しあわせスイッチを入れるヒーリング教室

  • ¥0

    無料

著者サイト

オーラの人、りゅう仙人が、日常の中で見えて感じたオーラのことを書いてゆきます。オーラは、ちょっとしたトレーニングで「わかる」ようにもなれます。この世で生きるために必要な「実用的オーラ」のことをみなさまに。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

―――――――――――――――◎―――――――――――――――
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
―――――――――――――――――――――――――――――――
              ◎☆◎
               ◎

――――◎☆しあわせスイッチを入れるヒーリング教室☆◎――――  

             ~119号~
―――――――――――――――――――――――――――――――
           ★今回号のテーマ★

       ◎オーラで「安住の地に棲む」の巻◎


―――――――――――――――――――――――――――――――
みなさまこんにちわーです。

なぜか、病気して2ヶ月の入院から帰った後の方が、倒れる前の好き
勝手をやっていたころよりも「元気」なりゅう仙人であります。

元気といっても、オーラ体の方ですよ。

肉体というのは、一度病気にかかってしまうと、元のようには戻らな
いですからね。

まぁ、2ヶ月の入院して治療を受けたことで、それまで好き勝手やっ
ていたツケがチャラだよねっ?などと担当医たちに言いまくってしま
いまして、当然苦笑いされましたがー

えーと、今回号は、仏教のページからの引用をさせていただきます。

日頃、神社のオーラばかりを観に行っているので、ひさしぶりに仏教
のハナシなどを。

テーマは、「安住の地に棲む」でございます。


――――――――――――――☆◎☆――――――――――――――
              

◎安住の地に棲む/
http://www.rinnou.net/cont_04/rengo/2003-10.html

このページに書かれているのは、これ↓であります。

「あなたの依所(よりどころ)は、何んですか。あなたが安心して身
を寄せられる安住の地は、どこに在りますか。」

というハナシです。

これは「終活」のハナシではありません。生きていた人間が最終的に
依所とする場所いえば、死んで入るお墓だと思われてしまいますが、
仏教は死んでからのハナシはいたしません。

生きているうちに悟ろうねっというのがホントの仏教です。

あなたが生きているうちに依所として思える「安住の地」はどこにあ
りますか?ということを、このページを読んでいる人に問いかけてい
るのです。

うーーん。わたしの安住の地かぁ・・・。

いいわねぇ、と思い、家庭を持とうとしたり、自分の会社を持とうと
したり店を開いたりしているのかもしれません。

ここがわたしの世界だよーーって。

ま。そこがホントに安住の地になってくれれば、誰も自分がやったこ
とで悩まないのですが。なかなか思い通りにならないのが「生きる」
ということなのですね。


―――――――――――――――――――――――――――――――


この↑ページの締めくくりにはこんなことが↓答えとして書かれてい
ます。


~*
「お金や物や地位、名誉、頼りになりそうで却って、無明の世界へ迷
い込んでしまいます。

頼りになるのは自分だけ、というのは、自我のおごりです。

その自我の奥にある『もう一人の自分』、調整を必要としないもう一
人の自分-仏心-に、めぐりあえて初めて、まこと得がたき依所とな
る、安住の地が得られるのであります。」



うーーん。お金や物や地位などでは安住の地にはならないみたいです
よ。ダメだって。これだときっと、普通の結婚生活なども、まるで救
われない場であるということにもなります。こまりますね。

しかし、もっと読んでゆくと、面白いことが書かれています。

なんでも、自分の奥に、『もうひとりの自分』がいるそうな。調整を
しなくてもいいっていうことは、もう完成されている存在という意味
のようです。

それと出会って、つまり「内なる自分との出会い」ですね。外にはそ
んな存在はいませんから。

この出会いこそ、まことに得がたき依所と解説されています。

これこそが「安住の地に棲む」ことだよって、説明してくれておりま
す。


―――――――――――――――――――――――――――――――


このページは、なーんとなくフラリと見つけたものでしたが、「オー
ラ体の存在」をここまで見事に説明しきった文章はこれです。

素晴らしいオーラ体への解説でございます。

牡丹に唐獅子 竹に虎、のハナシは、オーラのハナシよりももっと以
前のことですから、どうでもよいハナシですよ。要するに誰にでも弱
点があって、守ってくれる場所があるよということだけですから。

大切なことは、このページの最後の方であります。

自分の中に、自分の出会うべき「もうひとりの自分」が居るんだよと
いうことであります。

それと出会いなさいって。

ということで、今回号はここまでです。

りゅう仙人が、とってもイイナを感じたページを引用させていただき
解説までさせていただきました。


ではではーー、です(^_^)


―――――――――――――――――――――――――――――――
■もうひとつメールマガジンあります!『考えるオーラ』の読者登録
はこちらでどうぞ。りゅう仙人+白川ヒソカの共著です!
http://www.mag2.com/m/0001678667.html

――――――――――――――★◎★――――――――――――――

              ☆◎☆
あなたのオーラのことについて何かご相談がありましたら、下記のホ
ームページの中に「ご相談お問い合わせページ」がありますからお気
軽にどうぞ。ご質問やお問い合わせにお返事を差し上げております。

―――――――――――――――――――――――――――――――
☆発行者/しらのゆきひと(りゅう仙人)
☆考えるオーラ/http://futari-no-aura.com/

◎このメールマガジンの配信停止とバックナンバーはこちらで。
http://www.mag2.com/m/0001112520.html

―――――――――――――――☆―――――――――――――――
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
―――――――――――――――◎―――――――――――――――
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
しあわせスイッチを入れるヒーリング教室
発行周期
(不定期です)
最終発行日
2017年05月24日
 
発行部数
615部
メルマガID
0001112520
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 癒し

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ