観光業における人材育成を考える

  • ¥0

    無料

アベノミクス3本目の矢である『成長戦略』 政府は訪日観光客数の倍増計画を打ち出しました。対応策としては、ビザ発給要件の緩和策などのハード整備が中心ですが、今必要なことは、『観光人材の育成』というソフト面の拡充です。本メルマガではその『観光人材の育成』について取り上げます。 発行者:株式会社オフィスたはら 代表取締役 人材育成コンサルタント 田原 洋樹 http://officetahara.com/ 著書『1年目から結果を出し続ける!営業マネジャーが必ずやるべきこと(日本実業出版社)』『自走する力~あなたなら漂流人生を回避できる!~(アートヴィレッジ)』

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
観光業における人材育成を考える
発行周期
取材日ごとに発行します。
最終発行日
2014年03月01日
 
発行部数
27部
メルマガID
0001188830
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

『観光業における人材育成を考える』

   2014 年3月1日号
     

   株式会社 オフィスたはら   
   
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
過日、首都圏の某大学において、文科省が推進するCOC事業の一環とした、春季集中講義に登壇してまい

りました。



テーマは学生が主体的に取り組む、「地域のまちづくり」です。

いわゆる「域学連携」の一つとしての考え方ですが、学生が地域の課題を見つけ、それを市民とともに解決し

ていくというもの。



学生の若い感性、地域出身者ではない故の新鮮で客観的な視点、観光産業等、まちづくりの専門家ではない

愚直な姿勢、これらを持ち合わせる彼らは、今、地域活性化の切り札として各地域で活用されつつあります。

1ワカモノ 2ヨソモノ 3バカモノ の3つを兼ね揃えている学生の潜在能力を引出し、それを重要なリソースとして、有効利用する目的です。



講義は5日間の集中で実施しました。



1日目:地域の理解を深める(まちの現状と課題の整理)




2日目:フィールドワーク(まちの課題の検証)




3日目:地域課題の解決策の絞り込み(テーマ選定)




4日目:ステークホルダーに対する提言書(企画書)の作成




5日目:ステークホルダーに対するプレゼンテーション






学生が抽出した課題は



・中心部の空洞化(シャッター通りの活性化)の解消

・観光産業の振興(とりわけ、6年後の東京オリンピックを控えての外国人観光客の受け入れ促進)

・市民と学生、行政の一体感の醸成(コミュニティーの形成)




など、まちの現状を捉え、まちのあるべき姿を見据えた、非常にタイムリーかつ重要なもの

ばかりでした。



講義形式は、一方的な座学はやめて、双方向の参加型、PBL形式で実施しました。

グループワークを多様し、さまざまな価値観を共有し、時には意見を闘わせて

プロジェクトを進めていく過程は、学生にとっては非常に刺激的で、興味深いものになったようです。



講義内容は、行政の担当者もオブザーブされ、今後、実際にプロジェクトが動きだす可能性も

出てきました。



わずか5日間の講義ではありましたが、非常に内容の濃いものになったと

自負しています。



現状分析→ありたい姿の設定→課題の整理→解決に向けたプロセス設計→プロジェクトの実行

と体感した一連のプロセスは、社会人として今後キャリア人生をスタートさせる彼らにとって

「まちづくり」の手法だけでなく、ライフキャリアの歩み方としてのヒントとなってくれたのであれば

幸いです。



今後、このような講義プログラムは、少子高齢化で、深刻化する大学経営を救う一つのヒントとなって

くれるのではないかと考えています。

尚、今回は春季集中講座として登壇しましたが、次年度からは正式科目として定例開催する予定です。

引き続き、本コラムで活動状況を報告して行きます!








●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

    発行:株式会社 オフィスたはら
       代表取締役 田原洋樹 

    (ホームページ)
    http://officetahara.com
   
    (ブログ)
    http://office-tahara.blogspot.com/

    (ツイッター)
    http://twitter.com/hirotahara

    (配信停止はこちらへ)
    http://www.mag2.com/m/0001188830.html

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ