いい会社をふやしましょう!

  • ¥0

    無料

鎌倉投信株式会社によって作成された投資家向けの情報です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
いい会社をふやしましょう!
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年12月15日
 
発行部数
4,447部
メルマガID
0001113100
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > 投資信託

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

 
 
 
━━いい会社をふやしましょう!━━鎌倉投信・鎌倉倶楽部発行メールマガジン
|財政健全化に「分度」の視点を
━━━━2017年(平成29年) 12月15日金曜日━━━━━━━━━━━Vol.388━


鎌倉投信がお届けする「心を結ぶ」メールマガジン
今回も皆様を鎌倉投信や投資信託「結い 2101」と結んでいきます。


◆◆◆◆━PICK UP━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆  当社ホームページで動画配信を開始しています。
◆◆   誰でも視聴できる動画のほか、口座開設済みで「My鎌倉倶楽部」
◆◆   ご利用の方は、いい会社の経営者講演等の動画も視聴いただけます。
◆    ご興味のある方は是非、ご覧ください! http://www.kamakuraim.jp/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、こんにちは。
街をあるくと、どこもクリスマスのイルミネーションばかり目立ちますが、新年を
迎える支度は始められましたか。正月の事始めは12月13日の「すす払い」からです。
年末バタバタしないよう、計画的に歳神さまを迎える準備をしてみてはいかがでしょうか。


〜目次〜
| 財政健全化に「分度」の視点を
| イベント&セミナー情報
| トピックス
| メディア情報
| 「結いだより」のご案内


◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
財政健全化に「分度」の視点を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。

来年10月に予定される消費税増税を財源とした幼児教育の無償化等の議論が政府内
で本格化しはじめました。教育分野への予算をふやすといえば聞こえはいいのですが、
その結果として政府が2020年までに基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)
を黒字化させるという財政健全化目標を先送りすることには、私は異論があります。

政府は、2020年までのPB黒字化について幾度となくサミットなどの国際会議の場で
公約し、現在の戦後2番目に長い景気回復期においても、その道筋を曖昧にして
います。政府予算膨張にどう歯止めをかけるか、という問題が慢性的に先送りされて
いることに危機感を抱きます。

戦後、ハイパーインフレを経験した日本は、財政規律を重んじ、財政法で「国の歳出
は、公債又は借入金以外の歳入を以てその財源としなければならない」と謳って
います。第一次オイルショック時(1965年)に戦後初めて発行された赤字国債は、
あくまで「特例」でした。しかし、取分けバブルが崩壊した1994年度以降は、かつて
財務省内で「麻薬」ともよばれた赤字国債は大量に発行され続け、一向に歯止めが
利きません。「いったん膨らんだ財政は容易には減らすことができないのが政治の
現実」、財政当局者の言葉は重く響きます。

日本政府の資産状況や債権者のほぼ100%が最終的には日本国民であること等から
「財政破綻はない」とする専門家は多くいます。しかし、問題の本質は、破綻するか
否かではなく、慢性的に先送りし続け将来世代に責任ある姿勢を誰も示せないでいる
ことにあると考えます。

江戸時代後期、困窮する諸藩の財政を立て直した二宮尊徳は、「分度」、すなわち
「収入をふやし、知恵を絞り収入に見合った支出を図って黒字にすること」を第一歩
とし、産業育成に取組みながら、同時に不退転の決意で不要な歳出を削減しました。
その偉業の真の価値は、単に赤字をなくしたことだけではなく、政治家や庶民に
「分度」の思想を根付かせ、「分度」が社会や経済の発展の礎になることを実践して
示したことにあった、と想像します。財政健全化には「分度」の視点が不可欠だと
感じます。


◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イベント&セミナー情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 ◎ 鎌倉投信と「結い 2101」のご案内(説明会)
====================================

日系、外資系金融機関で長年にわたって資産運用に携わり、運用の現場から運用会社
の経営まで幅広い経験を積んできた社長の鎌田恭幸または運用責任者の新井和宏が、
鎌倉投信と「結い 2101」について分かりやすく説明します。
この会は、はじめて金融のことを学ぶ人から既に投資のご経験がある方までどなた
でも参加いただけます。
全国各地で開催中ですので、お気軽にご参加ください。お待ちしています!

▼▼▼詳細・お申込みはこちら
http://www.kamakuraim.jp/events/

▼▼▼鎌倉投信の投資信託「結い 2101」の詳しいご案内はこちら
http://www.kamakuraim.jp/yui2101/

この説明会は、勧誘を目的としたものではありませんが、「結い2101」の勧誘を
おこなう場合があります。「結い2101」の購入にあたっては、投資信託説明書
(交付目論見書)を確認いただき、「投資リスク」・「手数料」等、十分ご理解の上、
お申し込みください。


◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 ◎ My 鎌倉倶楽部
====================================

My 鎌倉倶楽部は、鎌倉投信に総合取引口座をお持ちいただいている方が利用できる
オンラインサービスで、電子交付サービス、残高・取引履歴やトータルリターンの
照会、定期定額購入の金額変更、各種登録事項の変更などのご利用が可能です。
また、「結いだより」も電子版で、スマートフォンでも読みやすくできています。
「知りたかった情報が分かる!」「読みやすい!」などの声をいただいています。
まだ登録がお済みでない方は、お早めにご登録ください!
https://myclub.kamakuraim.jp/Portal/Account/Login



 ◎ 鎌倉投信の本
====================================

■『幸せな人は「お金」と「働く」を知っている』
著者:新井和宏
出版:株式会社イースト・プレス
価格:1,000円+税


■『持続可能な資本主義』
著者:新井和宏
出版:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,500円+税


■『投資は「きれいごと」で成功する
   ~「あたたかい金融」で日本一をとった鎌倉投信の非常識な投資のルール』
著者:新井和宏
出版:ダイヤモンド社
価格:1,500円+税


■『21世紀をつくる 「人を幸せにする会社」』
著者:坂本光司、価値研
出版:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,500円+税


■『外資金融では出会えなかった
    「日本でいちばん投資したい会社」』
著者:鎌田恭幸
編集協力:新井和宏
発行者:アチーブメント出版株式会社 青木仁志
価格:1,400円+税



◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メディア情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 ◎ 鎌倉投信に関して放送・掲載されたメディアを紹介します。
====================================
▼▼▼2017年10月掲載
日立製作所 Executive Foresight Onlineに、鎌倉投信が紹介されました。
http://www.foresight.ext.hitachi.co.jp/_ct/17122490


▼▼▼2017年7月掲載
PRESIDENT 2017年8.14号に、鎌倉投信が紹介されました。


▼▼▼2017年6月掲載
日経ヴェリタス 6月25日~7月1日(第485号)に、鎌倉投信が紹介されました。


▼▼▼2017年6月掲載
Web情報誌「BUSINESS INSIDER JAPAN」に鎌倉投信が紹介されました。
https://www.businessinsider.jp/post-33889


▼▼▼2017年4月掲載
リクルートホールディングスのホームページ内「Meet Recruit」に、
同社 ソーシャルエンタープライズ推進室室長 伊藤綾氏と、当社社長 鎌田との対談
【後編】が掲載されました。
http://www.recruit.jp/meet_recruit/2017/04/og15-2.html


▼▼▼2017年4月掲載
朝日新聞 4月3日の朝刊で、投資先のイケウチオーガニックと鎌倉投信が紹介されま
した。



▼▼▼鎌倉投信が取り上げられた雑誌、新聞、TVなどのメディア情報はこちら
http://www.kamakuraim.jp/media/


◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「結いだより」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 ◎ 鎌倉投信株式会社 鎌倉倶楽部から「結いだより」をお届けしています。
====================================

投資信託「結い 2101」のお客様(受益者)宛に月次運用報告書を、「結いだより」
として月1回お届けしています。

▼▼▼「結いだより」はこちら
http://www.kamakuraim.jp/yuidayori/



┌──────────────┐
メールマガジンについて
└──────────────┘

メールマガジンの配信解除を希望される方は、以下よりお知らせください。

▼▼▼配信解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0001113100.html
⇒2行目(メールアドレスを入力)のフォームに配信先のメールアドレスを入力し、
「解除」ボタンを押すと配信が解除されます。

▼▼▼メールマガジンのバックナンバーはこちら
http://archive.mag2.com/0001113100/index.html

ご質問やご意見は、ホームページのお問い合わせページよりどうぞ。
▼▼▼お問い合わせはこちらまで
https://www.kamakuraim.jp/inquiry/


※メールマガジンをお読みになる際は、MSゴシック10フォントをご利用くだ
 さい。

※URLの表示が折り返されたりしてクリックをしてもリンクが効かない場合は、
 全文をブラウザのURL入力欄にコピーしてご利用ください。

┌──────────────┐
発行:鎌倉投信株式会社 鎌倉倶楽部 
└──────────────┘

▼▼▼ご意見やご質問はこちらまで
https://www.kamakuraim.jp/inquiry/

鎌倉投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2293号
http://www.kamakuraim.jp/


本メールは、鎌倉投信によって作成された、投資家向けの情報提供資料で、投資信託
販売用資料ではありません。

<資産運用に関する注意事項>
投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様
ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。
●投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構
 の保護対象にはなりません。また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でも
 ありません。
●投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
●本資料に記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によっ
 て予告なく変更することがあります。また、いずれも将来の傾向、数値等を保証も
 しくは示唆するものではありません。
●本資料に記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありま
 せん。また、本資料は、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作
 成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
●本資料の使用権は、鎌倉投信に帰属します。
●「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交
 付書面および金融商品の販売等に関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事
 項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、必ずお受け取りの上、
 内容をよくお読みください。
●「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問
 い合わせください。

<苦情処理措置および紛争解決措置について>
鎌倉投信は加入協会から苦情の解決および紛争の解決のあっせん等の委託を受けた
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター(連絡先:0120-64-5005)
を利用することにより金融商品取引業等業務関連の苦情および紛争の解決を図りま
す。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鎌倉投信株式会社:金融商品取引業者 登録番号 関東財務局長(金商)第2293号
加入協会 : 一般社団法人 投資信託協会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(C)Kamakura Investment Management Co.,Ltd.

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ