兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相

  • ¥0

    無料

今までのメルマガに満足できない方に、ちょっと贅沢なメルマガを! このメルマガで扱うテーマは、政治、原発、TPP、がれき拡散、食の放射能汚染と幅広く、さらに映画、文学と多岐にわたります。マスメディアが操作し、国民を洗脳し続ける情報とは違ったステージに、あなたを招待します。 あなたは、このメルマガで、政治やマスメディアにだまされなくなります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年06月17日
 
発行部数
226部
メルマガID
0001336013
形式
携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 政治

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■ 2018/06/17 ■■

兵頭正俊の知らなきゃ
滅ぶニュースの真相

■■■■■■■■■■

内容のレベル:中高級
者向け

発行人 :兵頭正俊

登録解除はここから

http://bit.ly/n3i2Oc

・‥…━━━☆

これはPC版と同じ内
容の、携帯版です。


有料版の『兵頭正俊の
優しさ出前』も発行し
ています。
月、水、金の発行頻度
です。


既存のメディアとは違
った角度から、リアル
タイムに状況を斬り、
新しいステージに皆さ
んをご招待します。


ご登録・ご高読を心よ
りお願い申し上げま
す。


『兵頭正俊の優しさ出
前』の購読お申し込み
は、こちらからお願い
します。
http://bit.ly/AvYMkY

━━━━━━━━━━
◆ タンゴの相手は
変わる(その3) ◆
━━━━━━━━━━

「トランプによる北朝
鮮との取り組みで、最
大の障害は、おそらく
国内の政敵たちだ。
彼と金との会談に対す
る、民主党と、反トラ
ンプ・マスコミの大部
分の反応は否定的だっ
た。
大統領は、金に譲歩し
すぎ、北朝鮮に“プロ
パガンダの勝利”を可
能にしたかどで厳しい
批判を浴びた。


今後数カ月“北朝鮮の
攻勢”に直面して“わが
国の同盟諸国への支
持”を実証する方法と
して、トランプに朝鮮
半島での軍事演習を再
開させるよう、マスコ
ミ・キャンペーンが煽
り立てられることが予
想される。


これは皮肉にも、互恵
的和平協定を実現する
ために、トランプと金
が一体なぜ密接に協力
する必要があるのかを
明確に示している。
もし北朝鮮が、測定可
能な軍備縮小過程を開
始するという約束を果
たし、トランプが安全
保障で報いれば、過程
全体は成功裏に前進が
可能だ。


韓国の文在寅大統領に
も、演じるべき重要な
役割がある。
文大統領は、二つの分
裂した朝鮮間の包括的
和平合意と、半島の最
終的な非核化に専心し
ている。
韓国大統領は、北朝鮮
が安全保障を必要とし
ており、それに値する
ことを重々承知してい
る。


だから、韓国指導部
が、軍事演習を中止す
るというトランプの分
別ある呼びかけを支持
することが予想でき
る。


持続可能な和平合意に
至る唯一の方法は、全
当事者が敵意なくすこ
とだというのは客観的
な観察者なら誰でも容
易に理解可能だ。


その武力が、どういう
わけか“防衛的”で“無
害”だというのは、ア
メリカのうぬぼれた考
えに過ぎない。
もし平和のための建設
的関与をしたいのであ
れば、アメリカは北朝
鮮の不満が一体何なの
かに耳を傾けねばなら
ない。
最大の不満のたねは、
国境沿いで壮大な規模
で活動するアメリカ軍
による威嚇だ。


トランプは本質を見抜
いたようだ。
大統領は北朝鮮側の一
方的譲歩を要求する高
圧的で横柄な姿勢を控
えた。
そういうやり方は役に
立たず、爆発寸前の緊
張に満ちている。


北朝鮮に関しては二人
いないとタンゴが踊れ
ないのをトランプはと
うとう理解したのだ」
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-1260.html

(引用終わり)


トランプにとって最大
の敵は、いまや国内に
いる。
ディープ・ステートと
米軍産学・イスラエル
複合体、その支配下の
メディアや戦争屋の議
員、官僚たちだ。
これをトランプが粛清
できるという説と、そ
れは不可能だという説
とがある。


わたしはその両方の立
場に立たない。
負けもしないが勝ちも
しない、きわめてきわ
どい演技をしながらト
ランプの懸命なアクロ
バットは続いていくだ
ろう。


トランプが勝てない最
大の理由は、トランプ
の側には、イルミナテ
ィの宮廷詩人といわれ
るキッシンジャーがぴ
ったり寄り添っている
からだ。
トランプの思想はキッ
シンジャーとは違って
いるのだが、キッシン
ジャーの魅力的で圧倒
的な経験と博識に、ト
ランプが強い影響を受
けたとしても不思議は
ない。


その結果、いいカモに
されているのが、安倍
晋三だろう。
キッシンジャーのアド
バイスがなければ、ト
ランプのネガティブな
日本認識、安倍の奴隷
使用はなかったと思わ
れる。
それが徹底して奴隷の
使い方になっている。


先のG7でも、安倍は
トランプに「わたしが
(日本に)メキシコ人
を2500万人送れば、
君はすぐ退陣すること
になるぞ」(ウォール
ストリート・ジャーナ
ル電子版 6月15日)
と恫喝されていたこと
がわかっている。
こういった情報には、
いつもこの調子で安倍
はトランプに脅されて
いる、それも政権保証
を餌に、といった想像
力が必要なのだ。
いつもの口癖が思わず
G7の場で出てしまっ
たのである。


退陣を臭わせて脅せば
いくらでもカネを貢
ぐ。
こういったトップは世
界で安倍だけだろう。
トランプも内心では呆
れているのではない
か。


「もし北朝鮮が、測定
可能な軍備縮小過程を
開始するという約束を
果たし、トランプが安
全保障で報いれば、過
程全体は成功裏に前進
が可能だ」とフィニア
ン・カニンハムはい
う。
しかし、このふたつと
もじつに実現が困難
だ。
もしこのふたつともト
ランプと金正恩が実現
できたら、文字通りこ
のふたりは政治の天才
である。
運も強力に味方したこ
とになる。


ただ、このふたりには
強力な味方がいる。
中国の習近平であり、
ロシアのプーチンであ
り、韓国の文在寅だ。
それぞれに国益に合致
しているので、この三
人は裏切ることもな
い。


トランプと金正恩はい
まのところうまくタン
ゴを踊った。
しかし、交渉の過程で
トランプは消える。
新大統領と金正恩がう
まくタンゴを踊れるか
は、はなはだ怪しいの
である。


日本が大陸に出て行っ
てうまくいった例しは
ない。
今回も膨大な国富蕩尽
を朝鮮半島でやらかす
可能性が高い。



・‥…━━━☆

今日も最後まで読んで
くれてありがとうござ
います。



 年々に
わが悲しみは
 深くして
いよよ華やぐ
いのちなりけり

 岡本かの子


「みんな、あしたこ
そ、幸せになあれ!」

0∞∞0∞∞0∞∞0

あとがき

ご意見、ご感想はツイ
ッターのDMでくださ
い。


0∞∞0∞∞0∞∞0

メルマガ『兵頭正俊の
知らなきゃ滅ぶニュー
スの真相』(無料・ほ
ぼ週刊)
http://bit.ly/n3i2Oc


ブログ「兵頭に訊こ
う」
http://m-hyodo.com/


E-Mail
novel@muf.biglobe.ne.jp


発行人 :兵頭正俊

━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ