松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える

  • ¥0

    無料

著者サイト

都市、街、村落――場所には「歴史」があり、それぞれに特有の「雰囲気」があります。それが「ゲニウス・ロキ」(その場所のもつ雰囲気・歴史)です(オカルト的な地霊は扱いません)。社会学・人文地理学・建築学・都市計画・ランドスケープ・地理風水といった観点を背景に、実際に現地を歩いて体感したり、歴史を探ってみたり、ときには観光や地域活性というようなことを考えてみたり、さらにネットを含む場所論まで考えていきます。おさんぽ情報、建築探偵、廃墟、まちづくりに興味のある方、「ブラタモリ」ファンの方、ぜひご購読を!

   

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
.      【松永英明のゲニウス・ロキ探索】
.   「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える
.     まち歩き告知号◎2012年09月29日◎◎
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

直前のお知らせとなってしまい、申し訳ありません。

明日9月30日開催予定のまち歩き企画のお知らせです。

☆  ☆  ☆

グリーンライン下北沢――小田急線の地下化によって生まれる地上の「あ
とち」をどうするか、みんなで考えよう、というプロジェクト。現在は
NPO法人化を目指し、「グリーンライン学校」を開催しています。

第6回グリーンライン学校「グリーンサークルの『緑の三角形と福の神』
散歩」ということで、まち歩きを行なうことになりました。このガイド+
講師を私がつとめます。台風の影響が考えられますが、とりあえず暴風域
に入るのは15時以降との予報なので、それまでには終わる予定です。


第6回グリーンライン学校「グリーンサークルの『緑の三角形と福の神』散歩」
https://www.facebook.com/events/421973751198528/

日時:2012年9月30日(日)参加費:1000円(地図・資料代含む)

■散歩(まちあるき) 日時:11:00~12:30 集合場所:北沢タウンホー
ル1Fエントランスホール

■レクチャー 日時:13:30~15:00 会場:北沢タウンホール11F研修室2

線から面へ――小田急線あとちとしてのグリーンラインは「線」ですが、
まわりの地域をつなぐ可能性を秘めています。グリーンラインを直径とし
た大きな円=「グリーンサークル」には旧・下北沢村と代田村がすっぽり
入りますが、この地域を歩いて体感してみましょう。まち歩き企画第1回
は、地形と寺社をたどります。

すでに地元の誇りとなっている北沢川緑道と森巌寺川緑道、そこにグリー
ンラインを加えると大きな三角形ができます。この三角形を歩いて丘と沢
の起伏を体感しつつ、地域に根付いた信仰による「新七福神」の可能性も
探ります。散歩+レクチャーの二部構成。

人数把握のため、できれば事前にご連絡ください。お申し込みは公式の
メールアドレス(29日中)machiaruki@greenline-shimokitazawa.org

またはフェイスブックのイベントページhttps://www.facebook.com/
events/421973751198528/松永のメール( geniusloci@kotono8.com )ま
たは松永のツイッター( @kotono8 )まで一言、「○人参加します」とご
連絡ください。(facebook、松永メール/ツイッターでは直前まで受け付
けます)


※レクチャーのみの参加でも大丈夫です。全員に地図・資料をお配りしま
す。

※持ち物:散歩に適した服装、履き慣れた歩きやすい靴、帽子等(晴天
時)、雨具、タオル、飲み物。総距離約5.2kmとそれなりの距離を歩きま
す。昼食は散歩後に各自お取りください。他にカメラ等は各自ご用意くだ
さい。また、保険等はありませんので、散歩中の事故等については自己責
任となります。ご了承ください。

※当日の実施状況はグリーンラインのツイッター(@greenline_shimo)な
どで告知します。



というわけでよろしくお願いいたします。
(メルマガ本編の発行も再開予定ですのでご期待ください。)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 「場所の記憶」「都市の歴史」で社会を読み解く
  ――松永英明のゲニウス・ロキ探索

  発行人:松永英明
  メルマガ専用連絡先アドレス:geniusloci@kotono8.com
   http://www.kotono8.com/geniusloci/(メルマガ詳細)
   http://www.kotono8.com/ (絵文録ことのは)
   http://www.kotono8.com/wiki/(閾ペディアことのは)
   http://twitter.com/kotono8 (ツイッター)
  Copyright (C) Matsunaga Hideaki 2012
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
松永英明のゲニウス・ロキ探索――「場所の記憶」「都市の歴史」を歩く、考える
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2012年09月29日
 
発行部数
0部
メルマガID
0001184451
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
旅行・おでかけ > 旅の準備 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ