外国人雇用マニュアル

  • ¥0

    無料

著者サイト

このメルマガは、これから外国人を現在雇用している、もしくは雇用していこうと考えておられる経営者の方、人事労務担当者、外国人問題に関心を持たれているサラリーマン、OL、学生の方々に読んでいただきたいと考えております。 本メルマガで扱う内容は、外国人を雇用する上で、最低限知って頂きたい内容を中心に扱って行きますので、ご意見・ご質問等ございましたら、遠慮なくお寄せ頂ければ幸いです。

   

メールマガジン最新号

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
■ 外国人雇用マニュアル■ 第133号 2014/10/21
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
行政書士の田島(たしま)勇人です。
いつもご購読頂き有り難うございます。

約2か月ぶりの発行となります。読者の皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

季節は夏から秋を迎え、すっかり過ごしやすくなりました。
実はメルマガを発行しなかった先月は、私自身の誕生月で、
お陰様で、50の大台に無事乗ることができました。

幼い頃50歳と聞くと、おじいちゃん・おばあちゃんをイメージしていましたが、
自分がいざなってみると、30代、40代と何ら変わりません。

ただ子供たちが確実に大きくなっていますので、その姿を見るにつけ、
「ああ、年をとってきたんだな!」と感じますが、

もし子供がいなければ、年をとったことも感じないまま、時を過ごしてしまいそうです。

今回は、「出国準備期間からの在留資格変更申請 2」ということで、
前回の続きを書いてみたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆出国準備期間からの在留資格変更申請 2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先回のメルマガで、「技術」(コック)の在留資格更新申請が不許可になり、
出国準備の為の特定活動から、再度「技術」の在留資格への、
在留資格変更申請の件について、書かせて頂きました。

そのメルマガの中で、まずは訂正しなければならないことがあります。

この変更申請に関し、「特定活動の在留期限から2か月までは、日本に在留可能である」
と書きましたが、実はこの場合、在留期間の特例は適用されません。
訂正してお詫び申しあげます。

結果的に、再申請は許可されたのですが、その際。通常変更許可の収入印紙¥4,000ではなく、
¥8,000(¥4,000×2)が求められました。

理由は、出国準備の特定活動からの変更は、2か月の在留期間の特例は適用されないので、
一旦「短期滞在」の在留資格に変更し、更に「短期滞在」から「技術」への
在留資格への変更が必要とのこと。

所謂、短期滞在の在留資格をつなぎに使ったわけで、これは在留期間の特例が
適用される前と同じ取り扱いになります。

つまり、在留期間の特例が適用され、在留期間から2か月以内に結果がでれば、
そこから新たな在留期間が開始しますが、

在留期間の特例が適用されなければ、判断が出た時点までは「短期滞在」の在留資格で在留していたことにし、
そこから新たな在留資格での在留期間が開始するということです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
◆編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
入管の実務は、研修やセミナー等で学ぶこともありますが、大半は仕事を受けて、
実際いろんな事例を通して学ぶことが多くあります。

日々、研鑽を続けながら、多くの外国人の方のお役に立てるよう、
今後も励んで行きたいと思います。

今後とも当メルマガを、飽きることなくお引き立て下さいますようお願いします。


●行政書士田島勇人事務所のHP
 http://www.tashima-jimusho.com/
●田島勇人(ミスター)のブログ
 http://ameblo.jp/ani-067099/
メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
外国人雇用マニュアル
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2014年10月21日
 
発行部数
44部
メルマガID
0001135392
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 人事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ