読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」

  • ¥0

    無料

どんな夫婦にも、離婚の可能性はあるものです。  でもそれは、突然降りかかる災難ではありません。  男女の違いを受け入れることで、夫婦の危機はある程度避けることができます。  男女の差がもたらす夫婦のすれ違いについて、お伝えしていきたいと思います。  また、離婚についての情報もわかりやすく解説できたらと思います。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」
発行周期
週刊
最終発行日
2018年05月18日
 
発行部数
379部
メルマガID
0001253893
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■━━━━━━━━━■
  読んで鍛える
  「夫婦の絆」
    と
  「離婚テク」
■━━━━━━━━━■
第208号
2018.5.18


╋━━━━━━━━━━━━
┃母子家庭の日常・親父の背中
╋━━━━━━━━━━━━



あれは失敗だったなぁ、と思っていることがあります。

それは、去年。

息子の職場体験の話です。

息子が通う中学校では、二年生になると職場体験に行きます。

学校の近くの事業所に数名ずつ受け入れてもらい、2日間働くという、あの取り組みです。

息子の中学では学校の近くの事業所のほか、自分で交渉すれば自営業を営む親戚などのところへ出向き、体験することも可能です。

私は息子に

「父ちゃんのところに行ってみる?」

と提案しました。

息子の父親(私の元夫)は、自営業主です。

父親の働く姿を見せたい気もちがありました。

男の子には、追いかける背中が必要です。

あの背中に追いつきたいという憧れの背中。

人生で最初に出会う大きな背中は、大抵の場合父親の背中です。

女の私がどんなに頑張っても、背中を提供することはできません。

(でも母親には、優しく包み込む腕はあるのさ!)


だから、働いている父親の姿を見せたいと思ったんです。

息子には

「会いたいときには、いつでも父ちゃんに会いにいっていいよ」

と伝えてあり、息子も自分で電話しては父親と遊びに行っていました。

でもここ何年か、父親を嫌うような言動が目立つようになりました。

親に反発する年齢ではありますが、それとは違うようでした。

どうやら成長するにつれて、父親がどんな人なのか少しずつわかるようになってきたようです。

そんなタイミングでの職場体験でした。

2日間の職場体験を終えて、息子は父親のことが本格的に嫌いになってしまったようです。

「あの人は、俺のことを自分の親孝行のために利用する」

と言っていました。

自分の誕生日を忘れられていたこともショックだったようです。

息子は職場体験の少し前に、誕生日を迎えました。

当日、電話の1本すらなかったので、きっと職場体験に行ったときにお祝いしてくれるのだろうと期待していたようです。



この日を境に、息子から

「なんであんな人と結婚したの」

と訊かれるようになりました。

これまでは「なんで離婚したの」と訊かれることはあっても、「なんで結婚したの」とは言われたことなかったんですけどね・・・

こんなことなら、近くの職場で2日間お世話になった方がよかったかもしれません。

きっと一生懸命働くかっこいい大人に出会えただろうし、追いかける背中は父親である必要はなかったんだから。


私たち親子の日々の出来事が、読んでくださっているどなたかのお役に立てば幸いです。



┌────────
│キャンペーンのお知らせ
└────────

毎月22日は、夫婦の日キャンペーンを行います。

「キャンペーンがその日1日だけだと申込みしにくい」

というお声にお応えして、ちょっとだけ期間を延ばしてみました。



●キャンペーン期間

本日から5月22日まで

5月23日お申込み分からは、通常料金に戻ります。

日付が変わる前にお申込みください。


●対象商品

夫婦問題の1往復コースと15日間コース

1往復コースは5,000円を3,000円に

15日間コースは15,000を10,000円に

お値引きいたします。



※キャンセルについて

ご都合が悪くなった場合は、キャンセルの手続きをいたしますので、事務局までご連絡ください。
(特に理由をお聞きすることはありません)

尚、支払い期限までにキャンセルのお申し出がなかった場合
カウンセリング料金(キャンペーン価格)の50%をキャンセル料としてお支払いいただきます。

例外としてキャンセル料が発生しない場合がありますので、詳しくはHP利用規約の料金のページをご覧ください。

【ご注意ください】

●お申込みフォームの料金は通常料金のまま表示されていますが
事務局からキャンペーン価格で 請求のご案内が届きますので、ご安心ください。

●現在お申込み中の方は、お申込みいただけません。

●キャンペーン期間中は、過去にキャンセルをされた方からのお申し込みは、お断りしております。

●他にも、お申し込みをお断りする場合がありますので、お申込み前にHPの利用規約ををご確認ください。
http://www.female-mishima0927.jp/siterule.html

お申込みはこちら▼
http://www.female-mishima0927.jp/apply.html




┌────────
│お悩み募集
└────────

このメルマガでは、お悩みを募集します。

お悩み相談のコーナーは月に1度。

メルマガ上で夫婦問題、親子問題、恋愛のお悩みにお答えします。

ご希望の方は、発行責任者の下の問い合わせ先にメールしてください。

メールの件名に「メルマガお悩み相談」と入力して、本文にご相談を入力してください。


多くの方のお役に立つようなご相談が採用されます。

「カウンセリングを受けるお金がないので、絶対に採用してください」
的なお願いには応じられません。

メルマガに載せるものなので、長すぎるご相談は採用されにくいです。

採用されたかどうかのお問い合わせには応じられません。

採用された方は、カウンセリングを1回無料でお受けいただけます。
(ただし、ご利用期限は、採用された日から1か月以内です)

お悩み、お待ちしています。

◎お悩みのほか、ご感想、おめでとうメッセージもお寄せください。

誌上で紹介させていただくことがありますので、ご希望のペンネームがあればお書き添えください(個別のお返事はしておりません)

また掲載不可の場合は、その旨、お書き添えください。



┌────────
│おすすめ記事
└────────

●離婚ハラスメント
https://ameblo.jp/nakayuri0927/entry-12376620308.html


┌────────
│お知らせ
└────────

☆★セミナー及びカウンセリングについてのお問い合わせは
こちらからどうぞ▼
counsering@female-mishima0927.jp


☆★ほぼ毎日更新中。
ブログ「夫にナイショの離婚講座」はこちら▼
http://ameblo.jp/nakayuri0927/



************************

読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」
発行責任者 なかにし ゆり
問い合わせ nakayuri0927@ybb.ne.jp
発行システム『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/
配信中止はこちらhttp://www.mag2.com/m/0001253893.html


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ