成績を上げるにはどうしたらいいの!?

  • ¥0

    無料

元学習塾教室長から親子へ宛てたメールマガジン。 学力・成績を上げるための方法・秘訣を配信中! 勉強(受験勉強含む)のやり方(仕方)がわからない、勉強しているのにテストの点が上がらない、問題集の選び方、・・・。 又、親御さんの子への接し方、塾選びのポイント、塾の利用法、・・・。 とにかく、役に立つ情報を配信しています! ※『勉強嫌いな子』のお役に立てればとても嬉しいです(^^

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
成績を上げるにはどうしたらいいの!?
発行周期
月刊
最終発行日
2018年05月07日
 
発行部数
5,267部
メルマガID
0001199632
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 中学生向け > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

月刊(発行部数5,000部)          Vol.376 2018/05/07
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

              【 殿堂入り 】

   ★ 元学習塾教室長がとにかく役に立つ情報を配信します! ★

   メルマガタイトル : 成績を上げるにはどうしたらいいの!?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
メルマガ発行人のプロフィール ⇒ http://juku-katsuyo.com/profile.htm
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



『成績を上げるにはどうしたらいいの!?』は、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          元学習塾教室長が親子へ宛てたメールマガジンです(^^
          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■□■□■□■□■□■□■□■ もくじ ■□■□■□■□■□■□■□■

■テストは受け身、勉強は攻める
■知名度は低いが質の良い高校受験攻略のノウハウ勉強法
■学習支援サイトGashin(ガシン)のご紹介(無料)
■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■テストは受け身、勉強は攻める
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。



皆さんは、

お気付きでしょうか?



テストや試験というのは、

出された問題に対して、

どのように解答するかで、

正解率が変わってくるということを。。。



「どのように解答するか」というのは、

出題した側の意図した解答がどれだけ正確にできるか、

ということです。



例えば、

1×1=

という問題が出題されたら、

1と答えれば、

出題した側が期待した解答と合致して、

正解となります。



国語では、

「作者の気持ちを答えなさい」という問題が出てきたら、

作者の気持ちを読み取って解答すれば、

出題した側の意図した解答となり、

正解するのです。



これを、

作者ではなく、

自分の気持ちで答えたりすると、

不正解となってしまいます。



このように、

テストや試験では、

出題した側が期待する解答をすることが望まれ、

正解率が高いと、

高得点を取ることができます。



更に、

高得点を取ると、

頭がいいと言われたり、

成績(内申)が良くなったり、

高学歴の高校、大学へと、

進むことができるようになるのです。



これは、

出題された問題に対して、

どう答えたかで、

全てが決まってきます。



これは、

今も昔も、

仕組みは同じです。



どんなに高い能力を持っていても、

どう答えたかで、

評価されてしまうので、

出題者が期待した解答が出来なければ、

評価を下げられてしまうのです。



これで、

成績も合否も決まってしまいます。



なので、

あなたは、

出題者が期待している解答を、

答案用紙に書くことです。



そうすれば、

テストで100点がもらえて、

希望する高校へ、

進学することが出来ます。



ただ、

そうは言っても、

簡単にはいきませんから、

皆さん苦しんだり、

悩んだりしている訳です。



重要なことですが、

テストや試験というのは、

出てきた問題に対して、

どのように対応すればいいのかを考えるだけなので、

そのことだけを考えて、

勉強をするようにしてみてください。



これは、

テストや試験は、

常にこちら側が、

「受け身」であるため、

仕方のない取り組みと言えるでしょう。



だから、

受け身の仕方の勉強だけをすれば、

問題に対する対応力が付いて、

それなりの結果を出すことができるようになります。



ここでもう一つ、

あなたに気付いて欲しいのですが、

テストや試験は受け身でも、

それに対応する力を付けるためには、

攻める勉強(姿勢)が必要だということです。



これは、

出題する側の期待に応える解答ができるようになるためには、

受け身の勉強ではなく、

攻めの勉強が必要だということです。



つまり、

創意工夫の勉強が必要になってくるということです。



この創意工夫が、

攻めの勉強です。



例えば、

国語の勉強で、

漢字を書く問題が出されたときのために、

攻めの姿勢で、

ノートに漢字の書き取りをします。



書くだけで覚えることができなければ、

今度は、

声に出しながら、

書き取りをしてみましょう。



頭に入れるために、

そんな工夫が、

勉強には必要なのです。



問題を読み間違えたり、

作者の気持ちが分からなかったら、

読書をして、

読解力を付ける、

そんな攻めの勉強も必要です。



文章を書くことが苦手だったら、

教科書の書写や、

新聞を読んで、

感想を書く練習をしたりして、

工夫しながら勉強をするのです。



勉強とは、

この「攻め」の勉強をどれだけできるか、

なのです。



その攻めで、

問題に対する、

対応力・適応力を上げていくことができます。


   ◆


問題に対する解答は一つですが、

攻めの勉強方法は複数です。



勉強方法に、

決まりもルールもありません。



勉強は工夫次第で、

良くも悪くもなるので、

自分にとって、

効果のある勉強方法を、

見付けていきましょう。



攻める勉強を常に心掛けて、

自分なりの勉強方法を、

アレコレ考えて、

実践してみましょう。



今は、

それができる時期です。


   ◆


それでは、

攻めの勉強方法について、

具体的にお話ししていきます。



テストで良い点を取って、

成績を上げるには、

様々な方法があります。



その中から、

本気でテストで良い点を取り、

成績を上げたい人だけに贈る、

『攻めの勉強方法』

についてお話しします。



何故、

本気の人だけかと言うと、

お金が掛かるからです。


   ◆


まずは、

成績のお話しからはじめます。



これからお話しする、

 『成績を上げる攻めの勉強方法』の、

 『成績』とは、

学校の内申(通知表の成績)のことです。



この成績は、

学期末、学年末に学校から渡されるものなので、

一日だけとか、

あるテストだけ頑張っても、

成績を上げることはできません。



当然のことですが、

成績を継続して上げたければ、

その学期、

その学年を通して、

努力しなければいけません。



何を努力するのかというと、

まずは、

授業態度から改めましょう!



詳細は下記の記事を参考にしてください。

※どれも私のウェブサイトで公開しているものです。



 ⇒ 学習の基本中の基本
   http://benkyou-shikata.info/gakushuu-kihon/kihonnokihon.shtm



以下の記事も参考になると思います。



 ⇒ 勉強前の心構え・気持ち
   http://benkyou-shikata.info/gakushuu-kouka/kokorogamae.shtm


 ⇒ ひかえめな気持ちが大切
   http://benkyou-shikata.info/gakushuu-kouka/hikaeme.shtm


   ◆


次は、

本題の、


 『成績を上げるための攻めの勉強方法』、


についてお話しします。



学校で習ったことが、


 ・しっかり頭の中に入っているか

 ・テストで問題が解けるようになっているか

 ・出題者の意図する解答ができるようになっているか


を確かめる方法は、

一つしかありません。



それは、

問題を解いて、

確かめてみることです。



解ければ、

(正解すれば)

頭に入っていて、

出題者の意図する解答が、

導き出せているということです。



でも、

問題が解けないとなると、


 ・頭に入っていないか

 ・頭に入っているけど、

  その思い出し方、

  使い方(導き出し方)が、

  上手にできていない


ということになるでしょう。



この状態のままでテストを受けても、

正解は取れません。



従って、

本番のテストまでに、

問題が解けるように、

確かめる練習(訓練)をしておくことが、

大事です。


   ◆


その具体的な攻め方が、

問題集の使い方です。



問題集の問題を解いた際は、

解いた問題の横に、


 ・できたら ⇒ ○

 ・できなかったら ⇒ ×


の印を付けていますか。



この印を付けておくと、

無駄を省いて、

テスト前の時間のないときなどにも役立ちます。



○の印が付いている問題は、

一度解けた問題という印です。



この問題を、

時間がないときに解いても、

時間の無駄というものです。



時間がないときは、

×の印がついている問題を探して解いた方が賢明で、

そういった工夫も、

勉強には必要です。



理想は、

○の印が3つ並ぶまで、

問題を解きましょう。



何故3つかと言うと、

同じ問題を3回間違えずに解けるようになれば、

本番のテストでも、

間違えずに解けるからです。



できれば、

何回も問題を解いていく過程で、

なぜその答えになるのか、

理屈を頭に中に入れていきましょう。



そうすれば、

応用力が身に付けられます。



また、

出来なかった問題については、

その知識を頭に入れるために、

克服ノートを作って、

そこにまとめておく(整理しておく)、

ことも攻めの勉強に繋がります。



このようなノートを作る習慣ができていれば、

時間がないときに、

このノートを見直すだけで、

自分の失敗(解けなかった問題)を、

思い出すことができます。

(これ、かなり役に立つはずです!)



更に、

このノートを受験のときまで保管しておけば、

中3になって、

受験勉強を始めるときに、

このノートを見直すだけで、

中学1年・2年の復習を、

短時間に終えることができるでしょう。



同じ時間を掛けて勉強をするのなら、

無駄にならないように、

効率的な勉強方法を普段から心掛けて、

創意工夫しながら勉強することが大切です。

(攻めの姿勢で大切なことです)





問題のお話しに戻ります。



まずは、

勉強の軸となる問題集を、

一冊用意しましょう。



これは、

学校で指定されている問題集でもいいですし、

塾に通っている子は、

塾の専用テキストでも構いません。



どのような問題集にするかは自由ですが、

大事なことは、

自分の勉強の中心(軸)となる、

メインの問題集を一冊用意するということと、

いつも、

勉強の始まりは、

その軸となるメインの問題集から勉強を始める、

ということです。



そして、

このメインの問題集が、

ボロボロになるまで、

繰り返し問題を解いてください。

(なので、

 解答は問題集に直接書き込むのではなく、

 解答専用のノートを作るのがいいです)



目安としては、

その問題集に出ている問題の、

全体の7~8割が、

自力でできるようになるまで、

攻めてください。



つまり、

○が3つ並ぶ問題の数を、

全体の7~8割まで増やすということです。



そこまでの実力がつけば、

偏差値にして、

恐らく、

65~70(※)近くまで上がるはずです。

※公立のトップ校と言われる、

 一角に入ってくる学力に相当します。

※問題集の問題のレベルにもよりますが、

 市販されている一般的なものとお考えください。





そして、

そのメインの問題集の問題が、

7~8割解けるようにするために、

更に必要になってくるのが、

力を向上・定着させるための、

二冊目、三冊目の問題集です。



何故、

二冊目、三冊目の問題集が必要になるかというと、

メインの問題集の問題の数だけでは、

演習が足りない場合が出てくるからです。



苦手なところ、

不得意なところを補うには、

どうしても、

似たような問題(類題)を解いて、

自分に”問題慣れ”をさせる、

取り組みが必要になってきます。



ですから、

二冊目、三冊目の問題集は、

そこに載っている問題を、

全て解く必要はありません。



あくまでも、

メインの問題集の問題を、

全体の7~8割解けるようにするためのものです。



なので、

二冊目、三冊目の問題集は、

補助として使います。



二冊目、三冊目の問題集は、

勉強を進めていく中で、

自分の学力や勉強のやり方に合わせて、

買い足していってください。





冒頭で申し上げましたが、

今日お話しした、


 『成績を上げる攻めの勉強方法』、


は、

二冊目、三冊目の問題集を用意(購入)することになるので、

お金が掛かります。



従って、

勉強を本気で考えていない子が、

ここに書かれていることをしてしまうと、

問題集のコレクターと化してしまい、

問題集を買うことで、

勉強をしているような気にさせてしまうので、

ご注意ください。



勿論、

無駄なお金を使わせてしまうことにもなるでしょう。





ちなみに、

今日お話しした勉強のやり方は、

5科目共通です。



理科でも社会でも、

問題を解かなければ、

出題者の意図する解答を導き出せないし、

成績を上げることもできません。





余談は、

編集後記で。。。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■知名度は低いが質の良い高校受験攻略のノウハウ勉強法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世の中には、

知名度は低いが、

質の良い物がたくさんあります。



教材にも、

そんなものがいくつかあります。



中でも、

最近良く売れているのが、

こちらの教材です。


 ⇒ 成績を上げる中学生の勉強法
   http://benkyou-shikata.info/sp/text3.html


販売者の安村氏より連絡があって、

なんでも、

成約率が4~5%と、

かなり売れているそうです。



地味なサイトの割には、

パンチのある内容で、

また、

価格がお手頃というのが、

魅力なのでしょう。



確かに、

この教材は、

内容が優れていて、

費用対効果以上のものがあると思います。



中学1・2年生は、

見て損はないと思うので、

ご興味があれば。。。



なお、

実践すれば、

成績・学力が上がることは、

間違いありません。



ただし、

偏差値60以上の子と、

中3の受験生には、

おススメしません。



何故なら、

内容が、

秘密めいた勉強法ではないのと(=正攻法)、

受験生向きではないからです。



偏差値60以上の子と受験生が、

使えないことはないと思いますが、

少し勿体ない買い物になるかもしれません。



そこで、

私としては、

受験生には、

こちらの教材がいいと思っています。

(但し、偏差値65以下の子に限る)


 ⇒ 35日で奇跡の逆転合格を果たす高校受験勉強法3ステップラーニング
   http://benkyou-shikata.info/sp/text1.html


この教材は、

最短で、

高校入試が、

突破できるように作られている教材です。



毎年ほぼ変わらない入試問題の傾向に合わせ、

その出題範囲、

出題のされ方、

そして、

その対策・攻略法、

(入試問題が解けるようになるための、

 ステップアップ勉強法や、

 その勉強の仕方など)、

を具体的にレクチャーしてくれています。



また、

前者の教材にはない、

塾の講義も見たり、

聞いたりすることができます。



無料で配信してくれている、


 ⇒ 学習支援サイトGashin(ガシン)
   http://benkyou-shikata.info/douga/gashin.shtm


を併用すると、

さらに効果的です。



ガシンも凄い内容ですが、

3ステップラーニングは、

中身が凝縮されていて、

「ここをこういう風に勉強すると攻略できる」

と教えてくれるので、

短時間で学力を上げたい子には、

必見の教材だと思っています。



価格は、

前者と比べると高額ですが、

(大手個別指導塾2か月分とほぼ同じで、

 毎月の支払はありません)

前者の費用対効果より、

数倍上回っていると思っています。



模試の対策としても使えます。



ちなみに、

販売サイトは、

正直言って胡散臭いほど、

信じられない内容です。



でも、

少し前のお話しですが、

私の娘は、

この教材を使って、

(この教材だけではありませんが)

成績をこのように上げました。


 ⇒ 3ステップラーニングを使った成績upの例
   http://benkyou-shikata.info/toranomaki/3steplearning_syouko.shtm


ストレートに申し上げますが、

この教材を買っただけでは、

成績も学力も上がりません。



この勉強法を信じて、

毎日真剣に勉強すれば、

必ず結果は表れます。

(これは、

 前者の教材にも言えることですが)



3ステップラーニングは、

そんなノウハウが詰まった教材なので、

受験勉強の仕方がわからない子や、

成績が伸び悩んでいる子は、

これで、

気持ちを変えられるかもしれません。



攻め方は、

勉強の軸をこの教材にして、

合わせて、

今お持ちの参考書や問題集を使って、

勉強をしていってください。



それと、

情報としてお伝えしておきますが、

8/31まで、

1万円の値引きキャンペーンが行われています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■学習支援サイトGashin(ガシン)のご紹介(無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料で見れる、

動画サイトがあります。



この動画サイトは、

中学生が習う学習内容(5科目3年分)を、

単元毎(ポイント毎)に、

配信してくれています。



わずらわしい会員登録など一切なく、

無料で24時間、

いつでも何回でも見ることができます。



もちろん、

苦手なところだけを見ることもできます。



閲覧の制限がないため、

どなたが何回見ても大丈夫です♪



 ⇒ 学習支援サイトGashin(ガシン)の紹介ページ
   http://benkyou-shikata.info/douga/gashin.shtm

  ※英語担当の石切山先生は、

   随分前ですが、

   『ビートたけしのTVタックル』に、

   出演したことがある人です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世の中に出て働くようになったとき、

仕事ができる人というのは、

学歴や学力ではありません。



就職のために、

学歴や学力が必要になる場合は多いと思いますが、

学歴と学力があっても、

仕事ができるとは思っていません。



学歴と学力だけでは、

不十分なのです。



私は、

仕事ができる人になるためには、

思考力、

行動力、

文章を読む力(読解力)、

文章を書く力(伝える力・表現力・記述力)の4つが必要だと、

考えています。

(適応力、

 スキル(資格等)、

 モラル、

 コミュニケーション能力も必要ですが、

 ここでは除外します)



それらの能力を身に付けるための訓練が、

学生時代に行う、

攻めの勉強だと考えています。



攻めの勉強、

(勉強の仕方をあれこれ考える姿勢)は、

必ず将来役立つときがきます。



無駄になることはないし、

一生使えるので、

精一杯やって欲しいと思っています。


  ◆◆◆


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

メールマガジン:成績を上げるにはどうしたらいいの!?

☆ 発行責任者:江森規泰(元学習塾教室長)
☆ 公式サイト:http://benkyou-shikata.info/ (勝者の勉強の仕方)
        http://juku-katsuyo.com/ (塾の活用)
        http://ameblo.jp/jukuretire/ (塾経営ノウハウブログ)
        http://jukusapo.info/ (塾さぽ)
☆ Facebook :https://www.facebook.com/benkyoushikata/ (勝者の勉強の仕方)
☆ ツイッター:http://twitter.com/#!/benkyou_shikata/ (勝者の勉強の仕方)
        http://twitter.com/#!/juku_katsuyo/ (塾の活用)
☆ 問い合わせ:letter@juku-katsuyo.com

        <<< メルマガの登録・解除 >>>

☆ まぐまぐ版 : http://www.mag2.com/m/0001199632.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆「元学習塾教室長」ってどんな人?

    出身:東京都青梅市(「青梅マラソン」で有名です)
   誕生日:5月14日
    星座:おうし座
    干支:とら
    仕事:ソフトウェア関連
    趣味:グッピーの飼育、映画鑑賞
    性格:優しい。短気な面もあります。
 好きな言葉:成せば成る
     夢:もう一度海外旅行に行きたいな♪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ