バフェットの眼(無料)

  • ¥0

    無料

世界一の投資家、ウォーレンバフェットの投資方法を、そのままパクって日本の会社を分析するメルマガです。「株をやったけど全然うまくいかなった。」「デイトレードなんてやってる時間ないよ。。。」という方にぴったりのメルマガです。 会社の価値を見るので、基本的には、一度分析したら買いっぱなし。 筆者のこれまでの運用成績も見ることができます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
バフェットの眼(無料)
発行周期
週刊
最終発行日
2017年12月13日
 
発行部数
2,918部
メルマガID
0001277652
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□■----------------------------------------------------------------□■
【バフェットの眼】「日本M&Aセンター」は高すぎる??171214
□■----------------------------------------------------------------□■
・このメルマガ読むことで、バフェット流に会社を分析する手法を
学んでいきます。
八木翼へのお問い合わせ
die-try-in@hotmail.co.jp
twitter
https://twitter.com/tentengu
□■----------------------------------------------------------------□■

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
会社名:【エムスリー】
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

□■----------------------------------------------------------------□■
_Q0:はじめに
□■----------------------------------------------------------------□■
実はずっと気になっていました。

というのも経常利益成長率で拾っていくと、
必ずと言っていいほどこの会社は引っかかってくるんですね。

ある意味、市場を作り出している会社なので
素晴らしいとは思うのですが、景気が悪化した時に
この企業の脆弱性はかなりあると思うんですよね。

誰も買わなくなるので。
そこら辺を踏まえて考えていきましょう。

現在株価 5,530円

□■----------------------------------------------------------------□■
_Q1:その企業は消費者独占力を持っているか。
□■----------------------------------------------------------------□■
僕は今ままで、M&Aなんて一時的な時流に乗ったもので、
1件の規約数は大きいのですが、それは運次第で、はっきり言って
継続的な成長というものとは無縁だと思っていたんですね。

しかし、日本M&Aセンターは継続的に成長しています。
なんだかおかしいと思い、よくよく見てみると、事業を売る人と、
事業を買う人のマッチングをネット上で堂々とやっていたわけです。

AmazonでもUniqroでもZozotownでも売っていないものが、
日本M&Aセンターという市場の中で販売されていたわけです。

M&Aの市場を作り出した企業なんです。
そういう意味で興味が湧きまして、調べてみたくなりました。

日本M&Aセンター以外にもM&Aの会社はあります。
主要な競合としては、「ストライク」、「M&Aキャピタルパートナー」がいます。

2016年のM&Aの成約件数でみると、日本M&Aセンターが250件を超えているのに対し、
M&Aキャピタルパートナーズ、ストライク共に、50件を下回る程度です。
売上についてもダントツです。
総意いう意味で市場を支配しているといっても過言ではない企業です。



□■----------------------------------------------------------------□■
_Q2:その企業を理解しているか。
□■----------------------------------------------------------------□■
マーケティングから、企業売買後のサポートまでを一貫して行う企業です。
M&Aにより、紹介料や手数料といった形でお金を得る商売です。


□■----------------------------------------------------------------□■
_Q3:その企業の製品・サービスは20年後も陳腐かしていないか。   
□■----------------------------------------------------------------□■
ここが検討の余地があるところですね。
日本の市場は今後も縮小していきますので、市場そのものは小さくなっていきます。
つまり、M&Aではなく、単なる廃業も増えていく可能性があります。

しかし、そうした中で生き残りを模索するためには、M&Aで規模を保持し、
製品の生産量を増加させ、1製品当たりのコストを減らさなければなりません。

そのためにはM&Aが欠かせません。
一概には言えませんが、その波があり続ける限り、需要はあり続けると思います。


現在の日本では、金利が低いため、債務は比較的容易に得ることができる上、
新規事業にコストをかけて参入するよりも、M&Aで既に利益を上げている会社を
買収したほうが、良いという場合もあります。

また、成約案件の中には、中国企業が日本企業を買収するようなものあり、
今後の伸びも十分に見込めると予想できます。



□■----------------------------------------------------------------□■
_Q4:その企業はコングロマリットか。
□■----------------------------------------------------------------□■
M&A業務に専念する企業であり、コングロマリットではありません。



□■----------------------------------------------------------------□■
_Q5その企業の1株当たり利益(EPS)は安定成長しているか
□■----------------------------------------------------------------□■

決算年 EPS(円/株) 前年比成長率
2017 185304 27.6
2016 145248 22.5
2015 118536 17.9
2014 100512.0 61.5
2013 62232.0 157.6
2012 24154.0 34.0
2011 18030.0 50.8
2010 11960.1 -13.5
2009 13833.8 -5.8
2008 14691.0

年平均EPS成長率
33.4%

伸びは凄いですね。


□■----------------------------------------------------------------□■
_Q6:その企業は安定的に高いROE(株主資本利益率)をあげているか。
□■----------------------------------------------------------------□■
ここから先は有料版にて公開しております。
http://www.mag2.com/m/0001595741.html



□■----------------------------------------------------------------□■
_Q7:その企業は強固な財務基盤を有しているか。
□■----------------------------------------------------------------□■
長期債務に対して、どれだけ稼ぐ力を持っているかが重要と考えています。)
低いですね。
1年以内に返済できます。

今期の長期負債(円) 3,500,000,000
今期の税引き後利益(円) 6,145,415,000
長期負債/税引後利益(年) 0.57
(長期負債を税引き利益で返済するのに必要な年数)





□■----------------------------------------------------------------□■
_Q8:その企業は自社株買い戻しに積極的か
□■----------------------------------------------------------------□■
今期発行済み株数 80,919,600
10年前の発行済み株数 75,100,800
過去10年間に減少した株数 -5818800.00
減少した割合 -7.19

増加していますね。
成長企業という部分での増資でしょう。
一株利益もROEも上昇を続けているので、問題ないように思います。



□■----------------------------------------------------------------□■
_Q9:その企業の製品・サービス価格の上昇はインフレ率を上回っているか。
□■----------------------------------------------------------------□■
うーん、分かりませんね。
ただし後継者探しという深刻なテーマを持っているので、
インフレ率はあまり関係ないかもしれませんね。


□■----------------------------------------------------------------□■
_Q10:その企業の株価は、相場全体の下落や景気後退、一時的な経営問題などのために下落しているか。
□■----------------------------------------------------------------□■
PER 65.70 (日経予想)

高いです。
それは分かっています。しかし成長率が半端じゃないんですよね。"


□■----------------------------------------------------------------□■
_Q11:株式の利回りと利益の予想成長率を計算し、国債利回りと比較せよ。
□■----------------------------------------------------------------□■
ここから先は有料版にて公開しております。
http://www.mag2.com/m/0001595741.html


□■----------------------------------------------------------------□■
_Q12:株式を疑似債券と考え、期待収益率を計算せよ。
□■----------------------------------------------------------------□■
ここから先は有料版にて公開しております。
http://www.mag2.com/m/0001595741.html


□■----------------------------------------------------------------□■
編集後記
□■----------------------------------------------------------------□■
こういう企業も現在は好調ですね。
中小企業の海外進出などには頻繁に利用されるでしょう。

さて、次はどの企業を分析しようか。。。
迷っています。

あと、BISが取りまとめている世界の負債状況も気になりますので、
そこら辺の統計データを読み込んでいきたいと思っています。

継続は力なり!
ダメでもともと(笑)

八木翼でした。

□■----------------------------------------------------------------□■

お断り:
本メールマガジンで登録された氏名、メールアドレス
やクレジットカード番号等の個人情報は、発行者であ
る八木翼個人(以下、「発行者」といいます。)には通
知されておりません。

企業価値や株価等に関する情報に言及することがあ
りますが、本メールマガジンは、あくまで財務の分析
等について学んでいただくためのものであり、有価証
券や金融商品の価値等についての助言、投資その他
の勧誘、税務相談、法律相談等を行うことは目的にし
ておりません。

掲載される情報は発行者が信頼できると判断した情報
をもとに作成・加工しておりますが、内容及び情報の正
確性、完全性等について、発行者はいかなる責任も持
ちません。

また、時事の変化等に応じて、お届けする内容が予告し
ていたものと異なる場合があります。

メールマガジン本文および関連データの知的財産権は
発行者に帰属しております。事前に承諾を得ることなく、
これらの内容を複製・加工・譲渡することはご遠慮くださ
い。
(ただし、通常の雑誌等と同様、常識及び著作権法等の
法令で認められる範囲内で、部分的に引用していただく
ことは差し支えありません。)


八木翼が行っているその他の活動

有料メールマガジン
・「毎日5分!経済英語NEWS!」(http://www.mag2.com/m/0001212350.html)
 毎日1分!経済英語NEWS!のNEWSの約8倍の英文量、詳しい解説を提供。
 毎日一分だけで、英語ができるようにはなりません。
 多読することで、英語は習得できます。


・バフェットの眼:(http://www.mag2.com/m/0001269131.html)
世界一成功した投資家ウォーレン・バフェットの投資法に従って、
  日本の会社を分析しています。これからの分析では、アフラック
  ナカニシ、日清食品HD、イオンディライト等を予定しています。

無料メールマガジン
・「バフェットの眼(無料)」(http://www.mag2.com/m/0001277652.html)
 有料メールマガジン「バフェットの眼」から企業について分析した
 一部の無料配信です。この無料メールマガジンでも十分勉強に
 なります。

□■----------------------------------------------------------------□■


◎【バフェットの眼】
配信停止はこちら↓
(http://www.mag2.com/m/0001277652.html)


八木翼へのお問い合わせ
die-try-in@hotmail.co.jp

もしくはtwitterの
tentengu

までご連絡ください。

□■----------------------------------------------------------------□■
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ