荒井千裕*音の綴り方

  • ¥0

    無料

香港在住ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについてお話させて頂いています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
荒井千裕*音の綴り方
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2017年08月19日
 
発行部数
804部
メルマガID
0001160010
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > クラシック

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*香港発信

*第938号*
2017年8月19日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。

しばらく不定期で発信致します。



本日は、ルーマニアの作曲家・ヴァイオリニストで
ピアニスト・指揮者の
ジョルジェ・エネスク(1881-1955)、

日本の作曲家、
早坂 文雄氏(1914-1955)、

日本のソプラノ歌手、
森 麻季氏(1970-)の誕生日です。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



そして、ベルギー出身の作曲家・ヴァイオリニスト・指揮者の
ジャン=バティスト・アッコーライ(1833-1900)、

イギリスの指揮者、
ヘンリー・ウッド(1869-1944)、

フランスの現代音楽の作曲家、
ピエール・シェフェール(1910-1995)、

アルゼンチンのタンゴの作曲家でピアニストの
オラシオ・サルガン(1916-2016)の命日です。




────────────────────────
@深い呼吸を意識してみる
────────────────────────

昨日、ブログでも少し取り上げたのですが、
「深い呼吸のイメージ」
http://ameblo.jp/chihirohk/entry-12302652534.html

今日は、是非皆様に、
「深く呼吸をする」事を、意識して頂けたらな、
と思って書いています。


何故なら、普段私たちは、あまり呼吸する事を、
意識していないからです。


生きて行くには、呼吸が必要ですが、
普段の呼吸は無意識でしており、
とても浅いものです。


ピアノを弾く上で(他の楽器でも、歌でも)、
呼吸はとても大事です。

ただ、歌や管楽器以外の楽器では、
実際に「喉」を使って呼吸をしなくても
発音出来てしまうため、
意識が薄いのでしょう。

(それでも弦楽器なら、きっと
ボウイングで呼吸は必要だろうと思います)


呼吸は、「浅い」「深い」だけではなく、
「瞬時のもの」「ゆっくり時間をかけるもの」も、
あります。


是非、意識して、
「ゆっくり」「深く」
あなたの身体中に息を浸透させるように、
吸ってみて下さい。


その前に!
息を吸う前に大事なこと。

まず、体の中に幾らか残っている息を、
全て、吐き出してしまいましょう。

吐かないと、十分に吸えません。



さぁ、息を吸う時も、
体のどの部位に向かって
息が入っていくのか?

いろいろ試してみましょう。



あらゆるフレーズには、
それに相応しい呼吸があります。

長いフレーズには、
息の長い呼吸が必要になります。


厳かなフレーズを弾き始める時、
ゆったりした曲を弾き始める時、
体の底に深く息を落とし込んでみましょう。


すると、上半身が自由になります。
腕が自由になります。

体は全て繋がっています。
全て連動しています。

体はワンピースなのです。


打鍵する時も、
鍵盤に直接触れる「指」だけに焦点を当てていては、
解決出来ることは少ないです。

指から てのひらや甲、そして手首、
肘、肩、肩甲骨、更には臀部までも
無関係ではありません。



是非、深い呼吸をする事を、
意識してやってみて下さい。


必ず、あなた様のピアノを弾く上で、
ヒントになります。




────────────────────────
**9月の東京レッスンのご案内**
────────────────────────

9月の東京レッスンは、

1日(金)、2日(土) に致します。

興味がございましたら、以下の
レッスンについての詳細ページをご一読頂き、
遠慮なく、お問合せ下さいね。

http://chihiropiano.com/piano_lesson/tokyolesson/

このメルマガへの返信でも、
Facebookのメッセンジャーでも
お受け致します。





────────────────────────
**荒井千裕ピアノ・リサイタル**
〜ピアノでワクワクの旅〜
────────────────────────

9月3日(日)14時開演
代々木の森リブロホールにて
http://libromusic.co.jp/map.html

前半は、子供の学習者さん達にも楽しんでもらえる、
映像とお話とピアノを交える「お話組曲」です。

チケットのご予約は、こちらのサイトで承っております。
http://www.kokuchpro.com/event/pianodewakuwaku/

楽しい時間を共有しにいらして頂けたら嬉しいです!




お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。



筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:http://chihiropiano.com
公式ブログ:https://ameblo.jp/chihirohk/
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ