16年間で鑑定実績1143件の現役風水師が教える風水スクール

  • ¥0

    無料

初めまして、伝統風水師の秀山(しゅうざん)です。 私は、過去16年間で1143件のお宅の風水鑑定を行ってきました。 その間も、2000年ともいわれる長い時間伝わっている風水を、いろいろなところから学びました。 古典といわれる文献や、風水大師といわれる老師にもついて学んでいます。 このメルマガでは、中国で伝統として受け継がれてきた本物の風水をお伝えします。 古典や老師と言われる方たちから学んだ伝統風水を、初めての方にもわかるように、一から順番にお伝えしていきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
16年間で鑑定実績1143件の現役風水師が教える風水スクール
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年02月27日
 
発行部数
413部
メルマガID
0001282850
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 占い > 風水

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━
  ■鑑定19年の現役風水師が教える伝統風水メルマガ
━━━━━━━━

このところ、少し暖かくなってきて一時ほど、風邪やインフルエンザの話を聞かなくなりました。
 
ただし、花粉症にとってはいやな季節ですね。
 
そういう私も花粉症もちなので、悩ましい日々が始まります。
 
 
ところで、インフルエンザなどの流行病が始まりやすい日というのが、通書でわかります。
 
また、その日医者にかかると経過が良くない日なども、わかってしまいます。
 
 
家の風水で健康が大きく左右されることは、もしかしたら実感で知っているかもしれません。
  
でも、日時で健康が変わってしまったり、怪我などに合うとしたらどうしますか?
 
 
日本で吉日選びといえば、六曜(大安や友引など)があげられます。
 
結婚式や葬式、また地鎮祭や引っ越しなど、大安だから良いとか、友引だからだめなど良く聞きますね。
 
 
日本の日選びで、不思議だなと思うのは個人差や建物の問題が考えられていないことです。
 
六曜で、選ぶのは良いとしても(六曜が正しい吉日選びといっているわけではありません)
 
 
その点、中華伝統の擇日では人が対象となる日選びの場合(結婚やお葬式、商談など)対象となる人の生年月日も、一緒に分析します。
 
建物などが対象の日選びの場合は、建物やお墓の向きなどを一緒に分析するのです。
 
地鎮祭、建築始め、お墓の工事始め、引っ越し、事務所、店舗の開店などですね。
 
 
そうであってこそ、個々の目的に応じた吉日を選ぶことが可能になります。
 
つまり一般的には吉日ですが、その人、あるいはその建物にとっては、凶となる日が存在するというわけです。
 

その方が自然だと思いませんか?
 
 
大安であれば、だれでもがすべて良いとなったら、その日は何の問題も事件も起こらないはずです。
 
しかし現実では、毎日何かしらの問題や事件が起こっているのです。
 
 
なにかの問題や事件に巻き込まれることなく、毎日を平安に暮らすためにも、擇日の知識は大切です。
 
もちろん凶をさけるだけでなく、積極的に吉となる日を選んで行動することができます。
 
 
こういった擇日の知識が、ぎゅっと濃縮されて詰まっている本が、毎年発行される中華の暦である通書です。

通書を活用する事が、運を積極的に活用する最も簡単で効果的な方法といえます。

 
2018年の通書の在庫も、残り少なくなって来ました。
 
今回の在庫分で販売終了する予定ですので、まだおもちでないならお早めにご注文下さい。


始めての方には、簡単な使い方のテキスト、動画をプレゼントしています。
 
詳しくはこちらからごらんいただけます。
 
http://fengshuischool.cart.fc2.com/ca2/36/p-r-s/


それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

伝統風水師秀山 拝






━━━━━━━━━

伝統風水師秀山公式HP:https://fengshui.jp

伝統風水師秀山公式ブログ:https://fengshui.jp/syuzan/


発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちらから http://www.mag2.com/m/0001282850.html

━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ