーーーーーーーーーーー

「Mちゃんはよく外食するの?」

「うん。好きだよー」

「何料理が好き?」

「イタリアンかな」

「渋谷にすっげぇうまいとこ
 知ってるんだけどさ、

 もし行くとしたら、次の
 土曜か日曜、どっちがいい?」


ーーーーーーーーーーーーーーー


なんて流れを作っちゃったら、


女性からすると、


「え? なんで勝手に一緒に
 行くことになってんの……」

です。普通に。


というか、この程度の流れで、

「行く行く~♪」

ってなるなんて、いくら何でも
バカすぎますよね(笑)

ありえません。


なので、直接会話であれば、

この後の反応は


「ごめんなさい。次の土曜も
 日曜も予定があって…」


「ああ。そうなんだ。
 じゃあ、来週か再来週はどう?」


「……ごめんなさい。しばらく
 ちょっと忙しくて…」


だろうし、


メールやLINEであれば、
既読無視でしょう。


・・・


こういう話をすると、

エリクソンの劣化版の人たちは、


「いやいや。そういうテクニックは
 もっとギリギリの交渉の時に
 使うんですよ」


って主張しそうなのですが、


「なんで教える内容が、
 いきなりギリギリ前提なんだ?

 例えば、運転免許を取ろうと、
 教習所へ行ってみたら、

 その授業の大半が、

 交通事故ギリギリのデッドライン
 での対処法、

 とか言って、

『この方法を知っていれば、
 高速道路で交通事故に会った
 ときに、生き残れる可能性が、

 なんと、3%も上昇します!』

 なんていう事ばかり教えられても
 困るぞ…」


と思います。


なんとなく、前半にお話した、


「私、つき合っていない人とは
 そういうことはしないの」


って言われたときの対処法の
お話とつながりませんか?



小手先のことは、

面白おかしく、色々と
テクニックとして言えるの
だけれども、


でも、本当に重要なのは

そこじゃないんだよなぁ…

って感じ。



ギリギリの時の対処法が
重要なのは分かるんだけれども、


で、かく言う僕も、

それ系の話を面白おかしく
伝えちゃったりすること
あるんだけれども、


でも、その前に、

ギリギリにならないやり方を
しないと、


つまり、

交通事故にあわないような
運転を心がけないと…


ですよね?


「どんなテクニックで切り返してやろうか?」


みたいな部分に意識が
行き過ぎている時点で、

なんか、逆に本質が見えづらく
なっているような。



僕も若いころは、

こういうテクニックが面白くて
色々と勉強したり、

試したりしてみたんですけれども、

歳をとってみて、


「なんか、やだな~」


って思うようになりました。


ギリギリの小手先なんて
どうでもいいから、

ストレートに、堂々と、

女性のハートの
ど真ん中を打ちぬける男を、

目指したいじゃあないですか。


☆―――――――――――――――――――――――
 著作  「初デートで何を話せばよいか分らない、
という状況を克服する方法」
 発行元    株式会社 R&G
 発行者    相沢蓮也
 メール    info@goukon-go.com
――――――――――――――――――――――――


◆マインドと出会いならこの3つ◆

『ナ ン パ の台本』(ナ ン パ・会話 )
http://rye-ex.jp/Ly2684/13171


『だからお前はモテないんだ、ヤれ!』(ナ ン パ ・マインド)
http://rye-ex.jp/Ly2684/23171


『90日で告白を成功させる方法』(恋愛心理学・狙って落とす)
http://rye-ex.jp/Ly2684/33171



メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
相沢蓮也の『初デートで何を話せばよいか分らない、という状況を克服する方法』
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年06月13日
 
発行部数
14,297部
メルマガID
0001074180
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
恋愛・結婚 > 恋愛 > 心理・テクニック

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ