中村幸也の「もっと自由に生きたくないかい?」

  • ¥0

    無料

■五児の父であり、「あきらめる勇気」の著者である中村幸也のメルマガ。 ■異色のカウンセラー「元暴走族の心理カウンセラー」として活躍後、現在は執筆活動、ブログ、メルマガなどの情報発信を中心に活動中。 ■五人の子どもを育てながら従来の学校というシステムに疑問を感じ、子育てについてコラムで書いています。子どもたちを自由に生きさせてあげれば、凄い可能性を発揮します。我が家の子どもたちも色んな事に挑戦していますが、どんどん成長しているのがわかります。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
中村幸也の「もっと自由に生きたくないかい?」
発行周期
日刊
最終発行日
2018年06月19日
 
発行部数
2,287部
メルマガID
0001257830
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎「ゆきやん」こと、中村幸也のメールマガジン
◎中村幸也の著書「あきらめる勇気」 ⇒ http://amzn.to/1lmkfGZ
◎中村幸也公式オフィシャルブログ「もっと自由に生きたくないかい?」
  ⇒ http://ameblo.jp/yukiya-happy

☆中村幸也のVALU ⇒ https://valu.is/yukiyan

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【大阪から沖縄に届いた冷蔵庫に感謝!】
 
昨日、前の家から使っていた冷蔵庫が、
無事、沖縄の家に届きました!
 
大阪から沖縄に引っ越す事を決めた時、
僕たちは家にあるもの9割を処分しました。
 
なぜなら引っ越し代がバカにならないから笑
 
この時に僕も妻も子どもたちも、
手放す勇気を持ちました。
 
何かを成し遂げたいと思うなら、
それなりの覚悟を決める必要があります。
 
僕たちは沖縄に引っ越す事を実現する為、
その他多くの事をあきらめました。
 
しかしどうしても一緒に連れて行きたいものが、
ひとつだけあったのです。
 
それが冷蔵庫でした。
 
この事は以前コラムでも書いたので、
良かったら読んでください。
https://ameblo.jp/yukiya-happy/entry-12380245632.html
 
その冷蔵庫が昨日届き、電源を入れ、
今日から通常通り使っています。
 
沖縄に引っ越してきてから約6日間、
冷蔵庫なしの生活をしてみて、
その有り難さを感じました。
 
何よりキンキンのビールがいつでも呑める!
 
水も常温で飲むより冷えてる方が美味いし、
氷だって自動で作ってくれる。
 
こんなに有り難い事はないですね。
 
普段、あたり前のように使っているものは、
本当はあたり前なんかじゃない。
 
冷蔵庫ひとつでそう感じるのだから、
他のものすべてならそれ以上ですね。
 
今回、大阪で大きな地震が発生し、
僕の親や兄弟、友人も被害にあいました。
 
何より僕たち家族も地震発生5日前まで、
大阪府枚方市に住んでいたので、
被害にあっていた可能性だってあるのです。
 
つまり、今こうして生きているのも、
健康に過ごせているのだって、
あたり前なんかじゃないって事。
 
そう、今を生きている僕たちはみんな、
奇跡の中で生かされているのです。
 
だから今あるものに目を向けて、
感謝の気持ちを忘れず生きよう!
 
淡々と過ぎていく普通の日常の中にこそ、
「幸せ」という「奇跡」は
存在しているのだから。
 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ