「雑誌に書けないクルマの通知簿」無料版

  • ¥0

    無料

自動車ライターが雑誌で書けない情報をメルマガでこっそり教えちゃいます。 どこにもない情報、誰も言わなかった(言えなかった)情報をたっぷりお伝えします。クルマ全般斬りまくります。 まぐまぐで発行中の「雑誌に書けないクルマの通知簿」のダイジェスト(無料版)です。ブログ「試乗オヤジのたわごと」に先行して配信します。 (有料版紹介ページ)http://www.mag2.com/m/0001255153.html

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
「雑誌に書けないクルマの通知簿」無料版
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2016年12月09日
 
発行部数
1,217部
メルマガID
0001308330
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
クルマ・バイク > クルマ > 購入ノウハウ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

********************************
無料メルマガの購読、課金に関するお問い合わせは、reader@mag2.com
(自動応答ですので、まず、空のメールを送って下さい)までお願い
します。
届かない場合などは迷惑メール等に分類されている場合もありますので
予めお確かめください。
********************************

●無料版Vol.257「ルノー・ルーテシアZEN 1.2L」

                            2016/12/9
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「雑誌に書けないクルマの通知簿」(無料版)
~覆面自動車ライターによるぶっちゃけトーク~
───────────────────────────────
今週のニューモデル試乗

「ルノー・ルーテシアZEN 1.2L」

“足の伝統芸能は健在か?”

久々のフランス車です。私は実はフランス車が大好きで、一時はルノー5
・シトロエンBX・プジョー504Dの3台を同時に保有していた時期もありま
した。

ルーテシアも初代のクリオの時代からいい思い出しかありません。当時
の国産車のレベルからすると、その圧倒的な乗り心地とハンドリングの
良さに驚いたものです。

今回は2012年のパリモーターショーで登場した新型「ルーテシア(本国
名 クリオ4)」です。本当は0.9L、3気筒のMTを試乗したかったのです
が、試乗車の都合でベーシックな1.2Lの4気筒モデルを試乗したのです
が、これも予想外に良かったです。


さてさて、それでは早速逝ってみましょう!^^


スタイル★★★★☆

フォルムはルノーらしく曲面を活かした優しいものです。

前後のフェンダーは明確なボリュームがあり抑揚豊かです。キャビンは
リアフェンダーの膨らみを強調するように深く絞り込まれています。こ
れはキャプチャーなどでもそうですね。

絞り込まれたウエストは若々しさと女性的な魅力も感じます。

これだけ曲線を多用しているのに全体として一体感があるのはボディの
フィニシュレベルが高いためでしょう。

フロントの大きな目はチャームだし、リアの引き締まった造形や小さく
明快なコンビネーションランプは新鮮さも感じます。

監修は2009年にルノーのデザイン担当常務に就任したローレンス・ヴァ
ン・デン・アッカー、彼の大胆な中にも控えめな抑えの利いたセンスは
ルノーに新しい光を与えているように感じます。


内装★★★☆

ルノーと言えば明るくポップなインテリアが特徴ですが、試乗車はベー
シックなZENだったので、より豪華なインテンスと違ってシートは2トー
ンではありません。

黒一色のコーデです。ドアパネルやダッシュなどいかにもプラスチック
然とした印象ですが、外観と同様に上手く曲線であしらわれたデザイン
のお蔭で不思議と安っぽさはありません。随所にあしらわれたシルバー
やピアノブラックの質感も救っています。

ステアリング&シフトノブなど手に触れる部分がレザーでコストをケチ
っていないのも国産車との違いです。

シートも昔ほどではないですが、どこにもストレスを感じない優れも
のです。確かにソフトなのですが、サポートはしっかりとしていて身
を委ねたくなる

残念なのはせっかくイマドキな7インチの大型タッチスクリーンがナビ
ゲーションとして機能しないことです。ここに後付けのナビを埋め込
むことも出来るそうですが、せっかく純正で用意されたスクリーンを
活かせないのはもったいない感じです。


エンジン★★★★★☆

エンジンは静かでスムーズですね。綺麗に回ります。4気筒 1.2リッタ
ー 直噴ターボエンジンと6段EDC(デュアルクラッチ式AT)の組みあわ
せです。最高出力120ps/4,900rpm、最大トルクの19.4kg-m/2,000 rpm
です。

ミッションはデュアルクラッチの割にスムーズでクリープもあります
が、ダイレクト感はさほどでもないです。それでもVWのように加速時
にポンポンとシフトアップしてエンジンを低回転に保つというより高
回転までエンジンを積極的に引っ張ります。減速時にも積極的にシフ
トダウンする様は往年のフランス車を思い出します。

パワーも十分でスピードの乗りもいいのでストレスが無いです。回せ
ばR.S.ドライブ(パワーモード)の付いたGTほどではないですが、綺
麗な音がします。

アイドリングストップが無いのは、イマドキではありませんが、3気
筒にも負けず劣らずこの4気筒も魅力的です。


足回り★★★★★

この乗り味の素晴らしさはルノーならではですね。乗り心地は常に湿
気を帯びているかのようにしなやかです。

安定感は従来のルノーからすると、どっしり感が足らないかと感じま
すが、軽いステアリングと軽快なドライブフィールとのトレードオフ
でしょう。

転がり抵抗を抑えたミシュラン プライマシー3の性格も影響している
かもしれません。

ハンドリングのしっかり感はフロントサスのレートを40%、ダンパー
の減衰力を30%、高め、リアにエステートから流用した太いスタビラ
イザーを採用するGTに任せるとして、このグレードでは街乗りの軽快
感と優しい乗り心地を楽しむべきでしょう。

そういう乗り方をするとこのクルマは法外に語り掛け、対話を求めて
くるタイプだと感じます。しっかりとしたボディとしなやかながらタ
フな足回りは路面状況を優しく伝えます。


総評★★★★

やはりこのルーテシアもフランス車独特というかルノー独特の乗り味
を持っていました。それはどこか気軽に楽しめるキャラにもよるので
しょうか?

ドイツ車のようにムキになってその性能を使い倒してやろうという気
にもならないのですが、普通に乗っていてもどこか味があります。

理詰めなドイツ車の乗り味に馴染めない人、C3や2008もいいですが、
ルーテシアの自然な感触や温かさは相棒として付き合うと離れ難くな
ると思います。

ブルーも綺麗ですね。こんなのにサラリと乗っている女性がいたら
知性を感じます。見た事ないですけどね。もし出会ったら追いかけ
て見たくなりますね。

【スペック】ボディサイズ|全長4,095×全幅1,750×全高1,445 mm/
ホイールベース|2,600 mm/トレッド 前/後|1,505 / 1,505 mm/重量
1,190 kg/エンジン|1,197cc 直列4気筒 直噴DOHC ターボ/最高出力|
88kW(120ps)/ 4,900 rpm/最大トルク|190Nm(19.4kgm)/ 2,000
rpm/トランスミッション|6段デュアルクラッチ(EDC)/駆動方式|F
F/サスペンション 前/後|マクファーソン ストラット / トレーリン
グアーム/タイヤ|/195/55R16/価格|/215万円

(※この記事は2016年1月に書いたものです。有料版の記事の一部を
加筆訂正し約1年遅れで配信しています。)


●来週の無料版は「ルノー・ルーテシアZEN 1.2L」

“足の伝統芸能は健在か?”の予定です。


編集後記

こんにちは試乗オヤジです。

今週もまずは気になるニュースをいくつか・・

先週、カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を政府に促す「カジ
ノ解禁法案」が、衆院内閣委員会で可決されました。

相変わらずというか、民進党や共産党はギャンブル中毒者ができる可
能性についてのケアができてないとかで、反対を唱えている議員がい
ます。自らパチンコ業界お抱えの族議員ですと公表しているような行
動ですが、もしかしたら本当にただのバカなのでしょうか?

雇用も生まれるし、海外からの投資も増えるだろうし、税収も増える。
治安が乱れるとか色々言いますが、大体カジノの客層の方がパチンコ
の客層より遥かに紳士ですよね。

ま、どうにか日本にカジノができる可能性が少し前進したのはいい事
です。

私の住んでいる家の近く大阪の舞島も候補に挙がっていますが、USJと
ともにカジノでも地価が上昇したら嬉しいなあ^^


それにしても最近、高齢者による暴走事故が多いですね。博多で64歳
のタクシー運転手が運転する車が病院に突っ込み、3人が死亡、7名が
負傷する事故がありました。

タクシーを運転していた松岡龍生容疑者(64)は、「ブレーキを踏ん
だが止まらなかった。エンジンブレーキもかけようとしたが減速しな
かったので、病院に突っ込んでしまった」と供述しているそうですが、
踏み間違えか意識を失っていたとしか考えにくいですね。クルマのせ
いにしようとしているのだろうと勘繰りたくなります。

事故を起こした車は、今回も?プリウスです。まあ、販売台数が多い
から確率も高いのでしょうけど、トヨタからすると迷惑な話ですね。
まあ、調査をすれば容疑者の言っていることが本当かどうかは分かる
はずです。



P.S.ビットコインなどの暗号通貨を利用した資産運用にご興味のある方
は直接ご連絡下さい。マイニングによる長期の安定運用から月利30%と
いう驚異のパフォーマンスを叩き出すものまで!私自身も運用している
ポートフォリオを読者限定で教えちゃいます^^

www888jp@gmail.com (試乗オヤジ)

ではでは、お気軽に^^




●今週の有料版(¥315/月)は「VW・ザ・ビートル デザイン」
“見た目と中身は別物?”



有料版「雑誌に書けないクルマの通知簿」
http://www.mag2.com/m/0001255153.html   
↑登録月は1ヶ月(バックナンバーも含め4号分)は無料で読めますので
ぜひチェックしてみて下さい。





───────────────────────────────
このメルマガに関するご意見ご感想、ご質問は、 sato@mountain.ocn.ne.jp  までお願いいたします。
────────────────────────────────
■ 試乗オヤジ
■ 有料版紹介ページ(まぐまぐ)http://www.mag2.com/m/0001255153.html 
■ Blog: http://sijyouoyaji.com/
「試乗オヤジのたわごと」
■ Facebook: https://www.facebook.com/sijixyouoyaji?pnref=story 
(個人ページ) 
■FBページ:http://www.facebook.com/Kurumatteiine 
「クルマっていいね!」
■ Twitter:http://twitter.com/kapa0809 
■ 登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001308330.htm 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ