岡田斗司夫の毎日メルマガ

  • ¥0

    無料

「岡田斗司夫の毎日メルマガ」では、岡田斗司夫のコンテンツを配信していきます! 人生に関わる深刻な相談から、時事問題やちょっとした日常の疑問への回答、オタク作品に関する評価や映画の評価など、ジャンルを問わずお届けしています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
岡田斗司夫の毎日メルマガ
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2017年11月18日
 
発行部数
15,631部
メルマガID
0001148694
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

---------------------------
【岡田斗司夫ゼミ室通信】評価経済のことは俺に聞け!岡田斗司夫に学ぶ経済のパラダイムシフト
---------------------------

おはようございます。
今日のメルマガはDMMオンラインサロン【岡田斗司夫ゼミ室通信】です。
本日は2017/10/05に掲載されたDMMサロン インタビューをお届けします。

**************************************

----到来しつつある評価経済で生きる術を、どのように身に着ければいいのでしょうか?

評価経済はまだ前例のない世界です。「分かりたければ、俺に質問しろ」と言うしかないですね(笑)。

あえて言うのならば、自分のキャラを守ることが大切になります。

評価経済の中で一番ダメなのは、嫌われる人でも好かれる人でもなく、よくわからない人です。

だからといって急にキャラ変をしてみても、過去の行動はすべて可視化されますので、10年前と言っていることが違うといった指摘はされるでしょうね。要は、相手が評価するキャラがブレなければいいです。



----先日のVALU騒動については、どのようにお考えですか?

あれは評価経済で生きられたはずなのに、紙幣に変えないと不安になってしまったことで失敗しましたね。

自分が得た評価をすぐに換金しようとしない。自分というキャラへの評価で人が集まってきたら、さらにお金を集めて、より評価を高めるようにするしかない。これが、評価経済で生きる大原則です。



----「評価」を軸にした原則に沿って振る舞うということですね。

貨幣経済はお金を集めて再投資するのが原則で、集めて使うヤツはバカです。同じように、評価経済でも評価を集めて再投資しなければいけません。

キングコングの西野亮廣さんは評価経済における僕の一番弟子。彼がやっているのは、評価で集めたお金をひたすら再投資のみに使うということ。現状では、彼が一番効率よく評価経済を考えていますね。


*************


岡田斗司夫さんにお話を伺うにあたり、オンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』のオフ会にも参加させて頂きました。

当日は「ガンダム講義」がメインで、アニメ第11話『イセリナ、恋のあと』を中心にアニメ業界の知識や知られざる製作現場の裏話を交えながら、縦横無尽の解説を堪能できる内容でした。

作中でホワイトベースの翼に備え付けられたフラップが動くなど、細かい描写でリアリティを出していること。また、ラストシーンを通して富野由悠季さんが描いた心理について、などなど。

オフ会で垣間見た「岡田斗司夫ワールド」は圧巻の情報量。「評価経済を知りたければ、直接ぼくに聞くしかない」とおっしゃっていましたが、オタクに嬉しい話題も豊富にあり、アニメ、映画など多岐にわたるのは聞いていて全く飽きません。

DMMのオンラインサロンに入会することで、こうしたオフ会以外にもFacebookグループでのやりとりや、岡田さんも参加される有志の懇親会にも参加可能です。

オンラインサロンで岡田さんと密なコミュニケーションを取ることで、評価経済の世界へ一歩踏み込めば、新たな世界を知ることになるでしょう。

原文はこちら https://goo.gl/yVLm8C
DMM オンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで』の入会はこちら→https://goo.gl/PNPSC2

---------------------------

このメールは転載歓迎です。ただし、下記のメールマガジンが出所である旨、必ず、URLを明記してください。
http://www.mag2.com/m/0001148694.html

よかったら、感想をTwitterで @toshiookadaまで教えてください。
http://go.otaking-ex.com/RKjMqiy0

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
---------------------------
岡田斗司夫の毎日メルマガ
---------------------------
また明日!

--------------------------------------------------------------

このメルマガはFREEexのメンバーのサポートでお届けしました。


───────────────────────────────────
企画編集:のぞき見のミホコ(FREEexメンバー)
ライター:のぞき見のミホコ(FREEexメンバー)
───────────────────────────────────


■発行日2017年11月18日 6:00
URL : http://blog.livedoor.jp/okada_toshio/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ