なうとぱすと

  • ¥0

    無料

著者サイト

George Kuroや常時系等としても知られるGeorge.Kによる、George.Kの頭の中をきままに自由にお届けするメルマガです。 現在は不定期発行にてBLOGなどでは書けない完全に個人的に偏った意見を展開するエッセイ等を発行。 また、週刊発行で連載していた連載小説「幽霊美容室」も不定期で掲載。 ※ちなみにサンプルとは随分と中身が変わっておりますのであしからず…

   

メールマガジン最新号

■□■□■□■□■□■□■□■
なうとぱすと
―respective own now to past―
□■□■□■□■□■□■□■□
vol.043@12.03.11

【なうとぱすと】はGeorge.Kの文字の世界を
お届けする完全趣味的メルマガです。
───────────────
◇おひさしぶりです◇

みなさん、どうもおひさしぶりです。
George.Kです。
復活しましたよ号からもう2ヶ月。

いつの間に季刊誌になったんだ?って
そんなことが言われそうなくらいの
放置っぷりでした。

大変申し訳ないです。

少ないながらも、あのまま購読解除を
しないでいていただける方たちに
感謝という言葉しかありません。


もうすでにお気づきかとは思うのですが、
自分自身で色々と手広くやりすぎて
週間での発行に限界がきているようです。

結局のところ、きまったフォーマットで
定期的に発行するのに今の僕の状態では
多少限界があるのかもしれません。

まあ、自分で限界を決めてしまえば
そこまでだって話ですが、
今はもし時間があるなら、下手に縛られずに
自由な活動をしていたいって感じで
ずるずるしていくうちにこうなりました。

もはや連載小説もナ○シカの様な状態に…

じゃあやめちゃうの?って声が
聞こえてきそうですが…やめません。

発行形式を変更します。

「不定期!」

もうこうします。
いつか誰かが発行手伝ってくれたり
もう少し僕にゆとりが出来るまでは
不定期発行というカタチにします。

それと大きく内容も変更して、
まるでブログのように好き勝手に
毎回、たまにドロップする感じでいきます。

内容は、僕が普段色々展開している
ブログなどでは決して書けないとか書かない様な
完全に僕自身の偏った言葉の羅列。

基本的にはやはり出来るだけ意見や主張が
偏らないようにしようと努めていますが、
今後はメルマガでそれをなくして
完全に主観の偏った意見を書きたいと思います。

それと連載小説の方も続けて書いていきます。

ただし小説も不定期すぎて前回がどんなお話か
分からなくなりそうなので、
その辺もうまいこと思い出せるように
少し考えたいと思います。

ということで、こんなメルマガでも
購読を続けていただけるのなら
本当に心から感謝したいと思います。

いつか読者の方々に何かしら感謝の意を
カタチに出来る何かを模索したいと思います。

今後共よろしくお願いいたします。



◆あれから1年◆

今日発行を再開させたのは勿論やはり
あれから1年経ったからという節目の日だから。

何度もメルマガでは話してきましたが、
僕は去年は「Re:1」と銘打って
自分自身のネジを1年かけて巻き直そうと
もう一度活動を活発させますみたいな
そんな宣言をした間もないころでした。

それに合わせてこのメルマガも初めてばかりで
今後の色々な展開に胸をはずませていました。

1年前、地震があったあの瞬間は
僕は新宿の自宅にいました。
その時、とある女性…元カノなんですが、
彼女と携帯電話で長電話をしている時でした。

別れた後も仲良く電話で
色々話したりしている関係で
お互いの色々を話している最中でした。

突然大きく揺れる自室。
一体何が起きているのか?ってくらいの
大きな揺れでした。

電話の向こうでも驚く彼女。

そして1つめが収まり、すぐにテレビをつけて
地震速報を確認しようとしてもまだ速報が無い。
そして全てのチャンネルを繰り返し切り変えて、
ようやくNHKが速報を流し始めた頃には
すぐに2つめの大きな揺れ。

電話口では元カノが揺れる部屋に驚き声をあげる。

とにかく大きな地震があったことだけは
すぐに分かったが、まだその時は
ちょっとばっかし大きな地震が起きた…
そんな認識だった。

僕はその頃、六本木の飲食店で働いていたので、
用意をして地下鉄の大江戸線に乗ろうとしても
予想通り待ったく動いていない。

地震になる前から携帯で話していたので、
地震が終わっても電話を切らずに僕と彼女は
話を続けていたのですが、
地震発生から30分以上すぎた頃でしょうか?
とりあえず電話を切ろうと電話を切った直後
全くもって電話が繋がらなくなった。

当然メールも繋がらない。

僕は仕方なく、自転車に乗って六本木を目指す。
正確には普段も自転車で六本木に行っていたのですが、
この時の僕の判断は何故だか最初電車を
選択したわけで、今考えると謎ですが…

そして自転車にまたがって新宿経由の
六本木を目指すとそこにはびっくりするくらいの人の並が押し寄せていました。

この先の話はこの後余裕があれば
weblogにでも書こうかと思いますが、
とにかくその後に知る大きな震災の事実に
僕はとにかく驚くしか出来ませんでした。

翌日になるとさらに知る大きな被害。

多分僕は同時多発テロ依頼の衝撃でした。
(表現がよくないのは許して下さい)

僕に一体何が出来るのか…
TwitterやFlickr等といったSNSには
次から次に情報が流れてくる。
mixiなどでも災害情報や、安否情報等
様々な情報が流れてきた。

自分たちで立ち上がり支援物資を送ったり
ボランティアに駆けつける人たち。

僕はそれを指を加えて眺め続けた。

僕に出来るのは僅かばかりの募金と
普段と変わらぬ経済活動だった。

そしてメルマガやTwitterを通して
僕みたいに何も出来ない人にも
少しは力になれるかもしれないことを
呼びかけるのみ。

僕は震災から3日後に、このメルマガにて
震災関連情報号のようなものを発行した。

あの時も一体どうしたらいいのか悩んだ。

Twitterには確か、"いつも通りを心がけよう"
みたいなことを書いていたと思うから。
例えば被災地に居ない僕達が、
嘆き悲しみ苦しんだところで、
何の支援にもならないわけだから、
僕らはいつも通り経済活動をして
そして余裕があるのなら1円でもいいから
募金をしたり、物資を送ったり
そんなことでいいと思ったから。

今でも僕はここにいて、
特に大きく変わらず普通に暮らしている。
1度でも現地に行き、ボランティア活動等が
出来なかったわけではないと思う。
けど、しなかった。
自分が嫌いになってしまう時がある。

でも、僕にも何か出来る時が訪れるんだと思う。
だから、その時は精一杯僕に出来ることを、
目の前につまれたそれを実行しようと思う。

あの日依頼日本の景色が少し変わった。

僕が去年掲げた「Re:1」というキャッチは
あの時以降まるで予測しているかのようで
少々不謹慎に感じる時があった。

けれど、僕にとっては本当にキャッチを掲げた
通りの1年になった。

大切な人とすごす大切な時間。
抱いたイメージに向かっていく高揚感。

春になり、肌寒い中見る桜や、
雨がふる季節に誰かを思う時間や、
夏の熱い日差しの中ではしゃいだり、
物悲しく散りゆく紅葉の中を歩き、
降る雪をただ静かに見つめたり…
数えきれないくらいの時間を
自分の足で進んでいく感覚。

時には想像以上に前に進んでなくて、
それどころが立ち止まっていたり、
自分が信じていたもの全てに裏切られて
自分じゃ想像もしていなかった生活が始まったり

なんかそんな風に呼吸している毎日が
どれだけすごくて素晴らしくて…

うまく表現出来ないんですけど、
とにかくこの1年、自分なりに
真っ直ぐ進んだり、曲がってみたり
そうやって今この瞬間を過ごしています。

よく震災以降何かが変わった?って
そんな話題が出てきますが、
僕自身は今も昔も実際のところ何も変わってなくて、
敢えて言うなら、今よりももう少しワガママに
生きてみようって思ったくらいですかね。

まあ今までも十分ワガママだったんですけどね。

まとまりの無い文章を続けてしましましたね。
書いて見直しもせずに発行をすると思います。
誤字も脱字も表現方法も見直さず、
もしかしたら不謹慎だっtリ失礼だったりが
すごくいっぱい散りばめられているかもしれません。

でも、これが僕自身です。

今後はこんな風にメルマガを
続けていきたいと思います。

むき出しに近い僕の吐き出した言葉を
これからも呼んでいただけるなら
それは僕にとって本当に光栄です。

読んで頂きありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

George.K

_______________
なうとぱすと
produced by George.K

編集責任者:常時系
発行元:E GROEG PUBLISHING
e-mail:publishing@e-groeg.com

SNS ID: georgek5555

WEBLOG
http://weblog.e-groeg.com/

KLOG
http:///post.logown.com/

登録・解除:
http://www.mag2.com/m/0001230091.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
なうとぱすと
発行周期
不定期
最終発行日
2012年03月11日
 
発行部数
0部
メルマガID
0001230091
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 文化・芸能

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ