モノについてのモノ語り

  • ¥0

    無料

万年筆と革製品を愛する道楽モノが、モノに関する豆知識をお届けします。 万年筆、ペンシルなどの文具や革製品がお好きな方は、ぜひ、ご購読下さい。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
モノについてのモノ語り
発行周期
気が向いた日
最終発行日
未創刊
 
発行部数
0部
メルマガID
0001188910
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 
    
      モノについてのモノ語り 準備号
      
                      2010年9月11日発行 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※このメールマガジンは、『まぐまぐ!』を利用して発行しております。
http://www.mag2.com/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……
1.ご挨拶
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

 デジタル人間、アナログ人間と言う表現がありますが、

 私は、どちらなのか悩むことがあります。

 昔は、IT系企業に勤め、独立してからもデジタル製品を手がけましたので、

 それだけを見れば、デジタル人間です。

 しかし、ここ数年で、私個人の考え方も変わったように思います。


 ここ数年は、万年筆を実用し、革製品を愛する毎日。

 万年筆や革製品の事ばかり考えています。(笑)

 では、アナログ人間に変わったのかと言うと、それも少し違うと思います。

 こうしてメールマガジンが発行出来るのも、デジタルの恩恵ですから。


 どちらか片方ではないと思います。

 アナログ、デジタルのどちらにも長所、短所があります。

 両方と上手く付き合って行くことが、これからの時代、大切な事なのかも

 しれません。


 現在は、海外に身をおいていますが、海外から日本を見れば、

 日本は「モノ天国」。世界中のモノが溢れています。

 モノに関しては、ネットの普及で、田舎のハンデも無くなりました。
 
 どこに居ても、ボタン1つでモノが買えます。

 来年には日本へ帰国する事になり、私自身も、モノ天国に身をおきます。

 この機会にモノについて見つめ直してみようと、このメールマガジンの

 発行を決めました。


 拙い内容ですが、お付き合い頂けましたら幸いです。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……
2.革製品との出会い
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

 昔から身の回りに革製品がありましたが、それはあくまで道具として。

 私にとって、革製品が道具以上の存在になったのは、2006年頃。

 名も無いようなメーカーのコードバンの財布を買ってからです。

 それから、革について色々調べました。

 趣味が高じて、革製品を企画し、販売する事までやってしまった始末。

 完全な道楽です。

 私にとっての「コードバンの財布」ような出会い、皆様にも心当たりが

 あるのでは無いでしょうか?

 心あたりのある方、既に道楽者の入り口に立たれています。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……
3.万年筆との出会い
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……

 元々、万年筆には、全く興味が無く、ブログ仲間の影響でした。

 最初の1本は、2008年の終わりに手に入れた「パーカー ソネット」。

 それから、一気に万年筆の虜になって行きます。

 万年筆暦2年にも満たないのに、本数だけは随分増えましたね。

 コレクターとしては三流、一般人としては異常な本数とだけ言っておきます。

 
 更に、革製品同様に自ら売ることを考え、実行してしまいます。

 万年筆を弄り、分解し、修理しているうちに、随分、万年筆の構造について

 分かりました。

 自然と、設計上の長所、短所なども見えてくるように。

 そうなると、益々、万年筆が愛おしくなります。

 殆ど、ビョーキの世界です。


 私は、コレクターと言われるのは嫌いで、万年筆を実用しています。

 商業ベースでは、悪く言えば「終わっている」のが万年筆ですが、

 けして実用性は低くありません。

 ボールペンと比べるとインクの乾きが遅いこと、耐水性が気になる程度で

 手帳、業務日記、日記などの他、アイデアの走り書きでも、万年筆を

 活用しています。


 とは言え、万年筆と紙で完結出来るわけもなく、PCも活用していますので、

 アナログな生活とも、ちょっと違いますね。


 普通、ボールペンやEメール、頭の中で完結する事にも万年筆を使って

 いるだけで、何が何でも万年筆と言うわけではありません。

 
 少し、アナログなモノを取り入れる生活も楽しいですよ。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
モノについてのモノ語り

メールマガジンの発行者 住友雅彦
ウェブサイト:http://www.near-mint.com/
ブログ:http://www.near-mint.com/blog/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ