しあわせスイッチを入れるヒーリング教室

  • ¥0

    無料

「良いオーラ」と「悪いオーラ」とがあります。その違いは『濃さ』で決まるのです。「良いオーラ」は濃厚で集中力があります。ゾーンに入る・マインドフルネス・引き寄せのチカラ・運が良くなる、に通じます。「悪いオーラ」とは散漫でエネルギーが外漏れして黒ずんでいます。あんまりイイコトがやって来ないオーラかもしれません。このメールマガジンを読んでぜひ『しあわせな良いオーラ』になるヒントを感じていってくださいね。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
しあわせスイッチを入れるヒーリング教室
発行周期
(不定期です)
最終発行日
2018年04月20日
 
発行部数
574部
メルマガID
0001112520
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 癒し

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

―――――――――――――――☆―――――――――――――――
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
―――――――――――――――――――――――――――――――
              ◎☆◎
               ▼

――――◎☆しあわせスイッチを入れるヒーリング教室☆◎――――  

             ~152号~
―――――――――――――――――――――――――――――――
           ■今回号のテーマ■


      ◎「しあわせ脳」と「脳しあわせ」?◎

―――――――――――――――――――――――――――――――
みなさんこんにちわ~~です。

◎~
当メールマガジンの名称は、『しあわせスイッチを入れるヒーリング
教室』となっておりまして、その主旨というものは「しあわせ」にな
るためには「スイッチ」を入れることなのですよ!という意味です。

それで、「しあわせ」はどこで感じるのでしょうか?ということにな
しますと、ヤハリそれは「脳の中」であるかと思うのです。

「しあわせホルモン」とも呼ばれているドーパミンは、脳から分泌さ
れています。人はドーパミンを分泌するために生きているとも言われ
てますね。

しかし、そのドーパミンを、自分の意思でのコントロールで出すこと
は出来ません。「なにか」をしませんと、出てはくれません。

その「なにか」というのは、そうたいしたことでもありません。たと
えば、その時に食べたいものを食べるとか、それがどこかのお店にあ
るのならばそこまで出かけていって食べるとか、という程度のことで
よろしいいのです。

あるいは、好きな人と会うとか、なにか趣味でもスポーツでもトレー
ニングでもカキモノでも、なんらかしら「うまくできた」という程度
のことでもドーパミンは出るのです。

ドーパミンというホルモンが「しあわせ」にしてくれるのです。

聞きたい音楽を聞くのでもいいし、着たい服を着るのでもいいわけで
す。とにかく「満足感」がちょっとでもあれば、脳の中からはドーパ
ミンというしあわせホルモンが出てよろこべるわけですね。

「しあわせ」になるなんて、なんて簡単なのでしょうね!

◎~

欲しいものが手に入って「しあわせ」になれないというのは、どこか
違う問題があるかもしれませんから、そういう人は、違うことで問題
解決にのぞみましょう。

しあわせスイッチなんて、探せばこの世にはたくさんあります。欲し
いものを手に入れられたとき、その欲しかったものがスイッチになる
というだけですから。

しかし、もし、食べたいもの・欲しいもの・会いたい人・好きな人、
などなどがしあわせスイッチになるのならば、その対象と出会えなけ
れば「しあわせ」にはなれないという惨めな結果になるだけです。

食べたいものがあるお店に出かけていったら休業していた。好きな人
に連絡しても忙しくて会えない。着たい服を着ようと思ってみたら太
っていた。

こんなイヤなことがあるとドーパミンは出ません。ドーパミンでなく
ノルアドレナリンという不快で怒りのホルモンが出てしまいます。

「しあわせ」って、なんて受け身なのでしょうね。

「受け身」で「しあわせ」を感じている状態を「しあわせ脳」と呼び
ましょうか。イイコトがあって、あ~ん!シアワセ~~の状態です。
やさしくされたりほめられたりすると、しあわせ脳になりますね。

でも、受け身です。

受動的です。

◎~

受動的なしあわせをここでは「しあわせ脳」といい、自分からコント
ロールして能動的にしあわせになることを「脳しあわせ」と呼ぶよう
にしましょう。

さきほどの「しあわせ脳」では、自分から、脳の中で「しあわせ」を
発するような「脳しあわせ」ではありません。なにかしませんと、し
あわせホルモンは出てくれませんから、どこか不自由といえば不自由
ですし、さびしいと言えばさびしいのです。

言葉は悪いけど、奴隷の快楽、でしょうか。

ではそれならば、自分の意思によるコントロールで「脳しあわせ」っ
て出来るのでしょうか?

普通の一般人では無理です。

できません。

なにもしないのに「脳しあわせ」になれるなんて、無理ですよよね。

なにかそういう系統の修行でもしていれば、出来るようになる人もい
るかもしれませんが、通常は無理ですね。

瞑想や座禅などを積んで、呼吸法や東洋医学や気の世界などを身につ
けてゆけば、いつか出来るようにはなるかと思いますが、そんな気の
遠くなるような、雲をつかむような修行をするくらいなら、もーーっ
と簡単にしあわせ~~になるスイッチはこの世にたくさんありますも
んね。

苦労してまで「脳しあわせ」なんて、めんどう~~!

◎~

それでは、かんたーんにですが、自分の意思のコントロールでおこな
う能動的な「脳しあわせ」についてのご説明をしてみましょうか。

それは・・・

『右脳と左脳を真ん中でつなげる』

ということなのです。

人間の身体は、右半分と左半分で出来ていまして、それは陰と陽、+
と-、というような、「ふたつがひとつになると通じ合える」という
まるでオトコとオンナのような仕組みになっています。

普通は、このふたつ(右半身と左半身)は通じてはいません。

なぜなら、社会に生きるみなさんの意識は常に前方へ前方へと向かい
時間を追いかけるように心を使っているからです。

これだけで、もう、このふたつ(右半身と左半身)は離ればなれ。家
庭内別居の夫婦のように、通じ合っておりません。

プラス思考の人ほど、このふたつ(右半身と左半身)は分離している
のです。プラス思考人=未来に向かって前に進むからでございます。

座禅の姿とは大違いですものね。

◎~

座禅は、決して前向きでもなくプラス思考でもありません。ただただ
座っている瞬間の「今」に生きているだけです。

このふたつ(右半身と左半身)を、身体の真ん中の中心で合わせるに
は、静かな状態でなければなりません。忙しい夫婦も、仕事+仕事で
いつもすれ違い。会話もなにもあったものではありません。

そういう生活を「忙しくて充実した毎日」と勘違いしている人も多い
のではないでしょうか。

静かな自分を保って、右脳と左脳を、真ん中で結ぶわけです。

すると、このふたつ(右半身と左半身)の、その「間」には、本来何
も無かったハズなのに、なぜか「真ん中の身体」というものがあらわ
れてくるではありませんか。

これはまるで、2枚の、何もはさまっていなかったただの食パンを、
うまーーく合わせて重ねてみるると、アレレ「間」からハムとレタス
が出てきたような・・・?

さらに、この「真ん中の身体」は、太陽系のように、回転運動をして
いるのです。ぐるぐると・・・。

この状態を「脳しあわせ」といいます。

◎~

身体のある場所には、脳につながるツボのような場所が、左右2箇所
ありまして、そこをつなぐようにすると、「スイッチが入る」という
仕組みがあるのです。

今まで使っていなかったところにデンキが通って動き出すようなもの
です。そうなると、いろいろなことが変わってしまいます。今まで無
かった能力やチカラが目覚めます。

これそのものは「悟り」でもなければ「超能力」でもありませんが、
ほとんどの人が知らないことなので、こういうことが出来ると、ちょ
っと不思議な感性や感覚があらわれるのは確かです。

しかし「もともとあった」ことなので、これは悟りでも超能力では無
いと申し上げたのです。

あれっ!こんなところに今まで使っていなかったスイッチがあった!
というだけのもなのです。

だから、ぼくが、誰かさんの身体のこのツボ2箇所に触れて、左右を
つなぐようなことをいたしますと、その人にぼくと同じ状態がおきま
す。その人のしらなかったスイッチに触れてONにしたからです。

仕組みを知れば、そんなにむずかしいことではありませんが、普通で
は知られていないことなので、なかなか気づかないわけであります。

◎~

えーと、今回は「脳しあわせ」について、書いてみました。

面白く読んでくださったならば、うれしいです。

それではまたーーー

            

    (このメールマガジンは不定期で発行しております)

◎このメールマガジンから直接返信をくだされば書いたぼくのところ
にメールが届きます。
――――――――――――――▼◎▼――――――――――――――

◎もうひとつメールマガジン『考えるオーラ』を書いています。
http://www.mag2.com/m/0001678667.html

              ▲◎▲
あなたのオーラのことについて何かご相談がありましたら、下記のホ
ームページの中に「ご相談お問い合わせページ」がありますからお気
軽にどうぞ。ご質問やお問い合わせにお返事を差し上げております。

―――――――――――――――――――――――――――――――
◎発行者/しらのゆきひと(りゅう仙人)
◎考えるオーラ/http://futari-no-aura.com/

◎このメールマガジンの配信停止とバックナンバーはこちらで。
http://www.mag2.com/m/0001112520.html

―――――――――――――――☆―――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
―――――――――――――――◎―――――――――――――――
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ