岡田斗司夫の毎日メルマガ

  • ¥0

    無料

「岡田斗司夫の毎日メルマガ」では、岡田斗司夫のコンテンツを配信していきます! 人生に関わる深刻な相談から、時事問題やちょっとした日常の疑問への回答、オタク作品に関する評価や映画の評価など、ジャンルを問わずお届けしています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
岡田斗司夫の毎日メルマガ
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2017年08月23日
 
発行部数
15,881部
メルマガID
0001148694
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

---------------------------
村上隆さんから聞いた「日本と海外の美術教育の違い」
---------------------------

おはようございます。
今日のメルマガは、ニコ生ゼミ7月9日(#186)のハイライトです。
『岡田斗司夫ニコ生ゼミ』から一部抜粋してお伝えします。

*********************************
 以前に村上隆さんからおもしろい話を聞きました。

 海外と日本の美術教育は何が違うのか。

 実は日本の美術の教科書はめちゃくちゃ薄いんです。
 すぐに子供に画を描かせる。個性を出せと言い過ぎる。

 たぶん先生方は学校教育は個性を押さえてしまうと考えているのでしょう。だからせめて体育とか美術は、治外法権的に個性を出していってバランスをとろうとしちゃう。


 でも海外の美術教育は違う。

 アメリカとかドイツとかフランスとかの美術の教科書はめちゃくちゃ分厚いんです。

 それは過去の名画といわれるものが何故名画なのかを、理論とか構造をちゃんと教えて、おまけに模写もさせる。

 名画の模写をやらせて、何がスゴイのかを自分の手でわからせる。

 でも日本の美術教育で模写なんてことをほとんどやらせない。
 好きに描いてみようという風に言う。

 設計とか建築とかって絶対に初心者に「好きに」とは言わないじゃないですか。

 
 基礎が出来るまで真似させた方が、実は独創性というのは伸びる。

 真似することによって技術ができることによって、ようやっと個性というのが照らされる。

 技術もないのに、個性やっても中途半端に周りから器用だね、上手いねといって褒められて、そこで終わっちゃう。

 そうならないためにはまず、最初に徹底的に技術を教え込む。

 いろんなことを教えるために美術の教科書を分厚くしておいた方が、実は中学校高校に入ってから、趣味として画を描く人が増える。

 それが欧米の考え方。確かに欧米はそれで上手くいってるんですよね。

 なので美術館に行く人口もわりと男女比がそれなりに整っているんです。
 でも日本の美術館は、おばさんがなんか定年後に行ったりするばっかりになっちゃうんですよ。

**************************************

動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive


---------------------------

このメールは転載歓迎です。ただし、下記のメールマガジンが出所である旨、必ず、URLを明記してください。
http://www.mag2.com/m/0001148694.html

よかったら、感想をTwitterで @toshiookadaまで教えてください。
http://go.otaking-ex.com/RKjMqiy0

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
---------------------------
岡田斗司夫の毎日メルマガ
---------------------------
また明日!

--------------------------------------------------------------

このメルマガはFREEexのメンバーのサポートでお届けしました。


───────────────────────────────────
企画編集:のぞき見のミホコ(FREEexメンバー)
ライター:歴史のカオリ(FREEexメンバー)
───────────────────────────────────


■発行日2017年8月23日 6:00
URL : http://blog.livedoor.jp/okada_toshio/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ