健康体験記

  • ¥0

    無料

健康を維持することは、幸せな人生を送るための基礎となります。健康でなければ、仕事や勉強に打ち込んだり、人生を心から楽しむこともできません。私の実践した健康体験をもとに、免疫力アップ、生活習慣病予防、健康的なダイエットに役立つ情報を提供します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
健康体験記
発行周期
不定期
最終発行日
2018年07月14日
 
発行部数
24部
メルマガID
0001076802
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > 生活習慣病

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

みなさん、こんにちは!!

いつも「健康体験記」を読んで頂き、どうもありがとうございます。


食事は丸ごと食べるのがバランスのとれた健康に良い食事方法なのです。

昔から“医食同源”と言われるように、食事に注意することが病気を予防する最善の策と思います。

南雲吉則ドクターが実践している若返り法をテレビ番組で放送されていました。

どう見ても30代にしか見えない、若々しいこのルックスだが、なんと実年齢は62歳という驚異の若返りを果たした南雲吉則ドクター。

完全栄養とは、食品をできるだけ「まるごと食べる」ことで摂れるのです。

完全栄養食品とは、人体に必要な栄養素をバランス良く含んだ食品と言えます。



◆果物

果物は皮ごと食べるのがよいそうです。

果物は、果実部分よりむしろ皮の部分に多くの栄養素が含まれています。

特に、抗酸化作用を持つ成分であるポリフェノールが多く含まれています。

昔から「ミカンの皮は医者いらず」と言われ、ミカンやりんごの皮には抗菌作用や創傷治癒(傷を治す)効果があるといわれています。



◆野菜

野菜は大きめに切って蒸したり、葉や皮などをスープにしたりして余すところなく残さず食べることで完全栄養が得られます。



◆魚

魚もなるべく丸ごと食べることで、こちらは動脈硬化や中性脂肪を抑える今話題のEPAやDHAを効率よく摂取することができます。

イワシやアジ、サンマなどの小型の青魚や、メゴチやハゼのような小魚を、頭ごと、骨ごと、腹ごと食べましょう。

また美肌に効果があるコラーゲンは魚の皮の部分に多く含まれています。



◆関連記事
健康寿命を延ばす免疫力アップ食品
http://menekitabe.seesaa.net/article/414819367.html


最後まで読んで頂いてありがとうございます。



■発行者情報--------------------------------------------------■

発行者     :プラス思考
問い合わせ先  :purasushikou1568@mail.goo.ne.jp
連絡先     :http://jinkull.com/ 
発行元まぐまぐ!:http://www.mag2.com/
-------------------------------------------------
※メルマガ登録情報の変更・配信停止はこちら。
http://www.mag2.com/m/0001076802.html

注意・免責事項 :
 このメールマガジンは個別の健康相談を行うものではありません。
 私の体験であり、体質に合わない人は十分注意して使用して下さい。
 疾患のある方は使用を控えていただければと思います。
 現在治療中の方は、かかりつけの医師と相談して使用して下さい。
 ご自身の責任範囲でご利用していただき、記載内容を利用し生じた
 結果については、当方では責任を負いかねますのでご了承下さい。

■------------------------------------------------------------■
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ