相沢蓮也の『初デートで何を話せばよいか分らない、という状況を克服する方法』

  • ¥0

    無料

【男性向け、無料メールマガジン】 女性の‘いじり方’から、 会話の‘切り返しの極意’まで。 過去の記事は「発行者サイト」から→

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
相沢蓮也の『初デートで何を話せばよいか分らない、という状況を克服する方法』
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年10月06日
 
発行部数
13,554部
メルマガID
0001074180
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
恋愛・結婚 > 恋愛 > 心理・テクニック

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号



■初デートで何を話せばよいか分らない、
■  という状況を克服する方法
 □━━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛


相沢です。

女性を口説き落とすためには
どんなデートがベストなのでしょうか?


今回は、このテーマを入り口にして、


・狙って落とすとはどういうことか?


についてお話します。


まず、気になっている女性に対して
デートに誘う男性を、3つに分類してみます。



パターン1:

自分の理想のデートを提案する



パターン2:

メディアの幻想デートを提案する



パターン3:

女性の好みに合わせて、
美味しいお店で食事を提案する



以下、くわしく解説します。



パターン1:
自分の理想のデートを提案する


こういう男性、意外と多いですね。

ロマンティストほど、
この傾向が強くて、


『自分は』この女性と、綺麗な
水族館デートがしてみたい!

イルカショーとかで、水しぶきが
ブワっとかかってきて、

そういうのに、彼女と一緒に
「うわー!」とか「きゃー!」とか
はしゃいだり、何て楽しそうなんだ!!



とか、

『自分は』この女性と、夜景の綺麗な
展望台に登って、ロマンティックな
気分にひたりたい!

展望台から見下ろす夜景の街並みは
キラキラと美しくって、

僕も、彼女も、その素敵な景色に
魅せられて、ウットリとした気分になって…


とか、

『自分は』この女性と、花火を見に
行きたい!

彼女は美しい浴衣で、
自分もジンベイなんか着ちゃって。

キレイな打ち上げ花火を見ながら
露店で金魚すくいやって。
わたあめ食べて。

気が付くと2人はすっかり
恋人気分で、自然と手をつないで…


とか。


はい。

そうとうダメですね。
こういう発想(笑)


何がダメかっていうと、

これ、全部、あなたの理想。

あなたの妄想。

あなたの幻想。

あなたが、好みだという女性を
『利用して』やってみたい、
一方的な欲望なんです。実は。



そもそも本当に、

目の前の、その女性は、


『あなたと』そこに行きたがって
いるのか?


そういう考え方がありません。


あと、根本的な性格や好みの
問題として、


イルカショーで
水をかぶるとか最低。

化粧落ちるし。

服も髪の毛も、
濡れたら気持ち悪いし。

その後どうするの?


とか、


展望台…別にいいけど。

わたし高いところとか
興味ないんだよね…

だいたいああゆう所って
人が多くて、たいして景色も
よく見えないしね…

とか。


花火。

いやいや。浴衣着るなんて
一言も言ってねーし。

超めんどくせー。

あと、人混み嫌いだし、
露店とか、普通に不潔だよね…


とか。


あ、これ、全部が女性の
本音ってわけじゃあないですよ?


そういう話をしているのではなくて、


そういう考え方の女性も、普通に
沢山いますよ、

って話です。


これは、

パターン2:
メディアの幻想デートを提案する


も同じことで、


「メディアの幻想」っていうのは

テレビや雑誌が作り上げた
イメージのことで、

必勝デート!!

みたいに書かれていても、

実際は色々な事に対して、

色々な感じ方をする女性がいるので、

そういうのを無視して、


パターン1:
自分の理想のデートを提案する


をすると、


「あなたの幻想を私に押し付けないで」


になりますし、


パターン2:
メディアの幻想デートを提案する


をすると、

「マニュアルじゃなくて、ちゃんと
 わたしを見て」


ってことになっちゃうんです。


なので、これから口説こうという
女性をデートに誘うのであれば、


パターン3:
女性の好みに合わせて、
美味しいお店で食事を提案する


が一番、間違いがありません。


これは、付き合うとか、

せっ○スをして特別な関係になるとか、

そこまで行って、

つまり、

女性側の、信頼と安心、

女性が素直に自分の要求を言える
状態になるまでは、

とりあえず、美味しいものを食べに
行って、会話をするのがベストだと
僕は思ってます。


コンサルをしていると、
けっこう多いんですよ。


2回目のデートで、

「じゃあ次は、2人でお花見行こうか」

とか。

「じゃあ次は、花火ね」

とか。

「次は初もうでかな」

とか。

提案しちゃう男性。


季節のイベントが多いかな。

あと、水族館とか、遊園地とか、
動物園とか、なんかそんな感じの。

いかにもデートスポット的なのとか。


男が話の流れに乗っかって、
自分の欲望とか、

メディアの情報とかで、

提案しちゃうんです。


そうすると、女の子側も、
その場は2人きりで会話してますし、

ちょっと断りづらいな、

とか、

つい、空気に負けて

「楽しそうー!」

「行きたーい!!」

ってノリでOKしちゃったりとか。


でも、家に帰ってひとりに
なって、

冷静に考えてみると、


「あれ。普通にめんどくせーぞ」

と(笑)



そして、2度目のデートはなくなり
フェードアウトされてしまいます。


まあ、そもそも論なんですけど、

この手のイベント場所って、


・誰と行くか?


が一番重要なんですよ。


なので、普通にイベントごとが
好きな女性であっても、


それは、彼氏や仲の良い友達と
一緒に行きたいのであって、


2人きりでの食事はOKした
けれども、

まだ、この先どうなるかは
分からない、

彼氏でも何でもない男性と、

本当に、そこに行きたいのか?


っていうと、


ほとんどの場合はNOなんです。


この辺の順番を間違えると
女性のフェードアウトを食らいます。


また逆に言えば、


付き合ってもいないうちから

女性の方から、この手の

重たい提案が来るようであれば、

それはもう、さっさと付き合うか
せっ○スしちゃっても大丈夫ですよ、

って思います。


それから、一番勘違いして
欲しくないのは、

付き合うか、せっ○スするまでは、

デートってのは、

「会話をすること」

です。


一緒に水族館行こうが、

一緒に動物園行こうか、

その行為自体が、

付き合ったり、せっ○スしたり
することに役に立つのか?


っていうと、はなはだ疑問で、


どうして、男と女は

付き合ったり、せっ○ス
したりするのかっていうと、


分かりあったり、

価値観を共有したり、

オスとメスを感じあったり、

感情を動かしあったり
するからであって、


じゃあそれって、何なの?


っていうと、


・会話


なんです。


2人で食事に行くっていうのは、

2人きりで会話をしに行くって
ことだし、


もっとも合理的に、効率的に、

分かりあったり、

価値観を共有したり、

オスとメスを感じあったり、

感情を動かしあったり、

しに行くことなんですよ。


だから、イベントなんて
行っている場合ではありません。


ああゆうのは、

すでに結ばれた2人が、

倦怠期をごまかすために
行くものです(笑)


男が、彼女から

「ねぇ。連れてってよ!」

ってネダられて、

「めんどくせーなー」

って思いながら、行くくらいで
ちょうど良いです。


そうでないなら、

食事してください。

会話してください。



・・・


さて。

今回のお話を通じて、

1つ、確認して欲しいことが
あります。


それは、


狙って落とすとは、どういう事か?


です。


恋愛コンサルなんかしていると、
よく言うひとがいるんですよ。


「好きになった女を狙って
 落とせるようになりたいです!」


って。


ところが、こういう事を言う
男性に限って、


だいたい、

パターン1:
自分の理想のデートを提案する


か、

パターン2:
メディアの幻想デートを提案する


なんです。


なので、たぶん、

根本的な勘違いをしている
んだと思うんですけれども、



女性を狙って落とすとは、

女性『を』思い通りに動かすこと

ではありません。


むしろ、

女性『の』思い通りに動くこと

です。


会話を通じて、

その女性が、何を望んでいるのかを
徹底的に感じ取るんです。


で、本当に望んでいるものを

提供して、提供して、
提供しまくります。


与えて、与えて、与えまくる。


そこには、あなたの欲望が入る
余地など、一切ありません。


もっと言うと、

あなたの感性、あなたの人格など
なんの意味も持ちません。


目の前の女性が、何を感じ、
何を思うのか?

それが全てです。


以前、どこかのナンバーワン
キャバ譲だったか、

そういう人が、

「ナンバーワンになるコツは、
 その瞬間は、

 目の前のお客さんを彼氏だと
 思うこと。

 心の底から好きになること」


みたいなこと言ってた
んですけど、


僕はこれ、僕なりに

「分かるな~」

って思うところがあって、


たぶん、このキャバ譲の子は、

目の前に、チビでデブでハゲで
会話もつまらなくて、ケチで不潔な
50歳過ぎたオッサンが来ても、

『その瞬間』は、

心の底から好きになれると
思うんです。

このオッサンを。


そのくらい、


つまり、自分の人格、感性すら
欺(あざむ)くくらいに、

心の底から演技をすること。

徹底的に、相手に合わせるんです。

『その瞬間』は。


狙って落とすってのは、
こういう事なんですよ。


けっして、相手『を』思い通りに
操る力ではありません。


『その瞬間』は自分の感性すらも
だますほどに、

相手『の』思い通りになる力

です。

だから、


パターン1:
自分の理想のデートを提案する


も、


パターン2:
メディアの幻想デートを提案する


も、

こんなふうに、

自分の欲望を主張してたり、
女性を全く無視していたりなんて
ありえなくって、


ただひたすらに、

女性と向き合って、

その女性は、本当はどうして
欲しいのか?

心の奥底では、本当は何を
求めているのか?


を探り出して、


たとえ、それが、あなたの
感性や欲望や、

求めている恋愛の形とは全く違う
ものだったとしても、

そういう、あなた自身の気持ちは
完全に無視して、


演技しきって、

与えて、与えて、与えまくる。


・その女性にとっての理想を演じ切る!



それが、

狙って落とす、

っていうことです。


自分のプライドも、

自分の欲望も、

自分の信念も、

自分の思いも、

自分のロマンも、

自分の理想も、

自分の楽しさも、


全部、無視。


なので、そういうのは

なんとなく普通の恋愛に飽きて
しまった僕とか^^;

一部の、異常者が趣味とか仕事とか、

女性からお金をむしり取るとか、

普通ではない目的をもって
やることであって、

こんなの、

少なくとも恋愛じゃあない、

とは、思ってます。


恋愛がしたければ、

ひたすら出会いを増やして
いくなかで、

あなたが自然体でいても
なぜか上手くいくような、

そういう『相性』ってやつを
1番大切にすると良いです。

☆―――――――――――――――――――――――
 著作  「初デートで何を話せばよいか分らない、
という状況を克服する方法」
 発行元    株式会社 R&G
 発行者    相沢蓮也
 メール    info@goukon-go.com
 過去の記事  http://renzitsurenya.blog122.fc2.com/
――――――――――――――――――――――――


◆せっ○ス間際のせめぎあいならこの3つ◆

『うっかりハメちゃう、性欲トラップ
 オンナ友達と、とりあえず一発ヤル技術』(性欲を支配する)
http://rye-ex.jp/Ly1756/13271


『女を酔わせて、巧妙に、…(略)…』(お酒・媚 薬)
http://rye-ex.jp/Ly1756/23271


『90日で告白を成功させる方法』(恋愛心理学・狙って落とす)
http://rye-ex.jp/Ly1756/33271




メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ