しあわせスイッチを入れるヒーリング教室

  • ¥0

    無料

「良いオーラ」と「悪いオーラ」とがあります。その違いは『濃さ』で決まるのです。「良いオーラ」は濃厚で集中力があります。ゾーンに入る・マインドフルネス・引き寄せのチカラ・運が良くなる、に通じます。「悪いオーラ」とは散漫でエネルギーが外漏れして黒ずんでいます。あんまりイイコトがやって来ないオーラかもしれません。このメールマガジンを読んでぜひ『しあわせな良いオーラ』になるヒントを感じていってくださいね。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
しあわせスイッチを入れるヒーリング教室
発行周期
(不定期です)
最終発行日
2017年10月31日
 
発行部数
584部
メルマガID
0001112520
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 癒し

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

―――――――――――――――☆―――――――――――――――
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
―――――――――――――――――――――――――――――――
              ◎☆◎
               ▼

――――◎☆しあわせスイッチを入れるヒーリング教室☆◎――――  

             ~147号~
―――――――――――――――――――――――――――――――
           ■今回号のテーマ■


         ◎『空飛ぶ∞呼吸法』だよ~◎

―――――――――――――――――――――――――――――――

◎~
もう、本当に長いこと呼吸法ばかりやってきたので、ぼくの身体はだ
ん「空気」になってきているようです。

肉体としての、物体としての身体の中に、呼吸した空気が、深く染み
込んで来ているのです。なんだか鍋の中で煮込まれるおでんのよう。

出汁が「空気」で、具材がぼくの身体。

呼吸法をずっとやってゆくと、身体の中に空気が染みこむものだから、
物体として地に置かれていたはずの身体は、どちらかというと空気側
と仲良くなって、身体は地の側よりも地球の空気の中にに浮かんでい
るように感じたりしています。

地に落ちない身体。

空気の中に浮く身体。

鳥のように「空を飛ぶ」まではいかないにしても、自分の身体が「地
に落ちていない」のは確かなようです。そのうち見えない羽根でも生
えてくれば、滑走するように移動できてしまいますね。

これは、飛行機の滑走する姿でもあります。


◎~


空気が抜けて、クニャリと地に落ちたようなタイヤでも、そこに空気
を入れてやりさえすれば、中で空気が膨らんでタイヤが生き返って落
ちた地から浮いて、重たい車体をささえて走れるようになります。

人の身体は物体としてだけの筋肉で出来ているのではない。

むしろ筋肉ばかりを鍛えすぎることは、柔らかいはずのゴムのタイヤ
が石の車輪になり変わってしまうことすらあるかもです。

もしかして、人の身体は、硬いゴムの状態で生まれてきて、生まれた
後から自分で空気を入れてゆくというのが「生きるための修行」かも
しれません。

これで「人は何のために生きてゆくのか?」の疑問に対して「身体に
空気を入れるために生きる」という答えが決まりましたね。


◎~


肉体は、細かい粒子の集まって出来ていて、粒子と粒子の間にはスキ
マがたくさんあって、ここに呼吸法で呼び込んだ空気の粒が入るので
す。

人の身体はゴムのタイヤのように使える。タイヤは中に空気が入るよ
うになっている。身体に空気がたくさん入れば地から浮いて、地に落
ちない身体になってゆくというものです。

こういうことをやっていって、ホントに「空が飛べるように」なるわ
けではありませんが、どちらかというと地球の空気側と深くつながる
身体になってゆきますので、そのまま「空気」が自分のエネルギー源
になってくれるようになります。

人の身体は、物体でありながらも、「身体に空気を入れる修行」をし
て空気になりながら生きてゆくことが出来ます。これによって、地球
一周の空気と深い関係になれるものですから、筋肉に頼らない身体と
なれるのです。

身体が空気側に属して、浮いたようになると、精神状態が『お空』に
なります。地に落ちた身体でいることで生まれる不安や悩みなども、
『お空』になると、瞑想状態というか、座禅を組んだ脳波になるせい
か、迷いや不安や悩みというものが、ちょい薄れるようになっている
みたいですよ。ホントです。


◎~


人と人は「空気」でつながっている。

不仲なふたりの間にある「空気」は途切れている。

病とは、身体と「空気」のつながりが薄れていっている状態。

成功している人や「しあわせ」な人は、濃い「空気」を持っている。


物体(形のあるもの)といっても、よく見ればどれも「網」のような
ものでしょ?スキマがいっぱいあるのです。

人の身体もスキマがいっぱい。

人と人は「空気」でつながっているということは、お互いのスキマの
共有ということになります。

「つながる」とは、空気の共有。

これが、『愛』の正体。

『愛』のあるふたりは、いっしょに『お空を飛ぶ』のでございます。


◎~
えーと、今回は、とっても不思議な、呼吸法のお話しでした。

またときどき『空飛ぶ∞呼吸法』のお話しをいたしますね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。



◎このメールマガジンから直接返信をくだされば書いたぼくのところ
にメールが届きます。
――――――――――――――▼◎▼――――――――――――――

◎もうひとつメールマガジン『考えるオーラ』を書いています。
http://www.mag2.com/m/0001678667.html

              ▲◎▲
あなたのオーラのことについて何かご相談がありましたら、下記のホ
ームページの中に「ご相談お問い合わせページ」がありますからお気
軽にどうぞ。ご質問やお問い合わせにお返事を差し上げております。

―――――――――――――――――――――――――――――――
◎発行者/しらのゆきひと(りゅう仙人)
◎考えるオーラ/http://futari-no-aura.com/

◎このメールマガジンの配信停止とバックナンバーはこちらで。
http://www.mag2.com/m/0001112520.html

―――――――――――――――☆―――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
―――――――――――――――◎―――――――――――――――
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ