Big Circle News

  • ¥0

    無料

チャイルド・ライフ・サポーター(発達障害児支援員)の知識と技術向上の為に

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
Big Circle News
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年07月15日
 
発行部数
75部
メルマガID
0001130454
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★☆ 発達障害児とその家族の支援 
            発達障害児にやさしい社会実現をめざして ☆★
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
"チャイルド・ライフ・サポーター クラブ通信"  7月号
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*


 □contents□
いつもご一読頂きありがとうございます。
【日本発達障害ファミリー支援協会】では
発達障害児・者あるいは発達障害が疑われる児・者をその家族を地域社会で継続的に支援する人材を育成し、
幸せに生きることが出来るように援助しております。
また、発達障害の知識を身につけたい人・支援を仕事にする人。したい人。子育てに活かしたい人。
自身のキャリアアップしたい人。他。

多くの方からお声がありましたチャイルド・ライフ・サポーターベーシック資格認定講座が家庭学習型の資格認定講座となり、
より広い地域で学ぶことができるようになりました。

お申込みはこちらのフォームからお願いします。
http://www.formpro.jp/form.php?fid=58842

発達障害を抱える子たちでも
楽しく安全に周りを気にせず遊ぶことができ
しかも発達を援助する。
そんなスタジオジムを作りたいと思います。
是非、発達障害様の困りのある子をお持ちの皆さんのご意見聞かせてください。m(__)m
シェアーもよろしくお願いします。
https://questant.jp/q/R8FUY0GX

「チャイルド・ライフ・サポーター」(CLS)・発達障害児支援専門家の人材育成から
LOF教育センターのFC事業運営も行っております。
下記にて各講座詳細いたしております。是非ご興味他お持ちになられた際には
ご遠慮なくご連絡下さいませ

1.  チャイルド・ライフ・サポーター(発達障害児地域支援員)として発達障害を理解する(95)
大雨や地震が続き、被災なさった方々のことを考えると本当に何かできることはないかと
考え唸ります。(笑)
最近は玩具についての調査をずっとしているので、そのようなことがお役に立てる支援にならないか?と考えています。
少しアイデアがまとまってきました。
皆さんにお見せできるような情報になりました、必ずシェアーさせていただきますね。

最近、臨床を通して見える子どもたちの障害様が多岐に渡り、しかも多様な障害様。
やはり、療育プログラムはやらねば。と思い、やることで見えてくることがたくさん
あるのだと痛感します。

診断名が同じでも脳機能の発達遅滞部位や脳機能不全部位がそれぞれみんな違っています。
同じように療育プログラムを行っても発達遅滞が改善していくところが違うのです。
深刻な診断名が付いていてもどんどんとできることが増えていく。
身体機能が改善し、指先への巧緻性が増していく。
反対に深刻な診断名は付いていないけれど、運動機能が未熟で体の使い方がぎこちなく
受難性や巧緻性、筋力の獲得などができない子どももいます。
そうすると、どうしても障害様が軽減できない部分として残っていきます。
それが育った後に社会性に必須のコミュニケーションスキルや人間関係の構築などが出来にくい
という生きづらさとなります。

そういうところの生きづらさを「障害」として片づけてしまって良いのか?
それとも彼らが自分の人生を模索し、時には辛さも体感することをも援助し続けるのが良いのか?
まだ、私にはわかりません。そこまでを一緒にやり切ったことが無いから。
けれど、せめて30歳くらいまでは可能性を信じ、伴走するのが良いのかな。
と最近思うようになってきました。
それは障害のある人たちが過ごす世界であっても、一般社会であってもどちらかその人に
その時に適切な環境であれば。

ただ、その環境が適切だと思っていても若者が受け入れられないこともあるので
そんな時はつらい。
彼らの自己理解が少しでも進み、自分に合った環境をその都度選択ができるように
育ってほしいと思う。
若者サポートは本当に力が要る。
みんながやりたがらないのは良くわかる。(;’∀’)
けれど、そのようなことを行うことになってしまい、現に若者サポートしたいと自分自身が
思ったのだからしょうがない。
恨むなら自分自身。(笑)

2. LOF教育センターFCブログより
『ペアレンツラーニング講座を終えて』 

昨年から約一年間かけて、
子育ての土台を築くための講座が
先日最終日を迎え、
皆さん修了式を迎えられました。

皆さん子供を育てることへの意識の高い
お母様たちです。


講座を始めた頃の受講生の皆さんは
子供の発達や育ちへの不安や悩みを抱え
苦しい思いをされていました。

講座がすすむに連れ、
お子さんを見つめる視点が変化し、
ご自身で無理なく
できることら始めていかれました。


知り得た情報、知識を
どう生かしていくのかは一人ひとり違います。

でも、

我が子に
必要なこと
重要なこと
を一方的な見方からだけでなく
子供の身体や認知、情緒…
つながりをもって
分かっておくと
子育ての軸はしっかり築かれていきます。

学校や幼稚園、保育園の
懇談のときにでも
先生とのやりとりに軸がぶれずに
必要な情報の交換ができます。

それは
安心して話せる場所で
同じ方向を向いて
刺激をし合えるお母さんたちと
一緒に学んだからこそ。

そして
子供と
自分と
向き合ったからこそ。


皆さんから
私もたくさん学ばせていただきました。
ありがとうございました。


3.イベントのお知らせ

多くの方からお声がありましたチャイルド・ライフ・サポーター®ベーシック資格認定講座
(発達障害地域支援員)が家庭学習型の資格認定講座となり、より広い地域で学ぶことができるようになりました。

~コース紹介~
チャイルド・ライフ・サポーター ビギナー通信講座
<発達障害全般についての要点を自宅で学ぶ通信講座>
Aコース・・・支援者向け(5~6か月/特別支援教育の現状、保護者・子どもとの関わり方)
Bコース・・・保護者向け(5~6か月/家庭内療育とは、教師・子どもとの関わり方)
講座概要:(A/B共通)1~4か月/障害について考える、発達障害の区分子どもの発達、
年齢に応じた関わり方
学習時間:約6か月の自宅学習 全6回レポート提出後 修了証を発行いたします。
受講料:21,384円(税込)A,Bコース共受講の場合 32,400円(税込)

まずは、下記より資料請求をお願い致します。
http://www.lofkyoiku-center.com/tsushin.html

チャイルド・ライフ・サポーター ベーシック資格認定講座

<発達障害全般の基礎知識と発達障害児、者に寄り添う支援を学びたい方>
【家庭学習とスクーリング、資格試験受験が必須です】
講座概要:家庭にて(障害のとらえ方、発達障害の知識、特別支援教育の現状、発達課題など。)
     スクーリング2時間(要点確認、心理的疑似体験、ビジョントレーニング)
受講料:37,800円(税込)

チャイルド・ライフ・サポータープロ資格認定講座
【より専門的なアセスメントや支援を学びたい方、支援活動を仕事にしたい方】
<行動アセスメント、心理アセスメント、学力アセスメント他。発達障害児や者が置かれている現状を理解し、
 より広く深く学ぶ。発達障害児や者、その家族への支援活動を行うことを目的にする。>
受講の条件:ベーシック資格取得者でプロコース受講が妥当であるとされた者
学習項目:行動アセスメント、心理アセスメント、学力アセスメントなど。
     WISC検査のアセスメントを重点的に学ぶ。いろんな場面での支援法を考える
学習時間:スクーリング13時間(2日間)試験:90分 スクーリング最終日
受講料:102,600円(税込)
スクーリング等の詳しい日程等はお問い合わせください。

お申込みはこちらのフォームからお願いします。
http://www.formpro.jp/form.php?fid=58842


☆今年度も、協会員の方には各資格保持者フォロー研修や交流会など年2回程度行っていく
予定にしています。また、年4回のNews Letterも作成し郵送いたします。
相談券もご活用ください。
☆チャイルド・ライフ・サポーター資格認定講座 随時説明会を行っております
お申し込み,お問い合わせは、お電話(06-6795-9901)又はinfo@jdfs.orgまで

☆やまもと式Socialization&Education療育プログラムインストラクター資格認定講座
Socialization・Educationプログラムとは・・
       LOF教育センターの長年の実績と臨床研究の結果作り上げた独自の発達を援助する療育プログラムです。
SE【Socialization・Education】プログラムを始め
当LOF教育センターが長年の実績に基づき行っているさまざま発達障害児とその家族支援などを広げる
お手伝いをしていただけませんか?
大阪/東京共に随時開催致します。事業所、学校関係者の方へのご説明もいたします。

〇お問い合わせ先〇 
お名前,ご住所、ご連絡先(メールアドレス含),参加希望日を明記の上
06-6795-9900又はinfo@jdfs.orgまでお願い致します

☆知的能力開発【発達障害児向け学習支援】インストラクター認定講座
 当センターの過去の実績をもとに 学校基準の学びではなく、まずは生活の土台となる知的能力を
身につけ お子さまが社会を生きるために必要不可欠なアカデミックスキルやコミュニケーション
スキルの向上をめざします。また、それにとどまらず、実行機能の獲得・向上を目標としています。
お子さまの学びづらさや、生きづらさを改善し、自分で考え、進んでいける力を身に着けることを目的にした
プログラムインストラクター認定講座です。
お問い合わせは06-6795-9901又info@jdfs.orgまでお願いいたします。


☆支援者、教育者のためのビジョントレーニング入門講座  NEW!!
 
講師に、北出勝也氏を迎えての久しぶりのビジョントレーニング講座です。
ビジョントレーニングは発達障害児への効果的な支援の一つです。
しかも気軽に導入できるので学校、保育現場、などに是非導入して実践していただきたいです!

この機会に、たくさんの人たちにビジョントレーニングをマスターしていただき、子どもたちの 
指導に役立てていただければと思います。学習や運動が少しでも楽しくなり、
笑顔の増える子どもたちが楽しい未来を作っていくことを願っています。
そういう社会実現のために多くの実践者に参加していただきたいです!

夏休み前でお忙しいとは思いますが、是非幼小期の子どもたちと関わるお仕事なさっている方は ご参加ください!

講師紹介:北出勝也氏
視機能トレーニングセンター JoyVision代表
米国オプトメトリスト(検眼士)
一般社団法人日本視覚能力トレーニング協会 理事
兵庫県立特別支援教育センター 巡回相談員
1999年米国パシフィック大学 オプトメトリースクール卒業
同年 視機能トレーニングセンターJoyViisonを神戸に開設
2015年12月からボクシングの村田諒太選手のビジョントレーニング指導
主な著書 図書文化社 
「学ぶことが大好きになるビジョントレーニング1・2」監修書 ナツメ社 
「発達が気になるこの学習・運動が楽しくなるビジョントレーニング」
テレビ出演 2012年 TBS 衝撃速報 アカルイミイ
https://www.youtube.com/watch?v=j7d_Qd0XWTU

日時:2018年7月16日(月・祝)13:30~16:30
会場:ドーンセンター 中会議室[1](大阪市中央区大手前1丁目3番49号)
参加費:チャイルド・ライフ・サポーター®協会員   3,240円
     チャイルド・ライフ・サポーター®資格取得者 3,780円
     チャイルド・ライフ・サポーター®通信受講者 4,320円
     他、教育者、支援者、実践者になりたい方 5,400円

修了者には修了証を発行いたします。2018年度コーディネーターコースとしての研修となります。
他、WISCアセスメント、発達障害児を取り巻く環境についての研修を予定しています。
全て参加の方には、2018年度コーディネーターコース修了証を授与いたします。

参加ご希望の方は、メールにて、件名:ビジョントレーニング入門講座、住所、氏名、TEL,
メールアドレスをご記入の上、info@jdfs.org まで、お申込みください。
先着30名様、定員になり次第、受付終了とさせていただきます。

その他、お問い合わせは、
一般社団法人 日本発達障害ファミリー支援協会
TEL:06-6795-9900 メール:info@jdfs.orgまで。

☆保育士対象発達障害基礎理解・支援研修  NEW!!
 
保育現場にいる保育士さんの大きな悩みは
発達障害様のある子どもとその保護者との関わりです。

日々の業務において少しでもストレスを軽減させ、子どもとの関わりに生きがい、
やりがいをもって楽しく仕事をするために必要な情報、知識、スキルを学んでみませんか?

今回は濃い内容を一日にギュッと閉じ込め
大阪の南部、泉佐野市で開催することになりました。
是非、お近くの方はご参加ください。

日程:7月22日(日)10:00~16:00
場所:エブノ泉の森ホール 小会議室
参加費:5400円 当日徴収
定員18名

参加申し込み メール info@jdfs.org、ファクス 06-6795-9901
又は下記フォームにて。
https://www.kokuchpro.com/event/15a120a783370838cec309ecae55e58f/ 
 氏名、連絡先電話番号、メールアドレス記載の上お申込みください。



【著書のお知らせ☆】 *おかげさまで好評頂いております*
やまもとまゆみ代表著
「発達障害の子がぐーーーんと伸びる心と体の育て方」(大和書房)
より出版いたしました。

☆~☆~☆~☆~☆~☆

本部へ直接お申込み・購入いただいた場合は、
代表やまもとまゆみのサイン本をお送りさせていただきます。
(ただし、5冊以上からのお申込みになります)
お申込みはこちらのフォームから
http://www.formpro.jp/form.php?fid=57081
アマゾンでも購入できます。
https://www.amazon.co.jp/dp/4479783644

 ☆チャイルド・ライフ・サポーター® 研修会(会員のみ)
開催地:大阪 7月8日
     教本改訂に伴い、講師フォローアップ研修も行ってまいります。
日程決定次第協会員並びに資格保持者へご連絡いたします。
 
3 やまもと まゆみのTea Break♪ 
 やっと全快。
体調回復です!
が、しかし慢性扁桃腺炎になりましたので、
おそらくまだまだ何かの拍子に喉が腫れてしまうかもしれず、
油断大敵です。
今月末の最後の沖縄合宿に向けて体調万全にしておきたいです。
そして、最後の沖縄合宿を記憶に残る合宿に・・・。
もちろんそういう経験を通じて次のステップに進んでいくのですけれど。


さて、今回の大雨の被害はまるで東日本大震災の時の津波のような風景でした。
本当に長くひどい大雨でした。
私はその間中ずっと長靴、デニム、Tシャツ、トレッキングの時の雨具の上着
で過ごしていました。
4日間くらい・・・。
おかげで毎日何を着るか?を迷わずに済みましたけれど。(笑)

おひさまが少しも出ない日がこんなに続くとほんとうに気が滅入ってしまいます。
梅雨明けした後は急激な暑さに被災した皆さんはこれからのことを思うと
気が滅入ってしまうかもしれません。
どうか、焦らず落胆せず。
どんなに積みあがった課題や問題であっても
コツコツと片づけていったら必ず量が少なくなっていき
この先が見えてきます。
独りではなくみんなでコツコツと片づけていきましょう。
そして、どんなところでも必ず笑みが生まれる出来事は起こりますから
笑みを絶やさず進んで行きましょう。

応援することしか今はできませんが、
どうか気丈に。

4. ご意見、ご質問募集中
   メルマガについてのご意見、ご質問なんでもどうぞ。
    info@jdfs.org まで

  *子育て支援や人材研修などの講演、研修の来期の受付を開始いたしました。
早めのお申込みお願いいたします。


チャイルド・ライフ・サポーター®お問い合わせ
     http://www.formpro.jp/form.php?fid=45071
  
家庭訪問型子育て支援お問い合わせ 
     http://www.formpro.jp/form.php?fid=49148
      
スタッフのブログ 
     http://blogs.yahoo.co.jp/lofosaka

NPO法人発達障害児支援LOF教育センターのメルマガ
     http://www.mag2.com/m/0001129673.html

NPO法人発達障害児支援LOF教育センターのHP
     http://www.lofkyoiku-center.com/
  
NPO法人発達障害児支援LOF教育センターのtwitter
     http://twitter.com/LOFkyoiku
 
NPO法人発達障害児支援LOF教育センターのfacebook
http://www.facebook.com/NPOLOF

一般社団法人日本発達障害ファミリー支援協会のfacebook
http://www.facebook.com/hattatufamilysupportjapan





☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*・☆.。
どんな障害があろうとも
       幸せに生きることを選択できる機会と
                    選択できる権利を
  
一般社団法人日本発達障害ファミリー支援協会
連絡先:info@jdfs.org
☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*・☆.。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ