Big Circle News

  • ¥0

    無料

チャイルド・ライフ・サポーター(発達障害児支援員)の知識と技術向上の為に

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
Big Circle News
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年01月15日
 
発行部数
75部
メルマガID
0001130454
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★☆ 発達障害児とその家族の支援 
            発達障害児にやさしい社会実現をめざして ☆★
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
"チャイルド・ライフ・サポーター クラブ通信"  1月号
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*


□contents□
いつもご一読頂きありがとうございます。
【日本発達障害ファミリー支援協会】では
発達障害児・者あるいは発達障害が疑われる児・者をその家族を地域社会で継続的に支援する人材を育成し、
幸せに生きることが出来るように援助しております。
また、発達障害の知識を身につけたい人・支援を仕事にする人。したい人。子育てに活かしたい人。
自身のキャリアアップしたい人。他。

「チャイルド・ライフ・サポーター」(CLS)・発達障害児支援専門家の人材育成から
LOF教育センターのFC事業運営も行っております。
下記にて各講座詳細いたしております。是非ご興味他お持ちになられた際には
ご遠慮なくご連絡下さいませ

1.  チャイルド・ライフ・サポーター(発達障害児地域支援員)として発達障害を理解する(89)
  謹賀新年
  新しい年が明けました。

  年末年始は、大抵の人がのんびり過ごすのに、毎年気ぜわしくしているやまもとです。(笑)
  新年始まってすぐやまもと式S&E療育プログラムインストラクター養成合宿がありました。
  3日間。中日の二日目は12時間ほどの学びとなります。途中実習もいくつか入り、実際に
  子どもたちの様子を見るということもいたします。

  パッと見たら、私たちの療育プログラムは他の運動プログラムと同様のように誤解されがちです。
  プログラム前の簡単な導入の動きもストレッチと勘違いされてしまうものもあります。
  もちろんストレッチを目的に体を動かすこともありますが、それは、あくまでも補足です。
  そこにはしっかりと「意識」という「理論」を介した動きとして行っています。

  以前にもお伝えしたことがあるかもしれませんが、「小脳」を介した「意識運動」です。
  小脳の働きである「筋力のバランスを調整して体の平衡と姿勢を保つ」「体が大脳の指示どおりに
  動いているか?を確認すること。そして、その結果を大脳に伝え、常に最適な状態を保つ」
という神経回路の繋がりができる。また、体で覚える学習だけではなく「思考」における学習
にも関わることが分かっている。大脳皮質が作りだすボディイメージと実際の情報を比べ、
その茣蓙を修正する活動を行っている。その活動により情報処理のネットワークの効率化が
はかられていると言われています。

単なる運動プログラムとは違い、「意識」がつなぐ神経ネットワークの髄消化や大脳皮質の成熟が
発達の凸凹がある子どもや若者、はたまた大人、高齢者までを対象として
「脳機能改善プログラム」になり得るのはそのような理論に基づいて体を動かすことを行ってい
るからです。

人間の脳ってすごい!

だから、子どもたちの発達の凸凹もどうにか改善することができるのではないか?
知能を高めることを実現できるのではないかと思うのです。
  
2. LOF教育センターFCブログより
『今年の抱負』
新年あけましておめでとうございます。

LOF教育センター 山口校 鈴木です。
本年も引き続きよろしくお願いいたします。

お正月三が日も終わり、
本日から仕事始めの方も多いことと思います。

私にとっての仕事始めとも言える
ブログ投稿はやはり
沖縄合宿を終えて〜その後〜の内容と
させていただきたく思います。

今回、やまもと式療育冬季沖縄合宿に
インストラクターとしてのスキルアップ、
親としての学び、
課題のあるわが子の療育
と、盛りだくさんのテーマを詰め込んで
わが子3人と共に参加いたしました。

わが家の年末年始は
主人の実家、私の実家を渡り歩きますが
移動中や、入眠前には決まって
沖縄合宿でのフィードバックが
子ども達の方から出てきました。

そして決まって、
「また、行きたい。」
と、言います。

合宿なので、皆と共に行動ですし
集団生活なので、日常よりは制約も多いです。
好き嫌いや、やりたくないの選択も
もちろん制限されます。

細かなルール決めはありませんが、
自然とお互いがお互いを気を付け、
何かに気を配る空気が常にある状態です。

そんな合宿を子ども達は
居心地が良かったと口々に言います。


昨日、自宅に戻り
今朝から通常モードの生活が始まりました。

意識したいのは、やはり昨年末の
沖縄合宿での経験です。

規則正しい生活、
皆で食事の準備に後片付けです。

合宿前に思っていたわが子の困りごとが
合宿を終えて振り返ってみると
私の困りごとであったこと。
また、集団生活の中での人との関わりや
療育プログラムから見えた
子ども達の良さや新たな困りごとは
生活全般の見直しをするきっかけとなりました。

そして、合宿で何よりも子ども達を成長させたと思えるのは、役割を果たす喜びです。


複数の指示や、課題が重なると
何から手を付けて良いか分からなくなってしまう長男

段取りが上手で、要領もよく
一見すれば、困りなどないように見られがちですが、
一つでも苦手な事があると
途端にペースダウンしてしまい
何も手につかなくなってしまう次男


長男は見通しが立たない困りで、
次男は先が見えてしまうからの困り

そんな2人の変化には特に驚いています。


家庭では両者とも指示がないと
何もしようとしなかったのですが

長男が野菜を切っていると
次男が切った野菜を入れるボールを用意します。

次男がお皿を洗っていると
長男が洗い終えたお皿を拭き始めます。

合宿中は、「何か手伝うことはありますか?」
を連呼していた2人です。

また、いつもなら
野菜を切れば、「おれも切りたーい。」
お皿を洗えば、「早く代わってー。」
の関係です。

単一の作業を一連の流れとして見ることが出来ているのです。

困りがあるから と諦めるのではなく
一つ一つの経験値が
自信となり、次のステップに繋がるのだと
感じました。


そして私は
合宿中に教わった言葉「俯瞰する」を
実践中です。

高い所から見下ろすの意ですが、
比喩的には
一歩引いて、大枠で捉える
客観視するという意味合いも含まれるかと思います。

手も口も出すのは最小限で。

年頭にあたり、
今年の抱負としたいと思います。
m(_ _)m


3.イベントのお知らせ
☆チャイルド・ライフ・サポーター プロコース資格認定講座
開催地:大阪@前半 調整中の為お問合せ下さい
@後半 調整中の為お問合せ下さい
      場所:新大阪オフィス
東京@前半 調整中の為お問合せ下さい
  @後半 調整中の為お問合せ下さい
場所:東京都大田区(最寄駅:長原)予定 
                         
☆チャイルド・ライフ・サポーター プロコース資格認定試験(90分) 受講後からとなります。
開催地:大阪@ 
    東京@ 
☆チャイルド・ライフ・サポーター ベーシックコース資格認定講座
開催地:大阪@調整中の為お問合せ下さい
      場所:新大阪オフィス
東京@調整中の為お問合せ下さい
場所:東京都大田区(最寄駅:長原)
     福岡@2018年1月27日(土) 13:00~18:00、1月28日(日) 10:00~16:00
          場所:Aim Attain(エイムアテイン)博多駅前貸会議室
       名古屋@2018年2月24日(土) 10:00~16:00、25日(日) 10:00~16:00
          場所:アライフラボ(ココカラウィメンズクリニック併設スタジオです)
        広島@2018年1月22日(月)10:00~16:00、23日(火)10:00~16:00
           2018年2月26日(月)10:00~16:00、27日(火)10:00~16:00
           2018年3月28日(水)10:00~16:00、29日(木)10:00~16:00
          場所:尾道市内(詳細は後日ご案内いたします)
尚、広島でのお問合せ、お申込みはお電話(090-9504-5635)または
            Lof.hiroshima@outlook.jpにて広島校代表@高橋までお願い致します。
京都@お問い合わせ下さい

   ☆チャイルド・ライフ・サポーター ベーシックコース資格認定試験(60分) 受講後からとなります。
       開催地:大阪@
東京@
福岡@2018.念1月28日(日)
名古屋@2018年2月25日(日)
広島@2018年1月23日(火)
   2018年2月27日(火)
   2018年3月29日(木)
         
お問い合わせ、お申し込みはhttp://www.formpro.jp/form.php?fid=50783まで
お願い致します。

   ☆今年度も、協会員の方には各資格保持者フォロー研修や交流会など年2回程度行っていく
予定にしています。
また、年4回のNews Letterも作成し郵送いたします。
相談券もご活用ください。

    ☆チャイルド・ライフ・サポーター資格認定講座 随時説明会を行っております
お申し込み,お問い合わせは、お電話(06-6795-9901)又はyumiko@jdfs.org(担当:渡辺)まで

☆新「ビギナーズ通信講座開講」のお知らせ
現在、発達障害児又は、何らかの発達に遅れのある児童は、10%と言われる時代です。
発達障害児の支援とは何か?発達障害とは何か?基礎をきっちりと学ぶ事で教育関係者の方や、
支援を学びたい方、もしくは発達障害児の保護者様に初めの一歩としてビギナーコース講座を
学んで下さい。講座修了者には、修了証を発行いたします。
     まずは、下記より資料請求をお願い致します。
http://www.lofkyoiku-center.com/tsushin.html

☆やまもと式Socialization&Education療育プログラムインストラクター資格認定講座
   Socialization・Educationプログラムとは・・
LOF教育センターの長年の実績と臨床研究の結果作り上げた独自の発達を援助する療育プログラムです。
   SE【Socialization・Education】プログラムを始め、当LOF教育センターが長年の実績に基づき行っている
   さまざま発達障害児とその家族支援などを広げるお手伝いをしていただけませんか?

  大阪/東京共に随時開催致します。事業所、学校関係者の方へのご説明もいたします。
  お問い合わせ下さい。

  〇お問い合わせ先〇 
   お名前,ご住所、ご連絡先(メールアドレス含),参加希望日を明記の上
    06-6795-9900又はyumiko@jdfs.org (渡辺)までお願い致します

☆知的能力開発【発達障害児向け学習支援】今春、各校共にスタート!
 当センターの過去の実績をもとに 学校基準の学びではなく、まずは生活の土台となる知的能力を身につけ、
お子さまが社会を生きるために必要不可欠なアカデミックスキルやコミュニケーションスキルの向上をめざします。
また、それにとどまらず、実行機能の獲得・向上を目標としています。
お子さまの学びづらさや、生きづらさを改善し、自分で考え、進んでいける力を身に着けることを目的にしたプログラムです。
初回、体験レッスンも随時募集しております。
お問い合わせは06-6795-9900又はyumiko@jdfs.org (渡辺)までお願いいたします。

 
▼ソーシャル・ラーニングセンターの 思春期のクラスです。
発達障害を抱え、社会に飛びだすことに不安を感じている人たちのためのクラス。
5つのスキル(コミュニケーション、ライフ、モーター、アカデミック、メンタルスキル)
の習得を目指します。屋内での学びだけではなく郊外にも飛び出し、社会経験をいたします。
当センターでは、ソーシャルスキルというよりはライフスキルの獲得を目指し、
「社会で生き抜く力」の習得を目標にしています。

  ●詳細●
   開講日:月2回@土曜日(内容により曜日変更がございます)*1月度は1回目が金曜日です。
    1回目:2018年2月3 日(土)・17日(土)   
時間:14:00-16:00
場所:新大阪本部
参加対象:中学生以上(基本)

受講費
(1)初回費用:入会金 10,800円(税込)+NPO法人入会金 1,000円+賛助年会費 1,000円
(2) 月謝 :15,120円 (但し、活動費は実費(調理実習の場合材料費、移動費など)

●お問い合わせ・お申込み●
   06-6795-9901又はhttp://www.formpro.jp/form.php?fid=55506
    もしくはinfo@lofkyoiku-center.comお願い致します。

 
☆ソーシャルラーニングスクール開講☆ NEW!!
  2U(〝Unique Youth”)サポート~ソーシャル・ラーニングスクール~ 開講いたします。NEW!!

1.障害の受容の有無にこだわらないサポート
2.人間力獲得に向けたソーシャルラーニングセンター独自のプログラム
(5つのスキルと心身の健康)
3.知的ギフティッドの臨床研究に基づいた対象者へのプログラム
4.キャリアサポートの一環として物販、ライティング、
ウェブマーケティングサポートなどの体験
5.ユニークな個性を生かしたソーシャルビジネスへの取り組みサポート
6. 他,ファーストステップ:放課後週数回通うアフタースクールです。

まずは、自分自身を理解し、困りの有りようを掘り下げていきます。
自分に自信を持ってソーシャル・ラーニングスクールを巣立っていき、社会に旅立っていくことを目標にしています。
自分が価値を見出した生き方を自信を持って行動に移しましょう

☆子どもの「国語力の伸ばし方ワークショップ」 

小学生低学年から中学年に移行するとき
この言語表現力(特に作文力)は大きく移行していきます。
これは発達障害児が定型発達児に移行する際の言語理解力や言語表現力の獲得と
似ています。
このいわゆる「国語力」の伸ばし方がわからないと
発達障害児はずっと「短文」ばかり書かされて能力をきちんと評価し
国語力を伸ばすことができなくなります。
子どもの力をきちんと評価するためには
子どもの力が発揮できる課題を与えねばなりません。
そして、さらなる力を獲得させるためには
指導者が引き上げる力を持ち合わせていなければなりません。
子どもの国語力を伸ばすために
周りの大人たちがまず「伸ばし方」学びましょう。
ワークショップに興味のある方はお申込みください。
優先的にお知らせいたします。
http://www.formpro.jp/form.php?fid=58356


◆脳機能改善の随意運動トレーニングを人材教育や社員向け研修に NEW!!

私たちは NPO法人LOF教育センターと言う団体で脳機能改善プログラムの臨床研究を行い、困りがある子どもの発達や成長を促し、
育ちを改善することという事業を長年にわたり行ってまいりました。
その結果、独自の随意運動プログラムが子どもの発達のみならず、引きこもりがちな若者たちや生きづらさを
抱える若者たちとってもたった月1回のセッションであっても成果を上げることができるのだという確証を得ることができました。
また、この意識運動(随意運動)行うことで脳機能が活性化、あるいは改善され、ストレス社会に生きる人たちのストレス緩和や
モチベーションを上げることが可能になることも実感いたしました。
この効果的なプログラムを是非、人材研修、メンタルヘルス、はたまた女性社員の方々の子育て支援や困りのある子の家庭内療育、
マインドフルネスとして導入していただくために、体験して頂き、導入に向けご検討していただくための企業さま対象の
説明会、体験会を開催させていただくことになりました。
一般企業の方々、福祉事業所の方々、様々な方々に是非ご体験していただきたいと思います。

日時:2018年1月31日(水) 18:30 - 20:00
場所:大阪市淀川区西中島7-6-12新大阪駅前和光ビル802 新大阪本部
参加費:無料
申込は メール(info@jdfs.org)にてお願いいたします。

※当日は動きやすい服装でおこしください。



◆テーマ 「地域、家庭から子育てを変える!社会を変える!」 NEW!!

日頃から、何か社会に貢献できる活動や事業を行いたいけれど、どのようにすればいいのだろう?と考えていらっしゃる方々に
参考になる事例をご紹介しながら、発達障害についての理解や支援を拡げてほしい。
そんな風に思い、今回の講演会となりました。

代表 やまもと まゆみの書籍購入いただき、お読みいただいた方々の中で、
今一つどのように家庭で支援の場で生かせば良いのか?がわからない。と言う意見をたくさんいただきました。
せっかくお読みいただいたのに 日常に生かせないのは残念なことです。
書籍のフォローも兼ねて、子どもの年齢に応じた家庭内療育のご提案をさせていただこうと思っております。
幼児から20代若者支援まで、今までの事例も上げながらわかりやすくご説明いたします。

第二部では、地域での支援活動の広げ方、そして、LOF教育センターで力を入れている活動の一つ、
 知的ギフティッドについてのお話を部会に分かれてお聞きしていただきます。
是非、新しい年度が少しで嬉しい毎日になるように 学びに来られてください。

スタッフ一同お待ち申し上げます。

日時:2018年3月24日(土)
    <午前の部>10:00~12:00 <午後の部>13:30~16:00
会場:ドーンセンター 大阪市中央区大手前1丁目3番49号
<午前の部 講演会会場>5階 特別会議室
<午後の部 部会会場> 4階 中会議室[1]~[3]

定員:<午前の部>100名 <午後の部>各部会30名 総数/約100名
参加費:1日共通:3,000円、午前/午後のみ:各2,000円
お申込み:TEL:06-6795-9901 メール:20180324lofkyoiku-center.com
お申込みフォーム:http://www.formpro.jp/form.php?fid=58648

◆プログラム
<午前の部>10:00~12:00
やまもとまゆみ氏 講演会「子どもの可能性を最大限に拓くには」

NPO法人発達障害児支援LOF教育センター代表理事
一般社団法人日本発達障害ファミリー支援協会代表理事
ソーシャル・ラーニング・スクール代表
英国IEMA認定CSRプラクティショナー 社会起業家
福祉事業所コンサルタント 専門学校講師 
チャイルド・ライフ・サポーター®SV 発達支援コーディネーター
著作「発達障害の子がぐ---→と伸びる心と体の育て方」

<午後の部>13:30~16:00

第一部会:
「高い知的機能とアンバランスを持つ子供の認定特性と困り感
~知的Giftedの理解と援助について」ファシリテーター:小泉 雅彦氏
認知的なアンバランスを抱える子供たちに学びの支援をテーマに心理・教育の立場から実践、
北大(土)教室でLDへの学習支援と青年期の居場所作りに取り組む。
北海道大学大学院教育学研究科博士課程単位取得中退、日本LD学会特別支援教育士SV,旭川LD親の会ぷりずむアドバイザー、
北海道LD親の会顧問、NPO法人発達障害児支援LOF教育センターギフティッド部門アドバイザー

第二部会
(前半)「これからの学力を上げる 国語力アップ」
ファシリテーター:房野 麻紀子
LOF教育センター中部校・こくご学習塾LudusLudus代表。やまもと式療育プログラム及び知的能力開発プログラムを主軸に
子どもの国語力アップを狙った学習支援を行う。第2外国語は中国語。

(後半)「自閉症児の子育てから見えたこと IDSでの療育」
ファシリテーター:藪下 幸代
CLSプロ資格取得後、児童デイ顧問となり、保護者交流会企画開催などを経てLOF教育センター南大阪校代表となる。
自身も発達障害児の1児の母。

第三部会
(前半)「地域で子育て」ファシリテーター:藤山 智子
LOF教育センター京都校・空塾代表。短大卒業後、私立の幼稚園へ就職。小学生の学習塾をはじめ15年以上の教室経営。
LOFにて発達障害への学びをはじめ現在に至る。

(後半)「食の安全について 毎日に活かせる安全な食事」
ファシリテーター:高橋 和美
看護師 LOF教育センター広島校代表 やまもと式療育インズトラクター 食育インストラクター 
障害の軽減に積極的に食育を生かしています。

【初出版本のお知らせ☆】 *おかげさまで好評頂いております*
やまもとまゆみ代表著「発達障害の子がぐーーーんと伸びる心と体の育て方」(大和書房)
より出版いたしました。

☆~☆~代表・やまもとまゆみより~☆~☆
ずっとずっと発達障害と言われるユニークな子どもたちと一緒に過ごしてきました。
学習障害が疑われる不登校の子どもたち、
多動や衝動性が半端なくトラブルを起こしてしまうADHDの子どもたち。
こだわりがあってどうしてもうまく進めない自閉症の子どもたち。
そんな子どもたちと一緒に子どもたちの発達と成長。
その傍にいるお母さんたちと悩みや苦しみや喜びや楽しさを共有してきました。
何が彼らの困り感を軽減させ、彼らの可能性を拓くことになるのだろうか。
と来る日も来る日も考えた。
そして、ようやく少し見えてきたことがあります。
人間らしく幸せに生きるためにできること。
お母さんがユニークな子の子育てに少しでも迷わないでいられること。
家庭で楽しく、無理なくできること。
わかりやすく簡単に可愛らしくやっとここに出来上がりました。

実行してください。
今すぐできることがたくさん書いてあります。
実行してくださったら、必ず変化が出てきます。
まずは子どもの発達を伸ばす最初の一歩の本です。

障害児じゃないからと言わず
子育てに、子どもの発達に障害の有無は関係なく
子どもの発達、成長、知能を伸ばすことが必ずできると思います。
子育て中の全てのお母さんにおススメします。

一般社団法人日本発達障害ファミリー支援協会
NPO法人発達障害児支援LOF教育センター
やまもと まゆみ
☆~☆~☆~☆~☆~☆

本部へ直接お申込み・購入いただいた場合は、
代表やまもとまゆみのサイン本をお送りさせていただきます。
(ただし、5冊以上からのお申込みになります)
お申込みはこちらのフォームから
http://www.formpro.jp/form.php?fid=57081
アマゾンでも購入できます。
https://www.amazon.co.jp/dp/4479783644

☆チャイルド・ライフ・サポーター® 研修会(会員のみ)
開催地:開催地:大阪、東京
     教本改訂に伴い、講師フォローアップ研修も行ってまいります。日程決定次第協会員
     並びに資格保持者へご連絡いたします。
 
☆チャイルド・ライフ・サポーター®プロ資格取得者へのフォローアップセミナーを行います。
    
☆関東、あるいは関西、名古屋、九州、沖縄など各地にてチャイルド・ライフ・サポーター®取得者の方で
    活動をサポートしてくださる方を募集しています。
    希望者は、一般社団法人日本発達障害ファミリー支援協会 info@jdfs.org 件名 関東
    大阪、沖縄でのサポートスタッフについて 年 お名前、住所、連絡先(メールアドレス、電話番号など)
    明記のうえご連絡ください。後ほど 担当よりご連絡させていただきます。  

3 やまもと まゆみのTea Break♪ 
  今年のお正月三が日は神社やお寺に連続してお参りしました。
  御朱印帳も忘れることが多いのに、忘れず持参したので、きちんと、1日、2日、3日と
  朱印が並んでいます。
  それなのに、それなのに・・・
  5日に若者たちとお参りした神社には中一日空いたものだから、御朱印帳をカバンの中から
  取り出したので、持参するのを忘れてしまったのです・・・。(笑)
  
  今年も私らしいところも残しつつ、前進して参ります。
  どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

4. ご意見、ご質問募集中
   メルマガについてのご意見、ご質問なんでもどうぞ。
    info@jdfs.org まで

  *子育て支援や人材研修などの講演、研修の来期の受付を開始いたしました。
早めのお申込みお願いいたします。


チャイルド・ライフ・サポーター®お問い合わせ
     http://www.formpro.jp/form.php?fid=45071
  
家庭訪問型子育て支援お問い合わせ 
     http://www.formpro.jp/form.php?fid=49148
  
チャレンジと社会貢献両方叶える
     http://justgiving.jp/npo/322
    
スタッフのブログ 
     http://blogs.yahoo.co.jp/lofosaka

NPO法人発達障害児支援LOF教育センターのメルマガ
  http://www.mag2.com/m/0001129673.html

NPO法人発達障害児支援LOF教育センターのHP
     http://www.lofkyoiku-center.com/
  
NPO法人発達障害児支援LOF教育センターのtwitter
     http://twitter.com/LOFkyoiku
 
NPO法人発達障害児支援LOF教育センターのfacebook
http://www.facebook.com/NPOLOF

一般社団法人日本発達障害ファミリー支援協会のfacebook
http://www.facebook.com/hattatufamilysupportjapan

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*・☆.。
どんな障害があろうとも
幸せに生きることを選択できる機会と
                    選択できる権利を
  
一般社団法人日本発達障害ファミリー支援協会
連絡先:info@jdfs.org
☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*・☆.。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ