兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相

  • ¥0

    無料

今までのメルマガに満足できない方に、ちょっと贅沢なメルマガを! このメルマガで扱うテーマは、政治、原発、TPP、がれき拡散、食の放射能汚染と幅広く、さらに映画、文学と多岐にわたります。マスメディアが操作し、国民を洗脳し続ける情報とは違ったステージに、あなたを招待します。 あなたは、このメルマガで、政治やマスメディアにだまされなくなります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年11月12日
 
発行部数
233部
メルマガID
0001336013
形式
携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 政治

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■ 2017/11/12 ■■


兵頭正俊の知らなきゃ

滅ぶニュースの真相

■■■ vol.318■■

内容のレベル:中高級
者向け
発行人 :兵頭正俊登
録解除はここから

http://bit.ly/n3i2Oc


・‥…━━━☆

これはPC版と同じ内
容の、携帯版です。

送受信の制限を考慮し
て、3回に分けて配信
するものです。

有料版の『兵頭正俊の
優しさ出前』も発行し
ています。

月、水、金の発行頻度
です。

既存のメディアとは違
った角度から、リアル
タイムに状況を斬り、
新しいステージに皆さ
んをご招待します。

ご登録・ご高読を心よ
りお願い申し上げます。

『兵頭正俊の優しさ出
前』の購読お申し込み
は、こちらからお願い
します。
http://bit.ly/AvYMkY


━━━━━━━━━━
◆ 伊藤家の誇れる長
女 ~伊藤詩織の
『Black Box』を読ん
で(2)~ (その
3) ◆
━━━━━━━━━━

「私は何のために、こ
の仕事につきたいと願
ってきたのか。
自分の中で真実と向き
合えないのであれば、
私にこの仕事をする資
格はないだろう、と思
った。


たとえ志していた業界
で働けなくなっても構
わない。
信念をもって生きてい
かないのなら、どんな
仕事をしたって、私は
私でなくなってしまう。


私はようやく、警察へ
行って相談してみよう
と決心した」

(引用終わり)


ここは非常に重要なと
ころだ。
伊藤詩織の闘いの動機
が語られている。


「自分の中で真実と向
き合えないのであれば、
私にこの仕事をする資
格はないだろう、と思
った」。
この仕事とはジャーナ
リズムの仕事だ。
そこで警察に行って相
談してみようと決心す
る。


ここから伊藤詩織は、
自分をレイプした山口
敬之の背景を知ること
になる。
それは司法も私物化さ
れた日本の状況そのも
のだった。


大きな『Black Box』
のなかへ詩織は入り込
んでいく。


「それから2日後、4月
11日に、再び原宿署を
訪ねた。
原宿署で会ったのは、
この事件を担当してく
れる高輪署の捜査員、
A氏だった。
ここでまた、最初から
事件の説明をした。
A氏の応対は、原宿署
の捜査員より、ずっと
ハードだった。


「1週間経っちゃった
の。厳しいね」
いきなりこう言った。


そして、
「よくある話だし、事
件として捜査するのは
難しいですよ」
と続けた。
やっとの思いで警察を
訪ね、スタートライン
に立てたと思っていた
私にとって、それはあ
まりに残酷な言葉だっ
た。
私はこの事件を「よく
ある話」と聞いてゾッ
とし、そんなに簡単に
処理される話なのかと
呆然とした。


「こういう事件は刑事
事件として難しい。
直後の精液の採取や
DNA検査ができていな
いので、証拠も揃わな
くて、かなり厳しい」
と繰り返すA氏に対し、


「ホテルがわかってい
るのだから、防犯カメ
ラだけでも調べて下さ
い。
映像の保存期間が過ぎ
てしまう前に行ってく
ださい」
と私は懇願した。
この話を聞いた友人た
ちはみな怒り、警察へ
の不信感を持った。


(中略)


同じ日に、両親に話し
たときの反応は、見て
いて苦しいものだった。


細かいところはすべて
避けながら、淡々と起
こった事実を私は伝え
た。
それでも母は怒りに震
え、
「奴を殺しに行く」
と言った。


父は私に怒りをぶつけ
た。
「なんでお前はもっと
怒らないんだ。
怒りを持て」


なお、母のこの発言を
脅迫と取らないでいた
だきたい。


もちろん犯罪に手を染
めることは、私をより
苦しませると母は知っ
ている。
そしてそれが何の意味
もないことも。
ただ、ここでは彼女の
母親としての心情、発
言を、そのまま書かせ
ていただきたかった」

(引用終わり)


山口敬之にとって伊藤
詩織は狩りの獲物だっ
たのである。


山口は、獲物に見えた
女性にも父があり、母
がいることを知らない。


詩織の母が怒りに震え、
「奴を殺しに行く」と
いった言葉の前に、山
口は人間として襟を正
すべきだ。
まだ、山口が人間だっ
たらの話だが。


「なんでお前はもっと
怒らないんだ。
怒りを持て」。
これが、山口が知らな
い、だからレイプがで
きた女性の父親の言葉
だ。
山口が書く文章の向こ
うにいる読者には家族
がある。
これらの家族の言葉を
前に、まだ山口は政治
の与太話を書けるか。


考えて見ると、安倍晋
三の周りにはモラルハ
ザードが強く見られる。


いまだ国民の前に姿を
見せない加計孝太郎と
官邸お抱えレイピスト
山口敬之はその象徴で
ある。
その他、政治家、官僚、
御用メディアの犬と、
多くの者が国家・国政
の私物化利権に群がっ
ている。
腐敗を深めるトップの
おかげで、かれらは何
をしようと罪にならな
いのだ。


もう紙幅が尽きた。
この続きは、明日のメ
ルマガ(『兵頭正俊の
優しさ出前』)に引き
継ぐことにしたい。



・‥…━━━☆

今日も最後まで読んで
くれてありがとうござ
います。


年々に
  わが悲しみは
深くして
  いよよ華やぐ
いのちなりけり
          
  岡本かの子


「みんな、あしたこそ、
幸せになあれ!」

0∞∞0∞∞0∞∞0

あとがき

ご意見、ご感想はツイ
ッターのDMでください。

0∞∞0∞∞0∞∞0

メルマガ『兵頭正俊の
知らなきゃ滅ぶニュー
スの真相』
(無料・ほぼ週刊)
http://bit.ly/n3i2Oc


ブログ「兵頭に訊こ
う」
http://m-hyodo.com/


E-Mail
novel@muf.biglobe.
ne.jp


発行人 :兵頭正俊

━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ