玉川陽介の不動産と海外投資ここだけの話

  • ¥0

    無料

著者サイト

「不動産投資1年目の教科書」「勝ち続ける個人投資家のニュースの読み方」の著者、玉川陽介がお送りする不動産と銀行融資動向、海外投資ニュース。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

 おひさしぶりです。玉川陽介です。
新刊「Excelでできる 不動産投資「収益計算」のすべて」(技術評論社) 3月16日(木)発売のお知らせです。

 いままで何冊か出した書籍の中でも最高の出来栄えとなりました。
本書では、不動産投資の収益構造、収益計算のすべてを説明しています。

 これ一冊で不動産投資の収益計算に必要な知識はすべて網羅。他の書籍は不要です。
大好評のExcel収益計算シートの最新版も読者特典として付いています。

 今回は、税理士よりも詳しい税金分析。東京近郊の1,000募集事例を集計分析した
平均入居期間、原状回復費用など、即戦力になるデータも満載です。

ご購入はこちらから。
https://www.amazon.co.jp/dp/4774188107

-目次-

序章 不動産投資「収益計算」の超・基本

[0-1] 不動産投資の利益とは?
[0-2] 不動産投資の収益構造を理解する
[0-3] 融資を正しく理解する
[0-4] 税金がいくらかかるか?
[0-5] 収益指標の決定版「IRR」
[0-6] Excelで投資収益のシミュレーションを作ろう

第1章 収益構造のすべて

[1-1] 本当の利益はいくらか?
[1-2] 毎年の資産増加を数字にして確認する
[1-3] バブルか否かを判断するための方程式
[1-4] 賃料改定は売却価格に影響を与える
[1-5] 不動産投資の収益指標は「IRR」

第2章 銀行融資のすべて

[2-1]銀行融資を活用する理由
[2-2] 自己資金比率が低ければ収益率は高い
[2-3] 返済期間の違いでキャッシュフローが変わる
[2-4] 借入金利の違いで利益が変わる
[2-5] 財務活動によるキャッシュフローを作る

第3章 税金のすべて

[3-1] 税金を加味してこその試算
[3-2] 賃料収入に対するインカムゲイン課税
[3-3] 法人を活かす
[3-4] 売却時のキャピタルゲイン課税
[3-5] 土地建物簿価の基本
[3-6] 減価償却の本質的な理解
[3-7] 当期の経費になる費用とならない費用
[3-8] 不動産投資における消費税

第4章 Excelシミュレーションを作る

[4-1] シミュレーション全体の設計
[4-2] モジュールの制作
[4-3] 収益計算の完成

第5章 シナリオの答えを探る

[5-1] 複雑なシナリオの分析
[5-2] 東京近郊では入居年数、空室期間、原状回復費用をいくらと見積もるべきか?
[5-3] 給与収入が高い人は木造アパートの減価償却で節税になるのか?
[5-4] 投資損益がブレイクイーブンになる売却価格はいくらか?
[5-5] 過熱感のあるいまは買わずに、値下がりしたときに買うべきか?
[5-6] 5年後にどれだけ相場が下落しているならば購入を見送るべきか?
[5-7] いま売却して値上がり益を得るか、保有を続けるべきか?
[5-8] 金利がどこまで上がるとキャッシュフローが出なくなるのか?
[5-9] 銀行借入で普通の物件を買うか、現金で高利回り物件を買うか?
[5-10] 個人保有と法人保有では、どちらがどれだけ有利か?

立ち読みPDFはこちらです。
http://cpx.co.jp/001/wp-content/materials/revenuecalculation_withexcel_prev.pdf

Q&A掲示板はこちら
http://cpx.co.jp/qa

ご購入はこちらから。
https://www.amazon.co.jp/dp/4774188107
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
玉川陽介の不動産と海外投資ここだけの話
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年03月16日
 
発行部数
2,245部
メルマガID
0001364650
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 不動産 > マンション・駐車場経営

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ