荒井千裕*音の綴り方

  • ¥0

    無料

著者サイト

香港在住ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについてお話させて頂いています。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*香港発信

*第926号*
2017年6月26日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


本日は、ドイツのテノール歌手、
ヴォルフガング・ヴィントガッセン(1914-1974)、

日本のヴァイオリニスト、
渡辺 茂夫氏(1941-1999)、

日本の尺八奏者、
砂川 憲和氏(1974-2006)の誕生日です。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



そして、スペインの作曲家でヴァイオリニストの
フアン・マネン(1883-1971)、

ポーランドの作曲家でピアニストの
アンジェイ・チャイコフスキ(1935-1982)の命日です。




────────────────────────
@アルペジオで気をつける事
────────────────────────

1オクターブを超える(指くぐり・移動のある)
アルペジオのフレーズは、音を外しやすく、
練習していても、イラつく(落ち込む)要素があると思います。

実際、多くの方のレッスンをしてきて、
皆様の「うまく弾けない」という訴えに、
アルペジオ・フレーズはとても多いです。


問題が起きたら、まずやる事は、
その問題が起きる場所がどこにあるのか?を、
きちんと知る事です。

もしかしたら、いつもいろんなところで問題は起きて、
いつも同じ場所ではない、のかもしれません。

でも、一緒に探っていくと、ほとんどの場合は、
「同じ場所」で問題は起きています。

私自身も、そうです。


問題が発生する場所が見つかったら、
次にする事は、

「どうして、そこでそのような問題が起きるのか?」
を探る事です。

どうして?です。
その時、「わたし」は、それまでと何か違う事を
していないだろうか? です。

もしかしたら、肘が固まっていないかしら?
もしかしたら、肩が上がっていないかしら?
もしかしたら、上半身が不自然な動きをしていないかしら?
もしかしたら、呼吸が止まっていないかしら?
もしかしたら、指が動きの感覚を乱していないかしら?


何度かチェックしていれば、見えてきます。

その原因となる動きが何なのか?がわかれば、
次は、その点に気をつけて弾く事を、
意識するだけで、治ります。

ただし、1回意識するだけでは、ダメです。
何度も何度でも、同じフレーズを弾くたび、
指に、腕に、脳に覚えこませるように、
「いつも」意識しながら弾く事です。


全てのミスや音の状態の加減は、
意識一つで変わります。

是非、ご自身で検証してみて下さいね。



「音階やアルペジオのフレーズで気をつけたい事」を、
先日、ブログにも書きました。

もし、興味があって、まだお読みでなかったら、
お時間のある時に、是非、ご覧下さい。

http://ameblo.jp/chihirohk/entry-12286235362.html





────────────────────────
**チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性**
 〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜
────────────────────────

8月6日(日)13時から
東京都杉並区の「スタジオ・ピオティータ」さんにて
http://ms-tms.com/piotita-navi/

講師はベルギー在住のチェンバリスト・ピアニスト・
通奏低音奏者・作曲家の、末次克史氏。

バッハの指遣いって、どう考えたらいいんだろう?
他の作曲家とは違うのだろうか?

ワークショップ型の講座です。
https://goo.gl/7vGt6Z

皆様にも、実際に指遣いを考えて頂きます。

受講費:5,000円

ご予約・お問い合わせは、荒井がメールで
承っております。
chihirohk@gmail.com

是非、ご参加下さいね。




────────────────────────
**荒井千裕ピアノ・リサイタル**
〜ピアノでワクワクの旅〜
────────────────────────

9月3日(日)14時開演
代々木の森リブロホールにて
http://libromusic.co.jp/map.html

前半は、映像とお話とピアノを交える「お話組曲」です。

・ショパン「子犬のワルツ」
・ダカン「かっこう」
・シューマン「怖いおはなし」
・ベートーヴェン「エリーゼのために」
・プロコフィエフ「タランテラ」
・ドビュッシー「月の光」
・リスト「愛の夢」


後半は、「FUN !!!」をテーマに選びました。

・バッハ=ケンプ「主よ、人の望みの喜びよ」
・シューマン「ウィーンの謝肉祭の道化」
・ドビュッシー「ダンス」
・ラヴェル「道化師の朝の歌」


チケットのご予約は、こちらのサイトで承っております。
http://www.kokuchpro.com/event/pianodewakuwaku/

一般   :4,000円
中・高校生:3,000円
小学生以下:2,000円


楽しい時間を共有しにいらして頂けたら嬉しいです!





お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。



筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:http://chihiropiano.com
公式ブログ:http://ameblo.jp/chihirohk/
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
荒井千裕*音の綴り方
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2017年06月26日
 
発行部数
823部
メルマガID
0001160010
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > クラシック

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ