不登校の子供を明るく受け入れて、再登校させよう!

  • ¥0

    無料

不登校の子供を20年以上教育してきた青田進さんがお子様が不登校になって、どうしていいのか分からない「あなた」のために不登校の正しい知識や接し方を詳しく教えてくれます。(アマゾン電子書籍ベストセラー 子育て部門第1位獲得) ●1年以上不登校の子供を学校へ行かせる方法 ●朝起きてこない不登校の我が子を起こす方法 ●薬を飲み続けてもいいのか?正しい判断基準 <相互紹介募集中!>

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
不登校の子供を明るく受け入れて、再登校させよう!
発行周期
不定期
最終発行日
2017年11月17日
 
発行部数
4,407部
メルマガID
0001189852
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

青田です、

不登校には大きく分けると
2つのタイプがいます。

不登校だけでなく、人間全員が
2つのタイプに分かれてしまいます。

この2つのタイプを知らなければ、
子育てもできないし、人間関係も
上手くいかないです。

例えば、会社で部下がいる人なら、
部下がどちらのタイプなのかで、
育てる方法や配置する部署も変わります。

それぐらい大切な話です。

不登校の相談で、私が最初に聞く事が
あります。

それは、

「お子さんに、友達はいますか?
携帯で連絡を取っていますか?
週末は友達と遊んだりしますか?」

です。

友達のいる活発な不登校、なのか、
孤独な不登校なのかを尋ねます。

これが2つのタイプです。

何か不登校と聞くと、孤独で友達も
いない子のように感じる人もいますが、
そうではありません。

はっきりと2つのタイプに分かれます。

これは性格と言えば性格です。

例えば、孤独な不登校の子の場合、
学校や家で「10分」で良いので一人で
自分をコントロールする時間が必要です。

ある家庭では、孤独タイプなのに
家に子ども部屋がないので、家の中で
休める場所がなくイライラしていたりします。

ほんの一瞬で良いんですね。

逆に、活発タイプの不登校は、
1つの事だけを押し付けるとダメです。

いくつもの選択肢が必要で、その中から
選べる自由がない環境は合いません。

少し例を話しますね。

勉強をすごく押し付ける親がいたとします。

孤独タイプの子は、親の求める高い
レベルを実現できずにポキっと心が
折れてしまいます。

コツコツ頑張るけど、達成できない。

一方で、活発タイプの不登校の子は
勉強という1つの価値観に縛られるのが
我慢できなくなります。

すごく表面的な話をしましたが、だいたい
こんな感じですね。

この違いをしっかり理解することが大切です。

親は「孤独タイプ」でも、
子どもは「活発タイプ」だったりすると
親はどう接すればいいのか分からなくなって
しまいます。

ここを学ぶ必要があるんです。

不登校の2つのタイプ:
http://futokou.blog106.fc2.com/blog-entry-2409.html

青田


追伸1:
今年最後の相談会は12月10日の東京です。

毎年、満員になっていますので注意して
おいてください。

年末に行動する事で、子どもは来年初めから
動けるようになります。じっと待っていても
来年も動かないままでいいですか?

それでは満員前に、今すぐ申込み下さい。

http://bit.ly/WPaAFH


追伸2:
大人気の「不登校勉強会」も今週で
今年度は最後になります。

全国5千人以上の方がご参加されました!

ありがとうございます!

日本で最大の不登校勉強会は来年は
開催できるかどうか分かりませんが、
できる限り続けていきたいです。

会場と日程は下記のとおりです。

兵庫県 姫路市 11月18日(土)
兵庫県 西宮市 11月19日(日)

『不登校勉強会(無料)』:
http://futoko.main.jp/forum/forum.html

※満員になれば、受付停止します。
※今年度はこれで最後になります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■■日本最大の不登校メルマガ発刊■■
 発行人: 不登校教育研究所 青田 進 
   ⇒ http://www.futoukou.org/

 ■ ご意見・ご感想
(青田が確実に読みますが、返信は保障できません。)
   ⇒ mag2@aotasusumu.com

 ■ 『不登校の心理学』メルマガお申込
   ⇒ http://bit.ly/CXraH

 ■ バックナンバーの閲覧はコチラ 
   ⇒ http://bit.ly/dhB0lc
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ