“ネイティブを目指すな!アメリカ英語発音の基礎毎日10分ステップで学ぶ”

  • ¥0

    無料

米国大学院の英語教授法修士課程を終了後、現地の英語/スペイン語のバイリンガル教育実践の小学校で英語教員としての経験を持つ著者が伝える英語発音の上達方法。 アメリカ英語発音のルールを、初心者にも分りやすく説明しています。必ずネイティブにも伝わる英語発音の基礎が学べます。 具体的には、 ●日本人特有の英語発音の問題点とその解決方法 ●アメリカ英語発音の基礎 が学べます。 本気で発音上達を目指したいなら、 このメルマガは必見です。 継承 相互紹介募集中

   

メールマガジン最新号

==================================

第13話 再開します(無料発音サイト紹介)
==================================

みなさん、お久しぶりです。

T-hideです。

最後に発行したのが9月14日。

その内容も発行をお休みしていた内容で、

アメリカ英語の発音については
正確には8月30日が最後で
1ヶ月近くのお休みになってしまいました。

まだ本調子ではないのですが
健康も気は心。

気持ちで負けない様に
再開を決めましたので、

暖かく見守って下さい。

みなさんも季節の変わり目は
体調を崩しやすいものです。

無理はしないで下さい。


今回はとても素晴らしい無料サイトを
ご紹介しますので、

是非最後まで読んでいただけたらと
思っています。





さて、

アメリカ英語発音はどこまで
進んでいたかと言えば、







すっかり頭から抜けてしまい
過去のメールマガジンを
見直していました。

あなたは覚えているでしょうか。

なので、

今週は復習を中心に
少しずつ新しい事をお伝えしたいと
考えています。

そして、

全ての内容をカバーしたら
新しい発音の項目に進みたいと
思います。


今回の復習内容は、

short vowelsについて。

基本は、

「母音が1つならshort vowelになる。」

その規則を覚えるルールがあったのを
思い出して下さい。

「母音が一個でshort sound,
母音が二個でlong sound 」


なぜ重要なのか?

それは母音の数で発音が
変わるからでした。

思い出して来たでしょうか。

そしてそのルールを覚える為に

私達が練習していたのが
CVCパターンの簡単な単語を使った
発音練習でした。

ちなみに、

Cは子音(consonant )
Vは母音 (vowel)

です。

これについてさらに詳しく方は、

ブロクで第8話と第9話が
我ながら綺麗にまとまっているので
確認しておいて下さい。

http://ameblo.jp/t-hide169/page-1.html#main
(amebaブログのアドレスです。無料なので安心して下さい)


さらに、

音を聞いて確信したい方の為に
無料のオンライン辞書のサイトを
紹介していました。

http://www.merriam-webster.com/
(サイト名: Merriam-Webster Online. これも無料です)


時間のある時に遊ぶ感覚で
使ってみて下さい。


ではここで、


発音記号と音についても
軽く復習しましょう。


発音と記号についての内容は
以下の通りです。

A のshort vowelは、cat。発音記号はaeが合わさったもの。
(注意: 文字が正しく出ないのでaeで代用しています)
E のshort vowelは、bed。発音記号はe。
I の short vowelは、sit。発音記号は ɪ
O のshort vowelは、hot。発音記号はα
U のshort vowelは、cut。発音記号は Λ


short vowel Aの発音は「え」と「あ」が
混ざった様なアメリカ英語独特の音です。

初めの頃は発音するのは難しいですが
しっかりと聞き取れる様になれば
練習すれば発音出来ますので、

まずはリスニングを中心にやってみましょう。


次にshort vowel Eの発音は標準日本語の「え」と
変わりません。

short vowel Iは、日本人の私達には
「え」の音に聞こえるかもしれません。

この音だけを聞き取るのは
初めは難しい。

そこで、

今回はさらに皆さんにすばらしいサイトを
見付けて来たので紹介したいと思います。

当然無料です。

そのサイトはアメリカのアオイワ大学が作った
サイトです。

http://www.uiowa.edu/~acadtech/phonetics/#

short vowel Iの行き方です。

少し手順があるので、
その通りにやれば大丈夫です。

1 アメリカ国旗をクリック
2 画面左上のvowels の[monophthongs]をクリック
3 [monophthongs] の下にでた、
  一番左の「front」をクリック
4 I の short vowelは、sit。発音記号は ɪ なので、
  一番上の右側をクリック

これで、
/ ɪ /の音と invite とpin の発音が聞けます。


意外と最初は戸惑うので
是非聞いて下さい。

short vowel Oは標準語の「あ」に
とても似ています。

これもアイオワ大学のサイトで
無料で発音が聞けますので、

聞いて下さい。


そして最後が short vowel U。

これは日本人には「あ」に
聞こえるかもしれません。

まずは聞いて確認して下さい。

http://www.uiowa.edu/~acadtech/phonetics/#

今回の再開の為に
このサイトを探して来たので
まずはこのサイトで
発音を聞いて下さい。

short vowels を聞き取る事が出来る様になれば
リスニング力が格段に上がります。


それは発音の基礎だからです。

是非確認して下さい。


次回からは

もう少し復習に時間を割きながら
個々のshort vowelsの関係を
お話していきたいと
考えています。

それは、

いくつかのshort vowels は
同じ音に聞こえたり、

私達の音と文字との関係が
標準語とアメリカ英語で
異なる部分があるので

そこをはっきりとさせたいと
思っているからです。


それでは今回も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。



==================================
編集後記

皆さんはやる気が起きないとき
どんな方法をとっていますか。

私は最近まで体調を崩していたので、
心のエネルギーがありませんでした。

ただ

本屋で発見した本がキッカケとなったのか
「よし!メールマガジンを始めよう!!」と
心に決める事ができました。

人にはそれぞれやる気のスイッチがあるそうですが、
そのが「on」になったり「off」になったり。

もしその方法が分れば
素晴らしいですよね。

その本によるとそのスイッチには
3つのポイントが関係しているそうです。

何だと思いますか?

次回のメールマガジンで発表したいと思います。


それと

これ以外にもう1つメールマガジンを
発行する事にしました。

それについては次回
ご報告させていただけたらと
思っております。


ありがとうございました。

===========================================

メールマガジン名:
“ネイティブを目指すな!アメリカ英語発音の基礎
 毎日10分ステップで学ぶ”



発行者: 瀧澤英臣

過去のメールマガジン http://ameblo.jp/t-hide169/

連絡先メールアドレス hide169@gmail.com








メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
“ネイティブを目指すな!アメリカ英語発音の基礎毎日10分ステップで学ぶ”
発行周期
週刊
最終発行日
2010年09月27日
 
発行部数
0部
メルマガID
0001160672
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 初心者向け

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ