目指せ入賞! 宣伝会議賞

  • ¥0

    無料

キャッチコピー1本で手軽に応募できるコピーコンテスト「宣伝会議賞」で入賞を目指す方を応援します。コピーコンテストで選ばれるコピーを徹底解説。コンテストで選ばれやすいキャッチコピーを簡単につくれる「穴埋め式の構文」や「Q&A作成法」などをご紹介します。入賞するコピーの作り方のコツを、現役のコピーライターがお教えします。あなたも「宣伝会議賞」に応募して100万円獲得を目指しませんか?

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
目指せ入賞! 宣伝会議賞
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2017年10月05日
 
発行部数
197部
メルマガID
0001327312
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.110                      2017/10/05

─[目指せ入賞! 宣伝会議賞] ─────────────────────


◆「キャッチコピーづくりのプロセスを解き明かす」 ◆


──────────────────── [第55回宣伝会議賞 対策講座]─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第54回宣伝会議賞の協賛企業賞に、こんなコピーがありました。


…………………………………………

思い出は、行方不明になりやすい。

…………………………………………
キヤノンマーケティングジャパン

キヤノンのフォトブックサービス「Photo Jewel S」でフォトブックを
つくりたくなるアイデア




どうやって考えたのか、想像でもいいのでそのプロセスを解き明かして
いくとコピー作りの参考になります。


では、さっそくやってみましょう。



今や写真は、スマホで気軽にどんどん撮れる時代。
気がついたら数千枚に!


あれ?そう言えば、あのとき写真を撮ったはず。

どこだっけ?
すっごく良い写真だったのに…。

もしかして、うっかり削除しちゃった?


そんなことがないように、フォトブックにしておけば安心。


それが、フォトブックサービスの良さだよね。

じゃあ、コピーは、


…………………………………………

何も考えずに撮りっぱなしにしていると、
あとで探すのが大変です。

…………………………………………

これじゃ、ストーレト過ぎ。

もう少し、手を加えよう。





…………………………………………

大切な写真は、見つけにくい。

…………………………………………


少し良い感じになってきたような気もするけど、表現がありきたり。


単語ひとつひとつを別の単語に置き換えて、もっと気の利いた表現にしたい。

「大切な写真」


宝物
記念
思い出
etc.

と、どんどん別の言葉を挙げていきます。



「見つけにくい」


探しにくい
迷子になって、わからなくなった
どこかに行ってしまった
行方不明になった
etc.


この中から良さそうな言葉を選んで、コピーにすると、

…………………………………………

思い出は、行方不明になりやすい。

…………………………………………

と、なるわけです。


受賞者の方が実際にこのようなプロセスで考えたのかは不明であり、
あくまでも想像です。



しかし、過去の受賞作品を見て、どうやってこのコピーを作ったのかを
考えるのは、コピーづくりの参考になります。

ぜひ、試してみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まとめ


1.過去の受賞作品を見て、どうやって作ったのかを想像してみる。



2.1度作った案を見直し、ありきたりな表現や言葉を別の言葉に置き換えてみる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■キャッチコピーづくりを学べる通信制コピーイラター講座

「実践コピーライター講座」 10月コース受付中

http://learning.copywriter-college.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■無料メールマガジン 「目指せ入賞! 宣伝会議賞」
発行:コピー大学 http://copywriter-college.com
発行責任者:コピーライター/水沢 宏
ブログ:http://copitama.blogspot.com
発行日:宣伝会議賞応募期間中は週2〜3回(その後は、不定期)
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
購読の申込み・解除はこちら http://www.mag2.com/m/0001327312.html

Facebookページ  http://www.facebook.com/CopywriterCollege
blog「コピーライター思考」 http://blog.goo.ne.jp/copitama
コピーコンテスト「コピー大学賞」 http://award.copywriter-college.com
実践コピーライター講座 http://learning.copywriter-college.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ