ラーコモラボ通信

  • ¥0

    無料

ラーニングコモンズの普及や電子化によって曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える場を目指すという趣旨の研究会「ラーニングコモンズラボラトリ」(呼びかけ人:山内祐平(東大)、米澤誠(NII)、水越荘次(丸善)、岡本真(ARG))のメールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ラーコモラボ通信
発行周期
月刊
最終発行日
2017年09月23日
 
発行部数
367部
メルマガID
0001260410
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 大学・大学院 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

2011-08-26創刊
・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・
  ◆ ラーコモラボ通信 ◆
・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・
                    ◆ 第74号 ◆

   -曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える-

               2017-09-23発行  ‡No.074‡  367部発行

・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・
  ◇ 目次 ◇
・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・

●イベントレポート「【2017 甲府ウィキペディア・エディタソン『甲府事編 百科涼覧』】に参加して」(萬谷ひとみ)

○イベントカレンダー

○情報コーナー
 -ニュース
 -記事紹介

○編集後記

○奥付

・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・
  ○ レポート ○ 
・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・

●イベントレポート「【2017 甲府ウィキペディア・エディタソン『甲府事編 百科涼覧』】に参加して」
(萬谷ひとみ:新宿区立中央図書館・管理係長(副館長)・司書・エキスパート職員)


 2017年7月23日(日)に開催された【2017 甲府ウィキペディア・エディタソン『甲府事編 百科涼覧』】に参加しました。これは、ウィキペディアの記事がどうやって作られているのか、実際に作成、編集、公開している様子をライブで見る、というイベントです。

 当日は、7名のウィキペディアンが山梨県立図書館に集まりました。ウィキペディアンは普段は個人個人で編集していますが、本日は2グループに分かれて、共同で記事を作成しました。このような試みは初めてとのことと伺い、ワクワクしました。

 お題は、4つ用意されており、「謝恩碑」「山梨のワイン」「甲府上水」「山梨県庁別館(旧本館)」の中から各グループ1つずつ、あわせて2つのテーマを選びます。数分で、お題の選択、班分けが終了しました。Aグループは3名で「謝恩碑」、Bグループは4名で「山梨県庁別館(旧本館)」です。7名のウィキペディアンは、すぐに現地を確認しに出かけました。私はBグループの「山梨県庁別館(旧本館)」について行きました。

 山梨県立図書館から歩いて10分くらいのところに県庁別館はありました。後で記事を見ると、撮影した写真の意味がわかりましたが、何も知識のない私は、ウィキペディアンたちが撮っている写真をなぞるように真似して、写真を撮りました。

 11時15分頃、図書館に戻り、ウィキペディアンたちの執筆開始です。執筆ルームには、県立図書館の司書があらかじめ用意した県史ほか、20冊ほどの資料が用意されていました。まるで暗黙の了解のように、あるいは始めから役割が決められていたかのように、その資料の関連ページに付箋を貼る方、早速資料を読み始める方、一人一人が作業を開始しました。

 私たち観覧者は、別の部屋で、たくさんの記事を執筆した経験のある方(もちろん、この方もウィキペディアンです)からの解説を聞きながら、2グループのウィキペディアンの作業を見守りました。その解説は、とても興味深く、思わず「へぇ??」を連呼してしまうほどでした。

 特に、お題4つから、2つにパッと決まったことについての解説を聞いたとき、「図書館のレファレンスに似てるな」と思いました。もし、今日出された4つのお題から選択して今日中(今すぐ)に資料を提供せよ、と言われたら、やはり私も、この2つを選択すると思ったからです。

 その解説は、もし、「山梨のワイン」を書くならば、葡萄のことを始め、気候、地形、醸造などなど、多岐に渡り調査が必要で、今日中に作成するという条件ならば、それを選ばずに、この2つを選ぶのが妥当とのこと。一方、レファレンスは、利用者が何を求めているかをヒアリングしながら、利用者の求める資料や情報を提供します。最初は「山梨のワイン」について知りたいんです、という曖昧なところから始まり、ワインの種類なのか、歴史なのか、作り方なのか、さまざまなインタビューをして、提供する資料を考えます。
だから、似ていると思ったと同時に、出典が明らかになっていればいるほど、ウィキペディアは百科事典としてなり得るな、と改めて思いました。

 私たち司書は、初めて聞く単語の取っ掛かりとしてウィキペディアを活用します。特に出典を重要視し、出典をたどって利用者に資料を提供したりします。私は、このレファレンスの仕事が好きで、司書の大事な役割だと思っています。

 その他、解説でOSM(Open Street Map)のこと、ウィキペディアのテンプレート、ウィキメディアコモンズからの写真の使い方、優秀な記事コンテストのことなども教えていただきました。これらのキーワードは、執筆ルームからリアルタイムにツイートしてくださる情報で、解説者はそのツイートからピックアップして解説していました。すごい世の中だな、とTwitterをながめながら、観覧者たちは執筆ルームを見つめていました。

 解説者から、「普段執筆している観点から、謝恩碑は塔なのか、モニュメントなのか、構造物なのか、テンプレートに悩む」との話を聞いて、私の勤める図書館の記事を確認したら、テンプレートを使っていないことがわかりました。そのことを伝えたら、良い図書館の記事を参考にして、真似して修正してみたら?と教えていただきました。ちなみにテンプレートは分野ごとに多岐にわたってあるそうです。

 16時頃からは、互いの記事について、差分を参照しながら、解説していただきました。写真がアップされたときや、位置情報がアップされたときは、観覧者たちから、「おー」と歓声が上がりました。また、謝恩碑グループの方に、曖昧さ回避のページが作られ、「ヒマワリ」を例に解説してくださいました。

 期限の17時近くになると、執筆スピードは上がり、どんどん書き加えられていきました。解説者は、文字数ではなく、○バイト増えました、と言っており、図書館人と違う表現がおもしろかったです。そして、17時、ついに記事が完成しました。

 その後、2グループから作成した成果について発表がありました。

 まずは、山梨県庁舎別館グループから、「2年前に改修工事をしたので、報告書があると思ったがなかった。できた当時の新聞が役立った。個人で書くのと違い、さまざまな視点で書けた。これまで、Googleなどを参照することが多く、図書館資料でとことん探すメンバーに刺激を受けた」とのこと。

 また、謝恩碑グループからは、「甲府市の水害の歴史を書かないと、碑の意味が伝わらない。まずは経緯をかいつまんで記事にした。また、石はどこから、どう運んだか、その後の関東大震災でも崩れなかった耐震構造なども書いた。記事名を決めることや、塔なのか碑なのか、曖昧さ回避など、書きながら考えた」とのこと。

 これらを聞いて、新聞や新聞の縮刷版、データベースの大切さ、建築報告書などの資料、一人ではなくさまざまな助け合いなどなど、普段、図書館で働いている司書が忘れがちなキーワードが思い浮かびました。

 県史を買ったという発言もあり、自治体で発行した有償資料は、図書館で販売することも必要なんだなとか、自身が勤める図書館には、朝日新聞の縮刷版は明治から全部あること、読売・毎日・日経新聞の縮刷版が1952年くらいからあること、記事索引データベースが数種類あること、こういう広報をしていかなくてはならないなとか、今、アタマの中でいっぱいのことが駆け巡っています。

 一つずつ、実行していこう、明日からまたがんばろう、そんな一日を過ごしました。


☆寄稿者紹介☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
萬谷ひとみ(よろづずや・ひとみ)
特別区職員。平成26年からエキスパート職員として勤務しており、図書館歴は17年。
※エキスパート職員とは、新宿区独自の制度で、一般職員人事異動基準の定めにかかわらず、同一職場に長期配置することができる制度。区全体で7名、図書館に3名いる。

Copyright (C) YOROZUYA, Hitomi 2017 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・
  ○ イベントカレンダー ○ 
・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・

*ラーニングコモンズに限らず、大学図書館にかかわるイベントを広くACADEMICRESOUCEGUIDEイベントカレンダーを中心にお届けします。
(□は新しく追加されたイベントです。)

■2017-09-26(Wed):
JapanKnowledge Forum 2017「複雑化する学術コミュニケーションと図書館の未来」(東京)
(於・東京都/日比谷図書文化館)
http://japanknowledge.com/whatsnew/?y=2017&m=07

■2017-09-28(Thu):
明治大学リバティアカデミー 図書館員のためのブラッシュアップ講座 XVI
第1回「ウエブ/IoT社会のなかの図書館」(岡本真)
(於・東京都/明治大学駿河台キャンパス)
https://academy.meiji.jp/course/detail/3930/

■2017-09-29(Fri):
情報処理学会 連続セミナー2017「イノベーション最前線-2020年を超えて生き抜くための技術を探る」
第3回「人工知能技術(応用編)-社会実装の取り組みと課題」
(於・東京都/日本大学 理工学部駿河台校舎)
http://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2017/program03.html

□2017-09-30(Sat):
京都府京都文化博物館「創造のためのアーカイヴ:文化芸術資源の活用による新たな表現」
(於・京都府/京都文化博物館)
http://www.bunpaku.or.jp/topics/12881/

□2017-10-10(Tue):
情報保存研究会 第11回 資料保存シンポジウム「原資料保存とデジタルアーカイブ その未来-さまざまな取り組みの中から」
(於・東京都/学術総合センター)
http://www.e-jhk.com/html/

□2017-10-11(Wed)~2017-10-12(Thu):
図書館流通センター 見学会・特別講演会
(於・東京都/株式会社図書館流通センター 本社)
http://www.trc.co.jp/information/171011_trc.html

□2017-10-14(Sat):
青空文庫 20周年記念シンポジウム「青空文庫の今とこれから」
(於・東京都/スマートニュース株式会社 いちご神宮前ビル)
http://aozorabunko20th.peatix.com/

□2017-10-17(Tue):
情報処理学会 連続セミナー2017「イノベーション最前線-2020年を超えて生き抜くための技術を探る」
第4回「ディープラーニングの活用と基盤」
(於・東京都/日本大学 理工学部駿河台校舎)
http://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2017/program04.html

□2017-10-20(Fri):
私立短期大学図書館協議会 関東甲信越地区協議会 2017年度研修会
「図書館業務の些細なミスからの脱却に向けて」
(於・東京都/羽田空港 第1ターミナル 国内線旅客ターミナルビル)
http://shitantokyo.org/

□2017-10-20(Fri):
東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門 アジアンライブラリーカフェ no.002「古典籍 on flickr!-漢籍・法帖を写真サイトでオープンしてみると」
(於・東京都/東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター)
http://u-parl.lib.u-tokyo.ac.jp/archives/japanese/asianlibrarycafe2

□2017-10-23(Mon):
日本図書館研究会 第333回研究例回「近畿大学中央図書館及びビブリオシアター見学」
(於・大阪府/近畿大学中央図書館 ほか)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2017/333invit.html

□2017-10-26(Thu)~2017-10-27(Fri):
国立国会図書館 平成29年度アジア情報研修「台湾情報の調べ方-諸制度と統計を中心に」
(於・千葉県/日本貿易振興機構アジア経済研究所)
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/asia-workshop29.php

□2017-10-28(Sat):
アジア・アフリカ言語文化研究所 情報資源利用研究センター IRC設立20周年・ウィキペディア日本語版始動15周年記念ワークショップ「世界の知識を翻訳しよう」
(於・東京都/東京外国語大学附属図書館)
https://irc.aa.tufs.ac.jp/event/jawp15ws.html

□2017-11-04(Sat)~2017-11-05(Sun):
第65回日本図書館情報学会研究大会
(於・愛知県/椙山女学園大学 星が丘キャンパス)
http://www.jslis.jp/conference/2017Autumn.html

□2017-11-07(Tue)~2017-11-09(Thu):
第19回 図書館総合展
(於・神奈川県/パシフィコ横浜)
https://www.libraryfair.jp/


(ACADEMICRESOUCEGUIDE:http://www.arg.ne.jp/)

・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・
  ○ 情報コーナー ○ 
・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・

【ニュース】

ウェブサイトをリニューアルしました
東京大学附属図書館
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/contents/news/20170904

【9/1(金)事業報告】その時図書館はどう動くか?~大規模災害時における対応及び事前準備について~
和歌山大学図書館
http://www.lib.wakayama-u.ac.jp/news/2017090400083/

附属図書館企画ミニコンサート「歌と室内楽~お昼のひとときに音楽を♪~」のご案内
山梨大学
http://www.yamanashi.ac.jp/10352

札幌大学図書館に山口昌男元学長の仕事場を再現した「ヘルメス」がオープン--オープニングを記念し今福龍太氏と吉増剛造氏によるトーク・セッションを実施
札幌大学
http://www.sapporo-u.ac.jp/news/topics/2017/0908153549.html

【中央図書館】ミニ展示「貸出ゼロ本」
岡山大学 附属図書館
http://www.lib.okayama-u.ac.jp/news/news_id6942.html

11/4(土) 全国大学ビブリオバトル予選会 in ヴェリタス祭
聖学院大学図書館
http://lib.seigakuin-univ.ac.jp/home/index.php?page_id=0&block_id=467&active_action=journal_view_main_detail&key=joisglssg-467&post_id=28&comment_flag=1

館内リニューアルのお知らせ
関西学院大学図書館
http://library.kwansei.ac.jp/news/nsw/2666

図書館オススメの本:まだ間に合います!『びぶりお文学賞』募集中!!
琉球大学附属図書館
http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/?p=18865

第8回図書館セミナーのご案内
就実大学・就実短期大学
http://www.shujitsu.ac.jp/toshokan/toshokan_info/34300.html

UEC Ambient Intelligence Agoraウェブサイトの公開について
電気通信大学附属図書館
http://www.lib.uec.ac.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=362



【記事紹介】

LODテーマで講演会やってみた - 第25回DOC
SlideShare-小村愛美
https://www.slideshare.net/itsumikomura/lod25doc

Code4Lib JAPANカンファレンス2017 #C4Ljp
Togetterまとめ
https://togetter.com/li/1146565

電子ジャーナルプラットフォームの著者表示欄
ささくれ
http://cheb.hatenablog.com/entry/2017/09/05/195714

岐阜大、丸ごと博物館を計画 創立70周年記念、眠れるお宝展示
中日新聞(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017090602000237.html

図書館無料、結婚特典充実 ユニーク特典の大学カード
MONO TRENDY|NIKKEI STYLE
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO20639720R00C17A9000000?channel=DF160520172513

図書館運営ヒント探る、愛媛大でシンポ
愛媛新聞ONLINE
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201709076531

#北海道図書館大会 第5分科会「ウィキペディアタウンと図書館」
Togetterまとめ
https://togetter.com/li/1148555

#アーカイブサミット 2017 in Kyoto 9/9(土) 1日目 ~ファシグラ、ジャパンサーチ、トレンド~
Togetterまとめ
https://togetter.com/li/1149122

#アーカイブサミット 2017 in Kyoto 9/10(日) 2日目 ~ユーザとクリエイターの間で~
Togetterまとめ
https://togetter.com/li/1149479

クラウドソーシングでAIに業務委託 静岡大など仕組み開発
静岡新聞アットエス
http://www.at-s.com/news/article/education/college/400926.html

エモい海外大学図書館ウェブサイト
やわらか図書館学
http://yawatosho.hateblo.jp/entry/2017/09/12/012048

9月15日、京都女子大学に新図書館オープン
大学ジャーナルオンライン
http://univ-journal.jp/15824/


【随時更新】カレントアウェアネス・ポータル
「大学図書館」がタグ付けされた記事一覧
http://current.ndl.go.jp/taxonomy/term/37

【随時更新】CiNii論文検索
キーワード「ラーニングコモンズ」の結果一覧
http://goo.gl/WT5CbH


・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・

*ラーコモラボ通信では、皆さまからの寄稿・情報提供をお待ちしています。
ぜひ情報をお寄せください。
   Facebookページ:https://www.facebook.com/LClab
   Facebookグループ:https://www.facebook.com/groups/266869456661249/
   *Facebookグループへの参加は承認制となっております。

・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・
  ○ 編集後記 (ふじたまさえ) ○
・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・

 今回は、ちょっと時間が空いてしまいましたが、7月23日に開催されたウィキペディアンが編集する様子を観覧するために企画されたイベント『2017ウィキペディア・エディタソン「甲州事編百科涼覧」』のレポートを、萬谷ひとみさんにご寄稿いただきました。

 このイベントは、準備から開催、事後報告までさまざまな立場の皆さんが関わり、その様子が記録されていますが、参加者の視点からのレポートは少なかったように思いましたのでこのタイミングでぜひということで依頼しました。

 面白そう、と思った方は今からでも遅くありません。ウィキペディアの「プロジェクト:アウトリーチ/ウィキペディアタウン」のページをチェックすると最近のイベント開催予定が掲載されています。

 ウィキペディアタウンだけでなく9月はイベントが集中する時期でもあります。手前味噌ですが、Twitter中継のまとめを記事紹介にいれておきましたのでこちらもぜひご覧ください。

 ラーコモラボ通信はどなたも無料で配信登録が可能です。ぜひ、周囲の方々にお薦めください。

メルマガ登録・解除ページ
      http://www.mag2.com/m/0001260410.html
                            からどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ラーコモラボ通信[LClab-074]2017年09月23日(月刊)
【発行者】ラーニングコモンズラボラトリ
【編集者】ラーニングコモンズラボラトリ
【発行地】〒231-0012
    神奈川県横浜市中区相生町3-61さくらWORKS<関内>408
      アカデミック・リソース・ガイド株式会社内
【E-Mail】LCLabHQ@googlegroups.com
【サイト】https://www.facebook.com/groups/266869456661249/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮下さい。

CopyrightラーニングコモンズラボラトリAllRightsReserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ