岡田斗司夫の毎日メルマガ

  • ¥0

    無料

「岡田斗司夫の毎日メルマガ」では、岡田斗司夫のコンテンツを配信していきます! 人生に関わる深刻な相談から、時事問題やちょっとした日常の疑問への回答、オタク作品に関する評価や映画の評価など、ジャンルを問わずお届けしています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
岡田斗司夫の毎日メルマガ
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2018年01月18日
 
発行部数
15,461部
メルマガID
0001148694
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

---------------------------
【岡田斗司夫ゼミ室通信 】 岡田さんが自分のボツネタにダメ出しする時に思い浮かべるのは誰ですか?
---------------------------
今日のメルマガはDMMオンラインサロン【岡田斗司夫ゼミ室通信】です。
本日は1月大阪オフ会をお届けします。

**************************************
今回はDMMオンラインサロンの1月の大阪オフ会より、参加者の方から出された質問を紹介します。

DMM オンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』の入会はこちら→https://goo.gl/PNPSC2

─────────────────────────────

質問:
 宮崎駿さんが自分のボツネタにNGを出す時、「それだと手塚治虫になってしまう!」とダメ出しをするという話、大変 面白かったです。

 ところで岡田さんにとっての、その“手塚治虫”とは、誰になるんでしょうか?
 
─────────────────────────────

A:安直になるのがイヤなので、テレビの情報番組かな



 自分の中で「コイツになるから、コレになるから、これをやったらアカン!」って、自分の中で すごく意識しているヤツね。


 話を組むときに、「こんなふうに安直になるのはイヤだ!」と思うから、テレビの情報番組かな。

 よくあるテレビの情報番組で「今、無理やりキャラを立てて、あだ名を付けて」というの。

 俺も やるんだけども、他人がやってるとイライラする(笑)。


 テレビ東京の『大食い選手権』とか、今で言う『陸海空 地球征服するなんて』とか、『いきなり黄金伝説』の『よゐこの無人島0円生活』とか、そういう手の。


 ああいうのは、すごいキライやねん。

 たぶんそれは、宮崎駿が手塚治虫を嫌うがごとくキライやねん。


 そうんなふうにしたら、面白くなる気がするよ。

 でも、「そんな“面白い”は、“面白い”と違う!」って思ってしまって(笑)。


 人は人なんやけども、それを無理やりキャラ付けて、役割を与えるなって思ってしまうんやろな。


 たぶん、それは他人から見たら、そんなに差が無いねん。

 宮崎駿が思う「そんな事をやったら、手塚治虫ですよ!」っていうのと。


 ナウシカが王蟲の目の前で手を広げてバーンって跳ねられて、「その者、蒼き衣をまといて」ってやってたら、「どっちが通俗やねん!」って思うやん。

 でも宮崎駿の中では「それは手塚治虫だ! やっては いけない! これが俺だ!」っていうのが あるのと同じ。


 僕がやっているのは、それは魂の戦士だから、やっぱりバラエティがやってるのとは、何かちょっと違うのよ(笑)。


 たぶん宮崎駿が「それをすると、手塚治虫だ!」って言うときって、微妙に媚びてる感じがイヤなんやろうね。

 宮崎駿が考える「それは、手塚治虫だよ!」って言うのは、そのアイデアは読者ウケを狙って媚びているとき。


 そこに、何か“自分が やりたい事”が入ってないって思う。

 でも、だからといって宮崎駿は、インタビューとか読んだら、トコトン トコトン「ウケよう、ウケよう」としているから(笑)。


 やっぱり、「このウケ方は良いけど、このウケ方は悪い」っていう“こだわり”が、すごい強いんやろうね。

 それは僕も、ちょっと分からんではないかな。
DMM オンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで』の入会はこちら→https://goo.gl/PNPSC2

---------------------------

このメールは転載歓迎です。ただし、下記のメールマガジンが出所である旨、必ず、URLを明記してください。
http://www.mag2.com/m/0001148694.html

よかったら、感想をTwitterで @toshiookadaまで教えてください。
http://go.otaking-ex.com/RKjMqiy0

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
---------------------------
岡田斗司夫の毎日メルマガ
---------------------------
また明日!

--------------------------------------------------------------

このメルマガはFREEexのメンバーのサポートでお届けしました。


───────────────────────────────────
企画編集:のぞき見のミホコ(FREEexメンバー)
ライター:起こしのヤスタカ(FREEexメンバー)
───────────────────────────────────


■発行日2018年1月18日 6:00
URL : http://blog.livedoor.jp/okada_toshio/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ