見方革命で世界が変わる!~モノの見方は十人十色~

  • ¥0

    無料

「今、あなたは幸せですか?」 世の中は人それぞれの受け取り方で決まります。不幸だと思う出来事も後々大きな気付きになることもあります。 不幸とは自分自身の思い込み。幸せとは気付くこと。 視点を変えると価値観が変わる。価値観が変わると平穏な世界で過ごせます。 「○○すべき!」と頭を固くしてはいませんか?柔軟になるとストレスは軽減します。 世の中を楽しく生きるために…。見方革命家「まーく」が、様々なモノの見方をお伝えします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
見方革命で世界が変わる!~モノの見方は十人十色~
発行周期
不定期
最終発行日
2017年09月03日
 
発行部数
392部
メルマガID
0001223690
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

2017/9/3発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★                             
★★   見方革命で世界が変わる!~モノの見方は十人十色~   vol.473
★                                
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【見方革命カウンセリング】 http://www.mikata-kakumei.com/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ★選択肢に悩んだ際の考え方
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


人間誰しも道に悩むことはあるかと思います。

例えばAという選択肢とBという選択肢の二つがあった時、どうやって選びますか?



一つの考え方として聞いて下さい。

もしAが51でBが49という割合で悩んでいるのなら、Aを選びますよね。

悩むというのは、AもBも50対50の割合なのだと思います。



ということは・・・。



AでもBでも、どちらを選んでも良いのです。

問題を悩ませるのは、AとBではなく自分自身なのですね。

悩む時の頭の中は、だいたいこんなものです。



「Aを選んだものの、もしBがこうなったらどうしよう…。」

「Bを選んで、もしAがこんな風になったら…。」



などと、頭の中で妄想を膨らませて悩みを大きくしていくのですね。

ハッキリ言ってしまうと、未来のことは推測できても、何がどうなるかは誰にも分かりません。

もし未来が見えるのだとしたら、未来は不変のものですから、悩む余地もありません。

予測した未来が変えられるのだとしたら、最初から未来を予知する力が無いということになります。



そんな時、どうするかというと、誰かに相談しに行くこともありますよね。

でも最終的に決断するのは自分自身です。

誰のせいにも出来ません。



AとBどちらを選択するか悩んだとしても、結果は誰にも分からないわけです。

私の師はこう言っておりました。

「頭で悩んでいるだけでは答えは出ない。
まずはやってみて、そこから軌道修正していけば良いんだよねぇ。」



その師に付いていって、本当にその通りだ…と実感するのは後のことになりますが、
その経験もやってみたからこそ分かること。

悩んでいる間は何もしていないのと同じなのですね。

まずは一歩を踏み出すこと!

それが何より大切なのだと思います。



そして、もう一つの考え方。



AかBで悩んだ時は、AとBの両方を選べる道は無いのかを考えてみる!

AとBの両方を満足させる道を考えていった結果・・・。

新たなCという選択肢が出てくることもあります。



発想の転換というものですが、アイデアというのはそういうものなのだと思います。

アイデアというのは、今持っている知識の組み合わせです。

なればこそ、AとBが融合する方法は無いものか…と考えてみて下さい。



「イチゴ」と「大福」を合わせた「イチゴ大福」とか、
「カレー」と「パン」を合わせた「カレーパン」のような発想が出てくるかもしれません。

AかBかではなく・・・。

AもBも!



実はこの発想は仏教に通ずるところがあるのですが…。

そのお話は、またどこかでする機会があるかもしれません。



自分の発想の殻を破る!



その経験をする為の第一歩。

悩む前に一歩前に歩みだす。

何事も経験です♪

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ★見方革命家「まーく」のひとりごと
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今日は地元のお祭りに子供を連れて行ったのですが、バナナチョコがありまして。

個人的にそんなに好きなものではありませんが、子供が大好きなバナナチョコ。

これもAとBを組み合わせた発想ですよね♪



頭に知識を詰め込むよりも、まずは経験をしてみる!

新たな発想も経験の中からしか出てきません。

頭で色々と考えるクセがある人にこそ、まずはやってみる…という経験をしていって頂きたいと思います。

私自身が、昔は何よりも考えるタイプだったので・・・。



「松井式とか、おうち整体とか、本当にそんな何でも施術できるようになるの?」

と疑う方が多いのも、体験してみたいけれど…と悩まれている方が大勢いることも知っています。

百聞は一見に如かず!

まずは体験されてみませんか?(^_-)-☆

【松井式体験講座】
https://www.matsuishiki.com/taiken/



松井式の体験講座ですが、おうち整体講座のことを尋ねて頂いても構いません♪

自分の殻を破る第一歩!

自分の殻に籠るのか、それとも殻を破って外の自由な世界に飛び出すのか…。

決めるのもあなたです!



気功と仏教心理学を学ぶ心の勉強会(通称ここ勉)の
詳細を知りたい方は、以下からチェックされてみて下さい。

【気功と仏教心理学を学ぶ心の勉強会サイト】
http://www.kokoben.com/



松井式は日本全国で開催中です!

【松井式気功美容協会公式サイト】
http://www.matsuishiki.com/

【松井式おうちde整体教室公式サイト】
https://www.ouchiseitai.net/

【松井式気功整体サロンピノクラブ公式サイト】
https://www.pinoclub.net/




FecebookやTwitterでも交流が出来れば嬉しいです♪

【Fecebook】
https://www.facebook.com/mikatakakumei.counseling

【Twitter】
https://twitter.com/mikatakakumei



☆ご感想お待ちしております。
このメルマガに、そのままご返信下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メールマガジン名】見方革命で世界が変わる!~モノの見方は十人十色~
【発行者】見方革命家「まーく」
【サイト】http://www.mikata-kakumei.com/
【ブログ】http://ameblo.jp/mikatakakumei/
【フェイスブック】http://www.facebook.com/mikatakakumei.counseling
【ツイッター】https://twitter.com/mikatakakumei
【連絡先】info@mikata-kakumei.com
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
【配信中止はこちら】 http://www.mag2.com/m/0001223690.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    CopyRight(C)2010 見方革命カウンセリング All Right Reserved
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ