そろばん学習と教育・社会の話

  • ¥0

    無料

そろばん教育の専門家でエッセイストの川西一仁がそろばん学習と教育・社会の話を綴ります。真面目な話とゆる~いエッセイの2本立て。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
そろばん学習と教育・社会の話
発行周期
不定期
最終発行日
2014年11月17日
 
発行部数
83部
メルマガID
0001287072
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 小学生向け > 算数

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■そろばん学習と教育・社会の話
2014年11月17日 第108号

【第一部:子供の教育編】
~育児雑誌が煽る恐怖

【第二部:我が家の日常編】
~サトウのごはん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆お知らせ
本メルマガの発行サイクルを、今後、「不定期」とさせて頂くこと
になりました。今後とも、このメルマガをご愛顧頂きますよう、
お願い致します。


◆メールマガジンの構成
このメールマガジンは2部構成になっています。

 第一部はそろばん学習に纏わる色々なお話をします。そろばんの
先生という立場での話も多くしますので、これからそろばんを習わ
せようと思っている親御さんや現在、お子さんにそろばんを習わせ
ている親御さんに有益な情報を提供していきます。また、子供だけ
でなく、大人のそろばん学習に関する情報や教育全般のお話、また
一部社会問題についても取り上げていきます。

 第二部はエッセイです。第一部と違って真面目な話ではありませ
ん。気楽に読めますがバカバカしい話ばかりになるかもしれません。
基本的に同じ号でも第一部と第二部は全然違う話です。教育的効果
はほとんどありません。むしろ、書かれる文章は正しい日本語でな
かったり、頻繁に大阪弁が登場しますので、教育的にはマイナスか
もしれません。よって、お子さんにはお勧めしません。大人である
あなたがこっそり楽しんで下さい。
 第二部はあくまでおまけで実験的に入れてます。読者の方から、
こんなくだらないエッセイはやめちまえという意見が多かったら、
突然終了するかもしれません。

 さて、今日の第一部は「子供の教育編」です。
今回は「育児雑誌が煽る恐怖」
 第二部は「我が家の日常編」
今回は「サトウのごはん」です。

それでは今日の本題に参りましょう。


【第一部:子供の教育編】
~育児雑誌が煽る恐怖

 マスメディアを通じた育児情報や教育に関する情報が広く影響を
持つ現在、育児雑誌の情報を必要以上に鵜呑みにしていないかを最
近は心配することが多くなりました。確かにテレビや雑誌などに有
用な情報もたくさんあります。しかし、そこにあるのは子育てのヒ
ントであって解答ではありません。

 教育には、本来はあってはならないトレンドというものがありま
す。今の日本の教育のトレンドは「褒めて伸ばす」とか「長所を伸
ばす」とかです。しかし、これは「叱らない教育」でもなければ
「短所を放ったらかしにしておく教育」では断じてありません。何
度もこのメルマガでも言及してる通りですね。ダメなことをしたら
叱ってやるのが愛情ですし、長所を伸ばすことも大切ですが、短所
を克服する喜びを教えてやるのも教育の役割なのです。

 ところが、この話をあるビジネスパーソンにした時に、「いや、
短所は直さない方が良いのは間違いない。こないだ読んだビジネス
パーソン向けの本にも書いてあった」と反論されました。大人にな
ってから短所を直すのに必要以上に時間を費やさない方が良いとい
うのは、ある意味合理的な行動なのかもしれません。短所があって
もチームを組んで仕事をするのであれば、そこに目を向けるより長
所を生かして、そのチームが全体として高いパフォーマンス(結果)
を出すことに精を出すべきだというのは私も理解できます。しかし、
短所があって良いとは言っても、それは最低限のレベルは満たして
いる必要はないでしょうか。

 例えば、食事について考えてみてください。値段は高いけれども
美味しいものを選ぶのか、それほど味は期待しないけれども安いも
のを選ぶのかは、その時々の気分や状況によって変わるでしょう。
しかし、いくら安い方が良いというケースでも、味は不味くてとて
も食べられるものではないレベルだったり、食の安全という意味で
あまりに心配だったら食べないでしょう。また、いくら高いから美
味しいものをと思っても餃子一個に10億円は出せないでしょう。
もちろん、そういう人もごく稀にいるかもしれませんし、食の安全
も満たされていない上に、不味かったり味がしなくてもとりあえず
胃袋に入れることが大切という場合もあるでしょう。しかし、割合
から言えば極めて稀なケースのはずです。人間の持つ短所や長所も
これと同じで、その程度がどのくらいなのかで仕事や人生の選択肢
が広まったり狭まったりするのです。

 育児雑誌は売れてナンボ、テレビは視聴率が取れてナンボの世界
です。だから出てくる情報は読者ウケするものや視聴者ウケするも
のにどうしても偏ってしまいます。冒頭にも書きましたが、全てが
悪いわけではなく、その中には良いヒントもあります。しかし、自
分の子供にそれが果たして効果があるかどうかを立ち止まって考え
る習慣を是非つけて頂きたいと思います。

 育児雑誌に、○歳までにはオムツが外れるように早めにトイレト
レーニング等、今の育児雑誌や教育関連雑誌には親の恐怖を煽るよ
うなものが多すぎます。特別なケースを除き15歳でオムツをして
いる人はいないでしょう? よその子と比べて早く早くという恐怖
に突き動かされた育児は親子ともに窮屈でしんどいものになります。
育児雑誌は育児雑誌。あなたの子供にあった育児や教育をさせてあ
げればいいじゃありませんか。



【第二部:我が家の日常編】
~サトウのごはん

 先日、夕食の準備をしていた、かーちゃん(妻)が仕事から帰宅
した私に背を向けたままでこう言った。


「今日(の米)は、“サトウのごはん”です」


 仕事で疲れて帰ってきてサトウのごはんはちょっと・・・と思っ
たりもしたが、まぁ、かーちゃんもお疲れなこともあるだろうし、
ここは要らんことは言わんとこうと、ただ一言。


「うん、わかった」


すると、かーちゃんは


「この“サトウのごはん”は消費期限が12月までだから」


なるほど、そういうことか。東日本大震災から3年半余り。うちは
関西在住なので直接的被害はなかったけど、かーちゃんの実家は宮
城県。やはり震災の教訓を忘れず非常食をきちんと回してるのは偉
いなと感心した私。すると、


「またの名を・・・」


またの名? サトウのごはんに別名なんかあったっけ、と思い聞き
返す。


「またの名って?」



「またの名を・・・」




「・・・炊飯器のスイッチを入れ忘れたとも言う」(-_-)

・・・・・(-_-;)



「いやー、炊飯器開けてみてびっくししたわ」



◆編集後記
びっくりしたのは私である。“またの名”の使い方を間違ってると
注意しようと思ったが、炊飯器の使い方を間違ってるかーちゃんを
混乱させて、明日も“サトウのごはん”になったら困るのでやめと
きました。(泣)




ご意見・ご感想はこちらから
 →http://www.wakuwaku55.com/children/inquiry_g/


◆発行者サイト
☆公式HP:http://www.wakuwaku55.com
☆Facebook(そろばんトレーニング):http://on.fb.me/J07q0F
☆Facebook(Soroban-Training):http://www.facebook.com/SorobanTraining
☆Facebook(エッセイ):http://on.fb.me/LljlWw
☆ツイッター:http://twitter.com/Soroban_55


◆川西一仁の著書・監修物

☆「おけいこそろばん学習キット(DVD付き)」
川西一仁 監修 サクラクレパス 発行
学習DVD、そろばん、ドリルがセットになった学習キット
http://bit.ly/KlAyx3

☆「そろばん式脳トレーニングBOOK」
川西一仁 著 ゴマブックス 刊
大人向けのそろばんを使わないそろばん式トレーニング
http://amzn.to/IQtWqb

☆「脳がどんどん若返るそろばん式トレーニング」
川西一仁 著 司書房 刊
大人向けそろばん式トレーニング第二弾
http://amzn.to/INc41g

☆The depth of the Soroban DVD
川西一仁 監修 メディアジャパン(株) 販売
英語/日本語の二ヶ国語収録のそろばん解説DVD
海外へのおみやげにも最適!
http://amzn.to/Iy0ulG

☆「スッチー裏物語」
川西一仁 著 バジリコ 刊
客室乗務員の裏話が満載のエッセイ
http://amzn.to/LljxFr



◆このメルマガを解除するには?
こちらには読者のメールアドレスはわかりませんので、解除の場合は
以下のリンクから各自お手続き下さい。

http://www.mag2.com/m/0001287072.html

申し訳ありませんが、代理解除、およびこれに関する質問にはお答え
できませんので、もしご不明な点などがあれば、メルマガ配信会社
(まぐまぐ!など)に直接お問い合わせ下さい。



◆ご意見・ご感想などはこちらから
 →http://www.wakuwaku55.com/children/inquiry_g/

リクエストの多いご質問などはなるべく取り上げますので、お聞きにな
りたいことがあれば、遠慮なくご意見を頂ければと思います。なお、頂
いたご意見などは全て目を通しますが、基本的には個別のお返事は差し
上げられませんのでご了承下さい。



========<発行者情報および免責事項など>====================
●発行者:川西一仁
●発行頻度:年末年始やお盆、祝日を除く毎週月曜日
●発行者HP:http://www.wakuwaku55.com
●Copyright: Kazuhito Kawanishi

●第一部の情報については正確を期していますが、万一当メルマガで
得た情報によって不利益を被ったとしても一切の責任は負えません。
筆者独自の意見も含まれていますので、読者の方はご自身の考え方の
ヒントとしてご活用下さい。

●第二部の情報に関しては、正確さは目指してません。事実を多分に
含んでいますが、時に嘘八百も含まれます。何卒、事実として他人に
語らぬようご注意下さい。

●第一部、第二部ともに無断掲載は禁じますが、全文転送なら構いま
せん。こういった情報を求めている方がいらっしゃればお勧め下さい。

●読者の皆さんからのメールは、事前の告知なくメルマガやHP等に
匿名で掲載させて頂く可能性があります。掲載をお望みでない場合は、
その旨ご明記頂きますようお願い致します。また、掲載の際には文意
を損なわない程度の編集をさせて頂くことがありますことも併せてご
了承下さい。
=========================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ