ホリスティックの“壺”

  • ¥0

    無料

ホリスティックな視点でみた医療周辺にまつわる最新ニュース、科学、生活情報をやさしく教えます。―――併せて月々開催で多彩と評判、ご好評いただいている中部支部ホリスティックイベントも紹介します。ご期待ください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ホリスティックの“壺”
発行周期
週刊
最終発行日
2017年12月12日
 
発行部数
274部
メルマガID
0001287374
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

∽∝ホリスティックの“壺”∝∽…………………2017年12月12日 第341号

ホリスティック医学 ~人間まるごとの医学・科学・技術を考える。情報
は私たち生活者に何を与えてくれるか?~
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
【CONTENS】 

★ホリスティックの“壺”の中

○。中部支部NextEvent紹介
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
全覧はhttp://holistic-chubu.org/ 「ホリスティックの“壺”」で
ご確認ください。


★-1 ■コーヒーは有益か?有害か?/BMJ
~ケアネットニュース2017.12.4~
コーヒーの飲用は、一般的な量であれば全般に安全で、1日3~4杯の飲用
でさまざまな健康転帰のリスクが大幅に低減され、有害性よりも利益が勝
る可能性が高いことが明らかとなった(英国・サウサンプトン大学)。コ
ーヒーをまったく飲まない集団に比べ1日3~4杯飲用する集団は、全死因
死亡相対リスク:0.83、心血管死同0.81、心血管疾患同0.85など相対リス
クが有意に低かった。
http://www.carenet.com/news/journal/carenet/45133

【食事の度に・・・どうぞ!】

★-2 ■親の行動、子どもの自殺リスクに関連 米研究
~AFP通信2017.12.6~
親が子どもの情緒面の健康にほとんど関心を示さないと感じている10代若
者は、親が子どものことを自慢に思い、積極的に関わってくれると考えて
いる若者に比べて、自殺を考える危険性がはるかに高いとの研究結果(米
シンシナティ大学)。「子どもたちは誰かが自分についてくれていること
を知る必要があるが、残念ながら子どもたちの多くはそれを知らないでい
る。それが大きな問題だ。子どものことを自慢に思っていることをしっか
りと伝え、取り組みを褒めること。そして子どもと積極的に関わって、宿
題を手伝ってあげることだ」と。
http://www.afpbb.com/articles/-/3154313

【今日から宿題をご一緒に・・・】

★-3 ■低脂肪食による減量で肥満者が長生きに?
~ヘルスデーニュース2017.12.12~
肥満の人は低脂肪で飽和脂肪酸の摂取量を抑えた減量食を実践すると、運
動の有無にかかわらず余命が延長する可能性のあることが新たなシステマ
ティックレビューとメタ解析で示された。低脂肪食による食事介入で肥満
成人の全死亡リスクは18%低減し、介入を行わなかった場合と比べて死亡
例が1,000人中6例減ることが分かった。
http://www.carenet.com/news/general/hdn/45077

【もう少し減ってもよさそう。】




○。中部支部NextEvent

[特別企画]リボーン~本来の自分になる5つの習慣~

[第1幕] 講演 がんは気づきのメッセージ、がんが人を成長させる
 <講師> 船戸 崇史(岐阜県養老郡医師会会長・船戸クリニック院長)

がんは「本来のあなた」から「今のあなた」に充てた
「変わりなさい」というメッセージだったのです。
プロジェクト「リボーン」は新しい自分への入り口となる!

[第2幕] ディスカッション 大ホリスティック時代の新しい医療観とは
 <パネラー> 降矢英成(赤坂溜池クリニック院長・当協会会長/司会兼
務)/黒丸尊治(彦根市立病院緩和ケア科部長・当協会副会長)/愛場
庸雅(大阪市立総合医療センター耳鼻咽喉科部長・当協会理事)/川嶋朗
(東京有明医療大学教授・当協会理事)

[第3幕] 演奏と演舞 TSUWAMONO 彩
<TSUWAMONO 彩 ご紹介>
和楽器演奏と絶妙な演舞が、2015年イタリア・ミラノ国際博覧会をわかせ
た。日本館“日本の祭典”公式演奏の感動をもう一度。

●と き:2018年 1月14日(日)13:20~15:50
●ところ:じゅうろくプラザ ホール 岐阜市橋本町1-10-11
※JR 岐阜駅隣接 TEL058-262-0150
●参加費:前売り一般 3,000円 当日3,500円
       
*参加申込みは以下ホームページ「申込みフォーム」から願います。
 申込みフォームに記入して正式申込みとなります。
 http://holistic-chubu.org/event
――――――――――――――――――――――――――――――――
【主 催】NPO法人日本ホリスティック医学協会中部支部
一宮市平和1-2-13(担当 長谷部) TEL0586-46-1273 FAX0586-46-0367
Eメール contact@holistic-chubu.org
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ