不登校の子供を明るく受け入れて、再登校させよう!

  • ¥0

    無料

不登校の子供を20年以上教育してきた青田進さんがお子様が不登校になって、どうしていいのか分からない「あなた」のために不登校の正しい知識や接し方を詳しく教えてくれます。(アマゾン電子書籍ベストセラー 子育て部門第1位獲得) ●1年以上不登校の子供を学校へ行かせる方法 ●朝起きてこない不登校の我が子を起こす方法 ●薬を飲み続けてもいいのか?正しい判断基準 <相互紹介募集中!>

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
不登校の子供を明るく受け入れて、再登校させよう!
発行周期
不定期
最終発行日
2018年02月20日
 
発行部数
4,367部
メルマガID
0001189852
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

青田です、

少しずつ暖かくなってきましたね。

娘さんがいらっしゃる家庭では、
「雛祭り」の飾り付けがされていると
思います。

娘の成長を願って「雛飾り」をします。

雛飾りを娘の為に用意した時、
お母さんは女性として強い幸福感が
あると、ある方が話されていました。

「今の私の子育ては、
本来の私の思い描いていたものとは
違うんだよな。

本当の私はこんなんじゃないよ。」

・・・

そう思われているかもしれません。

親子関係には距離感が重要です。

愛情がある人ほど、子どもとの距離が
近づいてしまいます。熱心な人ほど、
そうなってしまいます。

親子の距離感は、思春期前と後では
違います。

距離感を子どもが調整できない場合、
親が調整しなければいけません。

例えば、
お風呂に一緒に入るのは、
何年生まででしょうか?

親が子ども部屋に入って掃除をするのは
何歳まででしょうか?

子どもによって違いますが、それらを
意識した子育てが大切です。

子どもとの距離感が親自身を不幸にします。

今は、共働きでお母さんの忙しさに
比例して、心のバランスも上手く
保てなくなっています。

それが子育てに影響を与えます。

先日、私の学校の保護者の方が
こう話してくれました。

「子どもとの距離が良い意味で離れたら、
私も楽になって、子どもも明るくなれました。

近すぎたんですね。」

実は、この私も親と離れて生活する
ようになってから、自分らしさを
出せるようになりました。

良い意味で親が好きで、親に対して
真面目にしようとしていました。

それが、私らしさを抑圧していたんです。

親は子どもの為に自分を抑圧して、
本当の自分を見失っている。

子どもは、親の顔色をうかがって
自分らしさを抑圧してしまっている。

適度な距離感を保つ事が大切です。

私が毎月開催している不登校相談会も
満員が続いています。

「今の学校には、もう戻ることはできない。」

そう思われるみなさんが参加されています。

今年度最後の相談会が名古屋・東京であります。

2月25日(日) 名古屋会場
3月4日(日)  東京会場

4月から学校へ戻れるかは、
残り1か月の間に行動をしたかどうかです。

親の強い意志がないと、相談会には参加
できないと思います。4月からも同じ生活が
続くだけです。

私の本を読んでも、行動しなければ同じです。

今すぐ行動して、子どもを救ってあげましょう!

進路・転校相談会:
http://bit.ly/WPaAFH

青田


追伸:
名古屋相談会は会場が狭いので、
残り2組となっています。

東京も残り5組です。

・2/25(日)名古屋会場
・3/4(日)東京会場

すでに、多くのお母さん達が
本当の自分を取り戻すべく、行動を
されています。

次は、あなたの番です。

満員になる前に、今すぐお申込み下さい!

http://bit.ly/WPaAFH
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■■日本最大の不登校メルマガ発刊■■
 発行人: 不登校教育研究所 青田 進 
   ⇒ http://www.futoukou.org/

 ■ ご意見・ご感想
(青田が確実に読みますが、返信は保障できません。)
   ⇒ mag2@aotasusumu.com

 ■ 『不登校の心理学』メルマガお申込
   ⇒ http://bit.ly/CXraH

 ■ バックナンバーの閲覧はコチラ 
   ⇒ http://bit.ly/dhB0lc
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ