7日間楽しく働くための心のサプリ

  • ¥0

    無料

「ストレスでくたくた」「心と体をリセットしたい!」「楽しく働きたい」… 本メルマガでは、心理カウンセラー&ライター大山佳世が、心理学に基づいた視点の転換法や、リラックス法を分かりやすくお伝えします。未曾有の震災を乗り越えながらもストレス社会に生きる、読者をサポート。カウンセリングの考えを日常に取り入れて、「楽しく働く自分」をプロデュースしませんか?無料メルマガ「楽しく働くためのサプリ~心と体をリセットする方法~」をリニューアル。※2017年3月からは、不定期発行に変更しました。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
7日間楽しく働くための心のサプリ
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年03月06日
 
発行部数
138部
メルマガID
0001368532
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 心理学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴☆
                                
         7日間☆楽しく働くための心のサプリ       
                                
☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴☆
                     2018年3月6日発行号
                         
    * このメルマガは、心理カウンセラーの大山佳世が  *
    * 楽しく働くためのヒントをお届けしています。   *

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんにちは。お久しぶりです。大山です。
皆様、お元気でお過ごしでしょうか?

しばらくの間は、不定期発行とさせていただいておりますが
前号よりかなり間があいてしまい、申し訳ございません。
久しぶりのメルマガが、今回もお役に立てれば幸いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東日本大震災発生から丸7年が経とうとしています。
それぞれの被災経験があります。
3月11日が近づくにつれ、
その後の自分の歩みを振り返る方も多いでしょう。

震災を経験したからこそ、何かをきっかけに
強くなれた、優しくなれたと、
内面の変化を感じているかもしれません。

当メルマガでは、未曾有の経験を経て
ストレス社会を乗り越えていけるよう、
読者の皆様の日常に役立つ情報をお伝えしてまいります。

・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………
【メルマガのコンセプト】                   
「もっと楽しく働きたい」読者のために心理学やカウンセリング
の考えを日常に活かすコツを分かりやすくご紹介します。    
                               
当メルマガは、未曾有の震災を経て、
ストレス社会を生きる読者をサポートします。
新しい視点の転換法やリラックス法が分かり、少しでもほっとして、
明日に向かえるメルマガです。            
・・・………・・・………・・・………・・・………・・・……

☆・‥…━━━━━━━━━━━━━…‥・☆彡
┃ 今週のテーマ          
┃ 誰かを許せないとき
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「あの人にあんなことを言われて許せない…」
そんなとき、あなたはどのように対処していますか?

「何を言っても通じない人だし、仕方がないさ」
と、頭の中では理解していても
気持ちがスッキリせずにいるかもしれません。

もちろん、心のモヤモヤを
黙って聴いてくれる人が身近にいれば
それに越したことはないでしょう。

「それは嫌だったねえ」
なんて、こちらの気持ちを代弁するように言ってくれたら、
気持ちはいっときでも少し軽くなるでしょう。

気持ちを聴いてくれる相手がいなかったり、
「何度も愚痴をこぼすのは、相手に申し訳ない」と感じていたら?

そこで、今回は別の方法をご提案してみます。
ひとりでも出来る方法ですので、おすすめです。

まずは、誰かを許せない気持ちが湧いたら、
その状態そのものを認めてください。

「こんな風に私が感じるのも、無理はない」と
自分の状態を認めるのです。

優しくいたわるように、自分を見つめてください。


「人を許せないなんて、感じるのはよくない」
「こんな状況になるはずはない」と、
今の状態そのものを否定するのは、やめましょう。

置かれている状況やあなたが感じている事実そのものを否定したら、
かえってつらくなってしまいます。

「(あの人を許せない理由は)
それほど大したことでないし」と捉えてみても、
起きていることを歪曲化してしまうだけです。

つまりは、起きている事実、
感じている事実そのもを認めるのです。

さて、ここからが本日のメルマガの本題です。

次に、誰かを許せない気持ちを
いったん自分の体から切り離してみる取り組みをします。

「そんなこと、ムリ」なんて思うかもしれません。

いったん離れるかどうかは、とりあえず置いておきましょう。

おすすめの取り組みは、相手に手紙を書いてみること!

イヤな相手に書くのは抵抗があるならば、
まずは自分の気持ちをわかってもらえる人にあてて
書いてみてもいいでしょう。

これは、実際には出さない手紙ですので、書き方は自由です。

小さなメモに書いてもよし、スマホのメモに下書きしてもよし。

こんなことが起きて、私は困っていると、
あるがままに綴ってみるのです。

事実と、それに伴う感情を書けば、
より整理がつくでしょう。

つまり、それなりの原因があるからこそ、ストレスが生まれて
イヤな気持ちが湧いてくるのです。

理想と現実に矛盾があるからこそ、イヤな気持ちが湧いているのだと
客観視できます。

人を許せないと感じているとき、
心だけではなく、体にも変化が起きているかもしれません。

仕事でも家庭でも、人付き合いをしていれば
誰かを許せない状況は、どうしても生まれると思います。

あまりにも理不尽な状況ならば
「もう絶対にあの人を許せない」と
ますます頑なな気持ちになるのも、自然です。

手紙を書いてみる方法は、
相手の酷さ、自分の気持ちを客観視するのに効果的です。

感情は、沸き起こるべくして
自然に沸き起こったものだと、認められるでしょう。

いったん自分の身から切り離し、
冷静に見つめるのに役立ちます。

冷静に見つめられれば、起きている状況は変わらなくても
気持ちをクールダウンさせるのに役立ちます。

 //       //
☆今週のおすすめ☆

 誰かを許せないとき
  ⇒相手に手紙を書いてみる。
   沸き起こった感情が自然だと認めるのに役立つ


/  編集後記                   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

久しぶりのメルマガ発行です。
東日本大震災が発生してから7年が経とうとしています。

大変なこともたくさんあったけれど、
そんな状況だからこそ、人とより助け合えた時期でもありました。

カウンセリングでも日常生活でも、
私は多くの被災経験を聴きました。
孤独や不安だけではなく、人の心のたくましさや優しさにも触れました。

旬の行事を大事にすること、おすそわけをすること…
など、その他にたくさん、私自身にも変化がありました。

小さな変化も7年経てば、生活の中に自然と根付いたことが
多くあるように感じています。

引き続き、メルマガは不定期とさせていただきますが、
読者の皆様の日常にお役に立てる内容を
書いてまいりますので、
これからもどうぞよろしくお願いします。
今回もメルマガをお読みくださり、
ありがとうございます。

■ご感想はこちらへ ⇒mailmag@kayo-salon.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行人▼ 大山佳世
ご感想・お問い合わせ▼mailmag@kayo-salon.com


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ