でるとこ攻略日本史メルマガ

  • ¥0

    無料

予備校講師 石黒拡親が「受験日本史」を徹底分析!過去20年分の入試問題をデータ化しているからこそわかる、受験対策のいろはや高得点獲得のための勉強法を指南します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
でるとこ攻略日本史メルマガ
発行周期
毎週水・土曜日発行
最終発行日
2018年02月24日
 
発行部数
288部
メルマガID
0001335893
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 受験 > 大学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◇━━━━━━◇◆

 予備校講師 石黒拡親の
 でるとこ攻略日本史メルマガ
 第663号

 毎週水・土曜日発行
 http://www.derutoko.com/

◆◇━━━2018/02/24


■再チャレンジの人へ

今年の受験の結果が不合格、もしくは結果に納得できず、再チャレンジする方からの相談が届いています。
同じように悩んでいる方がいるでしょうか。

サイトやブログには、相当な量の受験情報を公表していますので、それらを読みあさりながら、今回の敗因を細かく分析してください。
そして、再出発までに、以下の問に対する答えを出しておいてください。

<石黒の通年授業を受けていた人は>
(1)どのくらい授業を聴き取るべきだったのか。
(2)これからはどうやって授業内容を復習するのか。

<石黒の通年授業を受けていなかった人は>
(1)学習のモトとしていたものをどのくらい吸収すべきだったのか。
(2)これからは何を学習のモトとしていくのか。

<どちらの人も>
(3)暗記する方法にはどんな種類があるか。
(4)問題演習はどのくらいするべきか。
(5)過去問は何年分・何学部分をいつからやるべきか。
(6)他教科と比較して日本史にどれだけ時間をかけるか。
(7)時間をかけずに上記をやりとげる方法は何か。

さて、これらの問に対して地方の受験生からいただいたメールと、それに対する返信を項目別に紹介します。
「今年はなんとしてでも受かりたいので厳しい意見でも構わないのでご意見宜しくお願いします。」とのことでしたので、本当に厳しい意見をお返ししました。


(1)学習のモトとしていたものをどのくらい吸収すべきだったのか。
<受験生>
読むだけ日本史をベースにしていたので最低限、赤字になっている用語は書けるようにしなければいけなかったと思いました。
日本史初学者だったので読むだけ日本史で理解出来ないものは講義系の参考書で確認すればよかったと思いました。

<石黒>
『読むだけ日本史』(学研)の赤字レベルは、日東駒専に必要なA~Cランク用語です。
http://amzn.to/1okIxly
MARCH学習院以上をめざすなら、当然黒字にまで踏み込んでください。
『読むだけ日本史』に書かれていない内容を扱っている『難関大用語集解』(derutoko.com)という教材があるのをご存じありませんか?
http://www.derutoko.com/publish/yougosyuge.html
それは教科書と同じくらいの分量の本です。
ちなみにそれでも前近代にかぎっての教材です。


(2)これからは何を学習のモトとしていくのか。
<受験生>
以前のブログで河合塾の浪人向けの講座はないと書いてあったので、××(編注:予備校名が入ります)の通年講座をとってそのテキストをモトにしようと考えています。

<石黒>
××のテキストは……見たらわかると思いますが、あれを覚えられるとしたら、相当な能力の持ち主だと思います。
暗記するためのまとめとはとても言えないものです。
××から僕の授業に移ってきた人で、40面ノートに衝撃を受けた人が過去に数多くいて、教えてもらいました。


(3)暗記する方法にはどんな種類があるか。
<受験生>
第一にゴロだと思いました。
でるとこ攻略法のゴロにはかなり助けられました。
他にも自分で出来そうだと思ったのはチェックペンと書いて覚えたり歩き回ったり体を動かしながらしゃべったりとそのくらいです。

<石黒>
暗記方法がそれだけでは少なすぎます。


(4)問題演習はどのくらいすべきか。
<受験生>
本屋で探してみても自分のすんでいる近くには問題集はたくさんないので基本は赤本を多く解く事になりそうです。

<石黒>
今は書籍を本屋だけで買う時代ではないと思います。
そのハンデを乗り越えなければ都心部に住む受験生に、永遠に負け続けます。


(5)過去問は何年分・何学部分をいつからやるべきか。
<受験生>
ブログにも書いてあったように最低限10年分はやる必要があると思いました。
自分が志望する以外の学部は出来る限りやろうと思います。
学習した分野が終わったらひとまず解いてみようと思います。

<石黒>
過去問を解くための計画表を作るべきです。
解いて復習する時間を考慮して、何問ずつやっていくのかはっきりと決めるのです。
そのためには自分が解く過去問が、全部で何問存在するのかを数える必要があります。


(6)他教科と比較して日本史にどれだけ時間をかけるか。
<受験生>
4月~7月頃は日本史に時間をかけて8月頃からは時間を短縮して英語や国語に力を入れようと思います。

<石黒>
普通は最初に英語に時間をかけて、だんだんと日本史にかける時間を増やしていくものです。
詰め込む量がどんどん増えていくのに、時間を短縮していくというのは非常に難しいことだと思います。
全体を通じて思ったのは、見通しが甘いのではないか、ということです。
生授業を受けて本当にどのレベルまで学習すべきかを知ったら、衝撃で倒れてしまうのではないでしょうか。


これらの質問は、簡単に答えが出るものではないと思います。
みなさんも相当深く考えてみてください。


□■ 関連ブログ記事 ■□
高卒生版・3月の勉強法
 http://www.derutoko.com/blog/20100310/000004
4月9日のアマちゃんに渇!
 http://www.derutoko.com/blog/20060513/000013
2年目の河合塾冬期・直前講習
 http://www.derutoko.com/blog/20100927/000029
2つのブログ記事の、その後
 http://www.derutoko.com/blog/20110527/000006
高卒生の伸びしろ
 http://www.derutoko.com/blog/20100428/000039


◆◇━━━━━━◇◆

「でるとこ攻略日本史メルマガ」

◇発行者:石黒 拡親

◇お問い合わせ:mailmaga@derutoko.com
※メールの件名(Subject)に、必ず氏名を明記してください。
※携帯のアドレスをご利用の方は、指定受信リストへinfo@derutoko.comを登録してください。
 登録方法 http://www.derutoko.com/mobile/mailsetting.html
※いただいたメールは、メルマガやブログで紹介させていただくことがあります。
 (お名前はイニシャルにさせていただきます。)

◆公式サイト:http://www.derutoko.com/
◆ブログ:http://www.derutoko.com/blog/
◆Facebook:http://www.facebook.com/derutoko

Copyright(C) 2018 石黒拡親 All Rights Reserved

◆◇━━━━━━◇◆
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ