調教分析競馬 training analysis ~危険な人気馬を切り捨てる~

  • ¥0

    無料

初心者でも分かりやすいように本格的に調教分析をしています。中間の調教、調整から“危険な人気馬”、デキが急上昇している“激アツ馬”を見つけだします。“危険な人気馬”が馬券の対象を外れ、“激アツ馬”が穴をあけるのはちゃんとした理由があって“偶然”ではなく“必然”なのです。 2013年の勝負レース重賞の通算成績 129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3% 2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5% 7月28日から5ヶ月間の勝負レースの成績 59戦22勝 回収率269.8%

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
調教分析競馬 training analysis ~危険な人気馬を切り捨てる~
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年11月19日
 
発行部数
228部
メルマガID
0001124001
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 競馬 > 競馬全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77
調教分析競馬ブログ別館 http://cyokyoanalysis.blog.fc2.com/

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。

秋のG1コースを受け付け中

ホープフルステークスまでの平地のG1レースと、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1コース、勝負レース重賞コースを受付中
入会希望問い合わせ https://ssl.form-mailer.jp/fms/ed3eea5a188291


最近の的中レース

2017年の勝負レース重賞の成績 回収率118.8%

2013年の7月28日から今年の11月19日まで
50ヶ月間の勝負レースの成績 回収率110.1%

11月18日
東京12R 3連複4310円
調教抜群鉄板軸馬ドーヴァーが2着

11月18日
福島11R フルーツラインカップ 3連複7220円
調教抜群鉄板軸馬ヒメタチバナが2着
相手筆頭の“激アツ馬”メイショウキトラが1着

11月5日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3020円
調教抜群鉄板軸馬スワーヴリチャードが1着
デキ落ちのプレストウィック、デニムアンドルビーは消し

11月4日
東京10R ノベンバーステークス 3連複10570円
調教抜群鉄板軸馬ルックトゥワイスが2着

11月3日
京都9R 近江特別 3連複6010円
調教抜群鉄板軸馬ナリタエイトが1着

10月29日
京都11R カシオペアステークス 3連複16340円
調教抜群鉄板軸馬アメリカズカップが1着

10月29日
新潟11R ルミエールオータムD 3連複5570円
調教抜群鉄板軸馬アースエンジェルが3着


秋のG1コースの受け付けをしています。

ホープフルステークスまでの平地のG1レースと、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1コース、勝 負レース重賞コースを受付中
入会希望問い合わせ https://ssl.form-mailer.jp/fms/ed3eea5a188291


今週は土曜日に3連複7210円、4310円の好配当が取れたが、
東京スポーツ杯2歳ステークス、マイルチャンピオンシップの重賞が、
的中できませんでした。

来週は2歳の中距離戦の京都2歳ステークス、
秋のG1シリーズの目玉のレースのジャパンカップ、
今年の最後のスプリント重賞の京阪杯です。

来週はジャパンカップデーなので特別編成で
ジャパンカップが東京11Rで最終レースになり、
京阪杯は京都12Rで最終レースになります。

京都2歳ステークスは2014年に新設された重賞だが、
過去3年で結果をだした馬はその後にまったく活躍していません。

新馬戦でワグネリアンと同タイムで次の未勝利戦を楽勝した、
ヘンリーバローズが出走予定だったが故障でないのに回避してしまい、
例年と同じで今年も小粒なメンツになりました。

登録が11頭しかいなくて最終的に8頭くらいの少頭数になりそうなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

京阪杯は今年の芝1200mの最後の重賞なので、
多くのスプリンターが登録してきました。

12月から1月にかけてオープン特別の芝1200mがあるが、
1200mの重賞は年明けの1月末のシルクロードステークスまでないので、
京阪杯には毎年多くの短距離馬が多く登録してきます。

レッドファルクスは今週のマイルチャンピオンシップに出走したので、
出走馬のレベルは高くないがセイウンコウセイ、ソルヴェイグ、ジューヌエコール、
ネロ、メラグラーナなどスピード自慢が揃ったのでアツイ戦いになるでし ょう。

2年前は単勝150円のビッグアーサーが2着で順当な結果だったが、
デキが良い人気薄が穴をあける事が多いレースなので、
中間の調教から状態が上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

今年のジャパンカップは王者キタサンブラックに3歳ダービー馬のレイデオロ、
3歳オークス馬ソウルスターリングが挑むのでアツイ戦いになりそうです。

過去3年は3歳が苦戦しているが古馬でG1を勝っているのはキタサンブラック、
サトノクラウン、マカヒキだけで4歳以上の古馬は手薄なメンツになので、
今年は3歳が4年振りに古馬の壁をぶち破るかもしれません。

しかし、昨年は皐月賞を勝ちダービーで3着のディーマジェスティが13着、
2年前はオークス馬のミッキークイーンが8着、
3年前はハープスターが5着、ダービー馬のワンアンドオンリーが7着、
イスラボニータが9着に負けているのです。

ハープスターは凱旋門賞からの参戦でデキに問題があったが、
ミッキークイーンはオークス、秋華賞を制した2冠馬なのに8着で、
イスラボニータは秋天皇賞で3着だったのに9着に惨敗しています。

今週のマイルチャンピオンシップで不利と言われていた3歳が、
1着、3着、4着で3頭も掲示板にのったが古馬のマイル戦と、
古馬の王道路線の2400mはまったく違うので、
マイルチャンピオンシップの結果から3歳が強いと判断するのは危険です。

キタサンブラック、レイデオロの2強で決まる事はないと思っているので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

京都2歳ステークスの有力馬の調教分析はグレイル、
シスターフラッグ、スラッシュメタル、マイハートビートの4頭、

京阪杯の有力馬の調教分析はアットザシーサイド、ジューヌエコール、
セイウンコウセイ、ナリタスターワン、ネロ、フィドゥーシア、メラグラーナの7頭、

ジャパンカップの有力馬の調教分析はサトノクラウン、サウンズオブアース、
シュヴァルグラン、ソウルスターリング、トーセンバジル、マカヒキ、レイデオロの7頭です。

デキ落ちの人気 馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

会員様の京都2歳ステークス、京阪杯の有力馬の調教分析
http://30.xmbs.jp/cyokyokeiba-298995-ch.php?guid=on

重賞会員様の京都2歳ステークス、京阪杯の有力馬の調教分析
http://30.xmbs.jp/cyokyokeiba-285592-ch.php?guid=on

全会員様のジャパンカップの有力馬の調教分析
http://30.xmbs.jp/cyokyokeiba-311776-ch.php?guid=on

京都2歳ステークス、ジャパンカップ、京阪杯の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は11月23日の18時になります。

京都2歳ステークスの有力馬タイムフライヤー、
京阪杯の有力馬ソルヴェイグ、
ジャパンカップの有力馬キタサンブラックの調教分析は、
調教競馬分析ブログをご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ http://ameblo.jp/t-analysis77

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ