環境マガジン

  • ¥0

    無料

著者サイト

環境保護・環境問題・地球温暖化・環境教育・環境汚染・環境ホルモン・リサイクル・森林保全。ゼロエミ・騒音・水質、土壌、大気・アスベスト・微生物利用・LEDに至るまで、小・中学生にも理解できるわかりやすい環境メルマガ。環境俳句、短歌、川柳、詩ポエム作品多数掲載していきます。必見です!

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

マラソン大会を影で支える「省エネ節水仮設トイレ」
 http://runningstreet365.com/shopinfo/5881

 http://www17.plala.or.jp/isetsu2/
⇒関東一円の 仮設受電設備工事(仮設電気工事)
駅前街路灯工事、イベント会場、
 一戸建て新築工事現場など
ご相談はお気軽に!

http://www17.plala.or.jp/toile1/
⇒TV撮影現場、CM撮影現場の仮設トイレ
(節水省エネ仮設トイレ)
 1010-201 大人気、大好評!
 仮設トイレ専用 消臭錠剤

⇒イベント仮設トイレリース情報、
車載トイレリース情報
新春のマラソン大会、新春のB級グルメ大会、
新春の市民体育祭、新春祭りイベント会場、
新春の運動会、新春のイルミネーション
イベント会場でもひっぱりだこ

http://www3.plala.or.jp/biotoile6/
⇒バイオトイレ情報
公園、河川敷運動場、
散歩サイクリング自転車コース、駅前、
防災広場、自治会館などに大人気。
杉チップ、バクテリア バイオ剤情報館

http://www3.plala.or.jp/multitoile/
⇒多目的トイレ情報
車椅子対応・身障者、高齢者対応
ユニバーサルデザイン・
バリアフリー・オストメイト対応、
車載トイレ、自走式仮設トイレ等、
さまざまな目的のものがそろっています。
https://kasetutoirekoujiya.amebaownd.com/
http://kasetutoire.hatenablog.com/

環境俳句、環境短歌、環境川柳、
環境ポエム・環境詩、詩歌・・・
作品募集中! 宜しくお願いします!
http://blog.livedoor.jp/science33/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■環境マガジン(エコ・サイエンス倶楽部:まぐまぐ版)
□■ (2017/06/17   VOL:000565)
■□■   http://blog.livedoor.jp/science33/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者の サイエンスです。

 梅雨空を吹っ飛ばせ!
【走るマラソン 環境マガジン】っていう
メルマガを、ぜひ発行したい気分に
なっています!爆(大笑・高笑)

この気持ち、わかっていただける方
いらっしゃれば、
ぜひコメントくださいな!(Ahaha!)

ニュースご覧になりました。
公営住宅 アスベスト問題です。
~~~ここから~~~

【ニュースより】
発がん性のあるアスベストが
過去に使われていた公営住宅が、

全国で少なくとも2万2000戸に
上ることが、NHKなどの調査で
初めて明らかになりました。


アスベストを吸い込んだ可能性のある人は
23万人余りに上ると試算されています。

国や自治体はこうした実態を把握しておらず、
当時の住民に対し、情報提供などを行う
必要があると指摘しています。


この調査は、NHKと
「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」が
行ったもので、聞き取りや情報開示請求を通じて、
国や全国の自治体が保管していた公営住宅の
管理台帳などを詳しく分析。


その結果、肺がんや中皮腫などの深刻な
健康被害を引き起こすアスベストが
過去に使われていた公営住宅が、
全国で少なくとも2万2000戸に
上ることが初めて明らかになりました。




公営住宅のアスベストをめぐっては、
危険性が明らかになった昭和63年以降、
国が全国の自治体などに対策工事を
行うよう通知しましたが、

国は公営住宅での具体的なアスベストの
使用実態を把握していなかったほか、
自治体も対策工事が行われる前の
住民への、十分な注意喚起は
行っていませんでした。


さらに公害などのリスク評価に詳しい
東京工業大学の村山武彦教授が、
アスベストが使われた2万2000戸の
公営住宅のうち、対策工事が行われる前の
住民について分析したところ、
アスベストを吸いこんだ可能性のある人は、
23万人余りに上ると試算されました。
すべての住民に健康被害が生じるわけではない
としたうえで

「公営住宅に使われたアスベストによって、
がんなどを発症する危険性は否定できない。
国や自治体は、過去の記録をもとに対策工事が
行われる前に住んでいた人を中心に、
情報の提供や注意の呼びかけを進める必要がある」
と指摘しています。


アスベスト対策の経緯と今回の共同調査
住宅に吹き付けられたアスベストについて、
国は昭和63年に空気中に飛び散る危険性が高く、

肺がんなどの原因になるとして、
全国の自治体に対し公営住宅での除去や
封じ込めなどの対策工事を行うよう求める通知を
出したほか、平成17年からは国土交通省などが
都道府県や市区町村に対し、
対策工事がどの程度進んでいるか年に一度、
報告を求め調査してきました。

しかし、この調査では、
国はアスベストが使われた公営住宅の件数などしか
把握していなかったほか、都道府県や市区町村も、
一部を除いて住宅の名前や所在地を公表しておらず、
対策工事が終わる前に住んでいた人への注意喚起も
ほとんど行っていませんでした。


このためNHKは、アスベストが使われた
公営住宅の実態を明らかにするため、
被害者や遺族を支援している
「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」と
共同で、ことし3月から調査をスタート。

対象は、国に対し公営住宅でアスベストを
使用していたと報告した都道府県と
市区町村の合わせて123の自治体のほか、

UR=都市再生機構などの法人で、
情報開示請求などを通じて調査した結果
、吹きつけのアスベストが使われた公営住宅は
32の都道府県でおよそ8700戸にのぼるほか、
都営住宅や首都圏と関西の都市部にある
URの住宅のうち、微量のアスベストを含む
吹きつけ材が使われたケースを含めると、
アスベストが使われていた公営住宅の数は、
全国で少なくとも2万2000戸に
上ることがわかりました。

ただ自治体などによっては、
住宅を解体したり記録を廃棄したりして
把握しきれていないところもあり、
実際にアスベストが使われた住宅は
さらに増える見込みです。


アスベストをめぐっては12年前の
平成17年に、兵庫県尼崎市の
アスベスト製造工場周辺の住民
300人余りが死亡した
「クボタショック」をきっかけに、
被害者の迅速な救済を目指す
国の制度が始まりましたが、

これまで明らかになった健康被害は
工場やその周辺のケースが中心でした。
今回の調査で、アスベストが使用された
公営住宅に住んでいた人にも
健康被害が生じる危険性のあることが
初めて明らかになったことで、
専門家は自治体が健康診断を行うなど
新たな対応が必要になると指摘しています。

公営住宅に長く住んだ中皮腫患者は
今回、NHKなどの調査が行われる
きっかけになったのは、
かつて公営住宅に住み、
最近になってアスベスト特有の
がん「中皮腫」を発症した女性でした。





公営住宅のアスベストをめぐっては、
国が自治体に対策を取るよう通知した
昭和63年以降、除去や封じ込めなどの
対策工事が本格的に始まりました。

が、中には、国が対策を義務づける
平成18年ごろまで対策が行われず、
住民が50年間にわたってアスベストを
吸い込む可能性があった住宅もありました。





過去にアスベストが使われた公営住宅への
対策をめぐっては、当時の厚生省と環境庁が
昭和63年に全国の自治体に対策を求める通知を
出していますが、平成17年のクボタショックの後は、

国土交通省が建物を増改築する際の対策を
義務づける法改正を行うなど、
所管する省庁があいまいな状態となっています。

今回、公営住宅で長年暮らしたことが
中皮腫の原因と疑われるケースが出てきたことについて、
国土交通省は
「対策工事が行われる以前の危険性について
専門的な知見を持っておらず、
今回のケースについても因果関係がわからない」と
話しています。


また厚生労働省は
「現在、所管しているのは労働者を対象にした
安全対策であり、住民の安全対策は担当していない」
としています。

環境省は
「建物の解体などの際にアスベストが
空気中に飛散するのを防ぐ対策を主に所管しており、
住民の安全対策は担当していない」としています。



一方、アスベストの被害者の支援団体は
「責任の所在をあいまいなままにせず、
各省庁が連携したり、一括して対応する部署を
新たに作るなどして、アスベストが使われていた
住宅に住んでいた人への説明会や、
健康診断などの必要な対応をとるべきだ」と
指摘しています。

(ホームページで情報公開)
今回の調査の結果はNHKと共同で調査にあたった
「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」の
ホームページです。

以前、アスベストが使用されていた公営住宅の名称のほか、
住宅の建設年度や対策工事が行われた時期など、
住民がアスベストを吸いこんだ可能性がある
期間についての情報が掲載されています。


ホームページのアドレスは、
→ https://sites.google.com/site/tatemonosekimen/


また住民の不安や被害の相談にこたえようと、
患者と家族の会は13日と14日の2日間、
無料の電話相談を行います。
番号は0120-117-554
(午前9時から午後5時まで)

~~~ここまで~~~


ご紹介
RUNNING STREET365
マラソン大会を影で支える「省エネ節水仮設トイレ」
 http://runningstreet365.com/shopinfo/5881

ご紹介
マラソン大会(2017年7月~)
スケジュール
 http://runnet.jp/runtes/
 http://marathontour.info/kokunai.html
 http://www.jaaf.or.jp/athlete/taikai/
 http://lawson-ds.jp/yokohama2017/
 http://therun.jp/%E5%85%AC%E8%AA%8D%E
 3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%
 83%B3%E5%A4%A7%E4%BC%9A

~~~~~~~~~~

ご紹介
RFID(Radio Frequency IDentification)で
使用される周波数の特徴

(1)130~135kHz
電磁誘導方式で通信が行われる。
135kHzのタグは、もっとも歴史的に長く使われており、
日本でも1950年に高周波利用設備として法制化されている。

世界的にも規格が統一されているが、通信できる情報量が
小さい上、パッシブタイプの電磁誘導方式であるため、
通信可能距離が数十cm前後と短く、
アンテナがどうしても大きくなるという短所がある。

しかし電波の性質上、周波数が低い程
水分の影響を受けにくいため、
回転寿司や社員食堂の自動精算・スキー場のリフト券などの
レジャー施設といった、水分と密接な環境下での優位性は高い。
また、自動車のイモビライザーキーも135kHzのICタグである。

131kHzを利用したアクティブタグも、
2009年にIEEEの規格化がなされ、5m以上の通信距離を
持っているものも存在し、水中や土中などとの
通信に新しい可能性を見出した。

(2)13.56MHz
これも電磁誘導方式である。
電波方式の万引き防止システムは、13.56MHzに近い
8.2MHz帯が主流。

パッシブタイプの元になった技術。
FeliCaはこの技術から発生した13.56MHzを使っている。
一般的な近距離無線通信ICカードとして広く使われ、
もっとも身近な存在といえる。

通信可能距離は最大1m程度である。
日本では、1998年にワイヤレスカードシステムの
無線局として法制化され、

リーダは適合表示無線設備でなければならず、
空中線電力が10mWまでは、いわゆる小電力無線局として
免許不要。

超えると最大1Wまで簡易無線局または
構内無線局の無線局免許状を要した。
2002年には誘導式読み書き通信設備という
高周波利用設備となり、

総務省の型式指定を要するが
許可不要となった。
ISMバンド中にあり、高周波(電磁誘導)
加熱装置などによる混信を容認しなければ
ならない。


(3)433MHz
欧米では、433MHzが主に海上輸送コンテナなどの
国際物流用にアクティブタグが使用されている。

日本では、433MHzがアマチュア無線の周波数帯の一つ
430MHz帯の中にあり、呼出し及び非常通信周波数として
頻用され、かつ無線局免許状を要する無線局である

アマチュア局に、免許を要しない無線局が混信を
与えてはならず、アマチュア局からの混信を
容認しなければならないとあって、
周波数の割当てに調整が難航。

2006年に433.92MHzが、
最大空中線電力10mWの国際輸送用データ
伝送用特定小電力無線局(日本全国で使用可)用に
割り当てられた。

欧米の場合、430MHz帯アマチュア無線の周波数は、
420~450MHzと日本の3倍の周波数幅があるため、
混信などの問題が表面化しにくいという事情あり。


(4)900MHz帯
昨今ICタグといえば、この900MHz帯と2.45GHzが注目。
いわゆる【UHF帯のICタグ】である。

波長が身の回りの物品のサイズと近いため、
電波の回込みが期待できる。
そのため、多少の障害物があっても
通信が可能であり、パッシブタグの中では
一番距離を稼げる周波数でもあり、
大量普及の最有力候補と目されている。

通信可能距離は2~3m程度、最良で5m程度が
期待できる。
日本では、携帯電話や業務無線などで
使われていたが、2005年に移動体識別用として
950MHz台が割り当てられ 、

使用帯域が拡張されたが、2011年に周波数逼迫により、
950MHz台は携帯電話に割り当てるものとし、
電子タグシステムの使用は
2018年3月までとされた。

構内無線局
(工場敷地内やビル内など限定された
場所でのみ使用、最大空中線電力1W)
953MHz(経過措置による免許局及び登録局)、
954.2MHz(登録局)
簡易無線局(日本全国で使用可、同250mW)
954.2MHz(登録局)
移動体識別用特定小電力無線局
(テレメーター用、テレコントロール用及び
データ伝送用と併用、同10mW)

(5)953.5MHz、954.8MHz
これらの局には無線局移行促進の為、
期限内に無線機器を取り替える為の費用は、

新たにこの周波数を使用する認定開設者の
ソフトバンク(旧称ソフトバンクモバイル)が負担する
「終了促進措置」が採られる。
構内無線局・簡易無線局には、ソフトバンクより
通知されるが、特定小電力無線局は利用者
自らが申し出ねばならない。

一方、2012年から国際的な周波数の協調を踏まえ、
920MHz台が次のように割り当てられることとなった。

915.9~928.1MHz(最大空中線電力1W)を
構内無線局(要登録)
920.5~923.5MHz(同250mW)を
簡易無線局(要登録、テレメーター用、
テレコントロール用及びデータ伝送用と併用)

915.9~928.1MHz(同250mW)を
移動体識別用特定小電力無線局(併用は同上)
この周波数帯は上記のとおり携帯電話に、
および電波伝搬試験用などの用途にも
割り当てられており、これらの無線局による
混信を容認しなければならない。

また、移動体識別用特定小電力無線局は免許・
登録局からの混信も容認しなければならず、
テレメーター用、テレコントロール用及び
データ伝送用とは先に通信している方が優先する。


(6)2.45GHz
マイクロ波の帯域である。
波長が短いため回り込みが起き難く、
900MHz帯に比べ距離が稼げない。
通信可能距離は2~3m程度である。

しかしながら、金属に対する影響を受けにくく、
アンテナが最も小型になることから、
そのような要求の高いアプリケーションでは
普及する可能性大

日本では、移動体識別用として
1986年に構内無線局に、

1992年には移動体識別用特定小電力無線局にも
割り当てられた。

2011年には一部の特定小電力無線局の
空中線電力が10mWから250mWに緩和された。

施行日の12月14日時点での割当ては
次のとおりである。

構内無線局(最大空中線電力1W)
2440MHz、2450MHz、2455MHz
(経過措置による新規・取替申請は不可の免許局)
2448.875MHz
(周波数ホッピング方式は登録局、それ以外の方式は免許局)
移動体識別用特定小電力無線局
2441.75MHz
(周波数ホッピング方式で最大空中線電力10mW)
2448.875MHz
(周波数ホッピング以外の方式で最大空中線電力250mW)

この周波数帯はISMバンド中にあり、
電子レンジ、マイクロ波加熱装置などによる
混信を容認しなければならない。

また、無線LANやデジタルコードレス電話や
ラジコンなどの小電力無線局
および2400~2450MHzが二次業務として
アマチュア局に割り当てられており、

これらは一次業務たる構内無線局に妨害を
与えてはならないこととされているが
現実問題として妨害を受ける可能性は
否定できない。
更に、特定小電力無線局は
これらの無線局からの混信も
容認しなければならない。


(ご紹介)
最近話題のマラソン大会必須アイテム【RFID】って何ですか?
 RFID(Radio Frequency IDentification)とは、
電波を使って物品や人物を自動的に識別するための
技術全般を指します。
FeliCa技術などを使った非接触ICカードもRFIDに含まれます。

 RFIDは、既存のデータキャリアであるバーコードに
比べデータの書き換えができるほか、 
個品レベルでのID管理が実現できるものとして
期待されています。
また、無線を利用しているため読み取りが柔軟で、
同時に複数IDを一括して読み取ることも可能です。

 基本的な構成要素は、「ICタグ」、「リーダ/ライタ」、
IDにひも付けられた情報を保存する「データベース」、
リーダ/ライタとデータベースやアプリケーション
をつなぐ「ミドルウェア」が挙げられます。

 日本では2003年ごろから総務省、経済産業省、農林水産省、
国土交通省、文部科学省など多数の省庁によってさまざまな
実証実験が行われ、RFIDの用途と効果が検証されました。
2005年ごろから徐々に実運用レベルのソリューションが
登場しています。

 期待される適用分野としては、
(1) 物流(商品/パレットのトレーサビリティ)
(2) 販売(在庫管理や検品・棚卸の効率化)
(3) 製造(品質管理、効率化)
(4) セキュリティ(入退室管理、危険物管理)
などが挙げられます。

RFIDを活用した運用例
選手はRFIDタグを付けて走行。
10km、20kmなどの途中地点や
ゴール地点に検知ゲートを設け、
個人の各タイムを計測。

ディスプレイに名前やタイム、順位などを
即時に表示できるほか、
終了後に走者のデータを携帯電話に
転送することも可能です。
数千~数万人が参加する大規模な大会にも対応できます。

RFIDを取り扱うメーカー、業者はいくつかあります。
その中で、東洋システムさんをオススメするのは、
もちろん大会運営者にちゃんとメリットがあるためです。

それは、圧倒的な技術力と、それをBASEとし、徹底的に現場を
声を取り入れたシステムを 日々開発改良されているからです。
特に、種目別計測方法は ダントツ超一流です。

(1)【マラソン・トレイルラン】
ナンバーカードに取付するチップと靴紐に取付するチップを
状況やご要望に合わせて使い分けている。
複数地点の計測や、ネットタイム計測が可能。
賞状・完走証の即時発行が可能。

(2)【駅伝・リレーマラソン】
タスキにタグを付ける1チーム1タグ形式と各選手に
タグを付ける1チーム複数タグ形式で計測が可能。
繰り上げスタートにも対応。
競技中にはスマートフォンなどで順位確認可能な速報照会もある。

(3)【ウルトラマラソン、耐久レース】
長時間にわたるウルトラマラソンや一定時間に
走った距離を競う耐久走も計測可能。
ナンバーカードに取付するチップと靴紐に
取付するチップを状況やご要望に合わせて
使い分けている。
24時間を超える大会も計測可能。
競技中にはスマートフォンなどで
順位確認可能な速報照会もある。

これだけでもすごいことですが、
ランナーの満足度が上がり、
リピーターの確保や良い口コミに繋がっています。


本システムの導入により、参加者の評価アップにつながります。
すべてにおいていい循環が生まれるのが、
東洋システムさんの、自動計測システム『CRT』です。

大会運営者の方で悩んでいる方がいらっしゃれば、
ぜひ東洋システムさん に相談してみてはいかがでしょう。

【東洋システムさん のお問い合わせ】
東洋システム株式会社
 http://www.toyosystem.co.jp/
マラソン大会の運営
 http://www.toyosystem.co.jp/solution/marathon.html
マラソン大会情報サイト・チャレンジレースエントリー
 http://challenge.toyosystem.co.jp/entry/
計測の達人
 http://keisoku.toyosystem.co.jp/
マラソン大会情報サイト・チャレンジレースエントリー
(公式FACEBOOKページ)
 https://www.facebook.com/challenge.race.entry?fref=photo
タイム計測業務のお見積りに関するお問い合わせはこちら
 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe2
 2Epo-EoaTlMIBtkTfvlgZY0Dp6GA2UZvOaXmUnWlxqwUag/viewform
ご意見・ご要望などその他のお問い合わせはこちら
 https://docs.google.com/forms/d/e/
 1FAIpQLSfYMBRIyKgHS8BKPTZBsmnt2VESPRY5jjTk2emeaBm102vXBg/viewform

~~~~~~~~~~

(ご紹介)
RUNNING STREET 365
 http://runningstreet365.com/

「ランニングをもっと楽しく!」をモットーに
ランニングやマラソン大会に関する情報を提供している
BEST情報ブログです。
マラソン関係者には、超おすすめです!
 http://runningstreet365.com/

マラソン大会を支える、大会関係者
駅伝を影で支える黒子業者紹介にも定評があります。
  ↓
マラソン大会を影で支える【省エネ節水 仮設トイレ】
 http://runningstreet365.com/shopinfo/5881

~~~~ここまで~~~~~~


==前回 第34回コンクール大会結果報告==

【第34回】≪環境俳句・環境短歌・環境川柳・
環境ポエム【詩】コンテスト大会≫結果発表
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 第34回 最優秀作品(環境マガジン大賞)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 【自然環境問題 部門作品】
_____________________________________
(日本語)
はびこれる 雑草いのち 勇ましや
 そっと眼差し 向けて頼もし
         (みのる作)
_____________________________________

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 第34回 優秀作品(サイエンス賞)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■【IT環境問題 部門作品】      
_____________________________________
(日本語)
ガラパゴス 日本技術の ほこらしさ
 いつか世界が 注目集めむ
    (あきらめないで作)
_____________________________________

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 第34回 優秀作品(特別審査員賞)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■【四季環境問題 部門作品】
_____________________________________
(日本語)
国内の 住めば都よ 温帯の
 春はなでしこに 心なごやか
 (春一番作)
_____________________________________
■【ことば環境問題 部門作品】
_____________________________________
(日本語)
にっぽんの 万葉豊かな ことば筆
 永久に伝えむ おぐら歌会
  (よみ人知らず作)
_____________________________________
■【復興環境問題 部門作品】
_____________________________________
(日本語)
復興の 南三陸 商店街
 六年越しの 祈り叶いて
     (おぼろげ作)
_____________________________________
■【四季環境問題 部門作品】
_____________________________________
(日本語)
春眠の ここち良きかな 暁の
 この年齢(とし)なりて 芝桜かな
            (向日葵作)
_____________________________________
■【四季環境問題 部門作品】
_____________________________________
(日本語)
花一輪 一輪ずつの 伝え咲き
 ドミノ倒しで 楽しき菜園
    (地球ガードマン作)


===ここまで===

環境マガジンでも、特集を組みま=す!
 http://blog.livedoor.jp/science33/
 ではでは。今日はこのへんで・・・
 ごきげんよう。
 また来週、よろしくお願いします。

~~~~

【第35回コンテスト大会】
作品募集しています。(5月1日~8月末日)
 http://tenpu.whdno.com/
 http://angoukasounews.whdnews.com/
 http://combini.whdnews.com/
 http://tokyoolympic.whdnews.com/
 http://sportss.whdno.com/
 http://beinou.whdnews.com/
 http://toilet.whdno.com/
 http://freesample.whdno.com/

各媒体で、一気にご協力していただいています。
どうかよろしくお願いします。

 http://freemm.whdno.com/
 http://freeex.whdno.com/
 http://freeservice.whdno.com/


愛読者の皆さんも、素敵なサイトで
ぜひぜひ、よろしく御願い致します。
 http://dreamers.whdnews.com/
 http://site1958.whdnews.com/
 http://freesoft.whdno.com/

第35回コンテスト 作品募集中です。
よろしく御願いします!
世界的な、環境短歌川柳俳句に、
飛び火し、炎上開始・・・

やっぱり、なんだかんだ言っても
TV・ラジオの影響は絶大です。
サイエンスでした。



【第33回】≪環境俳句・環境短歌・環境川柳・
環境ポエム【詩】コンテスト大会≫結果発表
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 第33回 最優秀作品(環境マガジン大賞)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 【自然環境問題 部門作品】
_____________________________________
(日本語)
深呼吸  あっと息呑む  富士の白
 日本に生まれ  本当によかった
           (深呼吸作)
_____________________________________

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 第33回 優秀作品(サイエンス賞)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■【AI環境問題 部門作品】      
_____________________________________
(日本語)
人工の  頭脳と闘う  人の死よ
 記憶と忘却  進化の果てには
         (さすらい作)
_____________________________________

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ 第33回 優秀作品(特別審査員賞)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■【地球環境問題 部門作品】
_____________________________________
(日本語)
危機管理  人と地球が  会話して
 生きとし生きる  奇跡の星かな
          (関西発作)
_____________________________________
■【オリンピック環境問題 部門作品】
_____________________________________
(日本語)
にっぽんの  組市松紋  江戸の華
 静かに育て  世界にはばたけ
          (STママ作)
_____________________________________
■【自然環境問題 部門作品】
_____________________________________
(日本語)
晴れやかな  ゆうやけこやけ  秋の空
 冬がほらそこ  顔を見せつつ
           (モッチー作)
_____________________________________
■【シルバー環境問題 部門作品】
_____________________________________
(日本語)
すきま漏れ  ゼロでうれしい 新技術
 フリーパンツに シルバー喝采
        (地球ガードマン作)
_____________________________________
■【オリンピック環境問題 部門作品】
_____________________________________
(日本語)
日の丸の  オリンピックに  世界の目
 ここでやらなきゃ  いったいいつやる
          (環マガファン作)
_____________________________________


【第35回】コンテスト 投稿作品募集しています。
ぜひ、皆様のメルマガ・ブログ、フェイスブック、
ツイッター、インスタグラムなどSNSで
拡散してやってくださいましませ。汗!
よろしく御願い致します!

(第35回コンテストの作品募集
 締め切りは、8月末日です!)
 環境俳句・環境短歌・環境川柳・
 環境ポエムの作品募集中 
 読者の皆さん、お気軽に! 
 ご応募お願いします!!
http://blog.livedoor.jp/science33/
  
____________________________

   第35回
  ≪環境俳句・環境短歌・環境川柳・
   環境ポエム【詩】コンテスト大会≫
   (フォーム例 案)
===============

■【生態 部門作品】
______________________________

(日本語)  ・・・ (・・・作)
(にほんご) ・・・ (・・・作)
(英 語)  ・・・・・(・・・意訳)
(中国語)・・・・・・・(・・・意訳)
(韓国語)・・・・・・・(・・・意訳)
(タイ語)・・・・・・・(・・・意訳)
(ヒンズー語)・・・・・(・・・意訳)
(サンスクリット語)・・(・・・意訳)
(エスペラント語)・・・(・・・意訳)

 ご希望があれば、
【メルマガ名・HP・ブログ名、
 コテハン、ハンドルネーム、ペンネーム】
 で紹介します。
___________________________________
                      
≪ふるって、ご応募願います≫
 (メルアド)→ 
 sscience33●gmail.com 
(●を@に変えてください)

(作品例)
================
■【森林問題 部門作品】      
________________________________
(日本語)
 森が今  悲鳴をあげて  きしむ時           
  おごり高ぶる   犯人は誰だ! 
  (スンエイサ作)
__________________________________
                      

=================
■【アスベスト問題 部門作品】
__________________________________
(日本語)
断熱の  効果テキメン  アスベスト
 改修工事の  制度化いそげや
 (サイエンス作)
__________________________________

=================
■【ダイオキシン問題 部門作品】
__________________________________
(日本語)
もやさざる ものをもやして  ものいわず
 ダイオキシンの ものしずけさや
 (サイエンス作)
___________________________________        
 メールでお声をいただく際には、
 基本的にメルマガ掲載許可を頂いている
 という前提で、お願いします。
 「掲載不可」の場合は、お手数ですが
 【注記】お願い致します。
___________________________________

環境マガジン「コラム」はこちら↓
 http://blog.livedoor.jp/science33/

━━━━━ 感 謝 ━━━━━━
■もしよろしければ、当マガジンを、
 学校や会社の方、ご友人やご家族の方に
 ご紹介ください。
 きっと新しい共通話題が生まれます。
 良いマガジンを勧めてくれてありがとう、
 と言っていただけるマガジンを目指します。
 共通の話題で楽しいコミュニケーション
 作りのお手伝いができれば幸いです。

────────────────
■当メールマガジンの情報はいかなる
 結果を保証するものではありません。
 広告その他でご案内しているサービス・
 商品をご利用になられてのトラブル
 等については、当方では一切責任を
 負いかねますので予め御了承ください。

──────────────── 
 個人的な転送以外の転載・複写の際は
 恐れ入りますが、事前にご連絡ください。
 Copyright (C) 2005-2020 Eco Science Club   
 All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━
 このたびは、ご購読の登録をいただき 
 ありがとうございました。
 次回も【環境マガジン】(まぐまぐ版)を
 よろしくお願いします。

 進化驀進する 【環境マガジン】
  (エコサイエンスクラブ )まぐまぐ版
 をお楽しみに・(購読登録は、こちらです↓)
  http://www.mag2.com/m/0001124842.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■有益環境情報メルマガ・サイトのご紹介
■環境保護・環境問題・地球温暖化・
 環境教育・環境汚染・環境ホルモン・
 リサイクル・森林保全情報の配信
■ゼロエミ・騒音・水質、土壌、大気・
 アスベスト・微生物利用・LED情報
■環境俳句・環境短歌・環境川柳・
 環境ポエムの作品募集中・受賞作品発表
■小・中学生にも理解できるわかりやすい
 環境メルマガをめざします。
■環境保全NPO・省エネLED街路灯・
 アスベスト・風力発電等 情報募集中
⇒ http://www.mag2.com/m/0001124842.html
■環境俳句・環境短歌・環境川柳・
 環境ポエム(詩)作品応募受付中(第35回)
⇒ http://www.mag2.com/m/0001124842.html
■地球温暖化・太陽発電・地球保全、保安、
 保護・キッズサイト情報、環境
 レポート情報、省エネバイオトイレ情報、
 生分解プラスチック情報等 募集中
⇒ http://www.mag2.com/m/0001124842.html

------------------------------------------

LED街路灯・LED防犯灯情報
⇒ http://www17.plala.or.jp/isetsu2/
【省エネ法】情報
⇒ http://www17.plala.or.jp/isetsu2/page005.html
LED街路灯の今後、動向
⇒ http://www17.plala.or.jp/isetsu2/page011.html

------------------------------------------

多目的トイレ工事屋 リースレンタル販売 
 http://multitoile.whdno.com/
バイオトイレ工事屋 リースレンタル販売情報
 http://biotoile6.whdno.com/
仮設トイレ設置工事 リースレンタル販売  
 http://toile1.whdno.com/
快適トイレ設置工事屋さん リースレンタル販売情報
 http://kaitekitoile.whdno.com/
電柱コンク電柱コンクリート移設工事屋さん  
 http://isetsu2.whdno.com/リート移設工事屋さん  
 http://isetsu2.whdno.com/
保安用品・工事看板  
 http://kanban4.whdno.com/
仮設電気工事屋さん  
 http://kasetudenki.whdno.com/

------------------------------------------

快適仮設トイレ
 http://www17.plala.or.jp/toile1/
⇒TV撮影現場、CM撮影現場の仮設トイレ
(節水省エネ仮設トイレ)
1010-201 大人気、大好評!

⇒イベント仮設トイレリース情報、
車載トイレリース情報
新春のマラソン大会、新春のB級グルメ大会、
新春の市民体育祭、新春祭りイベント会場
新春の夜間ライトイルミネーション、
イベント会場でもひっぱりだこ
http://www3.plala.or.jp/biotoile6/
⇒バイオトイレ情報
公園、河川敷運動場、
散歩サイクリング自転車コース、駅前、
防災広場、自治会館などに大人気。
杉チップ、バクテリア バイオ剤情報館
http://www3.plala.or.jp/multitoile/
⇒多目的トイレ情報
車椅子対応・身障者、高齢者対応
ユニバーサルデザイン・
バリアフリー・オストメイト対応、
車載トイレ、自走式仮設トイレ等、
さまざまな目的のものがそろっています。
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
環境マガジン
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年06月17日
 
発行部数
79部
メルマガID
0001124842
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ