人生をブレイクする【風水】進化の法則

  • ¥0

    無料

【風水DNA】世界最高峰の風水マスターから学んだ風水コンサルタントが、あなたの人生をドラマティックに進化させる究極の風水ライフスタイルをメルマガ限定で公開! ○ネコでも分かる本格派【風水】入門 ○世界最高峰の風水マスターとは? ○大富豪が死んでも教えない華僑の風水術とは? ○お金・恋愛にまつわる奇跡のケーススタディ ○あなたの住まいを一瞬でパワースポットにする方法 ○2時間でロマンスを引き寄せた非道徳な風水メソッドとは? ○華僑が教えてくれた金運を日常的に活性化する秘儀 ○究極の吉方位・吉日の選び方 *『フライング・スター風水術』の秘密を完全暴露!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
人生をブレイクする【風水】進化の法則
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年07月10日
 
発行部数
1,967部
メルマガID
0001084463
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 占い > 風水
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

【プレ創刊号】

混迷する世界の風水・・・

知れば知るほど風水は奥深く、
「とんでもない迷路に入ってしまった!」
と思うことが少なくない風水世界。

現在の日本の風水事情を観ても、
もはや何が本当で何がウソなのか分からない、
まさに玉石混交の様相を呈しています。

ところで

風水は、日本や本場台湾・香港、大陸
だけではなく欧米でも盛んです。

ちなみに、

欧米では風水を「フェンシュイ」と
発音しています。

世界中に存在する華僑パワーによって
欧米まで広がりを見せているのが
中国の【フェンシュイ】なんです。

はたして、

アフリカまで風水が浸透しているかは
未確認ですが、わたしはドバイ人女性と
一緒に学習したことがあります。

もはや、中国風水は全世界を侵略した
といっても過言ではないわけです。(笑)

そんな世界中にある中国の風水なのですが、
風水を語る先生によって、多少・・・
どころか、全く違う理論だったりします。

本当に数えたのではないので
間違えているかもしれませんが、
風水にはおよそ120の流派があると
伝え聞いたことがあります。

120の流派があるといっても、
その理論には、お互いに共通項もあり、
排他性もありが実情でしょう。

もう、勉強すればするほど、

何が本当なのかが分からない

混乱だけが残る

結局、理屈なんかないし気の持ちようじゃないの?
と思うようになる

面倒臭いから止める

そう思うのが風水だと思います。

正しく追求したい入門者にとって、
風水は本当に迷路の世界です。

特に、日本の風水市販本には、
むしろ知ってしまうことが有害と
思われる情報も沢山あります。

ですから、

これから本音の情報も流していきますので、
あなたには、是非メルマガをヒントにして
もらえたら幸いに思います。

具体的には、

日本その他の風水事情
正統派風水の知識
わたしの風水ニュース(笑)

など、

あなたにとって役に立つ情報を、
風水のみにとらわれること無く、
多岐に取り上げていく予定です。

あなたの風水が、そしてあなたの人生が、
より高次元へと進化できるように、
真剣に、心を込めて、楽しく、
有益な情報を提供したいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

エドワード

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ