平松雄二の米国経済の見方!

  • ¥0

    無料

元ファンド・マネージャーの平松雄二が、米国経済の見方を分かりやすく解説します。米国経済は、世界中の株式相場・為替相場・金利の方向を決定すると言っても過言ではありません。株式投資・FX取引を行うにあたり、知っておけば役立つユニークな視点をお届けします。バックナンバーは、私のホーム・ページにて公開しております。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
平松雄二の米国経済の見方!
発行周期
発行は旬刊の予定です。
最終発行日
2014年12月10日
 
発行部数
144部
メルマガID
0001158551
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
平松雄二の米国経済の見方!(まぐまぐ!版・無料メルマガ)
ご購読ありがとうございます。発行者の平松雄二です。
ホームページURL ⇒ http://www.yuji-hiramatsu.com/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【FX世界経済の教科書】---ユーロ暴落予想がまた的中!---
■ 松田哲&平松雄二 著 ■ 出版 扶桑社
■ 定価1,575円(本体価格1,500円)
アマゾン ⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4594062202/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


2014年12月10日


個人消費動向


大変ご無沙汰しておりました。

デスク・トップのウィンドウズのアップ・グレード以降、
どうもホームページ作成ソフトとの相性が良くなく、
フリーズしたり、まったくホームページの更新が
不可能になったりしていました。

その内、最新のウィンドウズを搭載しているラップ・
トップの調子も悪くなり、ホームページ作成ソフトが
使えなくなってしまいました。

少しずつ原因解明して、ようやくデスク・トップとラップ・
トップ双方で問題解決し、こうやってメールマガジンを
発行できるようになりました。

ホームページの更新もずっとできなかったので、
これから少しずつやって行こうと思います。


さて本題に入ります。

ショッピング・センター国際評議会(ICSC)が
発表した12月6日の週のチェーン・ストア週間
売上は、指数で550.8と前週の559.1から下落、
比率では前週比-1.6%で低調、前年比は+2.9%と
若干の改善を維持しています。

グラフは

http://www.yuji-hiramatsu.com/2014maguchart/141210.html

を参照して下さい。

グラフを見て分かるように、この指数は非常に
季節性がはっきりと分かります。

個人消費が盛り上がる時期は、春のイースター
休暇時期、夏から初秋にかけての新学期セール、
そして最大の売上げを記録する年末商戦=クリスマス・
セール時期です。

グラフで薄緑色の円で示しているのが、クリスマス・
セールでこの指数が上昇するところです。

また、イースターや新学期の盛り上がりも、グラフが
上昇することで、直ぐに判明します。

新年になり消費が落ち着き、グラフは全体的に右
上がりですが、期間的にグラフが下がることも直ぐに
見て取れます。
薄ピンク色の円で示してあります。

この季節性は重要ですが、ことしのグラフは過去と
違い、クリスマス・セールの盛り上がりがありません。

最近の経済指標では、雇用は好調です。
年末商戦に向けて小売業はパートやアルバイトを
雇っています。
流通業でも雇っています。

過去の季節性から、年末に雇った人は、年が明けて
レイオフされます。
このことは、新規失業保険請求件数の季節調整なしの
数字でもきれいに傾向が出ます。

GDPの7割を占める個人消費は重要で、米国の
経済成長や金融政策に大きな影響を与えます。

好調な雇用は事実ですが、雇用が遅行指標である
ことから、もしも現在の米国経済がピーク・アウトして
いても雇用は継続して増加することが予想されます。

量的緩和縮小が終了し、次は来年央の利上げだと
市場参加者の多くは考えています。

逆に言えば、利上げができる程米国経済は好調で、
企業業績も良く、株価は決して割高ではなく、まだ
順調に株高は続くと皆考えているようです。

先日発表された雇用統計で、ヘッドラインでは
株高・ドル高になるような内容でした。

しかし、有料メルマガではそうではないことを米国
労働省のホームページのコピーを添えて説明して
米国経済成長に警鐘を鳴らしてあります。

株価にしても同様です。


本メルマガはファンダメンタルズの情報提供をしています。
詳細な情報提供は、有料メルマガにて行っております。


2014年12月10日 13:00記述


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
<ライトウェーブ版/有料メルマガ>
無料会員登録して頂くと、有料メルマガのサンプルを
お読み頂けます。平松雄二の株と為替に勝つ!(会員限定版)は、
こちらからお申込み頂けます。⇒ https://www.lightwave-jp.net/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
<質問・お問い合わせについて>
相場の見通しや投資判断について、個別のお問い合わせには、
応じかねます。購読者の皆さまからのご質問については、
ご要望の多いものから順に、本メルマガでお答えして参ります。
下のメールアドレスまでお送り下さい。
⇒ yuji.hiramatsu@gmail.com
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
<ご注意>
本メルマガは関わるすべての権利は、平松雄二が有しています。
本メルマガに含まれる情報は、一般的な情報提供を目的とした
ものであり、最終的な投資決定は購読者ご自身の判断で
なさるようお願いいたします。
また、情報の内容については万全を期していますが、
正確性を保障するものではありません。
本メルマガの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、
一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
<メルマガの購読中止について>
平松雄二の米国経済の見方!(まぐまぐ!版・無料メルマガ)
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら ⇒ http://www.mag2.com/m/0001158551.html
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ