少し気になる「明日はどんな日?」今日より幸せになりたいから

  • ¥0

    無料

日めくりのように一日一日を意識してみませんか。その日のことに何か意味があるのかもしれません。少し元気の出る言葉と過去のその日にあったことや暦にしるされたことを、神職がお知らせします。毎日をステキな一日にしていきましょう。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
少し気になる「明日はどんな日?」今日より幸せになりたいから
発行周期
日刊
最終発行日
2018年07月15日
 
発行部数
89部
メルマガID
0001330955
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > 生活

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□7月16日 ちょっと瞑想したいなあというときに--瞑想道場(無料)
https://www.facebook.com/events/409200066244502/
--------------------
少し気になる「明日はどんな日?」今日より幸せになりたいから
平成30年(2018年)7月16日(月曜日)
---------------------------------
■旧暦 6月4日、先負、一粒万倍日
■正義のために争っている人たちは、互いに自分が正しいと思っています。(鳳徳)
■できごとや記念日
・1377年 - イングランド王リチャード2世が戴冠。
・1951年 - J・D・サリンジャー作の小説『ライ麦畑でつかまえて』が発刊。
・1999年 - 上野駅と札幌駅を結ぶ夜行寝台特急「カシオペア」が運転開始。

■誕生日
1827年(文政10年6月23日) - 小栗忠順、江戸幕府勘定奉行、万延元年遣米使節団監察(+ 1868年)
1827年(文政10年6月23日) - 加納宗七、紀州藩の御用商人(+ 1887年)
1872年 - ロアール・アムンセン、探検家、南極に初到達(+ 1928年)

■忌日
1729年 - ヨハン・ダーフィト・ハイニヒェン、作曲家(* 1683年)
1916年 - イリヤ・メチニコフ、微生物学者(* 1845年)
1919年 - 板垣退助、明治維新の元勲、自由民権運動の指導者(* 1837年)

■修生会の行事
10時 プチお祓い
10時 瞑想道場

・元号の入った和暦は、旧暦です。
・できごとや記念日などは、wikipedia (http://ja.wikipedia.org/)から修生会が選んでいます。
・私たちの励みになりますので、ご感想やご意見などどんなことでもお聞かせください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●修生会はあなたを心から応援しています●
癌封じと癌平癒、祈祷、お祓い、ご指導(神占、相談)、お守り、お札
お気軽にお電話を 079-245-0780
------------------------
少し気になる「明日はどんな日?」今日より幸せになりたいから
発行所:修生会
http://syusei.or.jp/
中澤鳳徳のブログ「神と人のはざまで」
http://kamitohito.seesaa.net/
〒672-8023 兵庫県姫路市白浜町甲2379
E-mail : syusei@saturn.dti.ne.jp
電話 079-245-0780
Copyright(C), 2011-2018 修生会
上の記事を自由にお使いください。必要に応じて出典を明らかにしてください。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ