We Love Music!!

  • ¥0

    無料

旅と文芸と海を愛する音楽家(作曲・ピアノ演奏)のすずきみゆきです。 桑原洋明、すずきみゆきのコンサート告知を中心に季刊で発行致します。 他に、すずきみゆきの詩やエッセイを配信させていただきます。 どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
We Love Music!!
発行周期
季刊
最終発行日
2015年11月08日
 
発行部数
18部
メルマガID
0001088826
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > 音楽

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

♪♪♪ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   ~ 作曲家兼ピアニストのひとり言 ~

  季刊【We Love Music!!】

ーーーーーーーーーーー 2015年秋号(第24号) 11月8日(日)

       創作 … 果てのない旅

  種をまいたって必ずしも実るとは限らない
  馬鹿らしいって? なら好きにすればいい
  でもね まかなきゃ~何も実らないんだよ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

発行人のすずきみゆきです。

このメルマガは、年に数回、気ままに発行させていただきます。
「コンサート告知」「みゆきの文芸」などをアップしてまいります。
メルマガを通じてわたしの音楽に興味をもって頂ければ嬉しいです♪

時として、音楽の本番や〆切りのため発行が不定期になる事もあり
ますが、それが私の仕事ですので、どうかご理解のほど末永くよろ
しくお願いします。

第24号のメニューはコチラです。

 【♪コンサート&イベント告知】

 みゆきの文芸

 すみれ会音楽くらぶメンバー募集中!!

 ☆編集後記

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【♪コンサート&イベント告知】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

♪2015.12.27 第5回チャリティーコンサート
         ~戦後70年によせて~

編曲の委嘱を受けたコンサートをご案内させて頂きます。
偶然にも私の還暦の誕生日に開催するコンサートの編曲を委嘱され
ました。
編曲させて頂いた曲は
「死んだ男の残したものは」(谷川俊太郎 作詞、武満徹 作曲)と
「種子(種子)」(寺山修司 作詞、すずきみゆき 作曲)で、
編成は
 ソプラノとピアノトリオ(ヴァイオリン、チェロ、ピアノ)です。


◆第5回チャリティーコンサート ~戦後70年によせて~◆
12月27日(日)午後の部13時~、夜の部17時~
http://composer-draemon.seesaa.net/article/427806438.html
https://www.facebook.com/events/784009925044776/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みゆきの文芸・・・自由律 詩 作文

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自由律

◆ まだこない想い出をさがすのが希望の定義  すずきみゆき
  
◆ こんな日常の中で作る非日常の価値     すずきみゆき

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



【ススキよ】  すずきみゆき

ススキよ
わずかに残された秋をたいせつに抱き
つば広の帽子を優雅によそおう
とおい富士の気高さを
なにを想ってじっと眺めているのか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作文

MY MUSIC'S MISSING SOMETHING ( Miyuki Suzuki )

I was feeling my music was lacking something, and I didn't
know what it was.
Until recently, I've been composing music only for self-
satisfaction, although I hadn't realized it.
but one day, I noticed a strange emotion within myself that
was a still, but yet strong feeling.
It was like the feeling we have when we see snowflakes
falling silently.
So I tried and tried to make music for someone, to
communicate that impression as correctly as I could, but I
didn't feel the music was enough to do so.
Since then I've been thinking about for whom I should
compose, and what sort of music it should be.
What I'm thinking now is this; music is made by any emotions
for lovable, beautiful things, or people we respect, etc.
Such emotions express themselves together with the standard
of values which are influenced by the social environment.

When I come to think of it, I can see music is a product of
society, and that it has gone through many changes during
history.
Passing through the periods of Imperialism and FeudalismA°
Cthe time of Capitalism has arrived and also music has
shifted from "court music" to "commercial music."
That has made music more popular.
It is difficult to find high artistic ability inherited from
former great musicians in today's popular music.
Of course, I know we are charmed in other ways through this
kind of music, and I think it is a great advance for all of
us that such music has become ours.
All of us must recognize these things, and must get rid of
the old thinking that classical music is the only musical
art.
Also, if there is someone who thinks ciassical music is
tiresome, just remember the feeling you have when you hear
a foreign language which you don't know yet.
After you learn about it, you will develop at taste for it.
It's really difficult to understand music.
Surely, a construction of popular music is simpler than
classical music, but I haven't found the heart of popular
music yet; I still find it difficult to do so.

I want to compose "Artistic Popular Music" in the future,
that is, music understandable for anyone and able to raise
the level of the listener, player, and of course, musical
art.
I think the artist who composes a new type of music needs to
find people who find joy in his music and people who
understand the theory.
He will be given courage and the spirit to overcome any
difficulties in his works by the appearance of such people.
And he will try to compose for them with all his ability.
I think these are expressions of love in a broad sense, and
I realize that this is the thing my music lacks.
I will try to build up my music, and I must try to walk
along my own new way from now on.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すみれ会音楽くらぶメンバー募集中!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すみれ会音楽くらぶは江戸川区に団体登録をする青年団体(区内在
住・在勤・在学の30歳以下の者が3分の2以上で構成される団体)で、
2つの分科会がありメンバーを募集しています。

■ジュニア勉強会(第1土曜14:00-15:00/鹿骨区民館ホール 他
/月500円) ※ ピアノ演奏やアンサンブルを楽しみたい区内在住
・在学の小中学生ならどなたでも参加できます。

■Chamber Ensemble "Comodo"(第2・4日曜18-20時/鹿骨区民館
ホール 他/月1,000円) ※ 原則として、楽器・声楽のアンサン
ブルを楽しみたい区内在住・在勤の青年が対象。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆編集後記
・・・最後までお読みいただき ありがとうございました(^◇^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆さんにとって「生きる」とはどういう事ですか?

私は "自分が自分で在り続けるために" 生きています。
「生きる」ことの意味・意義は人それぞれですね。
皆さん!全力で生きてください。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡ください♪ 個々にご返事はで
きませんが、これからのメルマガ発行の参考にさせていただきます。
では、また次回お会いしましょう!!   (すずきみゆき)


すずきみゆきの
 好きな音楽:近現代のクラシック オーケストラ 合唱 室内楽
 好きな言葉:~ 自分が自分で在り続けるために ~
 好きな休日の過ごし方:ピアノをさらう 創作する 散歩する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メールマガジン「We Love Music!!」
☆発行責任者:すずきみゆき
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m /0001088826.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ホームページ「SUZUKI Music」
http://miyukisuzuki2006.wix.com/web-of-miyuki-suzuki
■ブログ「こんな日常の中で創る非日常の価値」
http://composer-draemon.seesaa.net

季刊【We Love Music!!】
発行責任者:すずきみゆき
問い合わせ:miyukisuzuki2006@yahoo.co.jp
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ